auスマホ代高すぎ。au回線格安SIMで毎月スマホ代は2千円!おすすめ5社を紹介!
キャラクター画像
まま子さん
もぉーauのスマホ代が高くて困るんだけど…。どうにかならないかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
それなら「au回線の格安SIM」がおすすめだよ!乗り換えも簡単で一気にスマホ代が安くなるよ!
auのスマホを使っているみなさん。

スマホ代、高くないですか?(←バッサリ(笑))

私が以前auを使っていた時も、毎月7,000円~8,000円くらいかかっていました。auだと平均的、というかむしろ安い方がだったかもしれませんが、それでも年間で84,000円ですからね…。結構な金額になりますよね。

キャラクター画像
まま子さん
そうよねぇ。1人ならまだあれだけど、家族になると本当にバカにならないわよね…。
そうなんです。

スマホは固定費ですからね。毎月の料金が少しでも削れれれば嬉しいですよね。
そんな「auのスマホ代が高すぎる」とお悩みのあなたにぜひともオススメしたいのが「格安SIM」です。

最近ではau回線を利用する格安SIMも増えており、auユーザーも乗り換えやすくなっています。

キャラクター画像
すーちゃん
昔はドコモ回線の格安SIMばっかだったんだけど、今はau回線のもたくさんあるんだ!
しかも!格安SIMなら月1,000円代で利用できるので、auから乗り換えればスマホ代が確実に、かつ大幅に安くなります。

ということで、当記事ではauのスマホ代が高くて困っているという方のために、

  • auユーザーにおすすめの格安SIM
  • auから格安SIMに乗り換える際の注意点

について詳しく解説します。

この記事さえ読めば、あなたにぴったりの格安SIMが分かるはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね!

\ミニプランなら実質半年間無料!/

UQmobile banner

auから格安SIMへ乗り換えると平均的に3,000円以上安くなる!電話番号そのままで乗り換え可能!

auスマホ代高すぎ。au回線格安SIMで毎月スマホ代は2千円 (1)

キャラクター画像
まま子さん
auから格安SIMにすると安くなる、って言うけど本当なの?
キャラクター画像
すーちゃん
本当だよ。プランにもよるけど平均で3,000~4,000円安くなるよ!
キャラクター画像
まま子さん
えっ。そんなに安くなるの!?
auから格安SIMへ乗り換えると、平均で3,000円以上安くなります。

auのスマホ代は端末代を除くと平均で5,000~6,000円と言われています。毎月5,000円以上かかるわけですから、家計にとって結構な負担ですよね。

しかも家電のように一家で一台というわけにはいかず、一人一台ですからね…。毎月の負担がバカにならならいという方も多いでしょう。

キャラクター画像
まま子さん
本当よ…。うちなんて子供のも合わせて2万くらいはかかってるわよ。
一方、格安SIMに乗り換えると月額料金は平均で2,000円前後になります。あくまで、平均値ではありますが、auから格安SIMに乗り換えるだけで半額以下になるという計算です。

例として、au回線の格安SIMの1つである「IIJmio」とauで3GBのプランを契約する場合の月額料金を比較してみました。

月額料金 契約プラン
au 4,980円 auピタットプラン(シンプル)
IIJmio 1,078円 4ギガプラン

auは4,980円、IIJmioは1,078円という結果に。

キャラクター画像
まま子さん
あら…。
そうなんです(笑)

IIJmioに乗り換えるだけで、auの3分の1以下の料金になっていますよね。

キャラクター画像
まま子さん
ほんとだ…。かなり安くなるわね....!でも乗り換えて電話番号が変わるのは嫌なんだけど、そこら辺は大丈夫かしら…?
キャラクター画像
すーちゃん
大丈夫、MNPを利用すれば電話番号そのままで乗り換えられるよ。
MNPとは、今使っている電話番号を他の携帯会社に引き継ぐ仕組みのことです。今では格安SIMのほとんどがMNPに対応しており、電話番号そのままでauから乗り換えることができます

ですから乗り換えに伴い「電話番号が変わってしまうのでは…」と心配する必要もありません。

今はauからドコモやソフトバンクへ乗り換えるのと同じ感覚で、格安SIMに乗り換えることが可能なんです!

