iPhoneを絶対安く買う方法5つ全解説!最安値は1,000円台のお得な買い方をチェック!
キャラクター画像
まま子さん
iPhoneを安く手に入れて使いたいんだけど、どこで買うのが一番安いのかしら?やっぱり中古ショップ?
キャラクター画像
すーちゃん
実はね、今iPhoneはYモバイルで新品を月額1,000円台から買えちゃうんだ!
キャラクター画像
まま子さん
えっ、新品なのにそんなに安く買えるの?詳しく教えて!
iPhoneの購入を検討中の方。

iPhoneって高いですよね…。

高機能スマホだと分かっていても、10万円以上も出せない…というのが多くの方の本音ではないでしょうか?

キャラクター画像
まま子さん
そうそう。一人一台必要だし、10万円は高すぎるわよ…。
そんな方にオススメしたいのが、少し前の機種を携帯会社でセット契約する方法です。

例えば、iPhoneは、Yモバイルでのセット購入なら月々1,000円台から購入することができます。実は、他にも様々な方法で、iPhoneを安く手に入れることができるんです。
ということで、当記事では

  • 最新のiPhoneSE(第3世代)を月々1,000円台から手に入れれる方法
  • iPhone 11を月々1,024円から手に入れる方法
  • 最新のiPhoneをできるだけ安く手に入れる方法

の3つをご紹介していきます。

「iPhoneが欲しい!でも高すぎて無理」とお悩みの方。ぜひ参考にしてみてくださいね。

\ミニプランなら実質半年間無料!/

UQmobile banner

結論:iPhoneは格安SIMでセット購入すると安く買える!

iPhoneは、iPhoneSE(第3世代)やiPhone11/12なら格安SIMで非常に安く販売されています。

販売価格が安いことに加えて、36回払いも選べるため、月々の負担は例えばiPhoneSE(第3世代)の64GBなら月額1,000円台にまで抑えられてしまうんです!

iPhoneSE(第3世代)は安く買える!お得に買うならYモバイル

キャラクター画像
まま子さん
せっかく買うからには、私は新品のiPhoneが欲しいかな。
キャラクター画像
すーちゃん
そんな人には、格安SIMとのセット購入がオススメ!本体価格と月々の通信・通話量を抑えて、お得に新品のiPhoneを使おう。
格安SIMとセットで安く新品のiPhoneを買いたい!という方にオススメなのは、iPhone SEです。

Yモバイルのオンラインストアでは、iPhone SEが激安販売されていますよ。

iPhoneSE(第3世代)の本体代金(Yモバイルオンラインストア)
64GB 128GB
一括購入 67,680円 74,880円
24回払い 2,820円×24回 3,120円×24回
36回払い 1,880円×36回 2,080円×36回
割引 他社から乗り換え+シンプルM/L加入で上記価格から21,600円割引!
キャラクター画像
まま子さん
乗り換えなら、一括で4万円台から買えちゃうんだね!
キャラクター画像
すーちゃん
最新iPhoneなのに、まさに激安だよね。中古で買うよりも安いかも。
4万円台なので一括でも購入しやすいですし、分割払いにした場合も月々の負担は最大でも1,880円。

iPhoneならなんでもOK、とにかく購入価格を抑えたい!という方は、iPhoneSE(第3世代)をYモバイルで購入してみてはどうでしょうか。

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

iPhone SE(第3世代)のメリット・デメリット

ここまでの説明で「iPhoneは、iPhoneSEであれば最安値で月々1,000円台から購入可能」というご紹介をしてきましたが、iPhoneSE(第3世代)にはもちろんメリットとデメリットがあります。

ご自身にとって「月々1,000円台と言えども、SEは最適な選択肢になるかどうか」各項目をチェックして確認してみてください。

メリットは指紋認証対応+安さ!

iPhone SEを購入するメリットは、以下の3つです。

  • 最新ゲームアプリなども問題なく動く!iPhone13と同等の処理性能
  • 指紋認証対応
  • iPhoneを安く買える

iPhoneSE(第3世代)は低価格版とはいえ最新iPhoneであり、搭載されているCPUはiPhone13と同等というハイパフォーマンスモデル。

ネットサーフィンや動画再生・ゲームなど、どんな用途でも快適にこなせます。

キャラクター画像
すーちゃん
Androidだと古い機種は快適に動かないこともあるけど、iPhoneは長い間快適に使える傾向にあるよ。
そしてiPhone SEは、最新のiPhone 13などでは削られてしまった指紋認証機能に対応しているのも見逃せませんね。

花粉症や風邪でマスクをしている時も、指紋認証ならスムーズに画面のロックが解除できます(これ個人的には結構大事…)。

日本ではiPhoneの人気が非常に高いので、1,000円台で「iPhoneを」買えることそのものも非常に大きなメリットと言えるでしょう。

キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。デメリットはどうかしら?

