auひかりのホーム(s)って何?ホームタイプとの違いや特徴を解説!
キャラクター画像
まま子さん
auひかりの話題でときどき見る「ホーム(s)タイプ」ってなんだろう?
キャラクター画像
すーちゃん
少し特殊なホームタイプだよ。どんな特徴があるのか見てみよう!

「auひかりのホームタイプとホーム(s)タイプの違いって何?」「タイプは自分で選べるの?」などと疑問を抱いてはいませんか?ホームタイプと料金や回線速度が異なってしまうとしたら、契約するのを躊躇してしまいますよね。

この記事では、auひかりのホーム(s)タイプの料金や速度、ホームタイプとの違いについて解説します。

この記事を読んでわかること

  • auひかりのホーム(s)タイプの特徴
  • ホーム(s)タイプの料金や速度
  • 申し込みから開通までの流れ

\1万円相当還元!/

UQmobile banner

auひかりのホーム(s)って?回線やエリアの特徴

auひかりについて調べているときに「ホーム(s)」というワードを見たことはありませんか?auひかりの戸建てタイプは「ホーム」と「ホーム(s)」の2種類存在し、主にホーム(s)はau公式サイトなどで自分の住まいが提供エリアかどうかを確認する際に表示されます。

「ホーム(s)」はホームと使用している回線や提供エリアが異なります。それでは、auひかりのホームタイプとホーム(s)タイプの違いを見ていきましょう。

auひかりのほかのプランと使用している回線が異なる

ホーム(s)プランは、ホームタイプ・マンションタイプとは使っている回線が異なります。というのも、auひかりの回線は下記の2種類存在します。

auひかりの回線の種類

  • KDDI回線(独自回線)
  • NTT(フレッツ光)回線

auひかりのホーム・マンションタイプは、KDDI独自の回線を使用しているのに対し、ホーム(s)はNTT(フレッツ光)の回線を使用しているのです。「auひかりなのにNTT?」と混乱してしまいますよね。

auひかりのホームタイプ・マンションタイプが使用している回線は、東京電力の光ファイバーです。元々、東京電力では「TEPCOひかり」という光サービスを提供していましたが、2007年TEPCOひかりがKDDIと統合。現在はTEPCOひかりの光ファイバーをKDDIの独自回線として使っています。

それに対してホーム(s)タイプは、NTTが敷設した未使用の光ファイバー(ダークファイバー)を使用。つまり、ホーム(s)対象地域については、KDDIがNTTからダークファイバーを借りて、auひかりの回線を引いていることになります。

キャラクター画像
まま子さん
auひかりは独自の回線だけを使ってるわけではないんだね!

「光コラボ回線と一緒では?」と思うかもしれませんが、ホーム(s)タイプは光コラボとは構造が異なります。光コラボの場合は、NTTですでにシステムが構築されたものを卸売して自社サービスとして提供。そのため、光コラボ回線は開通工事は不要で簡単に切り替えられるのです。

ホームタイプとホーム(s)で提供エリアも違う!

auひかりの提供エリア

ホームタイプとホーム(s)の違いがわかった上で、「以前にフレッツ光回線を使用していたから、ホーム(s)タイプにしたい」と思った人も多いはず。しかし残念ながら、申し込み者はホームかホーム(s)を選ぶことができません。

またauひかりの提供エリアであっても、ホーム(s)の場合は提供可能エリアが限られています。自分の住まいがホームタイプ・ホーム(s)のどちらなのかを把握したい場合は、代理店で確認するのをおすすめします。

KDDI正規販売代理店のひとつである「フルコミット」は、キャッシュバックが最大63,000円もらえるのが魅力です。

auひかりキャンペーンサイト

なお、auひかりを選んで本当に後悔しないかなと…と不安な方は、「auひかりの評判や口コミ」で実際の利用者の意見もまとめましたので、併せて読んでみてくださいね。

ホーム(s)の料金や速度は?ホームタイプと同じ!

ところで気になるのは、ホーム(s)の料金や回線速度ではないでしょうか。「料金はホームタイプより高いの?」「フレッツ光の古い線だと回線速度が遅くなりそう」と心配になるかもしれませんが、ホーム(s)の料金や回線速度は、ホームタイプと変わりません。ホームタイプとホーム(s)の概要について見ていきましょう。

ホーム(s)タイプの基本情報

  • 初期費用や料金
  • 回線の速度
  • キャンペーン

ここでは、ホーム(s)タイプの初期費用や料金、回線速度、キャンペーンの3点についてそれぞれ説明します。

ホーム(s)の初期費用や料金まとめ

まず、ホーム(s)の開通工事の際にかかる初期費用を見ていきましょう。ホームタイプと同様に、工事費を含んだ初期費用41,250円(税込)と新規登録料3,300円(税込)が発生します。しかし新規登録料以外の初期費用に関しては、auひかり+ひかり電話をセットで申し込めば初期費用相当額が割引されるため実質無料になります。