キャラクター画像
まま子さん
そうだったのね。なんか全然知らなかったわ…。

auユーザーが乗り換えやすい格安SIM:それぞれの特徴を捉え自分に合ったものを選ぶのがコツ!

auスマホ代高すぎ。au回線格安SIMで毎月スマホ代は2千円 (2)
現在、格安SIMは数百社以上あると言われています。

そのため、1つ1つの会社の料金プランを見比べていくのはほぼ不可能です(笑)見比べている間に嫌になって乗り換えを諦めることなります。

ということで、当記事では、大手携帯会社の社員だったにも関わらず、格安SIMを10社以上契約し、1日のほとんどを格安SIM研究に費やす私(笑)が現auユーザーにぴったりの格安SIMを5社ほどピックアップしました。

この5社であれば安心して使えること間違いありません。

  • UQモバイル:速度が安定
  • IIJmio(タイプA):取り扱いスマホが多い、家族利用にも向いている
  • BIGLOBEモバイル(タイプA):YouTube見放題のエンタメフリーオプションがある
  • ドネドネ:50GBの大容量プランを利用出来る
  • mineo(Aプラン):パケットが賢く使える

これらの格安SIMはいずれもau回線に対応しており、auのエリアで通信が可能ですし、auのスマホをそのまま使うこともできます

月額料金もauと比べると大幅に安いです。

サービス内容や特徴は各格安SIMで異なりますので、それぞれの特徴をしっかり把握して、ご自身に合ったものを選びましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
ここからはそれぞれの格安SIMの特徴を紹介するよ。

①中でもオススメはここ!UQモバイル、とにかく速度が安定していてauと同じ感覚で利用可能!

UQmobile banner
au回線の格安SIMの中でもとくにおすすめなのがUQモバイルです。

運営しているUQコミュニケーションズがKDDIグループということもあり、auのサブブランドに位置付けられます。

「UQモバイル」と聞くと「なんだ。普通すぎるじゃん」と思うかもしれませんが(私も最初はそうでした)、格安SIMに詳しければ詳しい人ほど最終的には「UQモバイル」や「Yモバイル」といったサブブランドを一押しする傾向にあります。

私もこれまでは、10人いても9人は知らないであろう非常にマイナーな格安SIMを使ってみたり、新格安SIMをサービス開始と同時に契約してみたりと色々試したのですが、現在は最終的には「サブブランドは優秀」という結論に至っています。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど…。
キャラクター画像
すーちゃん
やっぱりサブブランドは総合評価が高いんだよね。
UQモバイルの特徴は、なんといっても通信速度の安定性の高さです。

一般的な格安SIMは通信速度が安定せず、回線が混雑する時間になると極端に遅くなります。月額料金の安さを考慮すると仕方ない部分はあるのですが、使いたい時間帯にスマホがサクサク使えないのは何気に大きなストレスです。

キャラクター画像
まま子さん
確かに。私も平日のお昼になると遅くてイライラするって聞いたことがあるわ...。
キャラクター画像
すーちゃん
通信速度が安定しているUQモバイルならその心配はないよ。
その点、UQモバイルは通信速度が安定しており、一般的な格安SIMだと速度が遅くなる平日お昼や夕方も速度が遅くなりません。

通信速度を重視したいなら、まずUQモバイルを選びたいところですね。
他にも、

  • キャリア決済やキャリアメールが使える
  • Wi-Fiスポットが無料で使える

など、サービス内容の充実ぶりも大手キャリアであるauに劣りません。

「格安SIMにしてからもauと同じ感覚でスマホを使いたい」という方や「使い勝手は維持しつつ料金を安くしたい」という方にはUQモバイルが非常におすすめです。

こんな方におすすめ

  • 速度を重視する方
  • auと同じような品質のサービスを求める方

お得情報!

UQモバイルはUQモバイルキャッシュバック専用ページからの申し込みで、なんと最大10,000円のキャッシュバックがもらえます(金額は期間によっても変わりますので、最新情報は専用ページで事前にお確かめください)。
iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

②IIJmioのau回線:取り扱いスマホが多くて魅力的!家族利用も○!

