ドコモの最新Androidスマホをご紹介!機種ごとの特徴やスペック全網羅!
キャラクター画像
まま子さん
ドコモで新しいAndroidスマホを買おうと思ってるんだけど、何か良い機種はないかな?
キャラクター画像
すーちゃん
2022年夏時点では8種類ほどの最新機種が発売されていて、価格帯も2万円程度の格安モデルから19万円オーバーのハイスペックモデルまで様々なんだ。
キャラクター画像
まま子さん
なるほど、ラインナップが色々あると、自分にちょうど良い機種も選びやすそうね。

ドコモでは、毎年様々なAndroidスマホが発売されています。

機種ごとに性能や対応する機能が異なっているので、しっかり見比べて自分の使い方に合った機種を選ぶことが重要です。

この記事では、ドコモの最新Androidスマホのスペックや価格、機能などについて詳しく解説します。

ドコモにおけるオンラインでのスマホ契約方法も合わせて解説するので,参考にしてくださいね。

ドコモのiPhoneについて知りたい方はこちらから!

\10月31日まで!1GB未満の利用なら実質無料/

rakutenmobile banner

ドコモの最新Androidスマホ情報!5G・4Gの端末スペック・価格をチェック!

ドコモでは、2022年8月現在だとハイスペックスマホが3種類、低価格帯のスマホ3種類で合計6機種が新発売されています。

また7月にハイスペック・低価格帯スマホがそれぞれ1種類ずつ新発売される予定です。

キャラクター画像
すーちゃん
以前は4Gスマホも展開されていたんだけど、2022年に入ってからは流石に新発売の機種がなくなったよ。

ドコモのスマホは、2~5万円程度の低~中価格帯モデルと10万円以上のハイスペック・高価格帯モデルで展開中です。

キャラクター画像
すーちゃん
2022年秋には最新のiPhoneもおそらく発売されるから、今後さらにラインナップは増えると考えられるよ。

5Gの最新スマホをそれぞれ紹介するので、自分に合った機種を探してみてください!

ハイスペックスマホは4種類!20万円近い高価格帯をメインに展開

ドコモで販売されている最新5Gスマホは、以下の4種類です。

  • Xperia 1IV
  • Galaxy S22
  • Galaxy S22 Ultra
  • AQUOS R7(7月下旬以降発売)

いずれも10万円を軽くオーバー、20万円前後が主流という高価格・ハイスペックな端末となっています。

キャラクター画像
すーちゃん
一番安いGalaxy S22でも12万円オーバーなんだよね…。
キャラクター画像
まま子さん
スマホの高価格化がかなり厳しい状況ね…。

予算に余裕があり、最新のカメラ性能やゲーム性能を活用したい場合はハイスペックモデルを検討してみてください。

ハイスペック端末は種類が多いですが、それぞれ特徴が大きく異なるので、自分が求めるものは何かに注目して比較することで選択肢を絞っていけますよ。

あまりスマートフォンの購入にお金をかけすぎず、そこそこ高い性能の機種を使いたい場合は、後ほど紹介するGalaxy A53やXperia 10IVなどを選ぶのがおすすめです。

また2年後の返却を条件に支払金額を抑えられる「いつでもカエドキプログラム」を利用すれば、端末代は10万円前後などに抑えられますよ。

キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。どうせ2年位使ったら機種変更するのが一般的だし、いつでもカエドキプログラムの利用は前提として考えたほうが良いかも。
キャラクター画像
すーちゃん
それでは、各機種の特徴や価格を見ていこうか!

Xperia 1IVは全部乗せスマホ!望遠に強い高性能カメラに各種機能充実で最上級性能

Xperia 1IVは、ソニーのXperiaシリーズにおける2022年最新のハイスペックモデルです。

本体価格はシリーズ最高クラスで、190,872円となっています。

分割プログラムのいつでもカエドキプログラムを利用すれば、2年間実質110,352円などで購入できますよ。

キャラクター画像
まま子さん
2年後に返却するとしても10万円オーバー、けっこうな値段になっちゃうね…!
キャラクター画像
すーちゃん
その分、性能も機能も最強クラス!

