iPhone SEが一番お得に買える格安SIM徹底比較!料金・特徴100%理解で失敗ゼロ!
キャラクター画像
まま子さん
ねーすーちゃん。新しいiPhone SE(第3世代)が欲しいんだけど、どこでセット購入するのが一番安い?
キャラクター画像
すーちゃん
iPhone SEかぁ。色々なところが出してるからね。どこが安いのか比較してみよっか!

「iPhone 6や7時代の大きさが好き」「子供や家族のスマホデビュー用にリーズナブルiPhoneを探している」「指紋認証に対応するiPhoneが欲しい」

といった理由で、2022年3月に発売されたiPhone SE(第3世代)を検討している方が非常に多いようですね。

しかし、iPhone SEは販売経路が多く「どこで契約するのが一番いいのか分からない…」という悩みもよく耳にします。

ということで、今回は大手携帯会社の元社員、現在格安SIMオタクとして20社以上の格安SIMを日々研究している私が、

iPhone SE(第3世代)を手に入れるのに一番お得な窓口・おすすめの格安SIM
をまとめてみました。

この記事さえ読めば、どの会社で、どのようにiPhone SEを購入するのが良いのかがしっかり分かるはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

\1万円相当還元!/

UQmobile banner

【2022年最新情報】iPhoneSEに第3世代が登場!UQモバイルでの購入がお得

出典:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone/compare/?modelList=iphoneSE3rdgen,iphoneSE2ndgen)

2022年3月に、iPhone SEの第3世代が登場しました!

iPhone SEの第3世代は色々なキャリアや格安SIMでセット購入できますが、おすすめなのはUQモバイルでのセット購入です。

UQモバイルでは、auやpovo1.0以外からの乗り換えであれば、増量オプションIIという13ヶ月間無料で通信量を増やせるオプションの契約を条件にiPhone SE(第3世代)をなんと43,335円から購入可能となっています。

キャラクター画像
すーちゃん
月額550円・13ヶ月無料の増量オプションII契約で、通信量は3→5GB、15→20GB、25→30GBに増量!iPhoneで動画やゲームなどをより便利に活用できるよ。不要になったら無料期間中に解約しても大丈夫。
iPhone SEの価格比較(Apple Store・UQモバイル)
Apple Store UQモバイル(増量オプションII加入+au・povo1.0以外からの乗り換え時)
64GB 57,800円 43,335円
128GB 63,800円 53,190円
256GB 76,800円 71,720円

※増量オプションII未契約時は17,600円、新規契約・増量オプションIIありは11,000円、新規・増量オプションなしは6,600円割引となり、au・povo1.0からの乗り換えは割引対象外です。

高性能な第3世代を4万円台から購入できるチャンスなので、ぜひ検討してみてください!

iPhoneSE3も利用可能!
UQモバイル公式サイト

iPhone SE第3世代のスペックや特徴をチェック!

出典:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone/compare/?modelList=iphoneSE3rdgen,iphoneSE2ndgen)

デザインは第2世代と殆ど変わらないiPhone SE(第3世代)ですが、主に以下の3点がパワーアップしました。

  • 5Gに対応!
  • CPUがA15 Bionicに変更!
  • バッテリー持ちが2時間伸びた(ビデオ再生時)!

もちろん、おサイフケータイや防水への対応、指紋認証への対応などはそのままです。

iPhone SE(第3世代)のスペック・価格
価格(Apple Store版) 64GB:57,800円/128GB:63,800円/256GB:76,800円
CPU A15 Bionic
ストレージ容量 64GB、128GB、256GB
サイズ 138.4×67.3×7.3mm
重さ 144g
画面 4.7インチ、1.334×750
カメラ アウトカメラ1,200万画素、インカメラ700万画素
おサイフケータイ・防水 対応/対応(IP67)
バッテリー持ち 最大15時間のビデオ再生

