auで契約出来るiPhone一覧!価格とオススメのプランを解説!最新iPhone13の情報も!
キャラクター画像
まま子さん
iPhoneを新しく買おうと思ってるんだけど、auではどんなiPhoneを買えるのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
auでは、最新のiPhoneを中心に取り扱っているよ。昨年の12やSE第2世代も販売中!
キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。auで販売されているiPhoneについて、教えて!

auでは、様々なiPhoneを購入可能です。

「かえトクプログラム」を利用することで、機種代金をお得に抑えることもできますよ。

この記事では、auで販売されているiPhoneの特徴や価格、お得な購入方法や注意点などを詳しく解説します。

\今月のおすすめ!スマホ1円~セール中!/

Ymobile banner

auで取り扱っているiPhoneは?

au banner

auで2021年9月現在取り扱っているiPhoneは、以下のとおりです。

  • iPhone 13(9月24日発売)
  • iPhone 13 mini(9月24日発売)
  • iPhone 13 Pro(9月24日発売)
  • iPhone 13 Pro Max(9月24日発売)
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
キャラクター画像
すーちゃん
要するに、最近のiPhoneはしっかり取り扱っている感じだね。
キャラクター画像
まま子さん
けっこう種類が多いよね…。どれを選べばいいのかな?

各iPhone 12の主な特徴や価格について解説するので、自分にはどれが合っているかを比較しながら検討してみてください。

iPhone 13シリーズは2021年最新モデル!各種性能がアップ・カメラ性能も強化!

参照:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone-13/)

2021年9月24日に発売されるのが、iPhone 13シリーズ4機種です。

ざっくりと説明すると、2020年登場のiPhone 12からはバッテリー持ちが向上したり、カメラ性能がアップしたりしています。

キャラクター画像
まま子さん
iPhoneは毎年どんどんカメラ性能が上がっていくわね。
キャラクター画像
すーちゃん
低価格な無印・miniと、最高性能のPro系に分けて特徴などを説明していくね。

iPhone 13・13 miniは低価格で買いやすいモデル、電池持ちも向上!

参照:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone-13/)

iPhone 13は一番一般向けの丁度良いラインナップで、画面サイズ違いのバリエーションとして「iPhone 13 mini」も用意されています。

主なスペックは、以下の表にまとめたとおりです。

iPhone 13、13 miniの主なスペック
iPhone 13iPhone 13 mini
価格(au、128GB)115,020円/スマホトクするプログラム適用時実質62,100101,070円/スマホトクするプログラム適用時実質54,510円
CPUA15 Bionicチップ
ストレージ容量128GB、256GB、512GB
画面6.1インチ、2,532×1,1705.4インチ、2,340×1,080
重さ173g140g
カメラアウトカメラ:1,200万画素+1,200万画素/インカメラ:1,200万画素
バッテリー持ちビデオ再生最大19時間ビデオ最大最大17時間
キャラクター画像
すーちゃん
12までは最小で64GBだったんだけど、13からは128GBからになったよ。

13や13 miniはカメラ性能が上がっていて、より明るく写真や動画を撮影できるようになりました。

とくに動画は「シネマティックモード」の搭載により、動画で背景ボケをうまく表現できるようになったのが大きな変化です。

キャラクター画像
すーちゃん
ピントが合っていない部分の映像がボケるんだ。映画みたいな動画をかんたんに撮影できて、撮影後の編集もできるんだよ。

自撮り性能も向上していて、夜間に明るく自撮りができたり、背景をぼかしたりなど様々な機能がインカメラでもすべて活用できます。

バッテリー性能もアップしていて、13は2.5時間、miniでも1.5時間ほど電池持ちが良くなっていると謳われています。

筆者は12シリーズを両方とも購入したことがありますが、とくにminiはちょっと電池持ちが悪かった印象なので、電池持ちの向上は嬉しいですね!

