【2022年最新】防水スマホのおすすめ6選!アウトドアでも大活躍!
キャラクター画像
まま子さん
スマホって、水に濡れたりしたら壊れるわよね?アウトドアとか、普段台所で動画を見るときとか心配…
キャラクター画像
すーちゃん
防水性能が高いスマホを買っておけば、万が一濡れたり水に落としたりしても壊れにくいよ!
キャラクター画像
まま子さん
そうなのね。おすすめの防水スマホについて、教えて!

スマートフォンのような精密機器は水に濡れると壊れてしまう危険性がありますが、防水性能が高い機種を選んでおけば万が一のときも壊れにくいので安心です。

この記事では、2022年最新のおすすめ防水スマホを6種類紹介します。

アウトドアや普段の生活でスマホを水濡れによる故障から守りたい方は、機種選びの参考にしてくださいね。

\1万円相当還元!/

UQmobile banner

スマートフォンに防水性能は必要?防水だとどんな時に役立つ?

スマートフォンに防水性能があれば、水に濡れた時に壊れにくくなります。

キャラクター画像
すーちゃん
100%安心!とまでは言い切れないけど、防水性能が高ければ高いほどもしもの時も安心だよ。

例えば台所で洗い物をしている時などに、作業をしながら動画を見たり音楽・ラジオを聴いたりしたい時がありますよね。

スマホが防水じゃなかった場合は、たまたま跳ねた水がかかってしまった結果壊れてしまうかもしれません。

しかし防水なら、多少水がかかった程度なら壊れる心配は薄くなりますよ。

他にも、お風呂に入りながらスマホでネットサーフィンや動画再生などをしたい時は防水スマホを使えば、ジップロック等のケースに入れなくても手軽に使えますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
ただしお風呂は熱湯で湿度も高いから、できればただの防水じゃなくお風呂場でも使える!みたいに公式サイトで明言されてるような機種を使いたいところだね。

また外を移動中に突然雨が降ってきてしまっても、防水スマホを使っていればそこまで壊れる心配をする必要がありません。

川など、アウトドア環境でスマホを使う場合も防水スマホのほうが安心ですね。

水によるあらゆる場面でのトラブルによる心配を少なく抑えられるのは、防水スマホを使う大きなメリットですよ。

キャラクター画像
まま子さん
過信はしすぎずできるだけ気をつけて使ったほうが良いけど、防水スマホを使うほうがやっぱり安心度は高まるわね。

注意!防水スマホは防水性能が機種ごとに異なる

防水スマホを購入する際に注意したいのは、機種ごとに防水性能が異なることです。

防水と防塵(チリやホコリの混入を防ぐ性能)には性能の高さを示す等級があり、メーカーの公式サイトなどを見れば防水・防塵性能がどれくらい高いかをチェックできますよ。

防水性能の等級と内容
IPX0 防水性能なし
IPX1 垂直に水滴が落ちても大丈夫
IPX2 垂直から左右15度以内から雨がかかっても大丈夫
IPX3 垂直から左右60度以内から雨がかかっても大丈夫
IPX4 いかなる方向から水の飛沫がかかっても大丈夫
IPX5 いかなる方向から水を噴射しても問題なし
IPX6 いかなる方向から水を強く噴射しても問題なし
IPX7 水面下15cm~1mに30分間入れても水が侵入しない
IPX8 水面下でも使用可能

防塵性能は例えばIP5Xなら粉塵からの保護、IP6Xなら完全に全体が防護されているといった内容です。

防水・防塵性能はまとめて「IP○(防塵性能)○(防水性能)」として表記され、防水・防塵が完璧な状態がIP68ですよ。

基本的に防水性能はIPX7以上が安心、防塵はIP5X以上が望ましいと考えられます。

キャラクター画像
すーちゃん
防水と思いきやIP53くらいでそんなに性能が高くなかった…みたいなケースもわりとあるから注意。
キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。
IIJmio banner

2022年のおすすめ防水スマホ6選

2022年時点で、おすすめの最新防水スマホを6種類紹介します。

価格や特徴をまとめているので、機種選びの参考にしてくださいね。

なお価格は、2022年4月時点での情報を記載しているので、合わせて公式サイトで最新情報をご確認ください。

キャラクター画像
すーちゃん
スマホって発売から時間が経つとどんどん値段が下がるから、もっと安く買える可能性もあるよ。

iPhone SE(第3世代)は4万円台から買える低価格な防水iPhone!