iPhone SE(第2世代)はiPhone 11と同じCPUでしたが、今回の第3世代は13と同じCPUとなっています。

第2世代も非常に快適に使えますが、第3世代はより高性能なので、今から買っても5~6年は問題なく使えてしまうほどです。

もちろん、最新のゲームなども快適に遊べますよ。

第2世代もまだまだ魅力的な選択肢ですが、今から買うなら第3世代が断然おすすめです。

キャラクター画像
すーちゃん
バッテリー持ちも改善されてるし、UQモバイルなら安く入手できるから…まぁあえて第2世代を選ぶ必要はないんじゃないかな。

UQモバイルも月額1,628円~でお得!回線速度も高速で快適

UQmobile banner

UQモバイルは、auでお馴染みのKDDIが自ら展開している格安SIMで、使用している回線はもちろんau回線です。

UQモバイルは、auやその他の大手キャリアと比べて非常に安い料金設定となっています。

プランS プランM プランL
データ量 3GB 15GB 25GB
無料通話 付帯なし(別途有料で追加可能)
月額基本料(税込) 1,628円 2,728円 3,828円
割引 でんきセット割が適用可能
契約期間 縛り一切なし、契約解除料もなし
低速時速度 300Kbps 1Mbps 1Mbps
キャラクター画像
まま子さん
3GB1,628円は、なかなか安いわよね。キャリアで1GB使うと3,000円くらいだから、半額程度で3倍通信できるわけだし…

さらにauでんきやauひかりなどのセット割対象サービスを使っている人なら、自宅セット割により3GB990円~とさらなる低価格でも使えますよ。(家族回線も含めて最大10回線が割引対象!)

通信料金が安いだけでなく、通信品質が高いこともUQモバイルの魅力です。

KDDIが自ら所有している回線を使えるので、お昼や夜など利用者が増える時間帯でも速度が低下する心配がありません。

私もUQモバイルを使った経験がありますが、読み込みが長くてイライラさせられたことは一度もありませんでした。

iPhone SE(第3世代)を安く入手したいけど、回線品質が心配…という方も、UQモバイルなら心配は無用です!

現在iPhoneSE(第3世代)が予約・購入できる場所

iPhone SE(第3世代)は様々な販路で取り扱われていて、主な販売店舗は以下の表にまとめたとおりです

iPhone SE(第3世代)の販売店舗・価格
64GB 128GB 256GB
Apple Store 57,800円 63,800円 76,880円
ドコモ 65,230円
(33,310円)
75,097円
(38,257円)
94,248円
(47,688円)
au 65,335円
(34,615円)
75,190円
(39,790円)
93,720円
(49,680円)
Softbank 67,680円
(33,480円)
74,800円
(37,440円)
90,000円
(45,000円)
UQモバイル 43,335円 53,190円 71,720円
Yモバイル 57,600円 56,880円 72,000円

※税込価格、()は割引端末プログラム適用価格

一括支払いの場合をみると、UQモバイルとワイモバイルで購入するのが、圧倒的に安いとわかります。

ただし、大手キャリアでも割引端末プログラムを使うと格安になります。

キャラクター画像
すーちゃん
大手キャリアの割引端末プログラムは、2年後に端末を返却する必要があるから注意してね

新しいiPhone SEは大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で契約するのと、格安SIMで使うのと2通りがある!

iPhone SE(第3世代)は、

  • ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアで契約する
  • 本体は本体で購入し格安SIMで使う(一部セット契約できる格安SIMもあり)

といった2つの利用方法があります。

iPhone SEはSIMフリーモデルでも販売されているので、本体をいきなり買って格安SIMを入れて使うこともとっても簡単なんです。

キャラクター画像
すーちゃん
SIMフリー版が最初からあることを考えると、XperiaやGalaxyなんかのAndroidスマホと比べて、かなり買いやすいんだよね。
では、販路ごとの購入方法や注意点を見ていきましょう!

①大手キャリアで利用する方法:事前に予約するのが無難

ドコモやau、ソフトバンクでiPhone SE(第3世代)を購入したい場合、手に入れるにはまず予約するのがおすすめです。

iPhoneは人気がとても高いスマートフォンなので、発売から数カ月間は品薄になってしまいがちです。

素早く手に入れるには、事前にしっかり予約しておきましょう。

また最近はコロナウイルス対策のため、各地のキャリアショップの営業時間が変化したり、来店予約が必要だったりといった通常業務との変更が行われている場合もあります。今後さらなる対策で休業など、状況が変化する場合もあるので、注意しなければいけません。

キャラクター画像
まま子さん
今の時期は人と長時間会話して契約や機種変更をするのってハードルが高いし、気軽にショップに行きづらいわね。
大手キャリアで確実に・安全にiPhone SEを手に入れたい場合は、オンラインショップから予約購入するのがおすすめです。
ドコモオンラインショップソフトバンクオンラインショップ