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。写真や動画をたくさん撮る人や、電池持ちの良さを重視する人は13系を選べばOKなのね。
キャラクター画像
すーちゃん
さらなるカメラ性能の高さを求める人には、続いて紹介するiPhone 13 ProやiPhone 13 Pro Maxがオススメ!

iPhone 13 ProやPro Maxは最高性能・カメラ性能も最強!

参照:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone-13-pro/)

iPhone 13 Proや13 Pro Maxは、iPhone 13シリーズの中でも高性能な上位モデルです。

キャラクター画像
すーちゃん
そもそも13シリーズは高性能なわけだけど、その中でもトップの性能なのがPro系なんだ。
iPhone 13 Pro、13 Pro Maxの主なスペック
iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
価格(au、128GB)143,040円/スマホトクするプログラム適用時実質77,280円156,995円/スマホトクするプログラム適用時実質84,755
CPUA15 Bionicチップ
ストレージ容量128GB、256GB、512GB
画面6.1インチ、2,532×1,1706.7インチ、2,778×1,284
重さ203g238g
カメラアウトカメラ:1,200万画素+1,200万画素+1,200万画素(3倍光学ズーム対応)/インカメラ:1,200万画素
バッテリー持ちビデオ再生最大22時間ビデオ最大最大28時間
キャラクター画像
すーちゃん
Pro MaxはProの画面が大きい版だね。

バッテリー性能はProでビデオ再生時22時間などさらに良くなっているので、最高クラスの電池持ちを求める人にはProやPro Maxがオススメになります。

iPhone 13 Proではカメラがマクロ撮影に対応していて、2cmの距離にあるものにもピントを合わせられるようになりました。

夜間の写真も、12シリーズより明るく撮影できるようになっています。

ズームも3倍光学ズームに対応したので、遠くのものをより大きく・キレイに撮影できます。

もちろん、13無印やminiが対応する「シネマティックモード」はProでも使えますよ。

iPhone 13 Proシリーズは画面性能も向上していて、Androidだと採用されている機種が増えてきている120Hzのリフレッシュレートにも対応しました。

キャラクター画像
まま子さん
リフレッシュレートって?性能が良いとどう違うの?

リフレッシュレートが120HzとなったiPhone 13 Proシリーズでは、画面の動きの滑らかさが向上しました。

ブラウザやSNSを画面をスワイプして読み進めたり、ゲームをしたりするときの画面の動きがなめらかで見やすくなります。

キャラクター画像
すーちゃん
実際に見てみれば、動きの滑らかさはすぐわかるはず。気になる人はApple Storeや家電量販店などでチェックしてみよう。
キャラクター画像
まま子さん
要するに、カメラや画面などの性能がとにかく高いiPhoneを使いたい人はiPhone 13 ProやPro Maxを選べばいいのね。
auオンラインショップ公式サイト

iPhone 12シリーズは11からデザインが変化、軽量も魅力

参照:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone-12/key-features/)

iPhone 12シリーズはiPhone 13シリーズの前モデルで、2020年秋に発売されました。

細かい部分は13シリーズのほうが高性能ですが、実のところ本体デザインや5Gへの対応など、大まかな部分は12と13でそれほど変わっていません。

キャラクター画像
すーちゃん
iPhone 12や12 miniのスペックは以下の通り。
iPhone 12、12 miniの主なスペック
iPhone 12iPhone 12 mini
価格(au、64GB)103,430円/かえトクプログラム適用時実質55,430円71,650円/かえトクプログラム適用時実質41,170円
CPUA14 Bionicチップ
ストレージ容量64GB、128GB、256GB
画面6.1インチ、2,532×1,1705.4インチ、2,340×1,080
重さ162g133g
カメラアウトカメラ:1,200万画素+1,200万画素/インカメラ:1,200万画素
バッテリー持ちビデオ再生最大17時間ビデオ最大最大15時間