IIJmio banner

IIJmioは、取り扱いスマホの多さと家族向けサービスが魅力です。

最新モデルや人気機種はもちろん、型落ちモデルや他社にはないマイナーモデルまで幅広くラインナップされています。

ここまで端末セットが充実しているのは、数ある格安SIMの中でもIIJmioくらいでしょう。

キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMへの乗り換えを機に、スマホ本体も買い替えたい人もおすすめだね。
また、IIJmio格安SIMでありながら家族向けのサービスが充実しているのも魅力です。

12GBの容量が使える「ファミリーシェアプラン」は最大10枚(音声通話SIMは最大5枚)のSIMカードで容量シェアできます。容量シェアができる格安SIMは他にもありますが、これだけの枚数が利用できるのはIIJmioだけです。

このご時世10人以上の家族は珍しいでしょうから、家族みんなで乗り換える場合でも、十分カバーできると思いますよ。

キャラクター画像
まま子さん
確かに(笑)10枚もあったらスマホはもちろん、ダブレットとかにも使えそうね。
また、IIJmioでは家族(同一ID間)で通話をすると通話料がお得になります。

  • 通常20円/30秒の通話料が20%オフの16円/30秒
  • 3分かけ放題が10分かけ放題に、10分かけ放題が30分かけ放題に延長

格安SIMで家族間通話がお得になるのもIIJmioだけです。

家族間で電話をたくさん利用する方はもちろん、小さなお子さん用に持たせる電話用のスマホや、おじいちゃんおばあちゃんにとの連絡用に活用するにもIIJmioはおすすめですね。

こんな方におすすめ

  • 乗り換えと同時にスマホを新しくする予定の方(+機種もきちんと選びたい)
  • 家族間での利用を考えている方
スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

③BIGLOBEモバイルのau回線:YouTubeがデータフリーになるエンタメオプションが特徴的!

BIGLOBEモバイル公式

出典:BIGLOBEモバイル(https://join.biglobe.ne.jp/mobile/)

YouTubeをよく利用する方にはBIGLOBEモバイルがおすすめです。

最近はYouTubeが人気ですよね。暇さえあればYouTube見てるという方も多いのではないでしょうか?(←私ですね(笑))

そんなYouTubeラバーにオススメしたいのが、BIGLOBEモバイルです。BIGLOBEモバイルでは対象の動画・音楽サービスがデータ通信量を消費しなくなる「エンタメフリー・オプション」が利用できます。

「エンタメフリーオプション」ではYouTubeやApple Musicなど、全部で21種類のサービス(2022年5月現在)が使い放題になります。

エンタメフリー・オプションの対象

  • YouTube
  • AbemaTV
  • U-NEXT
  • YouTube Kids
  • YouTube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • radiko
  • らじる★らじる
  • dヒッツ
  • 楽天ミュージック
  • TOWER RECORDS MUSIC
  • dマガジン
  • dブック
  • 楽天マガジン
  • 楽天kobo
  • Facebook Messenger
  • au PAYマーケット
    ※エンタメフリーオプションの対象サービスは随時変わりますので、最新情報はBIGLOBEモバイル公式サイトにてご確認くださいね!
エンタメフリー・オプションは有料オプションではありますが、月額308円で利用可能です。
キャラクター画像
すーちゃん
例えば、3GBの音声通話SIMと組み合わせれば月額1,628円でYouTubeが見放題になるんだよ!

通常、YouTubeなどの動画サービスをたくさん利用する場合は、最低でも20GB以上の大容量プランを契約する必要があります。

20GBプランは5,000円前後、30GBプランなら7,000円前後と、格安SIMでもかなり高額になります。

その点、BIGLOBEモバイルなら、エンタメフリー・オプションを利用することで動画をたくさん見る方でも月額料金を最低限に抑えられるわけですね。

キャラクター画像
すーちゃん
動画をたくさん見るならBIGLOBEモバイルがおすすめだね!

こんな方におすすめ

  • YouTubeをたくさん利用する方
BIGLOBEモバイル公式サイト

④ドネドネ:50GBの大容量がたったの2,728円

donedone公式サイト

出典:donedone(https://www.donedone.jp/)

次は2021年に新登場した格安SIM「donedone(ドネドネ)」。

実はドネドネの運営元は先程ご紹介したBIGLOBEモバイルと同じBIGLOBEで、もちろん回線はau回線です。

特徴は50GBという大容量ながら月額2,728円という破格で利用できるところ。

一番基本的な「ベーシックUプラン」は条件として通信速度が3Mbpsに制限されるという点はありますが、もう一つの「カスタムUプラン」であれば通信速度が1Mbpsの代わりに、対象アプリ3種類を速度無制限で利用出来るメリットがあります。

キャラクター画像
すーちゃん
ちなみに対象アプリは1時間に1回、すぐに変更をする事が出来るからその時に使いたいものを設定する事が出来るよ!