初期費用の内容 料金
新規登録料 3,300円
初期費用(工事費含む) 41,250円

※全て税込

※工事の実施を土日祝日に行う場合には、別途3,300円(税込)が必要

次に、ホーム(s)の料金プランについて説明します。結論から述べると、ホーム(s)はホーム1ギガプランと同じ料金プランとなります。残念ながら、ホーム(s)の場合ホーム5ギガ・10ギガプランを選ぶことはできません。

プラン名 料金 契約期間 違約金
ギガ得プラン 5,720円 2年 10,450円
ずっとギガ得プラン 1年目:5,610円

2年目:5,500円

3年目以降:5,390円

3年 16,500円
標準プラン 6,930円 制限なし なし

※全て税込

auひかりホーム(s)には「ギガ得プラン」「ずっとギガ得プラン」「標準プラン」の3つの料金プランがあります。上記の表を見ると、標準プランは契約期間に縛りがない分、料金がやや高めです。

一方で、ギガ得プランは2年継続して利用するのを条件に5,720円(税込)、ずっとギガ得プランに関しては3年の縛りがある代わりに、1年ごとに月額料金が割引されます。

2つのプランは安くなる分、中途解約した場合は違約金が発生するので注意しましょう。短期間でしか使わないとわかっている場合は「標準プラン」、長く使う場合は「ずっとギガ得プラン」など自分に合った料金プランを選ぶのをおすすめします。

キャラクター画像
すーちゃん
賃貸の場合は特に契約年数にも注意しないとね!

なお、2022年4月現在でのauひかりの料金プランは、「auひかりの料金プランまとめ|申込先別キャンペーンの比較と本当に安く利用できる方法を解説!」でまとめていますので、併せて読んでみてくださいね。

ホーム(s)は最大速度1Gbpsのプランのみ

ホーム(s)タイプを申し込む際に気になるのは回線速度ではないでしょうか。「独自回線のホームタイプより遅くなる?」と疑問を抱く人も少なくないはずです。ホーム(s)タイプの場合、auひかりが提供しているホーム5ギガやホーム10ギガのプランはなく、最大速度1Gbpsのプランのみとなります。

NTTの回線を利用していますが、auひかりホームタイプの1ギガプランと速度は変わりなく使用可能です。下記では、auひかりと光コラボ回線3社の平均速度をまとめました。

光回線 下り平均速度 上り平均速度
auひかり 367.4Mbps 291.85Mbps
ドコモ光 228.33Mbps 181.93Mbps
ソフトバンク光 268.96Mbps 175.29Mbps
ビッグローブ光 226.93Mbps 170.95Mbps
キャラクター画像
まま子さん
auひかりの速度は、他の光コラボに比べて明らかに速いね!

そもそもGbpsやMbpsとは何を表しているのでしょうか。「bps」とは、インターネットの回線速度を表す単位です。「Kbps」「Mbps」「Gbps」の順で単位が大きくなります。

そして上記の表に記載されている「上り」とは、主にメール送信やSNS投稿する際に必要な速度、「下り」は動画を観たり、アプリをダウンロードしたりするときに必要な速度です。

単位が大きくなるほど快適に使うことができます。テレワークの場合は約25Mbps以上、オンラインゲームだと100Mbps以上で十分快適に使用可能です。

それを踏まえて上記の表を見てみると、光コラボ回線と比べてauひかりは平均速度が安定して速いことがわかります。

キャンペーンもホームタイプと同じものが適用できる

「auひかりのホーム(s)だとキャンペーンは適用されないの?」と心配する必要はありません。ホーム(s)タイプでもホームタイプと同様のキャンペーンが適用されますよ。適用されるキャンペーンは主に次の3つとなります。

ホーム(s)タイプのキャンペーン

  • auスマートバリュー
  • 初期費用相当額割引
  • 新スタートサポート

「auスマートバリュー」とはauひかりに契約すると、使用しているauのスマホ回線の月額料金が最大1,100円(税込)割引されます。最大10回線まで適用されるのでauスマホの台数が多いほどお得に使えるサービスです。

「初期費用相当額割引」は新規申し込み者が対象で、初期費用相当額を分割で月額料金から毎月割引してくれるサービス。「新スタートサービス」は、他社の光回線からauひかりに乗り換えた際に発生する違約金を還元するキャンペーンを指します。

