iPhone14はどんな新機能が搭載される?USB-Cは?噂を徹底調査してみた
キャラクター画像
まま子さん
iPhoneって毎年発売されるけど、2022年にはおそらくiPhone 14が出るわよね?どんなデザインや機能なのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
流石に完全な情報は9月頃に発表されないとわからないけど、色々リーク情報が出てたりはするね。
キャラクター画像
まま子さん
iPhone 14がどんな感じになりそうなのか、気になるわね。詳しく教えて!

どんどん新商品を発売しているiPhoneですが、秋が近づくと「次のiPhoneはどんな機種だろう?」とワクワクしてきますよね。

最終的にはAppleが正式に発表をしないと正確なことはわからないのですが、ネット上では次のiPhoneに関する色々な噂やリーク情報で毎年賑わいます。

この記事では2022年発売と考えられるiPhone 14がどんな機種なのか、予想や噂・リーク情報をまとめてみました。

合わせて「そろそろ新しい機種も出るけど、今から13以前を買っても大丈夫?」という疑問にも答えていきますので参考にしてください。

\1万円相当還元!/

UQmobile banner

iPhoneは毎年9~10月頃に発売されている!

出典:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone/)

Appleは毎年9~10月頃に、最新iPhoneを発表・発売しています。

一時期はモデルによって発売日が分かれることもありましたが、前回のiPhone 13シリーズは9月15日発表・およそ10日後の9月24日に発売されているので、2022年のiPhone 14シリーズも問題なければおそらく同じようなタイミングで発表・発売されると考えられます。

前回のiPhone 13シリーズは主にカメラの動画撮影機能やバッテリー持ちが進化、Proモデルはマクロ撮影やProMotionによる画面のなめらかなスクロールに対応しましたが、はたして14シリーズではどうなるでしょうか…?

キャラクター画像
すーちゃん
結局のところ発表されてみないと正確なことはわからないので、まずは進化して欲しいポイントを挙げていこうか。

筆者が期待したい、iPhone 14での進化

筆者が期待したい、iPhone 14シリーズにおける13シリーズまでからの進化をまとめてみました。

予想でもなくあくまで「希望」なので、参考程度にご覧ください…(笑)

何よりも期待したい、iPhone 14におけるUSB-Cへの対応

先に言っておくと2022年5月時点で出ているリーク情報にはあまり多くの情報が見当たらなかったので可能性はかなり低いのですが、USB-Cの充電端子への対応には期待したいですね。

iPhone 5から搭載されたLightning端子は、当初はコンパクトで向きを気にせず装着できるため非常に優れた端子でした。

しかし徐々にAndroidスマートフォンやタブレット、パソコンなどにUSB-Cという端子が搭載されるようになり、Apple製品さえも既にMacBookやiPadではUSB-C搭載モデルが増えてきています。

iPhoneだけがLightning端子のまま取り残されてしまっているため、iPhoneユーザーは「iPhoneのためだけにLightningケーブルを用意しなければいけない」というちょっと面倒なことになってきてしまっているんですよね。

毎年「来年こそUSB-Cになるのでは?」と噂されつつ実際は非搭載が続いていますが、iPhone 14でそろそろUSB-C搭載モデルが登場してくれれば嬉しいところです。

iPhone 14 Proの望遠性能アップに期待!最大50~100倍ズームなど

iPhone 13 Proは最大15倍ズームに対応していますが、Androidスマホを見てみると50倍や100倍ズームに対応している機種も多いんですよね。

iPhoneもそろそろ望遠性能をアップさせて、より遠くのものを大きく写せるようになってくれると嬉しいです。

しかしAndroidの高倍率ズームができるスマホは15万~18万円などかなり高額なものも多いので、同じレベルになる=大幅な値上げと考えると無理に搭載する必要はないのかもしれません

キャラクター画像
すーちゃん
実際現在のスマホだと50倍や100倍ズームってかなり画質が微妙になりやすいから、Apple的にはもっと技術が進化するとかして、今くらいのiPhoneの価格帯でもキレイな高倍率ズームができるようになるまでは手を出さないようにしてるのかも。

iPhone 14無印モデルにも望遠レンズかマクロ撮影機能が欲しい!

iPhone 13の無印モデルには望遠レンズが非搭載、13 Proだと使えるマクロ撮影にも対応していません。

筆者としてはそろそろ無印モデルでも望遠レンズを搭載したり、マクロ撮影ができるようになったりすると嬉しいのですが…可能性としては低そうですね。

というのも、ただズームをするだけなら望遠レンズがないiPhone 13などでもデジタルズームで対処できます。

キャラクター画像
すーちゃん
デジタルズームは、写ったものの一部分を切り取って拡大するみたいなズーム方法。Proモデルの光学ズームは、実際に遠くを撮る用のレンズで撮影するからよりキレイなんだよね。