デメリットは全画面モデルではないこと・カメラ性能は並

iPhoneSE(第3世代)のデメリットは「全画面モデルでなく、カメラ性能は並」という点です。

ホームボタンつきの4.7インチiPhoneということもあり、大きな画面で動画を見たい方にはやや不向きと言えます。

  • カメラの機能が限られている
  • 画面が小さい

また、カメラは最近のスマホで主流となっている「超広角撮影」や「超望遠撮影」に対応しておらず、やや撮影の幅が狭くなることを覚えておきましょう。

反対に言えば、細かい撮影技術まで気にならない方や小型画面が好きな方は全く気になりません。搭載CPUは非常に高性能で、起動しないアプリはほぼゼロです!

キャラクター画像
まま子さん
写真は普通に撮れたらいいし、画面があまり大きくても操作しにくいわ。
キャラクター画像
すーちゃん
まま子さんにはiPhoneSE(第3世代)はぴったりだね!
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

中古でも良いなら、IIJmioでより新しいiPhoneの取り扱いはあり!ただし在庫切れが多い…

IIJmioでは、中古のiPhoneを販売しています。

IIJmioのiPhone販売ラインナップ
種類 価格
iPhone SE(第2世代) 64GB:27,800円
iPhone 8 64GB:21,010円
iPhone 11 64GB:52,800円
iPhone 12 64GB:84,800円/
256GB:92,000円
iPhone 12 mini 64GB:68,800円

価格は上記のとおり、定価より安価ですが、人気の機種は在庫切れになりがちなのが注意点ですね、
2022年4月時点では、iPhone11やiPhone SE(第2世代)は品切れになっていました。

キャラクター画像
すーちゃん
覗いてみて欲しい機種があったら、IIJmioで買ってみるのも良いね。
スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

セット購入じゃなくて、型落ちiPhoneを中古で好きな機種を買って格安SIMを契約するのもあり!

iPhoneは中古市場でもたくさん出回っているので、型落ちの機種を中古で買いつつ、低価格な格安SIMで運用するのも手です。
ゲオやブックオフ、ソフマップ、じゃんぱらなどのお店を覗いてみれば、中古のiPhoneを見つけられますよ。

キャラクター画像
まま子さん
実際中古のiPhoneって、どのくらい安いの?
キャラクター画像
すーちゃん
iPhone 6sからXSまでのiPhoneの、2022年4月時点での中古相場を紹介するね。

主要機種の中古販売価格相場

2022年時点で使い始めても大丈夫な主要iPhoneにおける、中古販売価格相場を一覧でまとめました。

キャラクター画像
すーちゃん
いずれもどの格安SIMでも使える、SIMフリーiPhoneだよ。
主要SIMフリーiPhone(最小容量)の中古相場(参考:じゃんぱら)
種類 税込価格
iPhone 6s 14,800円(128GB)
iPhone 7 12,980円(128GB)
iPhone 8 14,800円(64GB)
iPhone X 22,800円(64GB)
iPhone XR 23,800円(64GB)
iPhone XS 32,980円(64GB)

見てのとおり、中古だと非常に安い金額でiPhoneを買うことができますよ。

自分でお店を回ったり、通販をしたりして購入しなければいけないのはちょっと手間ですが、より安くiPhoneを買いたい場合は中古での購入を検討してみても良いですね。

iPhone13シリーズを安く買う方法を紹介

キャラクター画像
まま子さん
そういえば最新のiPhone13が出たけど、このシリーズも安く買えたりするの?
キャラクター画像
すーちゃん
うん!工夫次第で安く買うこともできるから、その方法を紹介するね。

