ドコモのiPadはいくらで使える?毎月の維持費と安くお得に使う方法を解説!
キャラクター画像
まま子さん
ねーすーちゃん、iPadを使いたいんだけどキャリアだとやっぱり高いのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
キャリアでもiPadは安く使えるよ!詳しく解説するね!

キャリアの料金は高いとよく言いますが、iPadの場合は同じキャリアのスマホとセットで使うことで月額料金を安く抑えることができます。

そこで今回は、ドコモでiPadを購入した場合の月額料金について詳しく解説していきます。

ドコモのiPadの機種代金や安く利用するポイントなどについても触れていくので、iPadの利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

\10月31日まで!1GB未満の利用なら実質無料/

rakutenmobile banner

ドコモのiPadの月額料金は?

docomo banner

まず、ドコモのiPadで使えるプランと月額料金について解説します。

用途 おすすめプラン 月額料金 プラン内容
ドコモのスマホとセットで使う場合 データプラス 1,100円 ペアとなるスマホのプランのデータ通信量をタブレットでシェアできる
iPad単体で使う場合 5Gギガホ プレミア 7,315円 5G対応でデータ無制限で使えるプラン
ギガホ プレミア 7,205円 4G対応で月60GBまで使える大容量プラン
5Gギガライト
ギガライト
3,465円~
6,765円
使ったデータ通信量に応じて料金が変動する従量制プラン
キャラクター画像
まま子さん
ギガホ プレミアやギガライトはスマホのプランでもよく見るわね。
キャラクター画像
すーちゃん
うん!iPadでも使えるプランなんだよ!

以下にて、それぞれのプランについて詳しく解説していきます。

ドコモのスマホとセットで利用する場合

ドコモのスマホとセットで利用する場合は、「データプラス」がおすすめです。

プラン 月額料金 プラン内容
データプラス 1,100円 ペアとなるスマホのプランのデータ通信量をタブレットでシェアできる

データプラスは、ペアとなるドコモのスマホが契約しているプランに応じてデータ通信量をシェアできるプランです。

対象プランは以下の通りです。

  • 5Gギガホ プレミア
  • ギガホ プレミア
  • 5Gギガホ
  • ギガホ
  • 5Gギガライト
  • ギガライト
キャラクター画像
まま子さん
つまり、ドコモのスマホで5Gギガホ プレミアを使っていたら、iPadでもデータ量無制限で使えるの?
キャラクター画像
すーちゃん
ううん。無制限ってわけじゃないんだ。

利用可能なデータ容量は以下の通りです。

プラン 利用可能なデータ容量
5Gギガホ プレミア 30GBまで
ギガホ プレミア 30GBまで
5Gギガホ 30GBまで
ギガホ 30GBまで
5Gギガライト 7GBまで
ギガライト 7GBまで

無制限で使える5Gギガホ プレミアでも、データプラスで使えるデータ容量は30GBまでです。

スマホ側ではプランの規定通りのデータ容量を使えますが、データプラスで使うiPadはデータ容量の上限があるので注意が必要です。

キャラクター画像
すーちゃん
月額料金が1,100円ととても安いから、iPadで使うデータ容量が毎月30GB以下のドコモユーザーの人にはお得なんだよ。

iPadを単体で利用する場合

iPadを単体で利用する場合は、現在契約可能なドコモのスマホ向けプランが利用できます。

プラン 月額料金 データ容量 プラン内容
5Gギガホ プレミア 7,315円 無制限 5G対応でデータ無制限で使えるプラン
ギガホ プレミア 7,205円 60GB 4G対応で月60GBまで使える大容量プラン
5Gギガライト
ギガライト
3,465円~
6,765円
0~7GB 使ったデータ通信量に応じて料金が変動する従量制プラン

上記プラン料金は割引適用前の金額であり、以下のような割引を適用することも可能です。

  • みんなドコモ割:家族で2回線の場合は550円・3回線以上の場合は1,100円
  • ドコモ光セット割:ドコモ光とセット利用で最大1,100円割引※プランによって割引額に変動あり
  • dカードお支払い割:dカードを支払い先に設定すると187円割引
  • 5Gギガホ プレミアとギガホ プレミアは月のデータ利用量が3GB未満の場合は1,650円割引