今後値下げなどが行われる可能性もあるので、最新でなくてもいいのでできるだけ安く高性能なiPhoneを手に入れたい人は12シリーズを検討してみることをおすすめします。

また13シリーズと比べると重量が軽いので、軽さ重視の人も12シリーズは要検討ですよ。

例えばiPhone 12は162gですが13だと173gで、9g増加しています。

miniも12 miniが133g→13 miniは140gと、7g重くなりました。

キャラクター画像
まま子さん
ほんとだ。軽くて持ちやすいのは12シリーズってことね。
キャラクター画像
すーちゃん
そしてiPhone 12 ProやPro Maxのスペックは以下の通り。
iPhone 12 Pro、Pro Maxの主なスペック
iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
価格(au、128GB)127,495円/かえトクプログラム適用時実質67,735円141,900円/かえトクプログラム適用時実質75,900円
CPUA14 Bionicチップ
ストレージ容量128GB、256GB、512GB
画面6.1インチ、2,532×1,1706.7インチ、2,778×1,284
重さ187g226g
カメラアウトカメラ:1,200万画素+1,200万画素+1,200万画素(望遠光学2倍ズーム対応)/インカメラ:1,200万画素アウトカメラ:1,200万画素+1,200万画素+1,200万画素(望遠光学2.5倍ズーム対応)/インカメラ:1,200万画素
バッテリー持ちビデオ再生最大17時間ビデオ再生最大20時間

iPhone 12 ProはPro Maxだと光学2.5倍ズームに対応していて、ズーム写真をよりキレイに撮影可能となっています。

Proも無印だと非対応な望遠レンズが搭載されているので、ズーム撮影をキレイに行えますよ。

キャラクター画像
まま子さん
最新じゃなくてもいいけど望遠レンズを使う人とか、ある程度高性能なモデルを手に入れたい人は12 Pro系を買うのが良いわけね。

iPhone SEの第2世代は4.7インチのコンパクト画面が魅力!指紋認証にも対応

参照:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone-se/)

iPhone SEの第2世代は、iPhone 8までの本体デザインで価格が抑えめのモデルです。

iPhone SE(第2世代)の主なスペック
価格(au、64GB)55,270円/かえトクプログラム適用時実質28,750円
CPUA13 Bionicチップ
ストレージ容量64GB、128GB、256GB
画面4.7インチ、1,334×750
重さ148g
カメラアウトカメラ:1,200万画素/インカメラ:700万画素
バッテリー持ちビデオ再生最大13時間

定価で5万円台、かえトクプログラムを使えば3万円を切る実質価格でiPhoneを使えるので、機種にはこだわらないのでiPhoneを安く使いたい人に最適です。

4.7インチ画面で重量も148gと軽いので、片手で使いやすいiPhoneを持ちたい人にもSEの第2世代は魅力的な選択肢になりますよ。

指紋認証対応なので、マスクを着けたまま外で手軽にiPhoneを使いたい場合もSE第2世代は要検討です。

キャラクター画像
すーちゃん
実はSE第2世代って、iPhoneで唯一の指紋認証対応モデルなんだよね。

iPhone 11シリーズ以前のモデルはオンラインだと販売終了済み

参照:Apple公式サイト(https://www.au.com/iphone/product/iphone-11/)

2019年発売のiPhone 11シリーズ以前のモデルは、auのOnline Shopだと販売終了済みでした。

auでどうしても11以前の機種を買いたい場合は、家電量販店やauショップなどで在庫を探すことになります。

キャラクター画像
すーちゃん
あとはUQモバイルとかで販売されていることがあるから、格安SIMに乗り換えたい人なんかはそちらで買うのも手だね。
auオンラインショップ公式サイト

iPhoneを利用するのにオススメのauのプランは?