出典:UQモバイル公式サイト(https://www.uqwimax.jp/mobile/)

iPhoneは2016年のiPhone 7以降防水・防塵に対応していて、2022年4月時点で一番安価な最新モデルがiPhone SE(第3世代)です。

iPhone SE(第3世代)のスペック・価格一覧
価格(UQモバイル、povo1.0・au以外からの乗り換え・増量オプションII契約時) 64GB:43,335円/128GB:53,190円/256GB:71,720円
CPU A15 Bionic
メモリ 非公表
ストレージ容量 64GB/128GB/256GB
カメラ アウトカメラ1,200万画素/インカメラ700万画素
画面 4.7インチ、1,334×750
重さ 144g
バッテリー持ち(ビデオ再生時) 最大15時間
おサイフケータイ・防水 対応(IP67)

iPhone SE(第3世代)はIP67の防水・防塵性能で、最上級ではないものの十分高い防水性能を備えていますよ。

iPhone SE(第3世代)は4.7インチ画面の小型モデルなので、衣服のポケットなどに入れて持ち運びやすくなっています。

弱点はデザインが2014年のiPhone 6とほとんど変わらないのでちょっと古さを感じさせることですが、結果的に古い機種を使っている人が乗り換えても操作が変わらないなどのメリットもあります。

UQモバイルなら乗り換えにより43,335円から購入可能なので、できるだけ安く最新iPhoneを手に入れて使いたい方はiPhone SE(第3世代)を検討してみてください。

UQmobile banner

大画面・デュアルレンズ対応!安心の最新iPhone・iPhone 13

出典:楽天モバイル公式サイト(https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/iphone/iphone-13/?l-id=product_iphone_iphone-13)

最新の最先端仕様iPhoneを購入して、防水性能を活かしてあらゆる場面で活用したい方にはiPhone 13がおすすめです。

iPhone 13のスペック・価格一覧
価格(楽天モバイル、他社からの乗り換え時) 128GB:96,470円→最大30,000ポイント還元/256GB:108,180円→最大30,000ポイント還元/512GB:131,620円→最大30,000ポイント還元
CPU A15 Bionic
メモリ 非公表
ストレージ容量 128GB/256GB/512GB
カメラ アウトカメラ1,200万画素+1,200万画素/インカメラ1,200万画素
画面 6.1インチ、2,532×1,170
重さ 173g
バッテリー持ち(ビデオ再生時) 最大19時間
おサイフケータイ・防水 対応(IP68)

iPhone 13は6.1インチ大画面を搭載していて、顔認証対応となっています。

iPhone SEと異なり、超広角レンズを搭載していて前後左右を広く切り取った写真を撮影できるのも魅力ですよ。

バッテリー持ちが優れているので、長時間外で動画や音楽などを楽しみたい方にもiPhone 13がおすすめです。

防水性能もiPhone SEより13のほうが上で、最上級のIP68に対応しています。

楽天モバイルなら他社からの乗り換えで最大30,000円分のポイント還元があるので、お得に入手できますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
予算に問題なければ、これからiPhoneを買うなら13がおすすめ!やすさ重視の場合はSEを検討してみてね。
Rakutenmobile banner

AQUOS sense6はバッテリー持ち1週間!旅行・アウトドアでも満足の電池持ちでおサイフケータイ・防水対応

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/sharp/sense6.html)

AQUOS sense6はシャープのAndroidスマートフォンで、IIJmioでは他社からの乗り換えにより15,900円から購入できます。

AQUOS sense6のスペック・価格一覧
価格(IIJmio) メモリ4GB・ストレージ64GB:37,800円→MNP時一括15,900円

メモリ6GB・ストレージ128GB:39,800円→MNP時一括17,900円

CPU Snapdragon 690
メモリ 4GB/6GB
ストレージ容量 64GB/128GB
画面 6.1インチ、2,432×1,080
重さ 156g
カメラ アウトカメラ4,800万画素+800万画素+800万画素/インカメラ800万画素
バッテリー容量 4,570mAh
おサイフケータイ・防水 対応(IP68)

AQUOS sense6はIP68の充実した防水・防塵性能を備えていて、風呂場での使用にも正式に対応しています。

ただし湿度90%以上や周囲温度35度以上での使用は推奨されていないので、お風呂場で使用する際は換気をするなどして室内の状態を調整するのがおすすめです。

AQUOS sense6はそこそこ高い性能のCPUを搭載しているのでゲームなどもある程度楽しめますし、おサイフケータイ対応なのでモバイルSuicaなども問題なく使えますよ。

バッテリーは最長1週間持つ長持ち仕様なので、旅行の移動中などに充電ができなくても問題なく長い間動画やゲームなどを楽しめるのも嬉しいですね。

キャラクター画像
すーちゃん
目立つ弱点は無いんだけど、強いて言えばゲーム性能はiPhoneやこの後紹介するZenfone 8みたいな高性能モデルには負けるから、性能重視の方は注意かな。
IIJmio banner

AQUOS wishはシャープの激安防水スマホ!IIJmioで一括6,980円から

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/sharp/wish.html)