対象アプリは以下の10種類。

  • YouTube
  • ABEMA
  • TikTok
  • TELASA
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • Spotify
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
キャラクター画像
すーちゃん
どちらを選ぶかは普段のスマホの使い方次第たね!

なお、高画質の動画を見るなどの用途でない限り、1Mbpsもしくは3Mbpsでも基本的にはストレス無くネットを利用する事が可能です。

月額0円の「エントリープラン」であればクーポン利用でベーシックUやカスタムUを14日間試すことも出来ますので、まずは試してみたい方にオススメですよ。

ドネドネこんな方におすすめ

  • 上限を気にせずに大容量のプランを利用したい方
ドネドネ公式サイト

⑤mineoのau回線:パケットシェア・パケットギフトが魅力的!コミュニティもあって楽しく使える!

mineo(マイネオ)

mineoは国内3キャリアすべての回線に対応している珍しい格安SIMです。
中でもau回線を利用するAプランはもっとも古くからあり、月額料金も一番安く設定されています。
そんなmineoは「パケットシェア」と「パケットギフト」を使って余ったデータ通信量を有効活用できるのが魅力です。

キャラクター画像
まま子さん
パケットシェアとパケットギフト…。名前が似てるけど何が違うの?
キャラクター画像
すーちゃん
パケットシェアは複数人と自動でシェア、パケットギフトは任意のユーザーにプレゼント、という違いがあるよ。
パケットシェアは翌月に繰り越したデータ通信量を、あらかじめグループを組んだメンバーでシェアする機能です。mineoにはシェアプランがありませんが、パケットシェアを使うことで家族でデータ通信量をシェアすることができます
一方、パケットギフトは任意のユーザーにデータ通信量をプレゼントできる機能です。贈るたびに手続きが必要ですが、余ったデータすべてをシェアするパケットシェアと異なり、贈るデータ通信量を自分で決めることが可能です。こちらは、友達間等でより気軽に利用するのに向いています。
キャラクター画像
まま子さん
なるほど。
キャラクター画像
すーちゃん
マイネオは、パケットシェアとパケットギフトを活用することで、余ったデータ通信量を無駄なく利用できるんだよね。
また、mineoでは独自のコミュニティサイト「マイネ王」が利用できます。
掲示板やQ&A、スタッフブログなどを通じて他のmineoユーザーやmineoの運営スタッフと交流できるのが特徴です。
ユーザーが活発なので疑問点もすぐに解決しますし、雑談なども楽しめますよ。周りに格安SIMユーザーの知り合いがいなくてさみしい、といいう初心者でも安心です。

こんな方におすすめ

  • パケットを無駄なく活用したい方
  • ユーザーコミュニティを楽しみたい方
今なら「パケット放題Plus」が2ヶ月無料!
mineo公式サイト

au回線の格安SIM:5社の料金比較

auスマホ代高すぎ。au回線格安SIMで毎月スマホ代は2千円 (3)

キャラクター画像
まま子さん
なるほどねぇ。それぞれの特徴が分かったけど、料金的にはどこがいいのかしら....?
キャラクター画像
すーちゃん
実は料金的にはどこを選んでもそんなに差はないよ。
ここまでau回線の格安SIMのうち、おすすめの5社の特徴を中心に紹介しました。

それぞれの特徴の振り返り。

  • UQモバイル:速度が安定
  • IIJmio(タイプA):取り扱いスマホが多い、家族利用にも向いている
  • BIGLOBEモバイル(タイプA):YouTube見放題のエンタメフリーオプションがある
  • ドネドネ:50GBの大容量プランを利用出来る
  • mineo(Aプラン):パケットが賢く使える

でも、やっぱり特徴だけでなく月額料金も気になりますよね。スマホ代を安くするために格安SIMを検討しているんですものね(笑)やはり料金は気になるところでしょう。

そこで、au回線の格安SIM5社の料金を比較してみたいと思います。

ただ、各社で用意されている料金プランが異なるので、一概に比較することはできません。

ここでは5社の料金プランのうち、かけ放題がセットになっていないものを

  • 小容量:3GB以下
  • 中容量:5~10GB
  • 大容量:12GB以上

にわけて、それぞれの音声通話SIMの月額料金を比較してみました。

※2021年4月以降開始プラン含む 小容量 中容量 大容量
UQモバイル 3GB:1,628円 - 15GB:2,728円
20GB:3,828円
IIJmio 2GB:850円
4GB:990円
8GB:1,500円 15GB:1,800円
20GB:2,000円
BIGLOBEモバイル 1GB:1,078円
3GB:1,320円
6GB:1,870円 12GB:3,740円
20GB:5,720円
30GB:8,195円
ドネドネ 0円
(128kbpsの制限あり)
- 50GB:2,728円
mineo 1GB:1,298円 5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円

