Androidの5つのメリット!気になるデメリットやiPhoneとの違いも解説
キャラクター画像
まま子さん
Androidを使ってみようと思うんだけど、どんなメリットがあるのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
Android は「値段が安い」とか「カスタマイズの自由度が高い」とかいろんなメリットがあるよ!

世界で圧倒的なシェアを誇るAndroid。

最近では、iPhoneが値上がりしていることもあり、国内でもAndroidに乗り換える人が増えてきています。

とはいえ、これまでにAndroidを使ったことがない人は、「どんなメリットがあるんだろう...」「iPhoneとの違いは何?」と気になることも多いでしょう。

本記事を読んでもらえれば、Androidの特徴をしっかり把握できるので、あなたに合った端末を見つけやすくなりますよ。

今回は、iPhoneとの違いを解説しながら、Androidのメリットを5つ紹介します

気になるデメリットについても解説するので、ぜひスマートフォン選びの参考にしてみてください。

\10月31日まで!1GB未満の利用なら実質無料/

rakutenmobile banner

そもそもAndroidとiPhoneの違いは何?5つの項目に分けて詳しく解説

本記事を読んでいる人の中には、「そもそもAndroidとiPhoneの違いがよくわからない...」という人もいるでしょう。

以下では、AndroidとiPhoneの違いを5つの項目に分けて紹介しているので、まずはそちらをご覧ください。

項目 Android iPhone
OS(基本ソフトウェア) Android OS iOS
取り扱いメーカー 複数のメーカーが存在
(SONY、SHAPなど)
Apple社のみ
価格 安い 高い
使いやすさ 自由なカスタマイズが可能 直感的な操作が可能
セキュリティ やや低い 高い

AndroidとiPhoneの大まかな違いを紹介したところで、それぞれの項目について詳しく解説していきます。

AndroidとiPhoneの違い①OS

OS(オーエス)とは、「Operating System(オペレーティングシステム)」の略称で、スマホの操作やアプリを使うための土台となる「基本ソフトウェア」のことです。

AndroidはGoogle社が開発している「Android OS」を、iPhoneはApple社が独自に開発している「iOS」を使用しています。

それぞれのOSでしかできない操作や使えないアプリがあるので、自分にとって使いやすいOSを選ぶことが重要です。

AndroidとiPhoneの違い②取り扱いメーカー

各端末の取り扱いメーカーについては、Androidは「SONY」や「SHARP」などの複数社が存在し、iPhoneは「Apple社」の1社のみとなります。

取り扱いメーカーが多いAndroidは「機種のラインナップが豊富」、Apple社のみのiPhoneは「デザインや機能が統一されている」といったメリットがあります。

AndroidとiPhoneの違い③価格

Androidは様々なメーカーが販売しており、端末の値段は実に様々です。例えば、ローエンドモデルなら「20,000円台」で購入でき、ハイエンドモデルとなると「100,000円」を超えてくるものもあります。

一方、iPhoneは「100,000円以上」する機種がほとんどです。

単純に端末価格だけを比べると、iPhoneよりもAndroidの方が安く購入できます。

AndroidとiPhoneの違い④使いやすさ

Androidはホーム画面やウィジェットなどのカスタマイズの自由度が高く、自分が使いやすいように設定することができます。

ウィジェットとは?

アプリを開かずにホーム画面上で情報で確認できるショートカット機能のこと。

対して、iPhoneは説明書を読まなくても直感的に操作できるという魅力があります。それぞれ異なる特徴を持ち、人によって求める機能が変わるため、どちらの方が優れているとは一概には言えません。

AndroidとiPhoneの違い⑤セキュリティ

AndroidもiPhoneも様々なセキュリティ機能を搭載しており、基本的にはどちらも安全に使うことができます。

ただし、Androidの大部分はオープンソースであることから、一般的にはiPhoneの方がセキュリティが高いと言われています。

オープンソースとは?

ソフトウェアの設計図にあたるソースコードを公開し、誰でも自由にソフトウェアを使用・複製・改良・再配布できるようにすること。

キャラクター画像
まま子さん
AndroidとiPhoneは全くの別物なのね。
キャラクター画像
すーちゃん
そうだね。それぞれ違った特徴があるから、自分にとって使いやすいものを選ぶことが大切なんだ!

iPhoneからAndroidへの乗り換えについてはこちら!

docomo banner

iPhoneにはないAndroidの5つのメリット

ここからは、iPhoneにはないAndroidのメリットを紹介していきます。

主なメリットとして、以下の5つのポイントが挙げられます。

Androidのメリット

  • 端末を安く購入できる
  • 機種のラインナップが豊富
  • カスタマイズの自由度が高い
  • 外部SDカードで容量を増やせる
  • 「戻る」ボタンが便利

以下では、それぞれのメリットについて詳しく解説しているので、さっそくチェックしていきましょう。

Androidのメリット①端末を安く購入できる

Androidは、メーカー各社が競い合っていることもあり、高スペックな端末を安く購入できるケースが多いです。

例えば、Xiaomi(シャオミ)の上位モデルである「Xiaomi 11T Pro」は、iPhoneのナンバリングシリーズも安い「69,800円」で購入できます。(上記の販売価格は、2022年7月時点の情報になります。)

