【7月最新】SIMフリーAndroidスマホおすすめ全6機種を紹介!あなたにぴったりなのはこれ!
キャラクター画像
まま子さん
SIMフリーのAndroidスマホって、たくさんあってどれを選べばいいのか悩んじゃう…。
キャラクター画像
すーちゃん
どのスマホにも特徴があるから、自分が求める機能や性能を踏まえて絞っていけばベストな機種が見つかるよ!

スマホは毎月のように新しい機種が発売されますし、最近は海外メーカーの日本上陸も進んでいるのでとにかく種類が多いですよね。

2年に1度くらいの一般的なペースで機種変更する方の場合、たくさんあるスマホの中から自分にあった一台を見つけるのはとても難しいものです

しかし、スマホは、求めることや予算をしっかり決めて探せば候補を一気に絞ることができるんです!

この記事では2022年7月時点での、おすすめのSIMフリーAndroidスマホをメーカーや価格、機能などの細かい条件ごとに分類して解説します。

スマホオタクの私が考えに考え抜いて、今イチオシの機種を厳選しました。

記事も毎月更新して常に最新状態を保っているので、この中から選んでいただければ間違いないはずなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\ミニプランなら実質半年間無料!/

UQmobile banner

はじめに...今月のイチオシSIMはUQモバイル!

UQmobile banner

本題に行く前に、、最初に今月イチオシの格安SIM「UQモバイル」を紹介させていただきます!

おすすめの格安SIM各社を見ていく前に、特に今月イチオシの「UQモバイル」についてかんたんに紹介します!

UQモバイルは、3GB月額1,628円から利用可能なau回線の格安SIM!

回線品質は非常に良くてお昼や夜でも高速、人口カバー率は99.9%と高いので地方などでもしっかり通信を行えます。

auでんきなどの対象サービスを使っていれば、3GB990円からとさらに安く。

そして、他社からの乗り換え(auとpovoは対象外です!)と最大13ヶ月無料の「増量オプションⅡ」に加入をするとau PAY残高最大10,000円分相当、eSIMの契約ならさらに追加で3,000円相当キャッシュバック中!

乗り換え先を迷ってる方はお得なこの機会に是非UQモバイルを検討してみてください!

iPhone13も利用可能!

UQモバイル公式サイト

SIMフリースマホ、SIMロックとは?なんでおすすめなの?

「SIMフリースマホ」とは、「SIMロック」がかかっていないスマホ端末を指します。

SIMロックは、購入した携帯事業者以外の回線でスマホを利用できないようにロックするためのシステムです。

例えば、ドコモで購入したスマホはドコモキャリア、もしくはドコモの回線を使用している格安SIM(MVNO)でしか使えません。

販売されていたキャリア以外の回線で使用する場合は、「SIMロック解除」という作業が必要になります。

SIMロック解除には申し込み手続きが必要で、ドコモショップなど店舗で解除してもらう場合は手数料が3,300円かかります

My docomoなど、オンラインページからの解除なら費用はかかりません。

キャラクター画像
まま子さん
色々と面倒だね…

一方で、家電量販店やオンラインストア、格安SIMなどで購入できるSIMフリースマホにはSIMロックがかかっていません

端末が対応していれば、どの回線に乗り換えても現在の端末を継続利用することが可能です!

2021年10月以降は、キャリアスマホもSIMロックがかからなくなった

2021年10月より、大手キャリアは端末にSIMロックをかけないようになりました。

キャラクター画像
すーちゃん
乗り換えの妨げになることもあって、国にSIMロックをかけないように指示されたんだ。

2021年9月発売のiPhone 13シリーズなども含め、大手キャリアで最近発売された機種であれば基本的にSIMロックはありません。

ただし端末によっては「ドコモ以外の回線だと電波を拾いづらい」などの細かい制限があるので、基本的に格安SIMで使うならSIMフリーのスマートフォンを購入するのがおすすめとなります。

キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。

SIMフリースマホを選ぶ際のメリット・おすすめの理由

SIMフリースマホを選ぶメリットは下記の3つです。

  • 携帯会社を自由に選べる
  • SIMフリーの端末は種類が豊富
  • 海外でも使えるので海外旅行に便利

それぞれの嬉しいポイントについて確認していきましょう!

SIMフリースマホのおすすめポイント①:携帯会社を自由に選べる

SIMフリースマホを選べば、携帯会社を自由に選べます。

SIMロックが掛かっているスマホでは、選べる(使える)格安SIMが制限されてしまいます。

お得な格安SIMを見つけたとしても、手持ちのスマホに非対応な回線しか選べなければ今の端末は使えません。

キャラクター画像
まま子さん
販売されていたキャリアと別回線の格安SIMへ乗り換える場合は、SIMロック解除か端末変更が必要!