Xperia 1IVのスペックは、以下の表にまとめたとおりです。

Xperia 1IVのスペック・価格
価格 190,872円→いつでもカエドキプログラム利用時実質110,352円
CPU Snapdragon 8Gen1
メモリ 12GB
ストレージ容量 256GB
画面 6.5インチ、3,840×1,644
重さ 187g
カメラ アウトカメラ:1,220万画素+1,220万画素+1,220万画素+Tofカメラ/インカメラ:1,220万画素
バッテリー容量 5,000mAh
おサイフ・防水 対応

一言でまとめると,「全て」において最強クラスの性能を持っています。

CPUは2022年6月時点での最高クラスのものが搭載されていますし、メモリ容量もストレージ容量も大きいので、最新のゲームアプリを最高画質設定などで遊んでもまったく動作に影響はありません。

キャラクター画像
すーちゃん
Xperia 1IVで動作しないなら、もはやゲームなどのアプリの方に問題があるレベルだね。

さらに次項で紹介するGalaxy S22シリーズでは非対応となっている、microSDカードでの容量増設(最大1TB)にも対応しています。

カメラは望遠・超広角に対応し、「Photography Pro」のアプリを使って一眼レフカメラのように細く設定をした写真撮影ができます。

Xperia 1IVでは望遠が旧モデルよりさらに強化され、85-125mmでのなめらかなズームが可能になりました。

キャラクター画像
すーちゃん
もちろん光学式の手ぶれ補正があるので、しっかりピントが合った写真を撮影できるよ!
キャラクター画像
まま子さん
カメラにこだわりがある人でも満足なのね。

「Videography PRO」も搭載、動画撮影も4K120Hzできれいに撮影可能となりました。

4K・120Hzの有機EL画面により、撮った写真や配信サービスの動画などをキレイな表示で楽しめるのも嬉しいですね。

もちろんおサイフケータイや防水にも対応、これだけ充実した機能・性能でありながらも重量が187gと比較的軽く押さえられているのも凄いです。実は前モデルよりも1g軽くなっています!

キャラクター画像
すーちゃん
高性能で多機能なスマホって、重量が200g以上の重い機種も多いからね。

価格は高くてもOK、とにかく充実していて持ちやすい豪華なスマホをドコモで使いたいという方は、Xperia 1IVを検討してみてください。

docomo Online Shop公式

Galaxy S22、Galaxy S22 Ultraは高性能カメラが魅力!UltraはSペン搭載・最大100倍ズーム撮影対応

Galaxy S22シリーズは、毎年キャリア向けにハイスペックモデルから低価格モデルまで豊富なラインナップを展開しているGalaxyの2022年最新フラッグシップモデルです。

キャラクター画像
すーちゃん
要するに、性能の高い決定版のモデルがS22シリーズなんだ。

Galaxy S22は6.1インチ画面で比較的小型、168gの軽量でありつつ各種性能を高めにしているのが特徴です。

Galaxy S22 Ultraは最上位モデルで価格は約18万円、6.8インチの大画面に高性能な4眼レンズカメラ(+レーザーAF)を搭載しています。

キャラクター画像
まま子さん
重量は220g超えで重いんだけど、Sペン内臓だし重い分充実した仕様。

それぞれのスペックや価格は、以下の表にまとめました。

Galaxy S22、Galaxy S22 Ultraのスペック・価格
Galaxy S21 Galaxy S22 Ultra
価格 122,012円→いつでもカエドキプログラム利用時実質67,892円 178,244円→いつでもカエドキプログラム利用時実質100,364円
CPU Snapdragon 8Gen1 Snapdragon 8Gen1
メモリ 8GB 12GB
ストレージ容量 256GB 256GB
画面 6.1インチ、2,340×1,080 6.8インチ、3,088×1,440
重さ 168g 229g
カメラ アウトカメラ:5,000万画素+1,200万画素+1,000万画素/インカメラ:1,000万画素 アウトカメラ:1億800万画素+1,200万画素+1,000万画素+1,000万画素/インカメラ:4,000万画素
バッテリー容量 3,700mAh 5,000mAh
おサイフ・防水 対応 対応