ちなみにiPhoneの場合、上位モデルとなれば確実に「100,000円以上」はします。ですので、コストパフォーマンスに優れた端末を探している人は、ぜひAndroidを検討してみると良いでしょう。

キャラクター画像
すーちゃん
Androidは、安いモデルなら20,000円台から買うこともできるよ!安く買える商品が多いのは、iPhoneにはないメリットだね。

Androidのメリット②機種のラインナップが豊富

Androidは、多くのメーカーが販売していることもあり、機種のラインナップがとても豊富です。

具体的には、SONYの「Xperia(エクスペリア)」やSHARPの「AQUOS(アクオス)」、Samsung(サムスン)の「Galaxy(ギャラクシー)」など数多くのメーカーがAndroidを販売しています。

その点、iPhoneはApple社のみが提供しているため、選べる端末の種類は多くありません。価格を抑えた端末からスペック重視の高級端末まで、幅広い選択肢があるのはAndroidならではの魅力でしょう。

Androidのメリット③カスタマイズの自由度が高い

Androidには、ホーム画面やウィジェットを自由にカスタマイズできるというメリットがあります。

例えば、「Google Play」のアプリストアにはホーム画面用のアプリがいくつもあり、自分好みの背景やアプリのアイコンに変更することができます。

また、画面上の好きな場所にアプリを設置したり、ウィジェットをホーム画面に置いたりすることも可能です。

iPhoneよりもカスタマイズの自由度が高いので、「自分が使いやすいように細かく設定したい」という人にAndroidはおすすめです。

Androidのメリット④外部SDカードで容量を増やせる

一部の機種を除き、Androidは外部SDカードを挿入することができます。

そのため、簡単に容量を増やすことが可能です。

その点、iPhoneは外部SDカードに対応しておらず、iCloud(アイクラウド)の空き容量が不足すると、課金をして容量を増やさなければなりません。

上記の特徴から、Androidは動画をたくさん撮ったり、大容量のデータを持ち運んだりするのに便利な端末と言えます。

Androidのメリット⑤「戻る」ボタンが便利

Androidには、iPhoneにはない「戻る」ボタンが存在します(ただし機種による)。

画面下部にある左向きの矢印をタップするだけで、どのような場面においてもすぐ前の画面に戻ることができるのです。

iPhoneの場合、画面をスワイプすることで前の画面に戻れますが、端末サイズが大きいと「使いにくい...」と感じてしまうことも少なくありません。

地味に思える機能ですが、片手で操作することが多いスマートフォンにおいて、Androidの戻るボタンは便利な機能と言えます。

キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。私的には「値段の安さ」と「機種の種類が多い」ところに魅力を感じたわ!
キャラクター画像
すーちゃん
選択肢が多いのは嬉しいよね!あと画面レイアウトの自由度が高いところも魅力的だね。
au banner

知っておくべきAndroidの4つのデメリット

様々なメリットがあるAndroidですが、いくつかデメリットもあるので注意が必要です。ここではAndroidのデメリットを4つ紹介します。

Androidのデメリット

  • 端末のスペックにばらつきがある
  • OSのサポート期間が短い
  • セキュリティにやや不安がある
  • アクセサリーの種類が少ない

それでは、Androidのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

端末のスペックにばらつきがある

前述したように、Androidは多くのメーカーから様々なスマホが販売されているため、端末のスペックにばらつきがあります。

機種の選択肢が多いという点はメリットに違いないですが、中には操作性がいまいちな端末やメーカーも存在するので、よく情報を確認してから購入するようにしましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
特に値段が安い端末は、安くなっているのにそれなりの理由があるはずだから、しっかりスペックを確認するようにしてね!

OSのサポート期間が短い

Androidには、サポート期間が短いというデメリットがあります。

Android OSのサポート期間は「約2年〜3年」と言われており、何年間もサポートしてくれるiPhoneと比べると非常に短いです。

利用途中にOSのサポート期間が終了した場合、OSを最新バージョンにアップデートできなくなります。そうなると、セキュリティが低下したり、利用できるアプリが制限されたりするので注意が必要です。

2年〜3年サイクルで機種変更する人は問題ないですが、長く同じ端末を使う可能性がある人はiPhoneの方がおすすめと言えるでしょう。

なお、正確なサポート期間についてはメーカーや機種によって異なるため、それぞれの情報をチェックするようにしてください。

セキュリティにやや不安がある

Androidは、iPhoneと比べるとセキュリティにやや不安があります。

その理由は以下の通りです。

Androidのセキュリティが不安視される理由

  • ソースコードが公開されているため、悪用される可能性がある
  • 公式アプリストア以外からもアプリを入手できるため、不正アプリを入手してしまう恐れがある
  • OSのサポート期間が短いため、セキュリティレベルを維持できない

