LINEMOとpovo2.0を徹底比較!一番大きな違いはなに?
キャラクター画像
まま子さん
LINEMOとpovo2.0で迷ってるんだけど、何がちがうのしら
キャラクター画像
すーちゃん
わかりやすく解説していくよ!

「LINEMO」は2021年3月に提供を開始したソフトバンクのオンライン専用新料金プランです。

提供開始よりデータ容量20GBの「スマホプラン」のみでしたが、2021年7月にはデータ通信をあまり使わないライトユーザー層向けの「ミニプラン」が発表され、話題となりました。

対して「povo」は、同2021年3月に提供を開始したauのオンライン専用新料金プランです。

LINEMOが前述の「ミニプラン」を発表後しばらく劣勢に立たされていたpovoでしたが、2021年9月13日、基本料0円+10種類のトッピングから自由にトッピングを選択できる「povo2.0」を発表し巻き返しを図っています。

これまで両者は「月20GB:2,728円」の料金プランなど似ている要素が多かったため、乗り換えの際にはどちらにするか迷ってしまいがちでした。

しかしここにきて、LINEMOの「ミニプラン」やpovoの「povo2.0」が登場したことにより、両者の特徴が目立ってきています。

この記事では、両者の特徴をそれぞれ押さえながらオススメポイントを解説させていただきます

\今月のおすすめ!スマホ1円~セール中!/

Ymobile banner

LINEMOとpovo2.0の比較

はじめに、LINEMO・povo2.0それぞれの概要やスペック、料金などの基本情報をまとめました。

特に、povo2.0については以前のプランと大きく変更になっていますので、1つずつしっかりと確認していきましょう。

LINEMOの概要

LINEMO

「LINEMO」は、MVNOの「LINEモバイル」を吸収して誕生したソフトバンクの新ブランドです。

メッセージアプリ「LINE」での通信が使い放題の「LINEギガフリー」やLINEスタンプが使い放題など、「LINE」と提携した強みを大いに発揮しています。

また、2021年7月には従来の「20GBプラン」に加え「3GBプラン(ミニプラン)」を追加し、より多くのユーザー獲得に動いています。

普段、あまりデータ通信を利用していないライトユーザーは「3GBプラン(ミニプラン)」がおすすめです。

povoの2.0概要

povo banner

「povo」は、auの新ブランドです。

LINEMOで「3GBプラン(ミニプラン)」が登場以降、LINEMOが「20GB」「3GB」の2プランに対し、povoは「20GBプラン」の1プランと劣勢に立たされていました。

その代わりに、povoでは多くのトッピング(オプションのこと)が用意されていましたが、それでもLINEMOの優勢なことに変わりはありませんでした。

その挽回策として、2021年9月13日に発表されたのが「povo2.0」

最大の特徴は、ベースプランとなる基本料が0円ということ。

今まで20GBプランのみだったデータ容量は「データトッピング」に形を変え、1GB~150GBまでを自分で選べるようになりました。

povo2.0では、データトッピングの他にも5分以内通話かけ放題の「通話トッピング」やDAZNやsmash.が使い放題の「コンテンツトッピング」があります。

全10種類のトッピングの中から自分にあった「トッピング」を選ぶことができるため、カスタマイズ性の高さがポイントです。

また、日常のさまざまなお店やサービスを利用することで、ギガ(データ)を貯めることができる「#ギガ活」もあわせて提供開始となります。

LINEMOとpovo2.0のスペック、料金

次に、LINEMO・povo2.0のスペック、料金は次の表の通りです。

LINEMOpovo2.0
月額料金プラン3GB990円ベースプラン:0円
20GB2,728円
トッピング
(オプション)
追加データ1GB
(追加購入)
550円1GB
(7日間)
390円
3GB
(30日間)
990円
20GB
(30日間)
2,700円
60GB
(90日間)
6,490円
150GB
(180日間)
12,980円
使い放題
(24時間)
使い放題
(24時間)
330円
通話(月額)5分以内
通話し放題
550円5分以内
通話し放題
550円
24時間
通話し放題
1,650円24時間
通話し放題
1,650円
コンテンツDAZN
使い放題
パック
(7日間)
760円
smash.
使い放題
パック
(24時間)
220円
データ容量3GB/20GBデータトッピングによる利用
データ容量超過後の速度3GB最大300kbps最大128kbps
20GB最大1Mbps
LINEギガフリー
LINEスタンプ使い放題
国内通話22円 / 30秒22円 / 30秒
SMS送信3.3円 / 1通
(受信:無料)
3.3円 / 1通
(受信:無料)
対応ネットワーク

(4G/5G)


(別料金不要)

(別料金不要)
キャリアメール
 

テザリング対応


(追加料金なし)

(追加料金なし)
eSIM対応
海外データローミング対応未対応
サポートWebサイト
LINE
Webサイト
#ギガ活×
契約可能年齢20歳以上の個人13歳以上の個人
キャラクター画像
まま子さん
povoは「povo2.0」になって結構変わったわね
キャラクター画像
すーちゃん
そうだね。次にLINEMO・povo2.0それぞれの特徴をまとめていくよ!