バッテリー容量やメモリ容量、画面サイズ・解像度など細かい部分の特徴が異なるS22とS22 Ultraですが、最大の違いはカメラです。

Ultraなら光学10倍ズーム、最大で100倍のズームにも対応しているほどで、遠くのものも大きくきれいに撮影可能となっています。

無印も光学3倍・最大30倍ズーム対応で十分ズーム性能は高いですが、より強力なのはUltraです。

キャラクター画像
すーちゃん
ちなみにXperia 1IIIは最大で12.5倍。Galaxy S21シリーズの望遠性能の高さはやっぱり凄いんだよね。

高性能・多機能+カメラのズーム性能を求める方は、Galaxy S22シリーズを検討してみてください。

予算に問題なければ、最大100倍ズーム対応のGalaxy S22 Ultraがとくにおすすめです。

Galaxy S22はS21だと別売りになってしまっていたSペンを搭載、Galaxy Noteシリーズのようにペンを使ってイラスト作成や写真などへの手書きメモなどを利用できるのも嬉しいメリットですよ。

価格の安さ重視でできるだけ高性能なスマホを選びたい場合にも、Galaxy S22はおすすめです。

キャラクター画像
すーちゃん
12万もするんだけど、それでも実のところ今年のハイエンドでは最安なのがGalaxy S22なんだよね。

AQUOS R7は1インチレンズ搭載で高画質なカメラが魅力!スピーカーなどの仕様も改善

AQUOS R7は、シャープのAQUOSスマホにおける最新・最高性能モデルです。

価格は198,000円で、スペックは以下の表にまとめたとおりとなっています。

AQUOS R7のスペック・価格
価格 198,000円→いつでもカエドキプログラム利用時実質114,840円
CPU Snapdragon 8Gen1
メモリ 12GB
ストレージ容量 256GB
画面 6.6インチ、2,730×1,260
重さ 不明
カメラ アウトカメラ:4,720万画素+190万画素/インカメラ:1,260万画素
バッテリー容量 5,000mAh
おサイフ・防水 対応
キャラクター画像
まま子さん
あれ?AQUOS R7って、カメラレンズがかなり少ないのね。

AQUOS R7はアウトカメラのレンズが2つで、さらに2つ目のレンズはあくまで距離測定用のセンサーであるため実質アウトカメラレンズは超広角レンズのみが搭載されています。

一見「最近のスマホにしては微妙じゃない?」と思ってしまいますが、よく見てみるとレンズが非常に大きいことがわかるのではないでしょうか。

実はAQUOS R7は、大手カメラメーカー・ライカと共同で開発した1インチというスマホとしてはかなり大きなセンサーのレンズが採用されています。

結果として非常にきれいな写真を撮影可能、レンズ1つでも標準の画角の写真やズーム写真までしっかり撮影できるようになっています。

前機種ではピントが合いづらいという弱点がありましたが、AQUOS R7では従来の2倍速くピントが合うようになっていて弱点は解消されました。

キャラクター画像
まま子さん
しっかり進化しているのね。

ちなみにスピーカーも構造が変更され、前機種のAQUOS R6より高音質になっています。

キャラクター画像
すーちゃん
正直R6のスピーカー音質はかなり悪かったので、しっかり改善してくれたのは嬉しいね。

カメラ以外の性能もバッテリーもちの良さなど全体的に高めですが、とくにカメラの写真の綺麗さを重視する人は検討してみたいのがAQUOS R7です。

キャラクター画像
すーちゃん
様々な部分が進化した代わりに、価格も19万円オーバーとかなり高めになってしまったことには注意。
docomo Online Shop公式

Galaxy A53、Xperia 10IVは5万円台で買える中級グレード5G端末

10万円台の機種は流石に高い…と感じる方も少なくないですよね。

ドコモでは、5~6万円台で買えるそこそこ高い性能・機能のスマホも2種類用意されています!

  • Galaxy A53
  • Xperia 10IV(7月上旬以降発売)

Galaxy A53はGalaxyの中間グレードの端末で、価格は59,400円です。

キャラクター画像
すーちゃん
前機種のA52と価格に一切変更なし。

Xperia 10IVはXperiaシリーズの最新中間グレード端末で、価格は64,152円とGalaxy A52より5,000円弱高額になっています。

キャラクター画像
すーちゃん
それぞれのスペックは以下の通り!
Galaxy A53、Xperia 10IVのスペック・価格
Galaxy A52 Xperia 10III
価格 59,400円→いつでもカエドキプログラム利用時実質34,320円 64,152円→いつでもカエドキプログラム利用時実質41,712円
CPU Exynos 1280 Snapdragon 695
メモリ 6GB 6GB
ストレージ容量 128GB 128GB
画面 6.5インチ、2,400×1,080 6インチ、2,520×1,080
重さ 189g 161g
カメラ アウトカメラ:6,400万画素+1,200万画素+500万画素+500万画素/インカメラ:3,200万画素 アウトカメラ:800万画素+1,200万画素+800万画素/インカメラ:800万画素
バッテリー容量 5,000mAh 5,000mAh
おサイフ・防水 対応 対応