AQUOS wishはシャープが販売している低価格スマホで、IIJmioではなんと乗り換えで6,980円から入手可能です。

AQUOS wishのスペック・価格一覧
価格(IIJmio) 28,480円→MNP時一括6,980円
CPU Snapdragon 765G
メモリ 6GB
ストレージ容量 128GB
カメラ アウトカメラ6,400万画素+800万画素+200万画素+200万画素/インカメラ1,600万画素
画面 6.5インチ、2,400×1,080
重さ 182g
バッテリー容量 4,000mAh
おサイフケータイ・防水 対応(IP68)

AQUOS wishは低価格スマホですが、しっかりおサイフケータイや防水性能を備えています。

低価格な分CPU性能は抑えめなので、主にネットサーフィンや動画再生、SNSといったライトな用途が中心の方におすすめですよ。

キャラクター画像
すーちゃん
ゲームもするなら少なくともAQUOS sense6がおすすめになるかな。

徹底的に安く、防水対応のスマホを手に入れたい方はAQUOS wishを検討してみてください。

子供に持たせる連絡用スマホとしても、雨にぬれても壊れにくいAQUOS wishはおすすめの選択肢ですよ。

スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

Zenfone 8はSnapdragon 888搭載のハイエンド・コンパクト防水スマホ!

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/asus/zenfone8.html)

Zenfone 8は台湾のスマホメーカー・ASUSが販売している機種で、Zenfoneシリーズとしては初めて日本で重視されているおサイフケータイ・防水に対応しました。

Zenfone 8のスペック・価格一覧
価格(IIJmio) 8GB・128GBモデル:60,800円→他社からの乗り換えで38,900円

8GB・256GBモデル:71,800円→他社からの乗り換えで49,900円

16GB・256GBモデル:84,800円→他社からの乗り換えで62,900円

CPU Snapdragon 888
メモリ 8GB/16GB
ストレージ容量 128GB/256GB
カメラ アウトカメラ6,400万画素+1.200万画素/インカメラ1,200万画素
画面 5.9インチ、2,400×1,080
重さ 169g
バッテリー容量 4,000mAh
おサイフケータイ・防水 対応(IP68)

IIJmioでは38,900円から購入可能ととても安価なZenfone 8ですが、なんと搭載されているCPUはSnapdragon 888という高性能なものです。

最新ゲームなども快適・なめらかに動作するので、ゲーマーの方にもおすすめですよ。

本体サイズが小さめなので、片手で持ちやすいコンパクトスマホを求める方にもZenfone 8がおすすめです。

Zenfone 8の弱点は、筆者が使ってみた感想としてはバッテリー持ちがやや悪いことです。

電池持ち重視の場合は、AQUOS sense6やiPhone 13も検討しましょう。

Androidスマホで高性能かつ防水対応の機種を探している方は、Zenfone 8を検討してみてください。

IIJmio banner

Yモバイルで販売中!充実仕様で一括3,600円から買えるLibero II 5G

出典:Yモバイル公式サイト(https://www.ymobile.jp/lineup/a103zt/)

Libero 5G IIはYモバイルで販売されていて、なんと他社からの乗り換えで一括3,600円から入手できます。

キャラクター画像
まま子さん
防水なのに5,000円以下!すごいわね。
Libero 5G IIのスペック・価格一覧
価格(Yモバイル) 21,960円→MNP時一括3,600円
CPU Dimensity 700
メモリ 4GB
ストレージ容量 64GB
カメラ アウトカメラ1,600万画素+800万画素+200万画素/インカメラ800万画素
画面 6.67インチ、2,400×1,080
重さ 200g
バッテリー容量 3,900mAh
おサイフケータイ・防水 対応(IP57)

Linero 5G IIは防水対応、おサイフケータイも使えますよ。

防水はIPX7、防塵はIP5Xなので最高クラスの防水・防塵性能ではありませんが、実用上は十分と言えます。

キャラクター画像
すーちゃん
より高い防水・防塵性能を求める場合は、値段は高くなるけどIP68対応のAQUOS sense6などを検討しよう。

Libero 5G IIは低価格スマホながらそこそこゲームなども遊べるCPU性能、大画面で動画なども大きな見やすい表示で楽しめますよ。

キャラクター画像
まま子さん
コスパ重視の人には、Libero 5G IIはなかなか良さそうね。
Ymobile banner

まとめ

今回は、防水対応のおすすめスマートフォンについて解説しました。

ポイント

  • 防水・防塵性能は機種によって異なり、最高はIP68
  • iPhoneシリーズは2016年以降防水対応、iPhone SE(第3世代)やiPhone 13がおすすめ
  • AQUOS sense6はおサイフ・防水対応で電池持ちも抜群!お風呂でも安心して使える
  • AQUOS wishは性能抑えめの低価格防水スマホ
  • Zenfone 8はハイエンド、最新ゲームなども快適に遊べる
  • Libero 5G IIはYモバイルで販売中、おサイフ・防水対応で大画面

今回の解説を参考に、自分に合ったベストな防水スマホを見つけてみてくださいね。

関連記事

おすすめの記事