iPhone13シリーズが購入できる3大キャリアの、ドコモ・ソフトバンク・ auそれぞれで安く買う方法を紹介します。

iPhone13シリーズをドコモで安く買う方法

docomo banner

iPhone13シリーズをドコモで安く購入する方法でおすすめするのが、最大で118,800円の支払い不要になる「いつでもカエドキプログラム」です。

ただし、割引を受けるためには以下の条件を満たさなければなりません。

  • 残額決定型24回払いで購入する
  • 機種変更を行うときに購入した機種をドコモに返却する
  • 返却したドコモの査定条件を満たしている

それでは、12ヶ月目の契約を経ていつでもカエドキプログラムに加入した場合の、iPhone13シリーズに乗り換えた時の負担額を紹介します。

※税込価格表記

128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone13 56,232円 63,096円 84,216円
iPhone13 mini 49,368円 60,984円 77,352円
iPhone13 Pro 72,600円 85,008円 100,848円 115,632円
iPhone13 Pro Max 85,008円 92,400円 108,768円 124,344円

iPhone Pro MaxをApple Storeで購入しようとしたら、1TBで194,800円かかるところを、7万円近くの割引価格で購入できます。

いつでもカエドキプログラムを使うタイミングによって価格も変化するので、詳しくはドコモの公式ページで確かめてください。

docomo Online Shop公式

iPhone13シリーズをソフトバンクで安く買う方法

ソフトバンクオンラインショップバナー

ソフトバンクでiPhone13シリーズを安く買うのに最適な方法は、最大114,120円の支払いが不要になる「新トクするサポート」です。

使用できる条件は、

  • 48回払いで購入する
  • 25ヶ月目にソフトバンクで買い替えと機種の返却を行う

以上が必要になります。

※税込価格表記

128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone13 57,960円 64,800円 78,840円
iPhone13 mini 50,760円 57,960円 72,000円
iPhone13 Pro 72,000円 78,840円 93,240円 107,280円
iPhone13 Pro Max 78,840円 86,040円 100,080円 114,120円
ソフトバンクオンラインショップ

iPhone13シリーズをauで安く買う方法

au banner

iPhone13シリーズをauで安く買う方法には、最大104,280円の支払いが不要になる「スマホトクするプログラム」 があります。

代金の分割支払金の、最後の代金を支払わずに済む方法で、購入後の13~25ヶ月目までに機種をauに返却する条件を飲めば利用できます。

※税込価格表記

128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone13 62,100円 69,690円 84,755円
iPhone13 mini 54,510円 62,100円 77,280円
iPhone13 Pro 77,280円 84,755円 99,935円 115,000円
iPhone13 Pro Max 84,755円 92,345円 107,525円 122,590円

他2つのキャリアよりも価格が高くなりますが、Apple StoreでiPhone13シリーズを買うよりも、最大で7万円以上安く購入できます。

キャラクター画像
まま子さん
ドコモが1番安くiPhone13シリーズを購入できるのね。
キャラクター画像
すーちゃん
そうだね。だけど、どこを利用するにも条件が必要になるから、しっかりと調べてから検討しよう。
auオンラインショップ公式サイト

最新のiPhoneを安く買いたい場合にできる工夫

「古いiPhoneじゃなくて最新のものを安く買いたい!」とお考えの方。
もちろん、最新のiPhoneはiPhone6sのように月々400円台で購入することは無理ですが…それでも様々な工夫をすることで購入価格を抑えることは可能です。
主に5つの入手方法があるので、それぞれチェックしてみてくださいね。

①大手携帯会社でセット契約する:本体代割引はあるが、大手携帯会社の料金は高いため実はそこまでお得ではない

iPhoneは、大手携帯会社でセット購入もできます。
しかし2つの問題が…。
まず1つ目の問題は、大手携帯会社はそもそもの通信・通話料金が高いので、総支払額は他の方法に比べて高くなってしまいがちです。
また、大手携帯会社でiPhoneをお得に契約しようとすると、必然的に長期縛りがついてくる(ソフトバンク以外は基本的に2年契約)ため、結果長期的に(半永久的に)同じ携帯会社を使い続ける必要があるという状況になってしまいます。

キャラクター画像
すーちゃん
ただし2019年10月からは通信プランの違約金が1,100円になったから、中途解約時の負担は少し減ったね。
2つ目の問題は、2019年10月から総務省の指導で値引きが廃止されたため、非常に高額な機種を割引なしで購入しなければいけないケースが増えたことです。
元々キャリアは本体代金の割引によって手軽にiPhoneを買える(ただし月額料金は高め)ようにしていましたが、割引の規制により、ひたすら高いだけになってしまいました…。
キャリアでのiPhone購入の例として、iPhone 11をドコモで買った場合の月々の支払額や、2年間の総支払額をまとめてみました。

iPhone 11をドコモで購入した際の月額料金・2年間の総額
ドコモ・iPhone11(64GB)販売価格 3,993円×24回(総額95,832円)
ギガライト・~3GBの月額料金 4,378円
合計 8,371円
2年間の支払総額 200,904円