特に、みんなドコモ割は家族でドコモを使っている場合、ファミリー割引グループ内の回線が3回線以上で1台あたり1,100円の割引が適用できます。

ドコモ光の割引と併用が可能であるため、それだけで計2,200円の割引が利用できます。

キャラクター画像
まま子さん
ドコモは家族で使ったりネットとセット利用するとお得なのね!
キャラクター画像
すーちゃん
iPadの購入を検討しているなら、この機会にネットも家族のスマホもドコモに乗り換えを検討してみるのもありだよ!
docomo Online Shop公式

ドコモで購入できるiPadと機種代金一覧

2022年7月現在、ドコモオンラインショップで購入できるiPadと機種代金について紹介します。

ドコモオンラインショップで購入できるiPad

  • iPad(第9世代)
  • iPad mini(第6世代)
  • iPad Air(第5世代)
  • 11インチiPad Pro(第3世代)

現在購入できるiPadは上記の4機種となります。

ドコモオンラインショップで検索すると他にもiPadの機種が表示されますが、現在購入することができません。

2021年6月25日以降、新型コロナウイルスによるテレワーク増加によってiPadの需要が高騰しており、ドコモでは以下の機種の予約受付を停止しているため、購入できない状態が続いています。

ココに注意

  • 12.9インチiPad Pro(第5世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad(第8世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)

そのため、この章では2022年7月時点で購入可能なiPadの機種代金について解説します。

iPad(第9世代)

ドコモのiPad(第9世代)の機種代金は以下の通りです。

iPad(第9世代) 64GB 256GB
一括払い 78,760円 103,070円
36回払い 2,187円×36回 2,863円×36回
キャラクター画像
まま子さん
iPadってこんなに高いの!?
キャラクター画像
すーちゃん
ドコモで扱っているiPadは「Wi-Fi+Cellularモデル」といって、SIMカードを入れて単体でネット通信ができるiPadなんだよ。

iPadにはWi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルの2種類があります。後述にて詳しく解説しますが、基本的にWi-Fi+Cellularモデルの方が機種代金が高くなる傾向にあります。

ドコモにはWi-Fiモデルの取り扱いがないため、Wi-Fiモデルが欲しい方はAppleなど別の店舗で購入することをおすすめします。

iPad(第9世代)の特徴も簡単に見ていきましょう。

iPad(第9世代)の特徴

  • iPhone 11シリーズと同じA13 Bionicチップ搭載
  • 最大256GBの大容量ストレージ
  • センターフレームに対応した1,200万画素の超広角フロントカメラ
  • Apple Pencil対応

iPadはいくつか種類がありますが、iPad(第9世代)は最もスタンダードなスペックの機種です。

iPhone 11と同じプロセッサが搭載されており、処理速度や学習機能もサクサクと快適になっており、iPhone 11と同じように使えます。

ただし、5Gを使うことはできません。

フレームから使用者が外れないように調整できるセンターフレーム対応の超広角フロントカメラは、ビデオ通話などにも適しています。

Apple Pencilにも対応しているため、メモやイラストをiPadで描きたい方にもおすすめですよ。

iPad mini(第6世代)

次に、iPad mini(第6世代)の機種代金について紹介します。

iPad mini(第6世代) 64GB 256GB
一括払い 108,350円 119,900円
36回払い 3,009円×36回 3,330円×36回
キャラクター画像
まま子さん
miniなのにiPad(第9世代)よりも高いの!?
キャラクター画像
すーちゃん
スペックはiPad mini(第6世代)の方が高いし、ホームボタンがないコンパクトなサイズ感も人気なんだ。

iPad mini(第6世代)もiPad(第9世代)と同じく、Wi-Fi+Cellularモデルのみ取り扱っています。

iPad(第9世代)と比較しても随分と機種代金が高いですが、これには理由があります。簡単に特徴を見ていきましょう。

iPad mini(第6世代)の特徴

  • ホームボタンがないオールスクリーン仕様の8.3インチディスプレイ
  • iPhone 13シリーズと同じA15 Bionicチップ搭載
  • 手のひらサイズで持ち運びにも便利
  • Apple Pencilを磁力で取り付けられる
  • センターフレーム対応の1,200万画素の超広角フロントカメラ搭載