用意されている料金プランはバラバラですが、月額料金はさほど変わりませんね。

キャラクター画像
まま子さん
本当だ。どこも似たり寄ったりだわ。
とくに、3GBプランと5~6GBプランは100円くらいの小さな差です。
ですから、au回線の格安SIMについては月額料金をそこまで意識する必要はないです。
キャラクター画像
まま子さん
そっか。「特徴を把握して選べ」っていうのはこういうことだったのね。
キャラクター画像
すーちゃん
いずれにしても、格安SIM間では料金はそこまで変わらないんだ。唯一UQモバイルが少し高めの設定ではあるけど、それはサブブランドとしての品質があるからね。
キャラクター画像
まま子さん
そっか。それじゃあ料金はあんまに気にしなくていいのね。何れにしてもauより安くなるわけだし。
キャラクター画像
すーちゃん
その通り!

au回線の格安SIM:5社の速度比較

auスマホ代高すぎ。au回線格安SIMで毎月スマホ代は2千円 (4)
さて、記事がだいぶ長くなってきましたが…(笑)

格安SIMを契約する際に、価格と同じくらい大事なのが速度ですよね。

むしろ料金よりも速度をきちんと確認したいとお考えの方も多いかもしれません。

キャラクター画像
まま子さん
そうね。乗り換えて快適に使えなくなっちゃったら嫌だし…。

ただ、結論から言うと、UQモバイル以外ならどこを契約してもさほど変わりません。

キャラクター画像
すーちゃん
実際に速度を比較してみよう!
キャリア 平均速度
UQモバイル 下り:64.47Mbps
上り:11.63Mbps
IIJmio 下り:47.62Mbps
上り:10.96Mbps
BIGLOBEモバイル 下り:20.54Mbps
上り:8.78Mbps
ドネドネ 下り:2.27Mbps
上り:1.49Mbps
mineo 下り:42.57Mbps
上り:8.91Mbps

2022年5月時点「みんなのネット回線速度」より

キャラクター画像
まま子さん
たしかに、あんまり変わらないわね・・・
ウェブ上には格安SIMの通信速度を測定しているサイトがたくさんありますが、正直いって、契約時の速度を重要視することはそこまで大切ではありません
確かに「少しでも速度が安定した格安SIMを選びたい」と考えるのは当たり前なのですが、どの格安SIMであっても速度に波があるのは普通です。一時的に爆速を出している格安SIMであっても、利用者増加と共に速度は低下しますし、回線増強のタイミングに合わせて通信速度が大きく変化することもごく自然なことです。
ですからそもそも「契約時の一時的な速度を見ること」はあまり役に立たないのです。
キャラクター画像
まま子さん
随分ばっさりいくわね…。
はい。大事なところですからね、ズバズバいきます(笑)
格安SIMは、ほとんどの方が年間単位で契約します。ですから、一時的な速度に捉われる必要はありません。
それよりも「どこを選んでも平日お昼や夕方は速度が低下し、それ以外の時間帯は問題なく使える」ときちんと認識しておくことが大切です。
「いつでも快適に通信したい」というのであれば、auを使い続けるかUQモバイルを選ぶかの2択となるでしょう。
キャラクター画像
まま子さん
そっか。格安SIMで通信速度を重視するなら、UQモバイルなのね。
キャラクター画像
すーちゃん
そうだね。逆にUQモバイル以外を利用する場合は、速度についてはそこまで気にしなくていいよ。

au回線の格安キャリアプラン「povo2.0」もおすすめ

キャラクター画像
まま子さん
au回線のおすすめ格安SIMはわかったわ。ところで、povo2.0はどうなのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
povo2.0もすごくおすすめ!特に回線品質を重視したい方にぴったりだよ。