au banner

auで現在申し込めるプランは、主に「使い放題MAX」と「ピタットプラン」の2種類です。

それぞれどんなプランなのか、解説します。

5G・4Gで料金設定は基本的に変わらない!12以降は5GプランSE第2世代は4Gプランの契約になる

auでは4Gと5G向けに「使い放題MAX」と「ピタットプラン」が展開中ですが、4Gと5Gでとくに料金設定は変わりません。

強いて言えば、「使い放題MAX」にAmazonプライムと動画サービスのテラサがセットになった「withAmazonプライム」やNetflix等がセットの「ALL  STARパック」を4Gで申し込めない程度です。

キャラクター画像
まま子さん
つまり、4Gと5Gはあんまり気にせずプランを選んで良いわけね。

たくさん通信するなら、使い放題MAXがおすすめ

auの使い放題MAXは、その名の通り通信料の上限がなく、使い放題のプランです。

使い放題MAXの月額料金(4G・5G)
月額料金7,238円
家族割プラスの割引額2回線:-550円/3回線以上:-1,100円
auスマートバリューの割引額-1,100円
au PAYカードお支払い割の割引額-110円
各種割引適用後料金4,928円

月額料金は7,238円ですが、道経する家族のauユーザー数やauひかりなどの対象ネット回線の契約などで割引を受けられます

「家族割プラス」「auスマートバリュー」「au PAYカードお支払い割」のすべてを適用すれば、月額4,928円で利用できますよ。

動画や音楽、アプリなど、様々なサービスを自由に活用したい方は使い放題MAXを検討してみてください。

なおテザリングのみ、月間の上限が30GBに設定されているので、テザリングをたくさん使う方は注意が必要です。

キャラクター画像
すーちゃん
月額9,988円のALL STARパックにすれば80GBまでテザリングできたりするんだけど、そんなにたくさん使うなら光回線やポケットWi-Fiを導入したほうが良いかも。
auオンラインショップ公式サイト

あまり使わない人は最大7GBのピタットプランでOK

ピタットプランは、最大7GB使える小容量の料金プランです。

1GB、4GB、7GBで月額料金が分かれていて、使った分の料金を支払うことになりますよ。

ピタットプラン(4G・5G)の料金プラン
~1GB~4GB~7GB
月額料金3,465円5,115円6,765円
2年契約N適用時の料金3,278円4,928円6,578円
家族割プラスの割引額2回線:-550円/3回線以上:-1,100円
auスマートバリューの割引額×-550円
各種割引適用後の月額料金2,178円3,278円4,928円

ピタットプランも、家族割プラスやauスマートバリューに対応しています。

また2年間の定期契約を条件に、「2年契約N」の割引も受けられますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
中途解約時に1,100円の違約金がかかるんだけど、半年以上使えば割引額の方が大きくなるから、基本的に申し込んじゃってOK。
キャラクター画像
まま子さん
あんまり使わない人は、ピタットプランを選べばいいのね。

auの料金プランについてもっと詳しく知りたい方は下記記事も是非ご参考にしてください!

auオンラインショップ公式サイト

【参考】povoなら3GB990円や20GB2,700円など、さらに割安

povo banner

auの通信量が3GB~20GB程度の方は、オンライン受付専用プランのpovoに乗り換えるのもおすすめです。

povoは月額0円に自分でデータトッピングを追加して高速通信ができるプランで、3GB990円や20GB2,700円といった低価格が魅力となっています。

povoのデータトッピング料金
利用期間料金
1GB7日間390円
3GB30日間990円
20GB30日間2,700円
60GB90日間6,490円
150GB180日間12,980円
データ使い放題24時間330円
キャラクター画像
すーちゃん
もちろん、音声通話もできるよ。

ただしキャリアメールが利用できなかったり、サポート対応が店舗利用不可・オンライン受付専用だったりするので、それぞれ活用している方はご注意ください。

キャラクター画像
まま子さん
Gmailとかを使っていて、プラン変更とかの手続きをネットでやってる人なら基本的には心配なさそうね。
povo公式サイト

auは「かえトクプログラム」でiPhoneを安く使える!