上記はあくまでも可能性の話ですが、紹介したような理由からAndroidはセキュリティ面を不安視されることも少なくありません。

ですので、Androidを使うときはセキュリティソフトや携帯電話会社のサービスを利用して、安全な環境を整えることをおすすめします。

アクセサリーの種類が少ない

実際に家電量販店や通販サイトなどを見てもらえればわかりますが、AndroidはiPhoneよりもアクセサリーの種類が少ないです

その理由の1つとして、端末の人気の高さが挙げられます。

今でこそ差はないものの、少し前までの国内シェアはAndroidが「約30%」、iPhoneが「約70%」と大きな差がありました。その影響もあり、スマホケースや液晶保護フィルムなどの充実度に違いが見られます。

また、Androidは多種多様な端末が存在することから、それぞれのアクセサリーが少ないのも何となく理解できるでしょう。その点、端末の種類が少ないiPhoneは、1つのモデルに対してアクセサリーがとても充実しています。

そこまで大きなデメリットではないかもしれませんが、アクセサリーに拘りを持っている人はiPhoneの方が使いやすいかもしれません。

ソフトバンクオンラインショップバナー

AndroidとiPhoneはどっちが良い?メリット・デメリットを比較

キャラクター画像
まま子さん
Androidにはいろんなメリット、デメリットがあるのね。結局iPhoneとどっちの方がいいのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
どっちがいいっていうわけでもないから、自分にとってメリットが大きいを方を選ぶのがベストだよ!

ここでは、紹介してきた内容も踏まえながら、AndroidとiPhoneのメリット・デメリットを比較していきます。

以下の比較表には、AndroidとiPhoneのメリット・デメリットをまとめているので、それぞれの特徴を比較してみましょう。

機種 メリット デメリット
Android
  • 安く購入できる端末も多い
  • 機種のラインナップが豊富
  • カスタマイズの自由度が高い
  • 外部SDカードで容量を増やせる
  • 端末のスペックにばらつきがある
  • OSのサポート期間が短い
  • セキュリティにやや不安がある
  • アクセサリーの種類が少ない
iPhone
  • 端末操作がわかりやすい
  • セキュリティが高い
  • デザインが洗練されている
  • アクセサリーの種類が豊富
  • 買い取り金額が高い
  • 端末価格が高い
  • 端末の種類が少ない
  • 端末ウィジットなどはあるがカスタムはできない
  • 外部SDカードは挿せない

上記の内容を見てもわかるように、AndroidにもiPhoneにも善し悪しがあり、それぞれ異なる魅力を持っています。

ですので、あなたがスマートフォンに求める条件をよく考えて、自分に合った端末を購入するようにしましょう。

次の章では、どのような人にAndroidがおすすめなのかを解説しているので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

Rakutenmobile banner

Androidはこんな人におすすめ!向いている人の特徴を紹介

ここまで紹介してきた内容を踏まえると、以下のような人にAndroidはおすすめと言えます。

Androidの利用が向いている人

  • iPhoneの値段の高さがネックになっている人
  • できるだけ安く端末を購入したい人
  • いろんな端末を比較して自分好みのものを選びたい人
  • 自分好みにホーム画面やウィジェットをカスタマイズしたい人
  • 多くの動画や写真を保存するために外部SDカードを利用したい人
  • 2年〜3年サイクルで機種変更している人

上記のような人は、積極的にAndroidへの乗り換えを検討してみると良いでしょう。特にスマートフォン選びにおいて価格を重視している人は、iPhoneよりもAndroidの方がおすすめです。

ハイエンドモデルに限っては100,000円を超えることもありますが、その他の端末であればiPhoneよりも安く購入できるケースが多いです。

最近では、円安や部材費の高騰が影響し、日本国内で販売されているiPhoneの値上げが発表されました。(Apple製品の値上げについては、2022年7月時点の情報になります。)

iPhoneも素晴らしい製品ですが、価格の高さがネックになっている人も多いでしょう。よりコストパフォーマンスの良いスマホを探している人は、ぜひAndroidを検討してみることをおすすめします。

まとめ:メリット・デメリットをよく比較して最適な端末を選ぼう

Androidのメリット

今回は、iPhoneとの比較を交えつつ、Androidのメリットとデメリットを紹介しました。

改めてAndroidのポイントを簡単にまとめてみます。

ポイント

  • iPhoneよりも安く購入できる商品が多い
  • 機種のラインナップが豊富で自分好みの端末を見つけやすい
  • ホーム画面やウィジェットを自由にカスタマイズできる
  • 外部SDカードで簡単に容量を増やせる(一部のモデルは外部SDカード非対応)
  • 取り扱いメーカーが多いため、端末のスペックにばらつきがある
  • OSのサポート期間が短い(約2年〜3年でサポートを終了するケースが多い)

Androidには「安価な商品が多い」「カスタマイズの自由度が高い」など様々なメリットがありますが、OSのサポート期間が短いといったデメリットもあります。

本記事を読んだあなたなら、AndroidとiPhoneの違いをよく理解した上で、最適な端末を選び出すことができるでしょう。今一度スマートフォンに求める条件を考えて、あなたに合う端末を探してみてくださいね。

関連記事

おすすめの記事