スマホの固定費を下げたい場合、auが直接提供する格安プラン「povo2.0」も非常におすすめです。

povo2.0は前述したIIJmioほどの安さはありませんが、その分高品質な通信回線が魅力。

料金面でもauと比べれば半額以下で抑えられるケースが多いので、「安いだけじゃなくて速度も大事!」という方にはぴったりですよ。

低容量 中容量 大容量 速度実測
(引用元:みんそく
povo2.0 1GB/390円
(7日間)
3GB/990円
(30日間)
20GB/2,700円(30日間)
60GB/6,490円(90日間)
150GB/12,980円(180日間)
99.5Mbps
au 3GB/5,588円
(使い放題MAX)
無制限/7,238円
(使い放題MAX)
105.04Mbps
IIJmio 2GB/850円
4GB/990円
10GB/1,600円 20GB/2,000円 45.17Mbps

上記はpovo・au・IIJmioの料金・速度比較表です。

純粋な料金の安さはIIJmioに軍配が上がりますが、povo2.0はリーズナブルな料金でauと同等の通信実測速度を誇ります。

格安SIMの弱点である「混雑する時間帯や場所で急激に速度が遅くなる」という点を避けたい方はぜひpovo2.0を選びましょう。

auから格安SIMに乗り換える手順

キャラクター画像
まま子さん
実際に、auから格安SIMに乗り換える時はどうすればいいのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMには、3ステップでかんたんに乗り換えられるよ!

auから格安SIMに乗り換える手順は非常にかんたんです。

UQモバイルに乗り換える手順

  • auでMNP予約番号を発行する(電話もしくはMy au)
  • 格安SIM各社の公式ページから申し込みをする
  • 初期設定をして開通完了!

大まかな流れは上記の通りで、申し込みや初期設定は必要な情報を入力するだけで開通ができますよ。

参考までに、以下記事ではauからUQモバイルへの乗り換え方法を解説させていただいているので、詳しく知りたい方はぜひ一度ご覧になってください!

auから格安SIMへ乗り換える時に気をつけたいこと

auスマホ代高すぎ。au回線格安SIMで毎月スマホ代は2千円 (5)
さてさて、速度のお話も終えたところで、最後に注意点を確認したいと思います!

キャラクター画像
すーちゃん
もう少しだよ!頑張って!
auから格安SIMへ乗り換える際には以下の4点に気を付けてください。

注意

  • auのスマホはそのまま使えないこともあり
  • auに比べたら速度は落ちる
  • 乗り換えには諸々の初期費用が発生する
  • 電話の無制限かけ放題がない

①auのスマホはそのまま使えないこともあり

auスマホ代高すぎ。au回線格安SIMで毎月スマホ代は2千円 (6)
auからau回線の格安SIMに乗り換える際に、スマホは今のものをそのまま使いたいとお考えの方。
しかし!
auのスマホはそのまま使えないことがあるので気を付けましょう。

キャラクター画像
まま子さん
回線の種類が同じ格安SIMならそのまま使えるって聞いたけど...。
キャラクター画像
すーちゃん
ドコモ回線はそうなんだけど、au回線はそうとは限らないんだ。
大手キャリアのスマホには他社のSIMカードを使えないようにする「SIMロック」という制限がかかっています。例えば、auのスマホにはauのSIMロックがかかっているので、au以外のSIMカードが使えないといった要領です。
通常、SIMロックがかかっていても同じ回線の格安SIMならそのまま使えます。例えば、ドコモのスマホの場合はドコモ回線の格安SIMでそのまま使えることがほとんどです。
しかし、auのスマホは同じau回線の格安SIMでもSIMロック解除が必要なことが多いです。
キャラクター画像
すーちゃん
SIMロックが必要な機種もあるし、不要な機種もあるよ。
キャラクター画像
まま子さん
あら。ちょっとややこしいわね...。
SIMロック解除が必要かどうかは、各格安SIMの「動作確認済み端末一覧」から確認できます。お手持ちのスマホはSIMロック解除が必要かどうかを、事前に調べておきましょう。
キャラクター画像
すーちゃん
auのだから大丈夫でしょ。って勝手に判断しちゃうと後から「あれ!?」ってなりかねないからね。

詳細はこちら!