②格安SIMで使う方法:iPhone SE(第3世代)は別で購入して、格安SIMではSIMカード単体契約(一部セット購入ができる格安SIMもあり!)

iPhone SE(第2世代)を格安SIMで使う場合は、

  • 本体はApple Storeや家電量販店で用意する
  • セット購入ができる格安SIM(UQモバイルYモバイル)を選ぶ

のどちらを選ぶかによって、手順が多少異なります。

ただ、どちらの場合も前述した「大手キャリアで本体を購入する方法」より安くなります。実はiPhone SEは、大手キャリアで本体を購入すると本体代金が基本的に割高なんです。

キャラクター画像
すーちゃん
詳しくは次項で比較するけど、キャリアは他社から乗り換えたり2年間契約を維持したりしないと損になるんだ。
そのため、本体はApple Storeや家電量販店で購入して、別途格安SIMのSIMカードを単体で契約するか、もしくは格安SIMでセット契約する方が総合的には安くなります

また、iPhone SEはドコモ、au、ソフトバンク回線の格安SIMやYモバイルにしっかり対応していて、問題なく通信・通話できますのでご安心くださいね。

楽天モバイルは正式にiPhoneの取り扱いが開始したことと、最大20,000ptの還元も行われているので非常にお得に購入できます。
キャラクター画像
すーちゃん
楽天モバイルは初期費用も解約金とかも全て0円でよ!
iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト UQモバイルのiPhoneSEはこちらから

iPhone SE(第3世代)を大手キャリアで契約するのがオススメな人、格安SIMで使うのがオススメな人

キャラクター画像
まま子さん
iPhone SEはキャリアでもApple Storeとかでも買えるみたいだけど、結局どこで買うのがおすすめなのかな?

iPhone SE(第3世代)を安く購入・使用したい場合は、格安SIMで使うのがおすすめです。
記事冒頭で料金を比較したとおり、大手キャリアのiPhone SEは本体価格が高額になってしまっています。

確かに、大手キャリアでも、ドコモはMNP、au・ソフトバンクは2年後の返却を条件に、本体代金はApple Store等より抑えられます。しかし、ドコモは既存ユーザーだと対象外、au・ソフトバンクはずっと同じiPhoneを使いたい場合に不便です。

キャラクター画像
すーちゃん
本体を安く買えるのはいいけど、色々制限があるわけだね。
また、大手キャリアは通信料金が高いので、本体が安上がりでも月々の支払額は高くなってしまいます

言葉だけではわかりづらいかと思うので、実際に例として、auのピタットプラン 4GLTE(~4GB)と、UQモバイルのスマホプランS(3GB)で料金を比べてみました。

auとUQモバイルのiPhone SE料金比較
au 6,178円(25ヶ月目に機種返却必須)
UQモバイル 4,380円

※どちらも税込み、iPhone SEは64GBモデルです。

auのピタットプラン 4GLTEは月額4,928円で、UQモバイルのスマホプランS月額2,178円より2,000円以上割高です。

以上のことから、安く・長くiPhone SEを使いたい場合は、格安SIMと単体購入した本体の組み合わせが確実におすすめなんです。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。
一方で、大手キャリアでの購入がおすすめになるのは、以下の2点のどちらかに当てはまる人です。

  • 格安SIMの初期設定や機種変更のデータ移行がどうしても難しいと感じる人
  • 通信量が多く、大手キャリアの大容量・使い放題系プランを使いたい人
  • スマホの設定など、わからないことのサポートを受けたい人

iPhoneは、SIMカードを入れて格安SIMのサイトから「プロファイル」をインストールすればすぐに初期設定を終えられます。前のスマホからのデータ移行も、iPhoneからの移行ならApple IDでのログインなどですぐに完了します。

しかし、どうしても自分での作業が難しく周りの人にも聞けない場合は、店舗でサポートを受けてかんたんに乗り換えられるキャリア購入のほうが安心でしょう。

大手キャリアは高速・大容量系のプランが豊富なので、高くてもいいからとにかくたくさん通信したい人にも最適です。

キャラクター画像
すーちゃん
つまり、安さ重視ならSIMフリー+格安SIM、店舗等でのサポートや大容量系プラン重視ならキャリア購入がおすすめだね。
UQモバイルのiPhoneSEはこちらから

iPhone SE(第3世代)を使うのにオススメの格安SIM

iPhone SE(第3世代)をセットで使える格安SIMには、たくさんの選択肢があります。
ここからは主なおすすめの格安SIMを紹介するので、これからキャリアから格安SIMに乗り換える場合の参考にしてくださいね。