ココに注意

2022年2月現在、ドコモでiPhone 11は販売されていません。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、20万円もしちゃうわけね…。
キャラクター画像
すーちゃん
最安の64GBモデルで20万円だから、128GB以上だとさらに高くなっちゃうよ。もちろん2年の縛りつきね。
大手キャリアは36回分割や「2年後に返却すれば残債を免除にしてもらえて、新機種を負担をかけずに購入できるプログラム」などで一見iPhoneが安く手に入るように見せていますが、大手携帯会社の場合実際はそんなに安くないことがほとんどなんです。
しかし「これまでと同じ携帯会社を使いたい」「乗り換えは面倒」という場合は、もちろんオススメの選択肢ですし、毎月の料金は本体と通信費を合わせても1万円程度にすることができるため「まとまったお金を用意するのは難しい」という場合も有効と言えます。
ただ、総額の支払額を抑えたい場合は、これからご紹介する他の方法で最新iPhoneを手に入れるのが良いと思いますよ。

お得情報

ドコモの場合はドコモオンラインショップからの申し込みで、頭金ゼロ・事務手数料ゼロになりますので、契約の際はぜひご活用ください。

②家電量販店で大手携帯会社を契約する:乗り換え・新規なら独自のキャンペーンがあることも!(2019年10月以降は、減少傾向)

iPhoneは、家電量販店で購入すればお店独自の割引やポイント還元などが受けられます。
乗り換えや新規契約であれば、本体を一括0円や実質0円のキャンペーンが展開されていることもあるので、大手携帯会社でiPhoneを使いたい場合は家電量販店の利用も検討してみると良いと思います。
デメリットは、機種変更の場合はそれほどお得にならない点と、乗り換え・新規契約であっても大手キャリアを一旦契約しなければいけない点が挙げられます。

キャラクター画像
すーちゃん
あくまで、乗り換え・新規契約で大手携帯会社を契約する場合はメリットがあるかもしれないっていう方法なんだ。
月額料金の安い格安SIMとiPhoneを組み合わせて使いたい場合は、本体のみ家電量販店で購入することは可能ですが、その際に「一括0円」や「実質0円」のキャンペーンが受けられることはありません。
ただ、その場合であっても本体購入代金に対するお店独自のポイントは加算されますので、一度家電量販店に足を運んでみるのはいいかもしれませんね。
私もiPhoneではありませんが、Macを購入しようとしていた時に、家電量販店の店員さんにお話をしたらポイントが10%ほどつくと言われました。2台まとめて購入なら「頑張りますっ!」と言っていましたので(笑)、家族での購入等を考えている場合は、一度店員さんに話をしてみるのもいいと思います。
ただ、本体割引にしろポイント還元にしろ、常時割引セールが行われているわけではないので、必ずしも常にお得というわけではない点にはご注意くださいね。
キャラクター画像
すーちゃん
基本的には土日がキャンペーンが多い印象かな。
注意したいのが、2019年10月からは総務省の指導が入ったため、全体的にスマホの値引き販売は渋めになってしまっていることです。
根気よく探せば、iPhoneを安く買えるお店を見つけられる可能性もゼロではありませんが、以前と比べると一括0円や実質0円といった豪華な割引販売はだいぶ少なくなってしまっているのでご注意ください。

③Apple Storeで購入する:本体代金は定価だが、12分割支払いにできる

Apple Storeでは、SIMフリーのiPhoneを販売しています。
SIMフリーのiPhoneは販売価格が定価で高めですが、格安SIMと合わせて使うなら、利用料金を大手携帯会社で使うよりも大幅に安く抑えられます
また、Apple Storeでは金利0・12分割などで本体を購入できる(購入時期によって、金利は異なります)ので、今すぐに本体代金の全額を用意できない時も安心です。
例として、SIMフリーモデルの新品iPhone 11(64GB、12分割払い)+IIJmio(3GB)の契約における、月額料金や2年間の総支払額を見てみましょう。