性能はどちらも似通っていて、中の上クラスです。

最新ゲームも最高画質などの高めの設定をしなければそこそこ快適に動作しますし、動画再生やSNSなどは問題なく快適に行なえますよ。

Galaxy A52は4眼レンズカメラ搭載で、超広角撮影や近くのものを大きく撮れるマクロ撮影ができます。

夜景撮影にも対応、6.5インチの大画面で写真や動画などを見られるのも嬉しいポイントです。

前機種からはバッテリー容量が4,500mAh→5,000mAhに増えたため、電池持ちの向上にも期待できますね。

Xperia 10IVは超広角と望遠にも対応する3眼レンズで、オートできれいな写真を撮影できるのがウリになっています。

21:9の縦長大画面で、動画再生+SNSなど2つのアプリの同時活用をしやすいのも嬉しいですね。

Xpeira 10IVもバッテリー容量が前機種より倍増していて、3年経ってもなお電池の消耗が少ないという長く使える仕様です。

キャラクター画像
まま子さん
マクロ撮影や画面の大きさならGalaxy A53、望遠ズームやアプリの複数起動ならXperia 10IVが良さそうな感じね。
docomo Online Shop公式

Xperia AceIIIやAQUOS wish2は2~3万円で買える低価格帯のモデル!

ドコモの最新低価格帯スマホは、Xperia Ace IIIとAQUOS wish2の2種類となっています。

キャラクター画像
すーちゃん
5Gを推し進めているから、流石に4G専用スマホはなくなったよ。
  • Xperia Ace III
  • AQUOS wish2

スペックは、以下の表にまとめたとおりです。

Xperia AceIII、AQUOS wish2のスペック・価格
Xperia AceIII AQUOS wish2
価格 34,408円→いつでもカエドキプログラム利用時実質26,488円 22,000円
CPU Snapdragon 480 Snapdragon 695
メモリ 4GB 4GB
ストレージ容量 64GB 64GB
画面 5.5インチ、1,496×720 5.7インチ、1,520×720
重さ 162g 162g
カメラ アウトカメラ:1,300万画素/インカメラ:500万画素 アウトカメラ:1,300万画素/インカメラ:800万画素
バッテリー容量 4,500mAh 3,730mAh
おサイフ・防水 対応 対応

どちらも性能的には抑えめ、メールや電話、SNS、動画再生、地図アプリの利用といった軽めの用途に向いています

キャラクター画像
すーちゃん
ゲームをするなら、Galaxy A53やXperia 10IVなどもう少し上のグレードのスマホを選ぶのがおすすめ。古い機種でも良ければ、AQUOS sense6などを選ぶのも良いね。

低価格ですがおサイフケータイや防水にはしっかり対応しているので、買い物で支払いに使ったり、台所など水の掛かる場所で使ったりしても大丈夫なのは嬉しいですね。

Xperia Ace IIIは5.5インチ画面の小型サイズが特徴となっていて、背面のザラザラした手触りや独特のカラーリングなどが魅力的です。

AQUOS wish2は再生プラスチックを使っていて環境にやさしいスマホ、アルコール除菌に対応しているので清潔さを重視する人におすすめです。

どちらも低価格なので、ガラケーからの初めての乗り換えにも良いですね。

docomo Online Shop公式

ドコモの契約、機種変更はドコモオンラインショップからもできる!