まず、iPhone 13シリーズと同じA15 Bionicチップという、現時点のiPhoneで最高スペックを誇るプロセッサが搭載されています。

5Gでの高速通信にも耐えられるだけの高い処理性能と学習機能が備わっているため、より複数のアプリを利用する時などもサクサクと快適に使えます。

ディスプレイサイズはiPad(第9世代)と比較すると小さいですが、手のひらサイズのコンパクトなデザインが人気でもあります。

iPad Air(第5世代)

次に、iPad Air(第5世代)の機種代金について紹介します。

iPad Air(第5世代) 64GB 256GB
一括払い 120,560円 144,870円
36回払い 3,348円×36回 4,024円×36回
いつでもカエドキプログラム
適用時の負担額
61,160円
(2,659円×23回)
73,590円
(3,199円×23回)

iPad Air(第5世代)では、「いつでもカエドキプログラム」が利用できます。

いつでもカエドキプログラムとは24回の分割で購入し、プログラムに加入すると23回目までの分割支払金が安くなります。

そして、23回目までに今まで使っていたiPadをドコモに返却することで、24回目の支払いが免除されるというものです。

iPad Air(第5世代)64GBを例に挙げると、以下のようになります。

  • 23回目までの分割支払金:2,659円×23回
  • 24回目の支払い額:71,280円
キャラクター画像
まま子さん
つまり、24回目に支払うはずだった71,280円の支払いが0になるってこと?
キャラクター画像
すーちゃん
そうだよ!ちなみに、24回目の時点でプログラムの利用をせずに機種を使い続ける場合は再分割できるよ!

機種の返却と査定基準を満たすことが条件になりますが、iPadを安く運用することが可能です。

では次に、iPad Air(第5世代)の特徴を簡単に見ていきましょう。

iPad Air(第5世代)の特徴

  • MacBookに搭載されているApple M1チップが使われている
  • センターフレーム対応の1,200万画素の超広角フロントカメラ
  • 5色の鮮やかなカラーバリエーション
  • 10.9インチディスプレイ
  • オールスクリーン仕様でトップボタンにTouch ID搭載

iPad Air(第5世代)は2022年3月に発売された、今回紹介するiPadの中では最も新しい機種です。

MacBookに搭載されているApple M1チップが使われており、iPhoneと同じチップが搭載されているiPad(第9世代)やiPad mini(第6世代)よりもさらに高い処理速度と学習機能が期待できます。

10.9インチのオールスクリーン仕様のディスプレイであり、トップボタンにTouch IDが搭載されているため、マスク生活でも簡単に生体認証を行うことができますよ。

11インチiPad Pro(第3世代)

次に、11インチiPad Pro(第3世代)の機種代金について紹介します。

11インチiPad Pro(第3世代) 128GB 256GB 512GB 1TB 2TB
一括払い 140,690円 155,870円 185,900円 245,960円 購入不可
36回払い 3,908円×36回 4,329円×36回 5,163円×36回 6,832円×36回

今回紹介するiPadの中では一番機種代金が高いです。

本体ストレージ容量も、他の機種に比べて種類が多いのがわかります。2TBは購入不可のようですが、タブレットで1TBはすごいですよね。

キャラクター画像
まま子さん
こんなに高いんだから、やっぱり理由があるのよね?
キャラクター画像
すーちゃん
うん、スペック重視の人におすすめのiPadだよ!

