ドコモ光の回線は遅い?速度が気になるときに確認したい3つのポイントと改善方法
キャラクター画像
まま子さん
ドコモ光の速度が遅いんだけど、どうすれば速くなるのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
原因によっていろいろな対処法があるから、一緒に見ていこう!

光回線にドコモ光を導入していて「インターネットが遅い」と不満に思ったことはありませんか?ドコモ光が遅いと感じたときは、電子機器や接続環境を見直すことで改善できますよ!

とはいえ「どうやって対処すればいいの?」「原因がどこにあるかわからない」という人も多いですよね。

そこで、この記事ではドコモ光が遅いときの対処法を詳しく紹介します!これを読めばドコモ光で快適なインターネット通信ができるようになりますよ。

当サイト限定のお得なキャンペーン!
GMOとくとくBBからの申し込みで
オプションなしで20,000円のキャッシュバック!
高速ルーターとセキュリティソフトが無料!
v6プラス対応でネットが速い!

今すぐキャンペーン窓口をチェック!

\ミニプランなら実質半年間無料!/

UQmobile banner

ドコモ光の速度が遅い原因は?すぐ対処できる場合も

ドコモ光を使っていて「なんだか速度が遅いかも」と感じたときは、3つの観点から確認しましょう。インターネットから自宅の電子機器までの間で起きている何かしらの要因が、ドコモ光の速度を遅くしているかもしれません。

原因をはっきりさせるために確認したいのは、以下の3つに分けられます。

通信速度が遅くなる原因

  • パソコンやスマホなどの製品
  • ルーターやLANケーブルなどの接続環境
  • インターネットからドコモ光の宅内機器(ONUなど)までの間

この3つの区間を見直すことで、ドコモ光の遅い原因が明らかになりますよ。原因を取り除けば、ドコモ光で快適な高速通信が可能になります。

対処法によっては数分で問題が解決することもあるので、遅いと感じたときはぜひ試してみるのがおすすめです。

ここからは詳しい対処法を解説します。これからドコモ光を導入しようとしている人も、ぜひ参考にしてくださいね。

通信速度が早いプロバイダならGMOとくとくBB!

選ぶプロバイダによって、ドコモ光の通信速度が変わる場合があります。速度にこだわったプロバイダ選びも大切なポイントです。

特におすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」。

従来の通信方法では時間帯によってインターネットの混雑を感じることがありました。しかしGMOとくとくBBの通信サービス「v6プラス」は混雑するポイントを通りません。おかげで快適にインターネットが利用できるという特徴があります。

しかもGMOとくとくBBからドコモ光を申し込むと有料オプションなしで20,000円のキャッシュバックがもらえますよ。オトクにドコモ光を申し込み、GMOとくとくBBの快適なインターネット通信を体感しましょう!

ドコモ光キャンペーンサイト

なお、ドコモ光を選んで本当に後悔しないかなと…と不安な方は、「ドコモ光の評判や口コミ」で実際の利用者の意見もまとめましたので、併せて読んでみてくださいね。

速度が遅くなる原因ごとの対処法まとめ!見直すポイント

先ほど紹介したように、ドコモ光が遅いと感じる原因は3つの区間にあります。

パソコンやスマホなど自分が使っている製品の問題や、ルーターなどの接続環境の問題。そしてインターネットから宅内機器までの問題です。

キャラクター画像
まま子さん
ひとことでインターネットといっても、いろんな区間があるんだね。

ここでは、それぞれの原因ごとにどのような対処法が適切なのか詳しく紹介します。自宅でできる対処法も多いので、一度試してみましょう。

パソコンやスマホのスペックを見直す

パソコンやスマホが原因でドコモ光が遅くなる理由は、主に以下の2つです。

パソコンやスマホの問題

  • 必要のないアプリやソフトが起動されている
  • パソコンやスマホのメモリ不足やスペックの低さ

不要なアプリやソフトがたくさん開かれた状態だと、使用可能なメモリが少なくなってしまいます。私はよく作業中のパソコンをスリープにしたまま置いておくことが多いのですが、これも速度が遅くなる原因の1つなんです。

そしてパソコンやスマホのスペックが、現在のネット環境に追い付いていない可能性もありますね。これらを改善する方法は以下のとおりです。

速度を改善する方法

  • パソコンやスマホを再起動する
  • メモリ増設やハードディスクを外付けする
  • スペックの高い電子機器に買い替える

まずはパソコンやスマホを再起動し、不要なアプリやソフトを終了させましょう。これだけで速度が改善されることがありますよ。短い時間ですぐにできる方法ですね。

キャラクター画像
すーちゃん
簡単な方法から順番に試していくのがおすすめだよ!