ドコモのスマートフォンを購入できる場所はドコモショップや家電量販店が一般的ですが、実はドコモオンラインショップなら自宅にいながらにしてかんたんに購入可能です。

新規契約だけでなく、機種変更にも対応していますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
ちなみに、オンライン受付プランのahamoユーザーもドコモオンラインショップで機種変更ができるよ。

ドコモオンラインショップなら頭金なし、各種事務手数料も不要で端末を購入できます。

送料も2,750円以上で無料となるので、スマホを購入するなら基本的に送料は無料に抑えられます。

端末はドコモの通常プランユーザーならドコモショップで受け取り、店舗でデータ移行などのサポートを受けることもできますよ。

最後に、ドコモオンラインショップの新規契約や機種変更手順を解説します。

ドコモオンラインショップにおける新規契約の手順

ドコモオンラインショップにおける、ドコモの新規契約手順は以下のとおりです。

  1. dアカウントでログインする
  2. 欲しい機種を選び(SIMカードのみの選択も可能)、カートに入れる
  3. 注文手続きを開始し、届け先や支払い方法などを登録する
  4. 注文を確定する
  5. 登録した届け先に、スマートフォンやSIMカードが最短3日で届く
  6. SIMカードを端末に入れる
  7. 「お申込み履歴」のページより開通手続きをして、利用開始!

開通手続きは新規契約ならいつでもOK、他社から乗り換える場合は9時~21時の間に行う必要があります。

なおドコモの通常プランでなくahamoを新規契約したい場合は、ahamo公式サイトから申し込み手続きを行ってください。

docomo Online Shop公式

機種変更をオンラインショップで行う手順

docomo banner

ドコモオンラインショップにおける、機種変更の手続き手順は以下のとおりです。

  1. dアカウントでログインする
  2. 欲しい機種を選び、カートに入れて注文手続きを開始する
  3. 料金プランや支払い方法、届け先などを選んで注文を終える
  4. 自宅に端末やSIMカード(同梱されていない場合もある)が最短2日で届く
  5. 端末にドコモのSIMカードを入れる(同梱されていない場合は手持ちのものを入れればOK、新しいものが届いたら新しい方を入れる)
  6. SIMカードが同梱されていた人は「お申込み履歴」のページより開通手続きをして、利用開始!

機種変更だと最短2日で届くので、新規契約よりも早いのがメリットです。

キャラクター画像
すーちゃん
あくまで最短での話だから、状況によっては長くなることもあるよ。

なお機種変更では、料金プランをそのままで機種だけ変更、分割払いをするのであれば、料金プラン選択や支払い方法の登録を省略する「カンタン手続き」を選ぶことも可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
カンタン手続きの場合は配送日時を選べないことに注意。
docomo Online Shop公式

「5G WELCOME割」でお得に!

ドコモでは、他社からの乗り換えや新規契約、機種変更などを条件に最大22,000円の割引を受けられる「5G WELCOME割」を展開中です。

キャラクター画像
すーちゃん
条件を満たせば、自動的に割引が適用されるよ。

例えば今回紹介したGalaxy S22シリーズは、新規契約や機種変更、他社からの乗り換えで5,500円の割引を受けられる対象ですよ。

5G WELCOME割を利用して、端末をお得に入手しましょう!

docomo Online Shop公式

まとめ

ドコモ2022年最新スマホ

今回は、ドコモで販売されている最新のスマートフォンの特徴や価格、ドコモオンラインショップの特徴・購入方法についても解説しました。

ポイント

  • ドコモでは、2022年現在8種類の最新スマホが販売中・発売予定
  • Xperia 1IVは望遠や超広角に対応、各種スペックや機能も最高クラス
  • Galaxy S22シリーズは望遠と超広角に対応、Ultraは100倍、無印は30倍ズームができる
  • AQUOS R7は大きな1インチセンサーでキレイな写真が撮れる
  • Galaxy A53やXperia 10IVは5~6万円台の中級グレード、そこそこ高い性能とカメラが魅力
  • Xperia Ace IIIは小型ボディ、AQUOS wish2は環境への配慮・清潔さが魅力の4G低価格スマホ
  • ドコモオンラインショップでは新規契約や機種変更を手数料・頭金無しで行える!送料も2,750円以上の支払いなら無料
  • 5G WELCOME割を利用すれば、スマホ代が最大22,000円引きに!

ドコモでは、2万円台の激安スマホから20万円近いハイスペックスマホまで豊富なラインナップが用意されています。

今回の解説を参考に、自分に合う機種を見つけて申し込んでみてくださいね。

docomo Online Shop公式

関連記事

おすすめの記事