①UQモバイルは通信速度が速くて快適

UQmobile banner
UQモバイルは、au回線の格安SIMです。
プランS プランM プランL
データ量 3GB 15GB 25GB
無料通話 付帯なし(別途有料で追加可能)
月額基本料(税込) 1,628円 2,728円 3,828円
割引 でんきセット割が適用可能
契約期間 縛り一切なし、契約解除料もなし
低速時速度 300Kbps 1Mbps 1Mbps
月額料金は2,178円~なので、後ほど紹介するIIJmioやLINEモバイルと比べると高めになっています。
しかし代わりに、KDDIのグループ会社であるUQコミュニケーションズが手掛けているため、回線混雑による速度低下が起こりづらいメリットがあります。
キャラクター画像
すーちゃん
朝から晩まで快適にスマホを使いたいなら、UQモバイルはまずおすすめだよ。
また10分・分数無制限のかけ放題も用意されていて、通話が多い人にも最適といえるでしょう。

最新キャンペーンはこちら!

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

②Yモバイルは家族割・光セット割りで月額料金がかなりお得

Ymobile banner
Yモバイルはソフトバンクが手掛ける格安SIMです。

Yモバイルの通常料金 家族割(2回線目以降)、光セット割り適用後料金
プランS(3GB) 2,178円 990円
プランM(15GB) 3,278円 2,090円
プランL(25GB) 4,158円 2,970円

Yモバイルはソフトバンクが自ら手がけていて、速度が速いことに加えて店舗数が多く、サポートも充実しています。

また無料で利用できるメールサービスは、ドコモメールなどの大手キャリアが発行するメールアドレスにメッセージを送ってもしっかり届く仕様です。(GmailやYahoo!メールは、相手に事前に許可してもらわないとメッセージが弾かれる場合あり)

ただし、割引を適用させられない場合は他社より割高なことが目立ってしまうことにご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
その場合はUQモバイルの方がいいね。

最新キャンペーンはこちら!

Yモバイル最新キャンペーン
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

③楽天モバイル(eSIMあり)は使い放題

Rakutenmobile banner
楽天モバイルは2020年4月より自社回線を持つ「MNO」というサービス形態になり、月額3,278円で使い放題となりました。

高速回線を自由に使えて月額3,278円は、まさに最強ですよね(笑)なお、楽天回線エリア外の場所だとau回線での提供・月5GB通信できます。

キャラクター画像
すーちゃん
でも低速時も1Mbpsだから、実際はauエリアで5GB以上使っちゃっても結構快適だよ。
そして、iPhone SEで使う場合見逃せないのはeSIMへの対応で、楽天モバイルをeSIMで発行すれば物理SIMとの2枚同時利用が可能です。

仕事とプライベートの電話番号を分けている場合などは、eSIM対応のiPhone SEと楽天モバイルの組み合わせが非常に便利ですよ。

キャラクター画像
すーちゃん
eSIMはSIMカードの発行不要だから、配送を待つ手間がかからないのも嬉しいね。

最新キャンペーンはこちら!

楽天モバイル最新キャンペーン
iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

④IIJmioは大容量通信やeSIM対応が嬉しい

IIJmio banner
IIJmioは4月以降に新プラン「ギガプラン」が開始予定で一層注目が集まってます。
「ギガプラン」の詳細は以下とおりです。

IIJmioの料金プラン(音声通話付き)
2GB 850円
4GB 990円
8GB 1,500円
15GB 1,800円
20GB 2,000円

格安SIMの中では現状最安のプランとなってます。低容量のプランだけでなく、大容量プランも用意されているのもメリットですね。

iPhone SE(第3世代)でたくさん動画や音楽などを楽しみたい場合は、大容量通信ができるIIJmioがおすすめです。

また楽天モバイル同様、IIJmioもeSIMに対応していて、月額440円から利用できるのも魅力です。
eSIMはデータSIMのみの提供なので、メイン回線の補助として通信量を安く追加して使いたい人におすすめです。

なお、IIJmioはドコモやauから回線帯域の一部を借りて運営している格安SIMで、今回紹介している他の選択肢と比べて大手キャリアとのつながりは薄めです。

通信速度が高速で快適に1日中通信できる格安SIMを使いたい場合は、IIJmioだとお昼や夜に速度が下がりやすいのでご注意ください。

最新キャンペーンはこちら!