SIMフリースマホなら使える回線の制限がないため、より安く契約できる携帯会社を自由に選べます。

その後の乗り換え先も、選び放題。

キャラクター画像
すーちゃん
ただしマニアックな機種だと稀に「楽天モバイルのみ非対応」「au回線は使用不可」みたいなことがあるから、購入時に使いたい回線に対応しているか確認しておくのがおすすめになるけどね。

格安SIMをお得かつフレキシブルに契約したい方は、SIMフリースマホを選ぶのがおすすめです。

SIMフリースマホのおすすめポイント②:SIMフリーの端末は種類が豊富

SIMフリー端末は種類が豊富なので、自分に合うスマホを選びやすいです。

SIMフリースマートフォンはAndroidとiPhoneのどちらにも用意されていて、スペック的にも最低限の機能を備えたエントリーモデルから最新技術が投入されたハイエンドモデルまで選択肢は豊富です。

自身の予算や希望するスペックに合わせて、端末を自由に選びやすいのがSIMフリースマホの大きなメリットです!

キャラクター画像
すーちゃん
端末にこだわりたい方こそ、SIMフリースマホを選ぶメリットが大きいよ!

SIMフリースマホのおすすめポイント③:海外でも使えるので海外旅行に便利

SIMフリー端末は回線を限定せず使えるので、海外でスマホ回線を契約して使うこともできます。

例えば空港や駅で売っている現地での通信用SIMカードを購入して、SIMフリースマホで使うことができますよ。

SIMロックが掛かっている端末は国内の特定の回線にしか対応していないため、海外ではまったく使えません。

海外旅行に行くことが多い方は、SIMロックフリー端末を購入しておくと非常に便利です!

SIMフリースマホを選ぶデメリット

SIMフリースマホを選ぶ際は、下記2つのデメリットに注意しておきましょう。

  • 日本独自の便利機能に対応していないものもある
  • 携帯会社の手厚いサポートを受けられない可能性がある

それぞれの注意点について分かりやすく解説します。

SIMフリースマホを選ぶデメリット①:日本独自の便利機能に対応していないものもある

海外製のSIMフリースマホの中には、日本製スマホにはある便利機能に対応していないことがあります。

例えば、「防水防塵機能」や「おサイフケータイ」、「緊急地震速報」などの機能に非対応な機種もあります。

緊急地震速報は安全のために極めて重要な機能です。

キャラクター画像
まま子さん
こうした機能がないと不便なこともありそうだね……

おサイフケータイや防水も、使う人には重要ですよね。

キャラクター画像
すーちゃん
Suicaで電車やバスに乗って通勤する人は多いし、移動中の水濡れが心配だったりお風呂でスマホを使いたかったりするなら防水も重要だよね。

購入前にしっかりスペックを確認して、必要な機能を備えた機種を選択しましょう。

SIMフリースマホを選ぶデメリット②:携帯会社の手厚いサポートを受けられない可能性がある

SIMフリースマホでは大手キャリアでスマホを購入する時と違い、携帯会社でのサポートを受けられないことがあります。

例えば、大手キャリアではスマホに不具合や故障があれば、キャリア側に連絡すれば端末の交換や修理の対応を受けられますよね。

SIMフリースマホは基本的に端末のメーカー側への問い合わせが必要となり、修理費用も高額になることがあります。

キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMで端末保証を提供していることがあるから、必要な人は保証がある格安SIMでセット購入するのがおすすめ!

また格安SIMによっては買い替え時に下取りサービスを受けられなかったりするなど、サービス面では通常の端末より控えめなことが多いので注意が必要です。

キャラクター画像
すーちゃん
SIMフリー端末はすごく便利だけど、サービス面には要注意だね!

おすすめのSIMフリースマホ(Android)取り扱いメーカーは?人気なのはどこ?

キャラクター画像
すーちゃん
まずは、人気のSIMフリースマートフォンメーカーからチェックしていこうか。
キャラクター画像
まま子さん
海外メーカーが多いから、簡単にそれぞれの特徴が知りたいかも。

SIMフリーAndroidスマホの人気メーカーは、主に以下の4社です。

それぞれに特色があるので、まずはその辺りからチェックしていきましょう!

キャラクター画像
すーちゃん
まずは特に一般層からの人気が高い、シャープから解説していこう。

①シャープ:SIMフリースマホのAQUOSシリーズはおサイフケータイやワンセグなどを備えて多機能なのがおすすめポイント!

格安スマホメーカーシャープ

出典:SHARP公式サイト(https://jp.sharp/k-tai/brand/)

シャープは元々日本のメーカー、現在は台湾企業のグループメーカーとなっています。

シャープはAQUOSシリーズというスマートフォンを展開していて、HUAWEIやASUSなどの他社との大きな違いは機能の豊富さです。

シャープのスマートフォンには、おサイフケータイや防水といった機能が備わっていることが多いです。

キャラクター画像
すーちゃん
日本人好みの機能がしっかり備わっているのがシャープスマホの特徴!