Apple StoreのiPhone11+IIJmioの月額料金・2年間の総額
iPhone11・SIMフリーモデル(64GB) 82,280円(12分割で月々6,856円)
IIJmio・2GB 858円
合計 1年目:7,714円/2年目~:858円
2年間の支払総額 102,864円
キャラクター画像
まま子さん
あら。総支払額さっきのドコモの例より10万円も下がったわ。
キャラクター画像
すーちゃん
そうなんだ。IIJmioは本体の割引はないけど、そもそもの料金が安いから本体はAppleで割引なしで買っても、総額は安くなるんだ。
違和感があるかもしれませんが「本体割引がある大手携帯会社でセット契約」より「本体割引がない格安SIM+iPhoneは別途用意」の方が2年間総額は安くなるんです。
ちなみに、↑のシミュレーションでは、1年目は本体代金上乗せで計算しているため、月々の支払額が多めですが、2年目はプランのみの料金となるため一気に1,000円以下に下がります。
キャラクター画像
まま子さん
ほんとだ。iPhoneでスマホ代1,000円以下ってすごいわね。
もちろん、格安SIMは大手携帯会社とはサービスの質が異なる部分があるため「全ての方におすすめ」とは言えませんが、

  • WiFi環境下にいることが多い
  • スピードはそこまで重視していない
  • 動画をみたり、オンラインゲームをすることはあまりない

といった方であれば、格安SIMでも十分快適にiPhoneが使える可能性は高いです。

スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

④海外で免税を利用する:iPhoneの価格は米国が一番安い。免税が利用できればより安くなる!

iPhoneは、海外で免税を利用して購入できれば日本より安上がりなケースもあります。
例えば日本では、iPhone 11(64GB)が税込み82,280円で販売されていますよね。一方、米国のiPhoneXS(64GB)は699ドル=日本円で75,394円となります。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど確かに、7千円くらい安上がりね。
免税でiPhoneを購入できる場合は、海外旅行時に現地で探してみるのも良いでしょう。
もちろん前述したように合わせて格安SIMを使うことで、2年間の支払総額はさらに下がります

ただし、海外版iPhoneは日本とモデルが異なることもあり!

日本のiPhoneは日本向けに一部カスタマイズが行われている特別モデルなので、海外版iPhoneは国内で使いづらいこともあります。
例えばiPhone 7は、日本国内モデルならおサイフケータイ対応ですが、海外版は非対応でした。iPhone8以降ではどの国のモデルでもおサイフケータイ対応となりましたが、モデルによっては対応しいている周波数帯が日本モデルとは異なります
他にも、国内で使うための条件を満たしていない(技適マークがないため日本で通信すると違法になる、認識できる周波数帯が国内の携帯会社で使われているものと合わないなど)ケースがあるため、海外版のiPhoneを買う場合は事前に情報を調べて、日本でも問題なく使えることを確かめておきましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
ただ、海外版のiPhoneはシャッター音が消せるとかのメリットもあるよ!

⑤中古で購入する:そこそこのコンディションで安いものもあるが、注意も必要

iPhoneは中古市場で購入すれば、購入価格を抑えられます。
iPhoneは人気のスマホなので、最新機種でも中古ショップで見つけやすいすし、そこそこきれいな状態でも、新品より1~2万円程度安く買えることがあるので、とにかくiPhoneを安く買いたい場合はオススメの選択肢と言えるでしょう。
しかし中古iPhoneには、注意点もあります。
契約する格安SIMや大手キャリアのSIMカードで使えることを、事前に確かめてから購入しなければいけません。
「SIMロック」がかかったiPhoneは、もともと販売されていた携帯会社の回線を使っているSIMカードでしか使えないからです。
ドコモの最新iPhoneなら、万が一SIMロックがかかっていても、ご自身ででインターネットを通して公式に解除可能なので心配ありません。
しかし、auやソフトバンクの最新iPhoneは、スマホを購入した本人でないとSIMロックを解除できない仕様になっているため、中高品購入者はSIMロック解除ができません。
そうなると、例えば「au版iPhone 11はau回線を使っているUQモバイルやmineo」といったように、正しい組み合わせで使う必要があります。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。なんだかややこしいわね…。
確認などが面倒な場合は、どのSIMカードでも使えるSIMフリーモデルを購入したほうが安心です。
また、中古iPhoneを買う場合は、動作保証が行われているゲオや、じゃんぱらなどの大手ショップで買うことをおすすめします(個人取引だと、壊れていても返品できないケースがありますので)。

【余談】iPhoneは最新モデルのものでない方が安い、最新にこだわりがないなら前の機種でもいいかも

ここからは余談になりますが…
最新機種にこだわりがない人は、1~3世代前のiPhoneを選ぶのもオススメです。
実のところ、最新iPhoneと古いiPhoneでできることに違いはほとんどないからです。