11インチiPad Pro(第3世代)の特徴

  • Apple M1チップ搭載
  • 最大2TBの本体ストレージ容量
  • Thunderboltでディスプレイや外付けドライブなどのアクセサリの利用も可能
  • センターフレーム対応の超広角フロントカメラ搭載

ディスプレイや外付けドライブなどのアクセサリが利用できるなど、もはやタブレットというよりもPCに近いです。

iPad Air(第5世代)と同じくApple M1チップが搭載され、処理速度や学習機能のレベルも高く、電力効率も上がっているためバッテリーも1日中使うことが可能です。

本体ストレージの容量も他のiPadと比べて桁違いに多いので、本体ストレージ容量が大きい方が良いという方にも適しています。

docomo Online Shop公式

ドコモのiPadの月額料金をシミュレーション

では次に、ドコモのiPadの月額料金をシミュレーションしてみましょう。

今回は、以下の前提条件を基に月額料金を算出してみました。

  • 端末はiPad(第9世代)64GB
  • 支払いは36回の分割払い
  • 1人暮らしの会社員で家族は別のキャリアを使っている
キャラクター画像
まま子さん
どのくらいの料金で使えるのかしら?

ドコモのスマホとセットで利用する場合

まず、ドコモのスマホとセットでiPadを利用する場合です。

ドコモのスマホはiPhone SE(第3世代)64GB、いつでもカエドキプログラム適用を想定してシミュレーションしてみました。

項目 iPhone SE(第3世代)64GB iPad(第9世代)64GB
プラン料金 7,315円(5Gギガホ プレミア) 1,100円(データプラス)
機種代金 1,448円×23回 2,187円×36回
月額料金(23ヶ月目まで) 12,050円
月額料金(36ヶ月目まで) 10,602円
月額料金(37ヶ月目以降) 8,415円

いつでもカエドキプログラムを利用すると、23ヶ月目までは2台で月額12,050円となります。

iPhone SE(第3世代)を23回の支払いの時点で回収すると、24ヶ月目~36ヶ月目までは10,602円と、iPhone SE(第3世代)の分割払いがなくなり若干安くなります。

キャラクター画像
すーちゃん
iPad単体で見ると36ヶ月間3,287円で使えるよ。機種代金はどうしてもかかっちゃうけど、プラン料金が1,100円なのはやっぱりお得だよね!

iPadを単体で利用する場合

次に、iPadを単体で利用する場合の料金について見ていきましょう。

iPad(第9世代)64GB 機種代金 プラン料金 月額料金
ギガホ プレミア 2,187円×36回 7,205円 9,392円
ギガライト ~1GB:3,465円
~3GB:4,565円
~5GB:5,665円
~7GB;6,765円
~1GB:5,652円
~3GB:6,752円
~5GB:7,852円
~7GB:8,952円

iPad(第9世代)は5Gを使うことができないため、ギガホ プレミアとギガライトの料金を算出しました。

ドコモでiPadを単体で使う場合はこの料金とは別に他社のスマホ料金もかかると思うので、iPadと他社のスマホ料金を合わせるとかなり高額になる可能性が高いです。

キャラクター画像
まま子さん
ギガホ プレミアで使うとそれだけで10,000円近くなるのね…。ドコモのスマホとセットで使うと2台で12,000円程度に抑えられていたから、やっぱりドコモのスマホとセットの方がお得なのかしら。
キャラクター画像
すーちゃん
スマホが格安SIMならまだ抑えられると思うけど、キャリアのプランを使っているとドコモのiPadと合わせて20,000円くらいになってしまうかもしれないね。

スマホもキャリアで使いたいという方は、別々のキャリアを使うよりもドコモでセット利用した方が料金を抑えられるでしょう。

docomo banner

ドコモのiPadを回線なしで購入し格安SIMのデータ専用SIMを入れるのも◎

ドコモでは、iPadを回線なし(白ロムと呼びます)で購入することも可能です。

キャラクター画像
まま子さん
ドコモのプランを契約しなくても良いってこと?
キャラクター画像
すーちゃん
うん!だからドコモでiPadだけ購入して、別の会社のSIMカードを入れて使うこともできるんだよ!

つまり、格安SIMなどの料金の安いSIMであれば、より安くドコモのiPadを運用できる可能性が高いです!