ということで以下の2点に当てはまる方はAQUOSスマホを利用するのがオススメです。

  • おサイフケータイを活用したい
  • お風呂や台所でもスマホを使う機会が多い

また、シャープのスマートフォンはドコモなどの大手キャリアでも販売されていますが、SIMフリーモデルも基本的にドコモなどで売っているものとほとんど同じです。

主な違いは以下の2つのみとなります。

  1. 対応する周波数※キャリア版の場合、機種によっては他のキャリアに非対応なことがある
  2. キャリアアプリの有無

1つ目の対応する周波数帯(ドコモ、auなど、各通信会社で通信に使われている電波)ですが、ドコモやauのAQUOSスマホは、ドコモ版ならドコモの周波数帯、au版はauの周波数帯以外はあまり使えないケースが稀にあります。

しかし、SIMフリーのAQUOSスマホなら、対応する周波数帯が豊富なためたくさんの格安SIMで利用可能です。

2つ目のキャリアアプリの有無ですが、SIMフリーモデルにはキャリアアプリがインストールされていません。

キャリアアプリとは、ドコモやauなどの通信会社が自社サービスを使うために用意したアプリのことです。

キャラクター画像
まま子さん
あー。最初からなんか色々ごちゃごちゃ入ってるやつね。
キャラクター画像
すーちゃん
そう。それがSIMフリー版なら入っていなんだ。

余計なアプリがインストールされておらず、自由にスマホのストレージを活用できるのも、SIMフリーのAQUOSスマホを選ぶメリットと言えるでしょう。

ただし、シャープのSIMフリースマホは機能性が重視されているため、同価格帯の機種と比べて性能は劣りがちというデメリットもあります。

キャラクター画像
すーちゃん
2020年発売のAQUOS sense4辺りからは徐々にスペックが十分な高さになってきてるんだけどね。機能が多い分、ゲーム性能などには力を入れづらいんだと思うよ。

性能最重視ならOPPO(次の段落でご紹介しています)やXiaomiなど海外系のメーカー、機能重視ならシャープを選ぶのが良いでしょう。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。機能重視なのがシャープっと。OKよ。
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

②OPPO :性能重視から高コスパまで、様々なスマホを取り揃えているSIMフリースマホを展開!

格安スマホメーカーオッポ

出典:OPPOジャパン公式サイト(https://oppojapan.com/brandstory/)

OPPOは日本に上陸して4年程度の、中国のスマートフォンメーカーです。

OPPOのスマートフォンは性能の高さやカメラ性能の高さに加えて、他社にない機能を備えたスマホを出すことも特徴です。

2019年くらいからは3万円程度の低価格スマホから、10万円以上の高性能スマホまで、幅広いラインナップが展開されるようになりました。

キャラクター画像
すーちゃん
インカメラが本体内蔵式の、変わったスマホを積極的に出しているのが面白いね。

海外メーカーとしては珍しく、おサイフケータイや防水に対応した「OPPO Reno5 A」などの選択肢も現れています。

UQモバイルYモバイルでも端末が販売されるなど、日本ではどんどん勢力を伸ばしています。

キャラクター画像
すーちゃん
今一番勢いがあるって言ってもいいかも。

基本的に「Neo」「A」の付くモデルが低価格・高コスパ、「Pro」は高性能モデル、「Reno」は多機能系モデルです。

OPPOのスマホは、以下の2点重視の方におすすめです。

  • 他のメーカーのスマホにない変わった機能を使いたい方
  • コスパ重視の方

注意点は、スマホに搭載されているOSに独自のカスタマイズが行われていることです。

設定画面やメニュー項目などが他のAndroidスマートフォンと少し異なるので、他のメーカーの機種から乗り換える際は少し注意が必要かもしれませんね。

ただし2021年発売のReno5 Aなどでは、比較的普通のAndroidに近い操作感・画面構成で使えるようになっています。

キャラクター画像
すーちゃん
徐々にOSも改善されてきているから、今はもうそこまで心配する必要ないかも。
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

③Xiaomi:高コスパ・カメラ性能重視のSIMフリースマホが次々登場中・今最も熱いメーカー!

格安スマホメーカーシャオミ

出典:Xiaomi公式サイト(https://www.mi.com/jp/)

Xiaomiは2019年末に日本に進出した、中国のスマートフォンメーカーです。

徐々に勢力を伸ばしていて、あっという間にauで専売スマホを発売するところまで来ました。

Xiaomiのスマホはカメラ性能を重視しているMi Noteシリーズや、低価格がウリのRedmiシリーズが主に国内展開されています。

とくにこの後紹介するMi 11 Lite 5Gは、3万円台で買えるスマホとしては過去最高クラスの高性能を誇っています。

今のところ中くらいのスペックの機種を中心に展開しているXiaomiですが、今後は国内未展開の高性能モデルなどが登場する可能性もありますね。

  • 徹底的に安くて快適に使えるスマホを使いたい
  • 1億画素など、カメラ性能が高いスマホを手に入れたい

こんな人には、Xiaomiのスマホがおすすめです。

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

④ASUS:高性能なSIMフリースマホ重視の人におすすめ!ZenFoneシリーズを展開中

出典:ASUS公式サイト(https://www.asus.com/jp/Phone/)