キャラクター画像
すーちゃん
結局、どれもiPhoneなのは同じだからね。
カメラ性能はどんどん進化していっていますが、ゲームアプリで遊んだり、YouTubeで動画を見たりといった基本的な作業なら、2~3世代前の機種でもなんら支障はありません。
キャラクター画像
すーちゃん
カメラ性能だって、正直、5年近く前のiPhone 6だって普通にきれいだからね。
Androidの場合は2年程度でアップデートが行われなくなるため、ウイルスなどの影響を受けやすくなるセキュリティ上の問題が発生します。しかし、iPhoneはアップデートが長い期間に渡って行われるので、大事に使えば4~5年は普通に使い続けられるんです。
キャラクター画像
すーちゃん
例えば2013年のiPhone 5sは、2018年登場のiOS12にまで対応していたよ。
ですから「最新iPhoneをどうしても使いたい!」といった状況でなければ、少し前のiPhoneを安く手に入れて使っても、十分満足できると思いますよ。

スペック比較はこちらの記事で。

iPhone購入でよくある質問

キャラクター画像
まま子さん
私みたいにiPhoneの購入を考えている人は、どのようなことで悩んでいるの?
キャラクター画像
すーちゃん
iPhoneと一言でいっても、いろんな種類や契約の形があるから色々と疑問に思うこともあるよね。
キャラクター画像
すーちゃん
そこで、実際にどのような質問が寄せられているのか一部紹介していくよ。

ここでは、iPhoneの乗り換えや、新規購入時にユーザーが行う質問を紹介しながらそれぞれの解説をしていきます。

SIMフリーのiPhoneの購入場所はどこ?

SIMフリーのiPhoneの購入は、中古品を活用すればお得に購入できます。

中古の端末を購入できる場所としては、

  • 格安SIM
  • 家電量販店
  • 中古販売・買取店
  • 大手キャリア

など様々です。またキャンペーンや特売などを利用すれば、さらに安く購入できるようになるでしょう。

少しでもiPhoneを安くお得に使う方法は?

少しでもiPhoneを安く使える方法には、以下のようなものがあります。

  • 不要なオプションや有料サービスは削る
  • オンライン限定キャンペーンを活用する
  • 格安SIMを使用する
  • 長電話やデータ量の多い通信は避ける
  • ポケットWi-Fiを同時使用する
  • データ容量を使用頻度に合わせる

とにかくiPhoneを安く使いたいという人は、できるだけ無駄を省いたり、通信量を抑えたり思いつく限りの工夫をしていくことが何よりも大切です。

中古のiPhoneを買う時の注意することは?

中古のiPhoneを買うときに注意するべきことは、

  • 自分が必要としている機能があるか
  • SIMロック解除に対応しているか
  • 保証の有無
  • バッテリーが消耗している可能性がある
  • 傷やヘコミみなどがついていることもある

などが挙げられます。どういったiPhoneを求めているのかによって変わりますが、購入した中古品が使えなかったら意味がありません。

安くiPhoneを買うには型落ちモデルがいい?

性能よりも安さを重視するのであれば、型落ちモデルの方が購入する価格も安くなるので、手っ取り早い方法といえるでしょう。

型落ちといっても、1つ手前の物であれば十分に使える性能を持っています。加えて、それ以前のモデルについては、自分が十分だと思える性能のものを選んでください。

まとめ

iPhoneとにかく安く買う方法
いかかでしたか。
今回は、iPhoneを安く購入する方法について解説しました。

ポイント

  • 最新iPhoneは、大手携帯会社で購入すると総支払額が高くなってしまいがち
  • Apple StoreのSIMフリーiPhone+格安SIMなら、iPhoneを安く使える
  • 古いiPhoneでもできることは概ね変わらないので、こだわりがなければ古いiPhoneをあえて安く購入して使うのもオススメ
ご紹介してきたように、iPhoneを安く手に入れる方法は多数ありますが、やはり「格安SIM+本体は別で用意」が長期的にみると一番お得です。
大手携帯会社のセット購入は一見安いように見えて、2年総額で考えると割高なことが多いですからね。
機種に関しては最新のものでなくても問題ありません。3世代前の6sであっても十分快適に使うことが可能です。ですからあまり最新の機種にこだわらず少し古い機種を安くゲットする方法を検討してみるのも賢いと思いますよ。
この記事が「どうしてもiPhoneが欲しい…けど高すぎる」とお悩みの方の役に立っていれば嬉しいです!

関連記事

おすすめの記事