マクロ撮影も、無印モデルでも2倍ズームなどを使えば小さなものをある程度大きく写せます。

「とりあえずはズームもマクロも既存のレンズで撮れる」ということで、より綺麗さを求める人はProを選べばいいというように棲み分けができてしまっているので、今後も無印モデルで望遠レンズやマクロ撮影機能が搭載されることはないかもしれません。

キャラクター画像
まま子さん
でも、対応してくれたら嬉しいわよね。
キャラクター画像
すーちゃん
正直13の進化ってかなり地味だったから、14ではレンズが増えるみたいなわかりやすい変化も1箇所は欲しいよね。

インカメラ領域はもっと狭くなって欲しい

出典:au公式サイト(https://www.au.com/mobile/product/smartphone/scg15/)

Androidだと数年前の段階で「しずく型ノッチ」「パンチホールカメラ」といった技術が採用され、画面内のインカメラで隠れてしまう部分がかなり狭くなっています。

出典:Apple公式サイト(https://support.apple.com/kb/SP781?locale=ja_JP)

iPhoneはずっとインカメラでくり抜かれたいわゆる「ノッチ」部分が広いままで、一応13シリーズでは少し狭くなっているもののAndroidスマホと比べるとまだまだ広いです。

できればもっと画面部分を広くして欲しいところですが、この点はリーク情報や噂を見るに改善がありそうです!

キャラクター画像
すーちゃん
ということで、噂などをチェックしてみようか。

iPhone 14はどんな端末になる?リーク情報や噂を調査してみた

iPhone 14がどんな端末になりそうか、2022年5月時点での噂やリーク情報を調べてみました。

繰り返しますがあくまで噂、実際どうなるかは発表されるまでわからないことにご注意ください!

iPhone 14の噂①Lightning端子が高速化する?

iPhone 14では引き続きLightning端子が搭載されるものの、対応する通信速度は速くなるという噂があります。

Lightning関連の周辺機器による売上がなかなかに大きく、いかにUSB-Cが便利だとしても会社としては気軽にUSB-Cへの変更はし辛いと言われているApple。

今までは通信速度が古い規格のままで遅いというデメリットも抱えていたのですが、高速化によりデメリットを1つ解消してくれれば完全に現状を維持されるよりは嬉しいですね。

iPhone 14の噂②Proモデルはインカメラがパンチホールに?

ギズモード・ジャパンの情報によりますと、iPhone 14シリーズのProモデルはインカメラがパンチホールレンズになるようです。

上記記事のリーク画像を見るとまだAndroid端末などに比べてカメラ部分が広く感じますが、それでも13までと比べるとだいぶすっきりした印象を受けますね。

基本的にインカメラ部分は時間やアンテナなどを表示するスペースなので、このくらい狭くなれば十分といえば十分ではあります。

合わせてノッチの採用から表示できなくなっているバッテリー残量の数字なども表示可能にしてくれれば、より嬉しいところですね。

iPhone 14の噂③無印シリーズからminiがなくなってMaxが追加される?

あまり売れていないということでiPhone 13 miniでminiモデルは終了し、14では無印iPhoneにもMaxの大画面モデルが登場するという噂があります。

前項で紹介したギズモード・ジャパンのリーク画像でも、確かにiPhone 14 Maxのフロントパネルがありますよね。

筆者も大画面で動画などを見たいということでiPhoneは現在13 Pro Maxを使っていますが、安価な無印モデルに大画面が登場するならそちらに乗り換えるかもしれません。

キャラクター画像
まま子さん
安くて大画面、なかなか良さそうね。

iPhone 14の噂④カメラの画素数が大幅アップ?

ASCII.jpによると、iPhone 14シリーズではアウトカメラのメインレンズがProモデルで4,800万画素まで上がるという噂があります。

画素数が増えればより細かい部分まで写真等に描写できるようになるため、画質アップにも期待できますね。

キャラクター画像
すーちゃん
一部分を切り取ったときとかにも、かなり鮮明に写せたりしそうだよね。

今からiPhone 13や12を買うのはアリなの?

色々なリーク情報も登場しているiPhone 14。

14シリーズの発売が近くなってきましたが、今からあえてiPhone 13やiPhone 12などを購入するのはアリなのかについて最後に考えてみました。

結論から言うと、強いこだわりがなければ型落ちモデルをあえて選ぶのも全然アリです!

iPhone 13はカメラの動画撮影機能やバッテリー持ちなどが強化!