ASUSは台湾のメーカーで、主にPCやスマートフォンを展開しています。

キャラクター画像
すーちゃん
一時期ちょっと影が薄かったけど、最近はまた人気が盛り返してきた印象。

ASUSのスマートフォンは、一般向けの「ZenFone」シリーズと、ゲーマー向けの「ROG Phone」の2種類で展開されています。

以前はスペックが低めで安い機種を多く展開していましたが、現在はハイスペック端末に絞ってラインナップが展開されるようになりました。

ゲームアプリなどが快適に動作する高性能スマホを安く手に入れたい方には、ASUSのスマホがおすすめです。

なお、ROG Phoneはゲーマー向けに特化したシリーズです。価格は10万円以上で高額ですが、専用センサーや冷却機能などにより、ゲームをとにかく快適に遊べますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
ゲーマーはROG Phoneを選ぶのも良いね。
キャラクター画像
まま子さん
なるほど。Androidスマホって、メーカーごとに色々特徴があるのねぇ。
キャラクター画像
すーちゃん
そうだね。それじゃあ、ここからはスマホをカテゴリーに分けて紹介していくよ!

それでは、次項から以下の3つのカテゴリーに分けてスマホをご紹介していきます。

特にこだわりがない方は「今人気の4機種」から、予算がある程度決まっている方は「価格別3機種」から、重視する機能がある方は「機能別7機種」からあなたにぴったりの1台を探してみてください!

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

SIMフリースマホ(Android)で今おすすめ・人気の機種4つ!

2022年7月時点で人気が高いSIMフリースマホは、以下の4 機種です。

機種名 特徴
Reno5 A 迷ったらこれ!と言える多機能・高性能高コスパスマホ
Mi 11 Lite 5G 高性能CPUでゲームもOK、軽量で鮮やかカラーのボディも魅力
AQUOS sense6 多機能性とバッテリー持ちが◎、ゲーム性能も向上
moto g31 大容量バッテリー搭載、低価格ながら高画質画面
キャラクター画像
すーちゃん
全体的にコストパフォーマンスが高めだね。Reno5 AやMi 11 Lite 5G、AQUOS sense6はゲーム性能も高めだよ。

それぞれの特徴について、詳しくみていきましょう!

①Reno5 A:迷ったらこれを選んでおけば間違いなし!特におすすめの多機能SIMフリースマホ

参照:OCNモバイルONE公式サイト(https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/set/opporeno5a.html)

Reno5 AはOPPOが展開する、格安SIMとのセット購入なら1万円程度から購入できる低価格SIMフリースマホです。

低価格ではありますが、性能・機能ともに妥協がないスマホですね。

旧モデルのReno3 Aは性能がやや犠牲になっていましたが、Reno5 AはCPU性能が上がってゲームにも強くなりました。

キャラクター画像
すーちゃん
これから4つのスマホを紹介していくけど、迷ったらReno5 Aを選んでおけば間違いはないと思うよ。
スペックは以下の通りです。

Reno5 Aのスペック
価格(Yモバイル) 10,080円(ソフトバンク系回線以外からの乗り換え・シンプルMやL契約時)
OS Android 11
CPU Snapdragon 765G
メモリ 6GB
ストレージ容量 128GB
画面 6.5インチ、2,400×1,080
カメラ アウトカメラ:6,400万画素+800万画素+200万画素+200万画素/インカメラ:1,600万画素
重さ 182g
バッテリー容量 4,000mAh

Reno5 Aは、1万円台程度から購入できるスマホとしては高機能、CPU性能もかなり高めに仕上がっています。

カメラ性能やストレージ、バッテリー容量といった様々なスペックも充実していますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
PUBGとかの3Dゲームも、かなり快適に動くよ。

アウトカメラは4眼レンズで、広角写真やマクロ写真(接写)など、クオリティの高い写真を撮れます。

参照:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphones/series-reno/reno5-a/)

しかも、Reno5 Aはおサイフケータイと防水機能も搭載しています。
全体的に性能が高いのに、Suicaでの買い物・移動ができたり、雨に濡れても壊れる心配が少なかったりと、機能面でも充実していますよ。

参照:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphones/series-reno/reno5-a/)

キャラクター画像
すーちゃん
防水・防塵性能はIP68。前機種のReno3 Aと同じく、安心して水場で使えるんだ。

私も実際にReno5 Aを購入して使っていますが、他には以下のようなメリットを感じられました。

ココがおすすめ

  • 保護フィルムやケースが付属しているので、追加出費が不要
  • 大画面で動画やゲームなどを快適に楽しめる
  • イヤホン端子があり、有線イヤホンで音楽を聴ける
  • 本体デザインもそこそこ高級感あり

Reno5 Aの注意点は、スピーカーが本体下部にしかないことと、画面が最近流行りの有機ELでなく液晶なことですね。

とはいえ音質自体は悪くないですし、画面も言われてもあまり他のスマホとの違いがわからないくらいにはキレイなので、事実上大きなデメリットはないです。

キャラクター画像
すーちゃん
性能も機能も充実しているから、迷ったらReno5 Aを選んでおけばまず間違いなし。
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

②Mi 11 Lite 5G:高性能重視の人におすすめ・おサイフ対応ながら低価格な高コスパSIMフリースマホ

出典:OCNモバイルONE公式サイト(https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/set/mi11lite5g.html)