上記3つはauひかりの公式キャンペーンで、「フルコミット」で申し込めば3つのキャンペーンと同時に代理店のキャンペーンを利用できますよ。

最大63,000円のキャッシュバックが用意されています。ぜひ下記のリンクから確認してみてくださいね。

auひかりキャンペーンサイト

auひかりの開通工事までの手続きは難しい?わかりやすく解説

auひかりの申し込みから開通までの流れは難しくありませんが、いくつか注意点があります。まず申し込みから開通工事までの流れを説明します。

auひかりの開通工事までの手続き

申し込みから開通までの流れ

  1. Webで申し込み
  2. 工事の日程を決める
  3. 案内と宅内機器が届く
  4. 開通工事
  5. 宅内機器の接続

まずはauひかり公式や代理店ホームページで自宅の提供タイプを確認し、申し込みをしましょう。工事日の予約が可能になるとauからメッセージが届くので、My auにログインし工事日予約をします。申し込み状況によってはauから電話で連絡がくる場合があります。

また土日祝の工事の場合は、別途3,300円(税込)が発生するので注意してください。開通工事日までに「ご利用開始のご案内」と「宅内機器」が自宅に届くので受け取りましょう。工事日当日は、光コンセントの設置の際に穴を開ける必要がある場合があるため、工事について理解している人の立ち会いがおすすめです。

キャラクター画像
すーちゃん
ただ、工事中に何かをする必要はないよ。スタッフに任せて待っていよう!

開通工事後は宅内機器の設置をしますが、自身で接続が難しい際はプロバイダやauの「かけつけ設定サポート」を利用してみましょう。申し込みから実際に利用できるまでに1~2カ月かかるので、早めに利用したい人は注意が必要です。

ホーム(s)を申し込む際の注意点は?エリアや高速プランは選べない

上記の流れを読んで「申し込みから開通工事までの流れも難しくなさそう」「早速申し込んでみようかな」と思った人も多いのではないでしょうか。ですが、ホーム(s)を申し込む際に注意してほしい点が2つあります。

ホーム(s)タイプの注意点

  • auひかりの提供エリアは地域によって異なる
  • ホーム(s)対応エリアは高速通信プランが選べない

「提供エリアなのに提供不可なことがあるの?」と思いますよね。これから2点についてそれぞれ説明します。

auひかりの提供エリアは地域によって異なる

auひかりの提供エリア

上記のマップはauひかりの提供エリアを示しています。オレンジに塗られているのがauひかり提供エリア、オレンジに塗られていない地域が提供エリア外です。この地図を見ると、東海・関西・沖縄エリアが提供エリア外なのがわかりますね。

というのも、KDDIの独自回線はauひかりのほかに関西電力グループのeo光、中部電力のコミュファ光があるのが理由です。提携会社同士で競争が起きないようにエリアをわけているという背景があります。

キャラクター画像
すーちゃん
ちなみにマンションプランだと、東海・関西エリアでもauひかりを利用できる場合があるよ!

またオレンジに塗られているエリアに住んでいても、auひかりが利用できるとは限りません。そもそもマンションの設備や、住んでいる地域の環境が整っていなかったりすると提供できない可能性があります。auひかりを申し込むときは事前に提供エリアなのかどうか確認しましょう。

ホーム(s)対応エリアでは高速通信プランが選べない

ここまで、ホームタイプとホーム(s)の料金や回線速度について解説しましたが、ホーム(s)タイプにはひとつだけデメリットがあります。ホームタイプのプランにはホーム1ギガのほかに、東京・神奈川・埼玉・千葉の一部エリアのみ契約可能なホーム5ギガ・ホーム10ギガプランという高速通信プランが存在します。

しかし残念ながらホーム(s)の場合、該当エリアに住んでいても高速通信プランに契約することができません。というのも、高速通信プランに加入できるのは上記の4都県かつKDDIの独自回線であるのが条件となっています。

そのため4都県であっても、ホーム(s)対応エリアは1ギガプランのみになるので申し込む際は注意しましょう。

まとめ

auひかりホーム(s)タイプの料金や仕組みについて解説しました。ホーム(s)はホームタイプとは違い、KDDI独自回線ではなくNTT(フレッツ光)のダークファイバーを使用しています。

回線の仕組みは異なるものの、料金や回線速度に関してはホームタイプと同じように使用できますし、キャンペーンも適用されますよ。

5ギガプラン・10ギガプランが使えないというデメリットはありますが、1ギガプランでも十分ストレスなく使えるので、auひかりを検討中の人は、ぜひ代理店やauの公式サイトを確認してみてくださいね。

auひかりキャンペーンサイト

おすすめの記事