また、メモリの増設や外付けハードディスクの設置でも改善が期待できますよ。パソコンの「メモリ容量」や「空き容量」を確認し、足りなければ増設してみてくださいね。

そして、そもそもパソコンやスマホのスペックが足りない場合は買い替えを検討するのもおすすめです。新しい機器に変えることで、インターネットが快適に使えるようになるでしょう。

インターネット機器を接続する環境を整える

パソコンやスマホをインターネットに接続するために必要なルーターや、LANケーブル。これらの接続環境が整っていないのも、インターネット速度が遅くなる原因のひとつです。主な理由は以下の2点です。

接続環境の問題

  • 無線LANと電子機器の距離が遠い、間に壁がある
  • インターネット機器が通信規格に対応していない

Wi-Fiを利用するためには無線LANルーターを設置しますね。電子機器とルーターの間に距離があったり壁で遮られていたりすると、速度の低下につながります。この場合は設置場所を見直すことで速度が改善される可能性がありますよ。

そしてインターネット機器の通信規格も確認してみましょう。対応する通信規格の機器を用意することで、スムーズに接続できるようになります。対応表は以下のとおりです。

<LANケーブルのカテゴリー>

光回線プラン 対応カテゴリー 非対応カテゴリー※
ドコモ光 1ギガ
  • CAT5e(カテゴリー5e)
  • CAT6(カテゴリー6)
  • CAT6A/6e(カテゴリー6A/6e)
  • CAT7(カテゴリー7)
  • CAT8(カテゴリー8)
  • CAT5(カテゴリー5)
ドコモ光 10ギガ
  • CAT6A/6e(カテゴリー6A/6e)
  • CAT7(カテゴリー7)
  • CAT8(カテゴリー8)
  • CAT5(カテゴリー5)
  • CAT5e(カテゴリー5e)
  • CAT6(カテゴリー6)

<無線LANの通信規格>

光回線プラン 対応規格 非対応規格※
ドコモ光 1ギガ
  • IEEE 802.11n
  • IEEE 802.11ac
  • IEEE 802.11ad
  • IEEE802.11ax
  • IEEE 802.11a
  • IEEE 802.11b
  • IEEE 802.11g
ドコモ光 10ギガ
  • IEEE802.11ax
  • IEEE 802.11a
  • IEEE 802.11b
  • IEEE 802.11g
  • IEEE 802.11n
  • IEEE 802.11ac
  • IEEE 802.11ad

※通信は可能。ただし最大通信速度に対応していないため、速度が低下する可能性がある。

LANケーブルや無線LANルーターが対応規格でなければ、本来の通信速度を出せない可能性があります。ドコモ光のプランに合う通信規格をそろえることが大切です。

ただし身の回りの通信機器を改めてそろえなければいけなくなった場合、余計な出費が発生してしまいますね。しかもLANケーブルは比較的安い料金で手に入りますが、ルーターは5,000円以下のものから30,000円台のものまでさまざまです。

そこでおすすめなのが、無線LANルーターの無料レンタルを利用することです。プロバイダによっては、ドコモ光の契約時にルーターを無料でレンタルできますよ。

おすすめは、「GMOとくとくBB」からの申し込みです。高速通信v6プラスに対応した高性能ルーターを無料でレンタルすることができます!

さらに公式のオトクなキャンペーンと同時に、キャッシュバック20,000円も受け取れますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
公式のキャンペーンは、工事費無料やスマホとのセット割などがあるよ!

GMOとくとくBBは、ほかにも「開通前モバイルWi-Fiの無料レンタル」などの特典を用意しています。ドコモ光はぜひ、手厚いキャンペーンが充実のGMOとくとくBBから申し込みましょう!