Mi 11 Lite 5Gは、中国の大手スマホメーカー・Xiaomiが展開しているコストパフォーマンスが非常に高いスマートフォンです。

Mi 11 Lite 5Gの特徴
価格(IIJmio) 38,000円、MNP特価16,100円
OS Android 11
CPU Snapdragon 780G
メモリ 6GB
ストレージ容量 128GB
画面 6.55インチ、2,400×1,080
カメラ アウトカメラ:6,400万画素+800万画素+500万画素/インカメラ:2,000万画素
重さ 159g
バッテリー容量 4,250mAh

Mi 11 Lite 5Gは約2万円程度から換える低価格ながら3眼レンズを搭載していて、広角写真(空間を広い部分まで撮せる)やかなりキレイなマクロ写真も撮れるのが特徴です。

出典:Xiaomi公式サイト(https://www.mi.com/jp/product/mi-11-lite-5g/)

もはや価格破壊ですね…(笑)

通常の写真は6,000万画素超えで細かい描写も可能ですし、カメラ性能は2~3万円程度で買える機種としては最強です。

キャラクター画像
すーちゃん
正直、5~10万円くらいの機種と比べてもあまり引けはとらない印象だね。

カメラにはAIが搭載されていて、自動で気に食事などを判別・最適な設定できれいな写真を撮影してくれます。

もちろん、カメラ以外の各種スペックもかなり高く、最新ゲームなども快適に動作します。

キャラクター画像
すーちゃん
ほぼハイエンドクラスの高性能を持っているんだ。ある程度高画質な最新ゲームとかも遊べるよ。

ストレージ容量が128GBと大きいので、写真や動画、アプリなどのデータをたっぷり保存できるのも嬉しいですね。

画面が有機EL・120Hzリフレッシュレート対応で、非常に発色が良くて動きも滑らかであることも大きな魅力です。

Redmi Note10 Proという機種も人気ですが、Mi 11 Lite 5Gならおサイフケータイ対応で機能的にも充実度が高くなっていますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
Redmi Note10 Proはお財布非対応が弱点だったけど、Mi 11 Lite 5Gはバッチリ対応!

ただしデメリットとして、防水性能が低いことが挙げられます。

キャラクター画像
まま子さん
水場でよく使う人は、ちょっと注意が必要なのね。

防水性能も求める場合は、Reno5 Aや続いて紹介するAQUOS sense6を選ぶのがおすすめです。

OCNモバイルONE公式サイト

③AQUOS sense6:多機能で電池長持ちなSIMフリースマホならこれがおすすめ!

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/sharp/sense6.html)

AQUOS sense6は、おサイフケータイや防水に対応しているシャープのSIMフリースマートフォンです。

2020年登場のAQUOS sense4や5Gに近いスペックですが、メモリ容量がアップした上位モデルも登場し、さらなる快適動作で使えるのが魅力となっています。

AQUOS sense6と、前世代であるsense5Gのスペックを比べてみましょう。

AQUOS sense6とAQUOS sense5Gを比較!
AQUOS sense6(メモリ6GB・ストレージ128GBモデル) AQUOS sense5G
価格(IIJmio) 39,800円、MNP特価17,900円 38,280円、MNP特価16,380円
OS Android 11 Android 11
CPU Snapdragon 690 Snapdragon 690
メモリ 6GB 4GB
ストレージ容量 128GB 64GB
画面  6.1インチ、1,080×2,432 5.8インチ、1,080×2,280
カメラ アウトカメラ:4,800万画素+800万画素+800万画素/インカメラ:800万画素 アウトカメラ:1,200万画素+1,200万画素+800万画素/インカメラ:800万画素
重さ 156g 178g
バッテリー容量 4,570mAh 4,570mAh
キャラクター画像
すーちゃん
今から買うならsense 6がおすすめ。

AQUOS sense 6や5GはCPU性能については4とそこまで変わりませんが、最新のゲームもかなり快適に動作するのでとくに問題はありません。

従来のAQUOS senseシリーズはゲームプレイが苦手でしたが、sense4以降のモデルならよほど高画質な設定などを選ばない限りサクサク動きますよ。

バッテリー容量も5G・6共に4,570mAhとかなり多く、長持ちします。

キャラクター画像
すーちゃん
バッテリー持ちは1週間と言われているよ。普通に使っても、2~3日は大丈夫だね。

さらにAQUOS sense 6や5Gは、おサイフケータイと防水に対応しています。

おサイフケータイで買い物や通勤・通学をしたり、防水で安心してお風呂や台所でスマホを使ったりしたいなら、AQUOS sense 6は見逃せない選択肢でしょう。

AQUOS sense6では重量が156gと軽くなり、持ちやすくなったのも魅力的です。

画面内指紋認証に対応し、画面サイズお大型化したためさらに大きな画面で動画などを楽しめるようになりました。

他にも、以下のようにメリットは満載です。

ココがおすすめ

  • 色鮮やかで表示がきれい・動きがなめらかなIGZO液晶
  • AIによる撮影モードの自動最適化
  • トリプルレンズで望遠や超広角写真も撮れる

一方、AQUOS sense6や5Gの注意点は、スピーカー性能がやや低いことです。

キャラクター画像
すーちゃん
AQUOSのスマホって、スピーカー音質が常にイマイチなんだよね。イヤホンを活用しよう。
スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

④moto g31:大容量バッテリー&低価格SIMフリースマホならこれがおすすめ!