②auに比べたら速度は落ちる

auスマホ代高すぎ。au回線格安SIMで毎月スマホ代は2千円 (7)
この辺りは速度の話でも触れましたが、
格安SIMに乗り換えると、auより速度が遅くなる点にも要注意です。
au回線の格安SIMは、あくまでもauの回線の一部をレンタルして利用しているだけです。当然、回線をフルに使えるauよりも速度は遅くなります。
とくに平日お昼や夕方など、回線が混雑する時間帯は極端に速度が遅くなるのでしっかり念頭に置いておきましょう。
ただ、サブブランドであるUQモバイルだけは通信速度がauに負けないくらい速いです。格安SIMにしてからも速度を重視したい場合は、やはりUQモバイルを選ぶのが一番です。

③乗り換えには諸々の初期費用が発生する

auスマホ代高すぎ。au回線格安SIMで毎月スマホ代は2千円 (8)
auから格安SIMに乗り換える際には、諸々の初期費用が発生します。

初期費用一例。

  • 契約事務手数料:3,000円
  • 分割代の残債:端末や支払い状況による
キャラクター画像
すーちゃん
auでの契約解除料やMNP転出手数料は発生しないよ!

auから乗り換える際にとくに気を付けたいのが「端末代の残債」です。
auで端末を分割で購入し、その支払いが終わっていない場合は残債を支払わないといけません。
毎月割や購入サポートといった端末購入補助を受けていると、残債が高額になることもあるので気を付けましょう。

キャラクター画像
まま子さん
事務手数料やMNP転出手数料は安くしたりできないの?
キャラクター画像
すーちゃん
MNP転出手数料は無理だけど、事務手数料は工夫すれば安くなるよ。
事務手数料とMNP転出手数料は、格安SIMに乗り換える際に必ずかかります。
しかし、事務手数料に関しては「エントリーパッケージ」や各種キャンペーンを利用することで安くすることも可能です。

④電話の無制限かけ放題がないことが多い

auスマホ代高すぎ。au回線格安SIMで毎月スマホ代は2千円 (9)
auで電話をたくさん利用していた方は、格安SIMにすると通話料が高くなる可能性があります。
auでは時間・回数ともに無制限の「カケホ」を選ぶことで好きなだけ電話ができました。
しかし、au回線の格安SIMには無制限のかけ放題がありません(UQモバイルは月額1,700円でかけ放題が利用可能)。
5分かけ放題や10分かけ放題など、無料になる時間が決まっているかけ放題だけです。短い電話を何度もする方なら問題ないですが、長電話をする場合は、かけ放題オプションを利用しても割高になる可能性が高いです。

キャラクター画像
すーちゃん
月額料金が安くなっても、電話のしすぎて通話料が高くなると意味がないからね。
キャラクター画像
まま子さん
そっか。電話のしすぎには要注意ね....!
  • 友達との電話が長くなりがち
  • 実家に長電話をすることが多い
  • 家電がない
  • 仕事の電話が多い

という場合はUQモバイル、もしくは(au回線ではないですが)完全かけ放題を月額1,000円で提供しているYモバイルを検討してみるといいかもしれません。

まとめ

auユーザーにオススメの格安SIM
以上、auユーザーにおすすめのau回線の格安SIMについて解説しました。
1つ1つ書いていったらものすごく長い記事になりましたね(腕が痛い…)。最後までお付き合いいただきありがとうございます!

ポイント

  • auから格安SIMに乗り換えると月額料金が3,000円以上安くなる
  • 速度を重視するならUQモバイルがおすすめ
  • IIJmioは取り扱い端末の多さと家族向けサービスが魅力
  • BIGLOBEモバイルはYouTubeをたくさん見る人ならお得
  • ドネドネは大容量プランを格安で利用したい人におすすめ
  • mineoはデータ通信量を他のユーザーと分け合える
  • auのスマホはそのまま格安SIMで使えないことが多い
  • auから乗り換える際は初期費用がかかる
  • 無制限のかけ放題がないので、たくさん電話をしたい人は要注意
ご紹介してきたように、auでは5,000円以上かかっていたスマホ代も、格安SIMなら2,000円前後まで下げることができます。
最近ではau回線の格安SIMも増えてきているので、auユーザーもスマホそのままで乗り換えやすいです。
auのスマホ代の高さに悩んでいる方は、本記事を参考にしてぜひ「あなたにぴったりな格安SIM」を見つけてみてくださいね!
なお、格安SIMに関する疑問点や不安な点がありましたら、いつでもコメントお待ちしております!私でよければ出来るだけ力になりますので、お気軽に相談してくださいね。
これで、auのスマホ代に悩んでいる方が一人でも減りますように…。

おすすめの記事