ドコモのiPadにおすすめのSIM 月額料金 データ容量
ahamo 2,970円 20GB
楽天モバイル 1,078円~3,278円 0GB~無制限
OCNモバイルONE 1,760円(データ通信+SMS) 10GB
IIJmio 1,470円(データ通信+SMS) 8GB
mineo 1,705円(データ通信のみ) 10GB

ドコモの格安サブブランドである「ahamo」では、ドコモの通信品質はそのままで20GB2,970円で利用できます。

また、楽天モバイルでは使った分だけ料金が上がる従量制プランを採用しており、3GB未満の場合は1,078円、20GB以上使っても無制限で3,278円で利用できます。※楽天回線エリアのみ

OCNモバイルONEやIIJmioのような格安SIMでは音声通話機能のないSIMも取り扱っており、より安い料金で利用することができます。

キャラクター画像
すーちゃん
スマホとセットで格安SIMにしたらかなり料金が抑えられると思うよ!

安さ重視の方は、ぜひ格安料金の他社を利用することも検討してみてはいかがでしょうか。

ドコモのiPadを安く使うコツ

では次に、ドコモのiPadを安く使うコツについてまとめていきます。

ドコモのiPadを安く使うコツ

  • ドコモユーザーはデータプラスがおすすめ!
  • 20GB以内で安定したドコモ回線を使いたいならahamo
  • 安さ重視なら格安SIMのデータ専用SIM
  • ドコモオンラインショップを利用すると契約事務手数料が無料
  • いつでもカエドキプログラムや下取りプログラムを駆使しよう!

下記にて詳しく解説していきます。

ドコモのスマホを使っている方はデータプラスがおすすめ!

ドコモのスマホを利用中の方は、利用中のスマホにデータプラスでiPadを紐づけることをおすすめします。

データプラスの月額料金は1,100円で、契約しているプランによってはiPadで最大30GBのデータ容量が利用できます。

さすがの格安SIMでも、月額1,100円で30GB使える会社はありません。

また、ドコモの安定した回線を利用できるため、格安SIMのように時間帯によって通信速度が不安定になることもなく、快適にネットを楽しむことができます。

ドコモユーザーの方で、スマホを他社に乗り換える気がない・通信品質を重視したいという方はデータプラスでiPadを利用しましょう!

もっと詳しく知りたい方はこちら!

20GB以内で安定したドコモの回線を使いたいならahamo

また、ドコモにはahamoという格安のサブブランドがあります。

20GBを月額2,970円で利用することができ、ドコモの安定した回線を利用することができます。

他社のスマホを使っている方で、キャリアの回線で快適にiPadでネットを利用したいという方にぴったりです。

キャラクター画像
すーちゃん
ahamoでは80GBを追加して計100GBで使える大容量プランもできたから、iPadでネットをたくさん使いたい人にもおすすめだよ!
ahamo公式サイト

安さ重視なら格安SIMのデータ専用SIMが◎

とにかく安さを重視したいのであれば、スマホもiPadも格安SIMで運用することをおすすめします。

格安SIMには音声通話機能のないデータ通信専用のプランもあり、10GB以下であれば1,000円台の料金で利用できる会社も少なくありません。

iPadはそもそもの機種代金が高額であるため、分割で支払うとそれだけで毎月負担がかかります。

なるべく月額料金を抑えたいのであれば、格安SIMのデータ専用SIMがぴったりです。

キャラクター画像
すーちゃん
3GBや5GBのような小容量プランも選べるから、外出先で少し使うという人は最低プランで契約して自宅や職場ではWi-Fiに接続するという使い方もおすすめだよ。

ドコモオンラインショップを利用すると契約事務手数料が無料

iPadをドコモで購入するのであれば、ドコモショップではなくドコモオンラインショップを利用することをおすすめします。

ドコモオンラインショップでiPadを購入すると、契約事務手数料の3,300円が無料になります。

少しでも初期費用を抑えたいという方は、ぜひドコモオンラインショップを利用しましょう!