ドコモ光キャンペーンサイト

回線の状況やプロバイダの接続方式を確認する

自宅に設置されたドコモ光の宅内機器から、インターネットまでの区間が遅くなっている場合もあります。原因は以下のとおりです。

回線やプロバイダの問題

  • ネットワークの混雑やアクセス集中
  • プロバイダの接続方式による問題

まず時間帯によってインターネットが混雑したり、サイトにアクセスが集中していたりすると速度の遅さを感じやすいです。そしてプロバイダが「IPv4」という接続方式を使っている場合も、回線が遅くなりやすいです。

これらの原因の対処法は以下の3つです。

速度を改善する方法

  • ルーターや電子機器の電源を切る
  • Wi-Fiのチャンネルを5GHzに変える
  • プロバイダの接続方式を「IPv6」に変える

回線が混雑している場合は、まずルーターや電子機器の電源を切ってしばらく待ちましょう。再起動した際、混雑の少ない経路へつないでくれる場合があります。

キャラクター画像
まま子さん
この場合も、簡単にできる対処法からならすぐ試せるね!

またWi-Fiのチャンネルを「2.4GHz」にしているのなら「5GHz」に変えるのもおすすめ。2.4GHzは家電の電波も拾い上げてしまうので、5GHzのほうが安定しやすいといわれています。設定方法はルーターによって異なるので、確認してみてくださいね。

そしてプロバイダの接続方式が原因の場合は「IPv6方式」に変更しましょう。従来の接続方式「IPv4」に比べて安定した速度が出せる方式です。

IPv6方式はプロバイダへの申し込みで利用できるようになります。現在、ドコモ光で契約できる全てのプロバイダが「IPv6方式」に対応しているので、ぜひ確認してみてくださいね。

回線のどの区間が原因で遅くなっている?確認の方法

ドコモ光が遅いときは、区間ごとに原因や対処法が異なります。どんな理由で遅いのかがわからないと、手あたり次第に対処法を試さなくてはいけません。そのため、どの区間が遅い原因なのかを調べるのも大切ですね。

原因を調べる際に使えるのがNTT東日本・西日本の「SPEED TEST」です。自宅内から宅内機器までの区間と、自宅からインターネットまでの区間それぞれの速度が計測できます。詳しい利用方法は以下のとおりです

SPEED TESTの利用法

  • 利用環境を選択して「測定する」を選択
  • インターネット区間の速度が表示される
  • 「確認する」を選択
  • 「NTT東日本・西日本フレッツ網内区間」の速度を確認

ここで表示された「ダウンロード」の値を確認しましょう。ちなみに快適な速度は「10~30Mbps」です。オンラインゲームを行うのなら「30~100Mbps」ほど必要です。

ここからは、十分に速度が出ている場合と出ていない場合、それぞれの原因を紹介します。

測定で十分な速度が出ていても遅いときの原因

まずは測定して十分な速度が出ているのに、ドコモ光が遅い場合について紹介します。この場合、ドコモ光が遅い原因はインターネットから宅内機器までの間にあるといえます。そのためプロバイダや回線の状況を確認するようにします。

原因は以下のとおりです。

速度が遅い原因

  • プロバイダや回線の通信障害
  • ウェブサイトや回線が混雑している

まず、プロバイダや回線で通信障害が起きていることが原因だと考えられます。通信障害についてのお知らせが来ているかどうか、プロバイダのHPなどを確認してみましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
HPが更新される前でも、SNSなどで話題になっていることもあるよ。

また、接続方式を「IPv6」に変えることでスムーズに接続できる可能性もあります。回線の混雑を感じにくくなるので、十分な速度が出ているのに遅い場合は試してみましょう。

そして、サイトにアクセスが集中して混みあっているのも原因のひとつです。そういう場合はしばらく時間を置くとアクセスしやすくなりますよ。

測定で十分な速度が出ていない場合の遅くなる原因

次に、測定で十分な速度が出なかった場合について紹介します。この場合は自宅内の製品環境や、接続環境が原因だと考えられます。パソコンの再起動などすぐにできる対処法もあるので、試してみましょう。

主な原因は以下のとおりです。

速度が遅い原因

  • パソコンやスマホに問題がある
  • ルーターやLANケーブルの接続不良
  • ドコモ光の宅内機器の不具合

まず、パソコンやスマホが原因となっている可能性があります。この場合はパソコンやスマホのスペックを見直しましょう。電子機器の再起動で改善されることもあります。

そしてルーターやLANケーブルの接続不良も考えられます。この場合は、まず対応規格になっているかを確認しましょう。無線LANルーターの配置場所を変えるのもおすすめです。壁で遮られていたり、遠かったりしないか確認してみてくださいね。