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/motorola/motog31.html)

moto g31は、大容量バッテリーが魅力のSIMフリースマートフォンです。
以下に、主なスペックをまとめました。

moto g31の特徴
価格(IIJmio) 21,800円、MNP限定特価500円
OS Android 11
CPU Helio G85
メモリ 4GB
ストレージ容量 128GB
画面 6.4インチ、2,400×1,080
カメラ アウトカメラ:5,000万画素+800万画素+200万画素/インカメラ:1,300万画素
重さ 181g
バッテリー容量 5,000mAh

moto g31は、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているのが特徴です。

普通に使っていても2~3日程度はバッテリーが切れないので、たくさんスマホを使う方にもそうでない方にも、メリットは大きいでしょう。

前機種のg30からは画面解像度がアップ、綺麗な表示で写真や動画などを楽しめるようになりました。

加えて価格が安く、IIJmioならMNPで一括500円から買えてしまいます。

キャラクター画像
まま子さん
1コインでスマホが買えるなんて…驚異的ね。

CPUはゲームアプリなどにはあまり向いていないため、とにかく電池持ちを求める人・価格を重視して動作はネットなどがそこそこできればOKな人におすすめです。

IIJmio banner

SIMフリースマホ(Android)のおすすめを価格帯ごとに分類!

SIMフリースマホにはたくさんの種類があり、価格帯ごとにおすすめ機種が存在します。

ここからは以下の3つの項目に分けて、おすすめのスマホを紹介します。

価格帯 機種名
1~2万円台 Reno5 A
3〜4万円台 AQUOS sense6
5万円以上 Xiaomi 11T Pro
キャラクター画像
すーちゃん
前項でも紹介したから悩んだんだけど、Reno5 AとAQUOS sense6はやっぱり価格重視の場合も外せなかったからこっちでもランクインしたよ。

1~2万円台のスマホをお探しならReno5 A

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/oppo/reno5_a.html)

1~2万円台のスマホでオススメなのは、Reno5 Aです。

Yモバイルで販売価格が1万円ほどに抑えられつつ、各種性能は十分そこそこ・機能充実で快適に使えるようになっています。

詳しいスペックは、先ほどの解説項目をご覧ください。

1万円で買えるスマホとしては最上級クラスの性能で、SNSやネットサーフィンなどは快適、ゲームもある程度は快適に遊べます。

カメラ性能も4眼レンズ搭載で、横長のものを撮りやすい広角写真や背景ボケのあるポートレート写真など自由自在に撮影できますよ。

基本的に迷ったらReno5 Aを選んでおけば、不満を感じる場面は少ないと思います。

Reno5 Aがセット購入できるお得な格安SIM

キャラクター画像
すーちゃん
ワイモバイルかIIJmioでの購入がお得だよ。
キャラクター画像
まま子さん
なるほど、1~2万円台ならReno5 Aがおすすめなわけね。もう1ランク上の価格帯だと、どの機種が良いのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
3〜5万円台のスマホなら、おすすめはAQUOS sense6かな。

3万円〜5万円台のSIMフリースマホをお探しならAQUOS sense6がおすすめ!

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/sharp/sense6.html)

3〜5万円で買えて高性能なスマホを探している方には、AQUOS sense6がおすすめです。

AQUOS sense6は2021年冬登場の最新スマホで、機能と性能が充実した高コスパモデルとなっています。

AQUOS sense6の主なスペックは、先ほどの解説項目よりご確認ください。

AQUOS sense6はそこそこ高いCPUを搭載、ゲームも高解像度設定などをしない限りサクサク動きますよ。

全体的な仕様はAQUOS sense4や5Gに近くバッテリー持ちの良さが魅力、さらに高級感がありつつ軽量なメタルボディや上位モデルのメモリ容量・ストレージ容量アップも良いですね。

AQUOS sense6はおサイフケータイと防水にもしっかり対応しているので、電子マネー決済をしたり、水場でスマホを使ったりもできますよ。

5Gに対応しているので、対応エリア内なら4Gより高速で通信できるのも嬉しいポイントとなっています。

ということで、3〜5万円程度の出費で快適に使えるスマホを探している方は、AQUOS sense6を検討してみてください。

キャラクター画像
すーちゃん
+3万円程度出せばよりCPU性能が高い「Zenfone 8」を買えるから、ゲームなどでより快適に遊びたいなら検討してみてね。

AQUOS sense6(6GB・128GB)がセット購入できるお得な格安SIM

キャラクター画像
すーちゃん
IIJmioへの乗り換えなら2万円以下でも買えるよ。
キャラクター画像
まま子さん
もっと価格が高い、最高性能のスマホだと、どの機種がおすすめ?
キャラクター画像
すーちゃん
今買うなら、Xiaomi 11T Proがおすすめだよ。

5万円以上の超高性能SIMフリースマホをお探しならXiaomi 11T Proがおすすめ!