IIJmio最新キャンペーン
スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

⑤LINEMOは安価な料金とデータフリーオプションが魅力

LINEMOはソフトバンクのオンライン専用の格安プランです。

ソフトバンク回線を利用しているため、通信品質も安定しています。

LINEMOの料金プラン
3GB(ミニプラン) 990円
20GB(スマホプラン) 2,728円

LINEMOは「ギガノーカウント」があり、LINEはもれなく無料で使い放題となっているので、LINEユーザーにはとくに嬉しいですね。

LINEMO公式サイト

iPhoneを格安SIMで使うメリット

iPhoneを格安SIMで使う大きなメリットは下記3つです。それぞれの嬉しいポイントについて、分かりやすく解説していきます!

  • 月額料金を安くiPhoneが使える
  • Apple Storeで安くスマホ端末を購入できる
  • 旧式のiPhoneも再利用できる

iPhoneを格安SIMで使うメリット①:月額料金を安くiPhoneが使える

iPhoneを格安SIMで使うと、スマホの月額料金が安くなります。格安SIMの月額料金は、キャリアスマホと比べると大幅に安いのです!

キャリアと格安SIMは、料金プランのシステムやデータ通信容量が大きく異なるため単純比較できない部分もありますが、ここではソフトバンクとYモバイルを比較してみましょう。

ソフトバンクとYモバイルの月額料金の比較
携帯会社 ソフトバンク Yモバイル
料金プラン ミニフィットプラン+ シンプルプランS
月間データ通信容量 3GB 3GB
月額料金(税込) 4,378円 2,178円
キャラクター画像
すーちゃん
ソフトバンクからYモバイルへ乗り換えると、月額料金が半額以下になるんだね!

上記のケースでは、ソフトバンクとYモバイルの料金プランのデータ通信容量は同じですが、Yモバイルへ乗り換えると月額料金が半額以下になります!

キャラクター画像
まま子さん
キャリアから格安SIMへ乗り換えるとそんなに安くなるんだね!

iPhoneをできるだけ安く使いたい方は、ぜひ格安SIMへ乗り換えてみましょう!

iPhoneを格安SIMで使うメリット②:Apple Storeで安くスマホ端末を購入できる

iPhoneは大手キャリアで購入するよりも、Apple Storeで直接購入する方が価格が安いことが多いです。

キャリアでスマホを契約している場合は、そのキャリアからiPhoneを購入することになります。しかし、キャリア版iPhoneの販売価格は高額で、割引の適用にもオプション契約などの条件があります。

キャラクター画像
すーちゃん
確かにキャリアのiPhoneは高い印象があるよね……

一方で、Apple StoreでiPhoneを購入する場合は、キャリアより1万円~2万円も安い価格で、iPhone端末が手に入ることも珍しくありません。

しかも、Apple Storeで購入する場合は割引の適用も容易で、SIMロックが掛かっていないため基本的にどの回線の格安SIMでも使えます。

キャリアで購入したスマホにはSIMロックが掛かっている場合がほとんどで、SIMロックを解除しない限りは他の回線の格安SIMでiPhoneを使えません。

SIMロック解除にはキャリアでの手続きが必要で、申し込み方法によっては3,300円(税込)の手数料がかかってしまいます。

キャラクター画像
まま子さん
SIMロック解除は面倒だから、できれば避けたいところだよね!

Apple Storeで手に入れたiPhone端末は安く、しかもどの格安SIMでも使いやすいため、まさに一石二鳥のメリットがあると言えるでしょう!

iPhoneを格安SIMで使うメリット③:旧式のiPhoneも再利用できる

格安SIMに乗り換えれば、最新のiPhone端末だけではなく、旧式のiPhoneも再び使用することができます。

どのようなスマホ端末でも、基本的にはSIMカードさえ挿入すれば、古い機種でも再び使うことができます。スマホ自体の機能は古くても基本的には変わらないからです。

そのため、格安SIMでSIMカードのみのプランを契約すれば、古いiPhone端末にそのSIMカードを挿入して、子供用のスマホやデータ通信専用機などの用途でも使えます。

キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMは音声通話SIMだけではなく、データ通信専用SIMも契約できるよ!