また、ドコモ光の宅内機器が原因の場合もあります。ルーターを再起動してみて、それでも改善しない場合はドコモ光まで問い合わせるのがおすすめです。

v6プラスでドコモ光が速くなる?おすすめプロバイダ

ドコモ光が遅いと感じているのなら、v6プラスを導入するのがおすすめです。v6プラスとは、「IPoE IPv4 over IPv6」が利用できるサービスのことです。

そもそもIPv6とは、従来の接続方式「IPv4」に比べて、「混雑するポイントを通らない」接続方式のことです。時間帯による光回線の遅さを感じにくく、いつでも安定した通信が可能になります。

ただし、IPv6には注意点もあります。

まずIPv6には「PPPoE方式」と「IPoE方式」という2つの方式が用意されています。このうちPPPoE方式を選んでしまうと、満足できる速さを実感しにくいです。

キャラクター画像
まま子さん
どっちの方式が使われているかはわからないのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
ちゃんとプロバイダのHPに載っていることが多いから大丈夫だよ!

さらにIPv6接続だけだと、IPv4に対応したサイトやサービスが利用できません。そのため、IPoE方式で、なおかつIPv4にも対応できるIPv6方式を導入しなければ、デメリットが増えてしまうんですね。

そこでおすすめなのが、v6プラスサービスの利用です。v6プラスサービスならIPoE方式に対応し、IPv4対応サイトにも接続できる方式「IPoE IPv4 over IPv6」が利用できますよ。

v6プラスの利用には対応プロバイダとの契約や、対応ルーターの準備が必要です。プロバイダによってはルーターを無料でレンタルできますよ!ここからは、おすすめのプロバイダを紹介します。

GMOとくとくBBなら高速通信の環境が簡単に整う!

ドコモ光で契約できるプロバイダの中で、最もおすすめなのが「GMOとくとくBB」です。v6プラスが利用できるので、インターネットを快適に楽しめます。

さらにGMOとくとくBBでは、v6プラスに対応したルーターの無料レンタルを行っています。高性能で「速い!」と評判のルーターをレンタルできるので、ほかのプロバイダよりも速い速度が実感できるでしょう。ここでは、実際に速度を比較しました。

プロバイダ 下り平均速度 上り平均速度
GMOとくとくBB 278.81Mbps 205.32Mbps
ドコモnet 237.01Mbps 195.72Mbps
BIGLOBE 248.71Mbps 185.1Mbps
OCN 223.74Mbps 168.24Mbps

比較表を見るとわかるように、下り・上りどちらもほかのプロバイダより速いことがわかりますね。これだけの速度があれば、動画視聴もオンラインゲームもスムーズに楽しめます。ドコモ光の速度を速くしたいのなら、ぜひプロバイダはGMOとくとくBBを選びましょう!

キャラクター画像
まま子さん
意外とプロバイダによっても速度は違うんだね。

しかも「GMOとくとくBB」なら20,000円のキャッシュバックやWi-Fiルーター無料レンタルなど、お得なキャンペーンも用意されています!

ドコモ光キャンペーンサイト

プロバイダは変えられる?変更の手順を解説

契約中のプロバイダがv6プラスサービスに対応していないなどの理由で、プロバイダを変えたいと思う人も多いでしょう。プロバイダを変えることで高速通信が可能になり、今より速度が速くなる場合があります。

プロバイダ変更の手続きは、ドコモインフォメーションへの電話か、ドコモショップへの来店で行います。変更の流れは以下のとおりです。

プロバイダ変更の手順

  • ドコモ光にプロバイダ変更の連絡をする
  • プロバイダからの契約書を受け取る
  • プロバイダが変更される

このとき新しいプロバイダから送られてくる契約書は大切に保管しておきましょう。

また、旧プロバイダで契約していたオプションの解約や、新しいプロバイダのオプション加入は、こちらでプロバイダに問い合わせる必要があります。「解約を忘れていた!」とならないよう、あらかじめ加入しているオプションをチェックしておくのがおすすめです。

ちなみに単独プラン(プロバイダがセットになっていないプラン)からタイプA・Bのプランに変更する場合を除き、手数料3,300円(税込)がかかります。

ドコモ光の実際の速度は?プランによって異なる

ドコモ光では、速度別に3つのプランを用意しています。プランによって最大通信速度が変わるので、自分に合うプラン選びが大切です。契約プランを見直すことで、速度が速くなる可能性もありますね。