出典:OCNモバイルONE公式サイト(https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/set/xm11tpro.html)

Xiaomi 11T Proはトリプルレンズ搭載、全体的にスペックが高く機能も充実していて非常に魅力的な1台です。
Xiaomi 11T Proのスペックは、以下にまとめた通りとなります。

Xiaomi 11T Proの特徴
価格(IIJmio) 58,800円→MNP限定特価36,900円
OS Android 11
CPU Snapdragon 888
メモリ 8GB
ストレージ容量 128GB
画面 6.67インチ、2,400×1,080
カメラ アウトカメラ:1億800万画素+800万画素+500万画素/インカメラ:1,600万画素
重さ 204g
バッテリー容量 5,000mAh

大手キャリアで同程度のスペックの5G対応スマホを買うと10万円以上になってしまうことが多いですが、Xiaomi 11T Proは定価でも約6万円とかなり価格を抑えられています。

たった17分間で100%充電できる急速充電に対応していたり、超広角撮影やマクロ撮影ができたりする充実したカメラ性能があったりするのも良いですね。

Xiaomiのスマホはおサイフ・防水非対応な機種も多いですが、Xiaomi 11T Proはおサイフケータイ対応で防水も最低限備わっていることも嬉しいポイントです。

キャラクター画像
まま子さん
支払額をある程度抑えつつ高性能・多機能なスマホを使いたいなら、Xiaomi 11T Proを選べばいいわけね。

Xiaomi 11T Proがセット購入できるお得な格安SIM

重要視する機能別おすすめSIMフリーAndroidスマホ!デュアルSIM対応機種も紹介

SIMフリーのAndroidスマートフォンは、それぞれ備わっている機能が異なります。

人によって重視するポイントは違いますよね。

ここからは、Androidスマートフォンの機能ごとに、おすすめの機種を紹介します。

機種名 特徴
Zenfone 8 Flip カメラ性能最重視
moto g31またはAQUOS sense6 バッテリー容量重視
AQUOS sense6またはReno5 A 機能性重視
Xiaomi 11T Pro 性能の高さを求める
AQUOS sense6またはXiaomi 11T Pro デュアルSIM対応
キャラクター画像
すーちゃん
カメラ重視の人におすすめのスマホからチェックしていこう。

カメラ重視な人におすすめのSIMフリースマホはZenfone 8 Flip!

出典:OCNモバイルONE公式サイト(https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/set/zenfone8flip.html)

カメラ性能を重視するなら、今選ぶべきはZenfone 8 Flipです。

Zenfone 8 Flipはトリプルレンズ搭載の高性能カメラ搭載・さらに各種スペックも圧倒的に高い最強のスマホです。

スペックは、以下の表にまとめました。

Zenfone 8 Flipの特徴
価格(OCNモバイルONE、8GB・256GBモデル) 76,800円→MNP特価54,980円
OS Android 11
CPU Snapdragon 888
メモリ 8GB
ストレージ容量 128GB
画面 6.67インチ、2,400×1,080
カメラ 6,400万画素+1,200万画素+800万画素
重さ 230g
バッテリー容量 5,000mAh

Zenfone 8 Flipはアウトカメラとインカメラが共通で、自撮りのさいは後ろのカメラが手前に起き上がる変わったしくみとなっています。

キャラクター画像
すーちゃん
つまり自撮り性能が高いんだ!普通のスマホと違って、メインレンズで自撮りできちゃうからね。
キャラクター画像
まま子さん
自撮りが多い人には、かなり嬉しい機種ってことね!

超広角カメラで広い写真を撮ったり、望遠カメラで2倍ズームができたりと、カメラ性能は2021年発売のSIMフリースマホの中でも非常に高くとなっていますよ。

Zenfone 8 Flipは、IIJmioなどで販売されています。

バッテリー容量重視な人におすすめSIMフリースマホはmoto g31やAQUOS sense6など

2020年オススメ格安スマホmotog8 power

出典:モトローラ公式サイト(https://www.motorola.co.jp/smartphones-moto-g-power-gen-8/p)

バッテリー容量の大きさを求める人には、moto g31AQUOS sense 6がおすすめです。

どちらも約5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、2〜3日の間充電できないとしても、使いすぎなければバッテリーが足りなくて困ってしまうことはありません。

キャラクター画像
すーちゃん
今までスマホと合わせてモバイルバッテリーなどを持ち歩いていた人も、moto g31やAQUOS sense6に乗り換えればもうスマホだけを持ち運べばOKだよ。

ZenFone 8 FlipやXiaomi 11T Proも5,000mAhの大容量バッテリーを搭載していますが、性能が高い分燃費も悪いのが難点です。

バッテリー最重視ならそこそこのスペックで大容量バッテリーのmoto g31やAQUOS sense6がおすすめです。

あるいはAndroidにこだわらないなら、iPhone 13シリーズなどもバッテリー持ちが良いですよ。

キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。多機能さ重視ならどうかな?