また、iPhoneはAndroidとは異なり、OSをアップデートすれば最新の機種と同じように使えることが多いのも魅力です。

もちろん、カメラ・生体認証・処理速度のような機種のスペックに依存する機能は変わりませんが、細かな機能はOSのアップデートで最新機種のようになります。

言い換えれば、外観は旧世代の機種であっても中身は最新機種とほぼ同じ、という使い方もiPhoneなら可能だということです。

キャラクター画像
まま子さん
iPhoneはOSをアップデートすれば、旧世代機でも最新機種に近くなるよ!

スマホ端末の購入には高額な費用がかかり、最新のiPhone端末は10万円を超えることもあります。それは大きな出費となってしまうため、できれば節約したいところでしょう。

しかし格安SIMを契約すれば、自身が以前使っていた古いiPhoneを子供用に再利用したり、データ通信専用のサブ機として使うことも簡単です。

このように、古くなったiPhone端末を有効活用しやすくなることも、格安SIMならではの大きなメリットだと言えるでしょう!

iPhoneを格安SIMで使う際のデメリット

iPhoneを格安SIMで使用する場合は、下記5つのデメリットに注意が必要です。各ポイントで特に気を付けるべき部分について、分かりやすく解説します。

  • 5Gなど最新技術は使えない格安SIMが多い
  • あまりに古いタイプのiPhoneは使えない
  • 「APN設定」を自分で行う必要がある
  • 最新型のiPhoneを購入できるMVNOが少ない
  • 一部機能が使えないなど相性が悪い格安SIMがある

iPhoneを格安SIMで使うデメリット①:5Gなど最新技術は使えない格安SIMが多い

格安SIMへの乗り換えで注意すべきポイントは、「5G(ファイブジー)」のような最新技術に対応していない格安SIMも少なくないことです。

5Gとは「第5世代移動通信システム」のことで、従来の4G LTEよりも格段に高速で遅延の少ない通信が行える規格です。

キャラクター画像
すーちゃん
5Gは携帯通信だけではなく、建設や医療現場での応用も期待されている未来的な技術だよ!

iPhoneの場合は2020年発表の「iPhone 12」シリーズが5G対応となっており、キャリア回線では対応エリア内なら超高速通信を満喫できます。

しかし、多くの格安SIMはまだ5Gに対応していないので、せっかく最新のiPhoneを所有していてもそのスペックを満喫できないことがあります。

ただ、下記のような格安SIMでは5Gに対応していて、対応エリア内なら5Gを体感できるのでぜひ検討してみましょう!

上記の格安SIMはいずれも5Gに対応している料金プランがあるため、最新モデルのiPhoneのスペックを十分に発揮できるでしょう。

キャラクター画像
まま子さん
上記の格安SIMは、お得で通信も安定した理想的な格安SIMだよ!

ただし、5Gは対応エリアが一部の大都市圏に限られているため、契約前に公式サイトであらかじめ対応エリアを確認しておきましょう。

iPhoneを格安SIMで使うデメリット②:あまりに古いタイプのiPhoneは使えない

SIMロックを解除したりSIMフリー版を購入したりすれば、基本的にはiPhoneを格安SIMで使うことは可能です。

しかし、iPhone 5世代以前のあまり古い機種の場合は、iOSバージョンの関係で一部の機能が使えなかったり、そもそも格安SIMで使えなかったりすることがあります。

キャラクター画像
すーちゃん
スマホを安定して使いたい方は、できれば新しい機種を購入するのがおすすめ!

また、auで購入した古い世代のiPhoneの場合は、au回線の格安SIMであってもSIMロック解除が必要なケースもあります。

そのため、古い世代のiPhoneを格安SIMで使いたい場合は、契約前に必ず格安SIMの公式サイトで、「動作確認済み端末」の一覧を確認しておくようにしましょう。

iPhoneを格安SIMで使うデメリット③:「APN設定」を自分で行う必要がある

格安SIMを利用する際は、自身で「APN設定」を行う必要があることがほとんどで、それはiPhoneも例外ではありません。

ドコモ・au・ソフトバンクのようなキャリアでiPhoneを購入した場合は、最初からAPN設定が行われているので自分でする必要はありません。

APN設定とは「アクセスポイント」の設定のことで、インターネット接続に必要な情報をスマホ端末に登録する作業のことです。

キャラクター画像
まま子さん
APN設定をしなければネットに接続できないので要注意!