用意されているプランは以下のとおりです。

プラン名 最大通信速度
ドコモ光 ミニ 100Mbps
ドコモ光 1ギガ 1Gbps
ドコモ光 10ギガ 10Gbps

このうちもっともスタンダードなプランは、最大通信速度1Gbpsの「ドコモ光 1ギガ」です。サイトの閲覧や動画視聴が快適に楽しめるプランですよ。

ドコモ光 ミニは最大通信速度が100Mbpsと少し遅めですが、使わない月は利用料金が安くなります。「あまりネットは使わない」という人におすすめです。

最大通信速度が最も早いのは「ドコモ光 10ギガ」です。サクサク快適なインターネットが楽しめますが、提供エリアが限られています。

キャラクター画像
すーちゃん
プランによって、利用できるキャンペーンも違う場合があるよ!

ちなみにドコモ光を含む光回線サービスでは、通信量による通信制限がありません。どれだけインターネットを使っても制限される心配がないので、気にせずインターネットが使えますね。

実測値をチェック!ほかの光コラボ回線と大差はない

私が今回ドコモ光の速度について調べていると、「遅い」という評判をいくつか目にしました。自宅の環境や回線状況などで速度が変わるとはいえ、本当に遅いのかどうかが気になりますよね。

ここでは、ドコモ光の実測値をほかの光回線と比較します。

光回線 下り平均速度 上り平均速度
ドコモ光 222.32Mbps 179.19Mbps
ソフトバンク光 254.59Mbps 170.18Mbps
auひかり 360.69Mbps 288.69Mbps
ビッグローブ光 222.88Mbps 172.06Mbps

ドコモ光は、フレッツ光の回線を利用した「光コラボ回線」です。上記の表だとソフトバンク光とビッグローブ光も光コラボ回線です。どれも同じ回線を使っているので、光コラボ同士を比べると速度に大きな差はありませんね。

一方で最も平均速度が速いauひかりは、独自の回線を利用しています。光コラボ回線のように、1つの回線をみんなで分け合って使用しているわけではないので、速度が速くなりやすいという特徴があります。

独自回線のauひかりと比べれば確かに速度は劣るかもしれませんが、ほかの光コラボ回線とは大きな差がありません。必ずしもドコモ光が遅いとはいえないとわかりますね。

ちなみにドコモ光は「ベストエフォート型サービス」です。ベストエフォート型は混雑などによって速度が変わるため、最大速度は保証できないというサービス。「最大通信速度1Gbps」と書かれていても、実際にその速度が出るわけではないので覚えておきましょう。

集合住宅では配線方式によって速度が遅くなることも

マンションなどの集合住宅では、インターネットの配線方式を3つ用意しています。配線方式によっては、最大通信速度1Gbpsのプランにしたとしても、最大100Mbpsまでしか速度が出せない場合も……。これではいくらいろいろな対処法を試しても、満足できる通信速度は得られませんね。

集合住宅の配線方式は以下の3つです。

集合住宅の配線方式

  • 光配線方式
  • VDSL方式
  • LAN配線方式

このうち最大1Gbpsに対応しているのが光配線方式とLAN配線方式。VDSL方式では、速度の遅さを感じやすいです。VDSL方式から配線方式を変えるには大がかりな工事が必要になるので、かなり難しいといえます。

そのためVDSL方式だった場合は、マンションタイプではなく「戸建てプラン」でドコモ光を契約するのがおすすめです。工事もそれほど大規模ではないので、導入しやすいですよ。

戸建てプランなら自分の部屋だけに光回線を引けるので、ほかの部屋の人と共有せずひとり占めできます。時間帯による混雑を感じにくく、快適にインターネットが利用できるというメリットがあるのです。

最大速度を上げたいのなら、ぜひ戸建てプランの契約を検討してみましょう。

まとめ

ドコモ光が遅いと感じるときは、自宅の電子機器・接続環境・インターネットから宅内機器までのいずれかの区間に原因が隠れています。

まずはスピードテストで、パソコンやスマホの通信速度を計測してみましょう。原因によっては、簡単な対処法を試すだけで速度の遅さが改善されますよ。

また、これを機にプロバイダの見直しをするのもおすすめです。「GMOとくとくBB」なら高性能なルーターを無料でレンタルでき、v6プラスサービスでサクサクの通信速度が実感できます。自宅の通信環境を見直して、快適なインターネットを楽しんでくださいね!

ドコモ光キャンペーンサイト

おすすめの記事