参照:au公式サイト(https://www.au.com/mobile/kaetoku/)

iPhoneをauで購入する場合は、「かえトクプログラム」を利用すれば本体の支払い代金を安く抑えられます。

かえトクプログラムは24回の分割購入時に利用可能で、25ヶ月目に機種変更をする場合に端末を返却すれば、高めに設定されている最終支払い分の分割代金を支払い不要にできるシステムです。

例えばiPhone 12の64GBモデルの場合、23回目までは2,410円、24回目は48,000円の分割代金が設定されます。

もしも25ヶ月目のタイミングで機種変更をし、iPhone 12をauに返却すれば、48,000円の最終支払額は支払う必要がなくなりますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
結果として、iPhone 12の64GBモデルは通常103,430円だけど、かえトクプログラムを利用すれば実質55,430円になるってわけ。
キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。機種変更後に古い機種が残らなくていいなら、けっこうアリかも。

25ヶ月目に機種変更をしない場合は残債が24回に分割され、引き続き本体代金の残りを支払いながら購入した機種を使い続けられます。

「かえトクプログラム」を使わないならSIMフリー版を買った方が安いって本当?

自由なペースで機種変更したいなどの理由からかえトクプログラムを使いたくない場合は、実はauでなくApple StoreからSIMフリーのiPhoneを買ったほうがお得です。

iPhoneはほとんどの場合、SIMフリー版の方が定価が安く設定されています

キャラクター画像
すーちゃん
iPhone 12を例にチェックしてみよう。
iPhone 12(64GB)の価格
au通常価格103,430円→かえトクプログラム適用時55,430円
SIMフリー版価格86,800円
キャラクター画像
まま子さん
ほんとだ、定価ならSIMフリー版のほうが16,630円ほど安いわね。

以上のことから、分割で買うなら「かえトクプログラム」の利用がおすすめ、一括で買うならSIMフリー版をApple Storeで買うのがおすすめですよ。

auオンラインショップ公式サイト

auのオンラインショップなら、店頭に行かなくても家からiPhoneを買える!

au banner

au Online Shopでは、既存のユーザーの機種変更やこれからauを使う人の新規契約・MNPができます。

auショップや家電量販店だと、順番待ちがあったりお店に行く手間がかかったりして少々面倒ですよね。

au Online Shopを利用するなら、家にいながら送料無料で最新iPhoneを手に入れられます。

キャラクター画像
すーちゃん
2,750円以上の購入で送料無料だから、iPhoneなら基本的に送料がかかることはないよ。

24時間受付なので深夜などでも対応可能、最短翌日に端末やSIMカードを手に入れられますよ。

手軽に最新iPhoneをauから購入したい方は、auのOnline Shopをぜひ活用してみてください。

もっと詳しく知りたい方はこちらから!

auオンラインショップ公式サイト

まとめ

auで契約出来るiPhone

今回は、auで販売されているiPhoneについて解説しました。

ポイント

  • iPhone 13シリーズはカメラ性能やバッテリー持ちが向上、Proならズーム性能や画面の滑らかさもアップ!
  • iPhone 12シリーズは旧モデル、デザインは13と同じ・軽量で持ちやすい
  • iPhone SEの第2世代は指紋認証対応の低価格モデル
  • auでは使い放題の「使い放題MAX」と、最大7GBの「ピタットプラン」が展開中
  • povoは月額0円+データトッピングで自由に活用できる、3GB990円など料金も割安
  • かえトクプログラムを使わない場合はSIMフリー版が割安なので注意!
  • au Online Shopは24時間いつでもiPhoneを購入可能!

auでは様々なiPhoneを購入可能で、かえトクプログラムを使えば実質料金も割安にできます。

今回の解説を参考に、自分に合ったiPhoneを探してみてくださいね。

auオンラインショップ公式サイト