出典:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone-13/specs/)

iPhone 13は2021年発売の、この記事の執筆時点では最新モデルです。

iPhone 13のスペック一覧
価格(楽天モバイル・128GB、他社からのMNP&一括購入時) 96,470円→最大30,000ポイント還元で実質66,470円
CPU A15 Bionic
ストレージ容量 128GB、256GB、512GB
画面 6.1インチ、2,532×1,170
重さ 173g
カメラ アウトカメラ1,200万画素+超広角1,200万画素/インカメラ1,200万画素
ビデオ再生時のバッテリー持続時間 最大19時間

iPhone 13はバッテリー持ちが良く、動画撮影時に映画のようにピント合わせができたりもする充実した仕様です。

画面サイズも6.1インチと大きくて、動画をキレイな映像で楽しめますよ。

筆者としては、とくにこだわりがなければ今からiPhone 13を購入するのも全然アリだと思います。

13にはこれといって目立った弱点もないので、今選んでも十分満足できますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
無印モデルを選ぶ場合は、現時点でのリークなどを見るにおそらく14になってもそこまで大きな変化はなさそうなので、14発表後もそこまで「待てば良かった…」という後悔が強くなることはなさそうな印象。
Rakutenmobile banner

iPhone 12はデザインが13と同じ、性能的にはまだまだ4~5年は現役レベル!

出典:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone-12/specs/)

iPhone 12は2020年発売で、現時点で1世代前、14が登場すれば2世代前のモデルとなります。

iPhone 12のスペック一覧
価格(64GB、UQモバイル) 95,040円→ソフトバンク系回線以外からのMNP時77,040円
CPU A14 Bionic
ストレージ容量 64GB、128GB、256GB
画面 6.1インチ、2,532×1,170
重さ 162g
カメラ アウトカメラ1,200万画素+超広角1,200万画素/インカメラ1,200万画素
ビデオ再生時のバッテリー持続時間 最大17時間

実のところiPhone 12はほぼデザインが12と同じ、バッテリー持ちが少し短い以外は使い心地に差がほとんどありません。

筆者も実際にiPhone 12と13 miniと13 Pro Maxを持っていますが、同じ下位モデルシリーズである13 miniと12については画面サイズ以外の使用感の差はとくに感じていません。

キャラクター画像
すーちゃん
マスクを着けたままでの顔認証も、12・13ともに対応!

格安SIMなどで低価格で購入できる場合は、あえて12を選ぶのもアリです。

iPhoneはアップデートの提供期間が長いので,12を今から買っても4~5年程度は最新のOS・機能を使える可能性が高いのも見逃せないポイントですね。

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

価格の安さ重視なら、iPhone SE(第3世代)を狙うのもアリ!

出典:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone-se/specs/)

iPhone SEは2022年3月に発売された最新iPhoneで、iPhone 8までのデザインを踏襲しつつCPU性能を13と同レベルまで上げています。

iPhone SE(第3世代)のスペック・価格一覧
価格(64GB、Yモバイル) 67,680円→ソフトバンク系回線以外からのMNP時46,080円
CPU A15 Bionic
ストレージ容量 64GB、128GB、256GB
画面 4.7インチ、1,334×750
重さ 144g
カメラ アウトカメラ1,200万画素/インカメラ700万画素
ビデオ再生時のバッテリー持続時間 最大15時間

とにかく安いiPhoneが欲しい場合、14がSEレベルまで価格を下げてくることはまず無いと思われるので、SEを選べばOKです。

iPhone SEは指紋認証対応で、手軽に画面ロックを解除できるのも嬉しいですね。

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

Proモデルを手に入れたい人は、少し待ってiPhone 14 Proを買ったほうが良いかも…

現在購入を考えているのがiPhone 12 ProやiPhone 13 Proなどの「Pro」モデルなら、できればiPhone 14 Proの登場まで購入を待つのがおすすめです。

Proモデルが欲しいということは、最上級の性能・機能を持つiPhoneに興味がありますよね?

つまり14 Proが登場したら、「やっぱりこっちにすればよかった!」と思ってしまう可能性が高いです。

執筆時点(2022年5月)からするとあと4ヶ月程度でおそらく新モデルが登場するので、とりあえず待ってみましょう。

まとめ

今回は、iPhone 14のリーク情報・噂などについて解説しました。

Lightningの高速化、インカメラ領域が狭くなるなど色々な噂がありますが、はたして実際に出てくるのはどんなモデルでしょうか。

9月頃に行われると思われる、新モデルの発表会が楽しみですね!

関連記事

おすすめの記事