多機能を求める方におすすめのSIMフリースマホはAQUOS sense6やReno5 A

おサイフケータイや防水性能を求める人におすすめなのは、AQUOS sense6またはReno5 Aです。

AQUOS sense6はゲーム性能がそこそこ高く、SuicaやWAON、nanacoなどの電子マネーを使ったり、お風呂でスマホを使って暇つぶしをしたりと、便利に活用できますよ。

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/sharp/sense6.html)

Reno5 Aもおサイフケータイと防水対応で、またカメラのクオリティが高くセールも充実しています。

参照:OCNモバイルONE公式サイト(https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/set/opporeno5a.html)

キャラクター画像
まま子さん
最後に、ゲーマーとかにおすすめな高性能スマホのおすすめを教えて!

ヘビーユーザー・ゲーマーにおすすめのSIMフリースマホはXiaomi 11T Pro

出典:OCNモバイルONE公式サイト(https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/set/xm11tpro.html)

ヘビーユーザーやゲーマーで、スマホ選びでは性能の高さを最重視する人には、Xiaomi 11T Proがおすすめです。

Xiaomi 11T Proのスペックは、先程記載した表よりご覧ください。

価格は6万円前後とそこそこ高額ですが、CPUやストレージ容量、メモリ性能などあらゆる部分が高性能です。

ただし、本体サイズが大きめなので、小さなスマホを使いたい方には不向きな部分がありますね。

Xiaomi 11T Proなら、2021年登場のスマホでも最高クラスの性能なので、どんなアプリでも快適・サクサク動作します。

大手キャリアの場合、防水性能が強力などの細かい差はありますが、同じくらいの性能の機種だと10万円オーバーが普通ですよ。

Xiaomi 11T Proなら性能の割に価格はリーズナブル、満足できる機種です!

OCNモバイルONE公式サイト

デュアルSIMでSIMフリースマホを使うなら!機能ならAQUOS sense6、性能ならXiaomi 11T Proがおすすめ

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/sharp/sense6.html)

最近、スマホをデュアルSIMで使う人も増えてきていますよね。

デュアルSIMとは、2つの会社で格安SIMなどを契約して組み合わせることです。

SIM2枚を入れてデュアルSIM環境を整えることで弱点を補い合い、お得に通信・通話ができるのがメリットですよ。

キャラクター画像
すーちゃん
よりお得にスマホを使いたいなら、デュアルSIMはおすすめ!

デュアルSIMは対応している機種でなければ利用できず、Androidだと対応するのは一部機種に限られます。

デュアルSIMを使う場合おすすめのSIMフリースマホは、AQUOS sense6とXiaomi 11T Proです。

AQUOS sense6は通常のnanoSIMとeSIMを組み合わせることが可能なので、UQモバイルYモバイル楽天モバイルといったeSIM対応会社でeSIMを、その他の会社で通常のnanoSIMを契約すれば2枚利用が可能となります。

AQUOS sense6のスペックは、こちらから確認できますよ。

AQUOS sense6は価格が安価なので、手軽にeSIM環境を整えたい場合にご検討ください。

Xiaomi 11T Proは通常のSIM2枚を利用可能で、Snapdragon 888を搭載しているため最新ゲームなどを快適に利用できます。

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/xiaomi/xiaomi11Tpro.html)

Xiaomi 11T Proのスペックは、こちらよりご確認ください。

キャラクター画像
すーちゃん
他にも色々なデュアルSIM対応スマホがあるから、各社の公式サイトなどで対応するSIMの数・種類をチェックしてみてね。
スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

まとめ

AndroidおすすめSIMフリースマホ
今回は、2022年7月時点で販売されているSIMフリースマートフォンの中から、条件別のおすすめ機種を解説しました。

振り返り:今人気の4機種

振り返り:価格別おすすめ3機種

振り返り:機能別おすすめ7機種

こうして分類してみることで、膨大な数あるスマホでも少し自分に合った機種の目星が付いてきたのではないでしょうか?

キャラクター画像
まま子さん
そうね。ある程度検討が付いてきたわ。

今回ご紹介した機種は私が知識と経験をフル活用し、星の数ほどあるスマホの中から厳選したものです。

ですから、この中からご自身にぴったりな1台を選べば間違いありません。

ぜひ当記事を参考に、予算や目的に合わせて選択肢を絞ってみてくださいね。

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

端末補償を検討中の方へ!

モバイル保険 スマホの端末保証に加入しようとしている方へ、ぜひ一度検討していただきたいのが「モバイル保険」。

月額700円で3台までの通信機器が保証され、キャリア公式の保証だと対象外の非正規店での修理代も保証されます。
画面割れや水没などの故障のリスクもしっかりカバー!

保険を適用する機種はいつでも変更OK。
買い替えや新しい機器の購入などに合わせて、臨機応変に対応できます。

お申し込みはこちらから!

関連記事本当にお得?モバイル保険契約前に絶対確認すべきこと全6つ!
モバイル保険公式サイト

関連記事

おすすめの記事