格安SIMではこのAPN設定を自分で行う必要があり、そのためにWiFiに接続できる環境も必要となります。

WiFi接続環境がなければ、公共施設でWiFiを探す必要があるため、手間が掛かってしまうことも難点です。

とはいえ、iPhoneのAPN設定はAndroid端末よりも簡単で、基本的には「APN構成プロファイル」というものを端末にインストールするだけです。

APN設定の方法は格安SIM事業者によって多少異なるため、詳細は格安SIMの公式サイトや取扱説明書をご確認ください。

キャラクター画像
すーちゃん
手順どおりに作業を進めれば、APN設定は簡単にできるのでご安心ください!

iPhoneを格安SIMで使うデメリット④:最新型のiPhoneを購入できるMVNOが少ない

格安SIMでは、最新型のiPhoneを購入できないことが多いです。そのため、新しい機種を使いたい方は注意が必要です。

大手キャリアは端末の品揃えが豊富なので、最新型のiPhoneがすぐに手に入ります。しかし、格安SIMでは1世代~2世代ほど前の型落ち品が多く、選択肢が少ないケースがあります。

とはいうものの、前述したようにApple Storeの公式サイトで最新型をお得な価格で購入できるため、それほど大きなデメリットではありません。

また、下記のような格安SIMでは最新型のiPhoneも購入できるため、ぜひ検討してみましょう!

上記の格安SIMは、月額料金がお得で通信品質も比較的安定しているところが多いため、iPhoneユーザーの乗り換え先としておすすめです。

キャラクター画像
すーちゃん
お手頃価格でiPhoneを使いたい方は、格安SIMへの乗り換えを検討してみましょう!

iPhoneを格安SIMで使うデメリット⑤:一部機能が使えないなど相性が悪い格安SIMがある

一部の格安SIMはiPhoneとの相性があまり良くなく、一部の機能が使えないこともあります。

そのため、手持ちのiPhone端末を格安SIMで使いたい場合は、格安SIMへ乗り換える前に必ず公式サイトで「動作確認済み端末」の一覧を確認しておきましょう。

例えば、データ通信が上手くできなかったり、一部のアプリの機能が制限されたりするなどです。

特に、楽天モバイルの場合は旧世代機はiOSのアップデートが必須なので、契約前に動作状況をしっかり確認しておきましょう。

楽天回線とパートナー回線が自動的に切り替わらないなど、少し不便になる端末もあるためご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMの契約前は、端末の動作確認を忘れないでね!

まとめ:高性能・高コスパなiPhone SE(第2世代)は格安SIMとセットで使えば激安!

iPhone SEセット購入が一番お得な格安SIM
今回は、iPhone SE(第3世代)のおすすめの購入先やスペックなどについて解説しました。

ポイント

  • iPhone SE(第3世代)は公式サイトで57,800円〜で発売されており、高性能CPUのA13搭載で高コスパ
  • 大手キャリアで購入するなら予約は必須で、価格はMNPや2年後返却をしないと高額なので注意
  • SIMフリーモデルは割安で、格安SIMとセットで使えばさらに支払額が割安に
  • YモバイルやUQモバイルは高速で通信できるのが魅力
  • 楽天モバイルは楽天回線エリアで使い放題
  • IIJmioは格安SIM各社の中で最安、LINEMOは無料でLINE使い放題
いちばん安いところでは4万円台から買えてしまう激安スマホのiPhone SE(第3世代)は、格安SIMとセットで使えばさらにお得です。

今回の解説を参考に、iPhone SEを安く快適に運用してみてくださいね。

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

端末補償を検討中の方へ!

モバイル保険 スマホの端末保証に加入しようとしている方へ、ぜひ一度検討していただきたいのが「モバイル保険」。

月額700円で3台までの通信機器が保証され、キャリア公式の保証だと対象外の非正規店での修理代も保証されます。
画面割れや水没などの故障のリスクもしっかりカバー!

保険を適用する機種はいつでも変更OK。
買い替えや新しい機器の購入などに合わせて、臨機応変に対応できます。

お申し込みはこちらから!

関連記事本当にお得?モバイル保険契約前に絶対確認すべきこと全6つ!
モバイル保険公式サイト

関連記事

おすすめの記事