下取りプログラムといつでもカエドキプログラムが利用できる

2022年7月現在、ドコモでiPad向けのキャンペーンは開催されていません。

しかし、今まで使っていた機種を下取りしてポイントや割引として還元できる下取りプログラムが利用できます。

古いスマホやタブレット端末を持っている方は、ぜひこの機会に下取りに出してみてはいかがでしょうか。

また、現在はiPad Air(第5世代)のみですが、いつでもカエドキプログラムも利用できます。

2年のスパンで新しいiPadを使いたいという方は、いつでもカエドキプログラムを適用すると機種代金の負担が半額ほど抑えられます。

機種の回収が条件ではありますが、安くiPadを運用できるのでぜひ検討してみてください。

docomo Online Shop公式

ドコモのiPadを購入する上での注意点

次に、ドコモのiPadを購入する上での注意点について解説します。

ココに注意

  • ドコモで取り扱っているのはWi-Fi+Cellularモデルのみ
  • Wi-Fiモデルを購入したいならAppleやAmazonなどで購入する

以下にて詳しく見ていきましょう。

ドコモで取り扱っているのはWi-Fi+Cellularモデルのみ

前章でも軽く触れましたが、ドコモで取り扱っているのはWi-Fi+Cellularモデルのみです。

  • Wi-Fiモデル:Wi-Fiに接続してネットが使える
  • Wi-Fi+Cellularモデル:SIMカードを差し込むことができるのでWi-Fiがなくてもネットが使える

2つのモデルの大きな違いは、SIMカードを入れられるかどうかです。Wi-Fiモデルの場合は、Wi-Fiがないとネットに接続することができません。

一方で、Wi-Fi+CellularモデルはSIMカードを入れることが可能であるため、キャリアなどのモバイル回線にも対応しており、Wi-Fiがない場所でもネットの接続が可能です。

また、Wi-Fiモデルの方が機種代金が安いです。

iPad(第9世代) 64GB 256GB
ドコモのWi-Fi+Cellularモデル 78,760円 103,070円
AppleのWi-Fiモデル 49,800円 71,800円
キャラクター画像
まま子さん
本当だ!全然違う!
キャラクター画像
すーちゃん
利便性が高いのはWi-Fi+Cellularモデルだけど、家でWi-Fiに接続して使うことがほとんどという人は、必ずしもWi-Fi+Cellularモデルを購入する必要はないよ。

自分の用途に合わせて、どちらのモデルを買うべきか慎重に考えるようにしましょう。

Wi-Fiモデルを購入したいならAppleやAmazonなどで購入する必要がある

Wi-Fiモデルを購入する場合、AppleやAmazonなど別の店舗で購入する必要があります。

ドコモではWi-Fi+Cellularモデルのみ販売されているため、Wi-Fiモデルを購入することができません。

Wi-Fiモデルの購入を検討中の方は、購入する際にモデルの選択を間違えないようにしましょう。

docomo banner

ドコモのiPadは自分の用途に合わせてスマホとセット運用やahamo・格安SIMで使うのがおすすめ!

ドコモでiPad

本記事では、ドコモのiPadの料金について詳しく解説しました。

ポイント

  • ドコモのスマホとセットだと月額1,100円のデータプラスが利用できる
  • iPad単体で利用する場合も、ドコモのスマホ向けプランが利用できる
  • iPadをドコモで単体で使う場合はプラン料金を含めてかなり高額になるので、スマホとセット利用を検討するべき
  • ドコモでは回線契約なしでiPadを購入することも可能
  • ahamoや格安SIMのデータ専用SIMで使えばより料金を抑えられる
  • ドコモのiPadはWi-Fi+Cellularモデルのみなので注意

ドコモのiPadは、利用する人のスマホの契約状況やiPadの用途によってお得に運用するコツが異なります。

ドコモスマホとセットで使う場合は、月額料金1,100円で最大30GBまで使える(スマホのプランによって異なる)データプラスがおすすめです。

一方で、他社のスマホを利用している場合は、ahamoや格安SIMのデータ専用SIMと合わせて使った方がお得に運用できるでしょう。もちろん、この機会にドコモへの乗り換えを検討するのもおすすめです。

ドコモでは回線契約なしでiPadを購入できるので、ぜひ自分の用途に合った形でドコモのiPadを最大限お得に活用しましょう!

docomo Online Shop公式

関連記事

おすすめの記事