LINEMOとpovo2.0の一番大きな違いは?

LINEMOとpovo2.0の一番大きな違いは「LINEギガフリー」と「トッピング」です。

ここでは、LINEMO・povo2.0それぞれの特徴を確認していきましょう。

LINEMOの特徴

LINEMO

LINEMOの特徴は、次の通りです。

  • LINEとLINEスタンプが使い放題
  • 従来の20GBプランに加え、3GB:990円の「ミニプラン」が登場
  • LINEで申し込みやサポートが受けられる
  • データ容量超過後の速度は、3GBで最大300kbps。20GBで最大1Mbps。

LINEMOの特徴は、やはりLINEとの強力な連携でしょう。

LINEの通話やビデオ通話をいくら利用してもLINEMOの場合はギガを消費しません

普段、家族や友人とLINEを使ったコミュニケーションを取っている人にはメリットは大きいと言えます。

また、LINE以外の通信をあまり使わない方にとっては月額990円のミニプランの登場は嬉しい限りですね。

何か困ったときに、LINEで気軽に問い合わせができるのもLINEMOならではです。

キャラクター画像
まま子さん
LINEでサポートが受けられるのは良いわね。
LINEMO公式サイト

povo2.0の特徴

対して、povo2.0の特徴は次の通りです。

  • 月額基本料が0円
  • データ容量は1GB~150GBのトッピングの中から好きなものを選べる
  • 「コンテンツトッピング」でDAZNなどの動画サブスクが利用可能
  • 日常の買い物などで、データを貯めることができる(#ギガ活)
  • 13歳以上の個人契約が可能

povo2.0の特徴は、基本料が0円ということ。そして、10種類の「トッピング(オプション)」から自分でトッピングを選ぶことです。

その中でも特にデータトッピングが特徴的で、あまりデータを使わなそうな月は1~3GBなどの低容量を購入、多くデータを使いそうな月は20GB以上の大容量の購入と、その時に合わせて調整が可能です

また、LINEのメッセージなど、高速通信を必要としない利用であればデータをトッピングしなくても0円で利用出来るというのも魅力的。

日常の買い物などでデータを貯めることが出来る「#ギガ活」を上手く使いこなせばかなり節約も出来ます。

キャラクター画像
すーちゃん
ただ、180日間データの購入が無い場合は利用停止になる可能性があるので注意してね!

また、13歳以上の個人でも契約できるようになったのも学生さんには嬉しいポイントです。

キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。でも、結局私にはどっちがオススメなのかしら?
povo公式サイト

こんな人にはLINEMOがオススメ

LINEMO

LINEMOは、以下のような人にオススメです。

LINEMOはこんな人にオススメ

  • 通話や連絡はほとんどLINEを使っている
  • 困ったときに、LINEでサクッと相談したい
  • データ容量超過後も、ある程度の通信速度を確保したい

LINEMOは、普段コミュニケーションツールとしてLINEをよく利用している人にオススメです。

LINEを使っていればいるほど、LINEMOを利用するメリットを受けることができます。

また、困ったときにLINEで相談できるのでLINEMOでスマホデビューという人にもオススメです。

万が一データ容量を使い切ってしまった場合でも、3GBプランで300kbps、20GBプランで1Mbpsの速度があるのも安心ですね。

キャラクター画像
すーちゃん
povoのデータ容量超過後速度は128kbpsだから、LINEMOの方が早いよ。
LINEMO公式サイト

こんな人にはpovo2.0がオススメ

povo2.0は、以下のような人にオススメです。

povoはこんな人にオススメ

  • 毎月使うデータ量に合わせてカスタマイズしたい
  • DAZNなどのコンテンツも楽しみたい
  • 日常でもギガを貯めて節約したい
  • 20歳未満の個人(13歳以上)

povo2.0は、10種類のトッピングから自分の好きなものだけを選ぶことができるので、自分に合うスマホプランを探している人にオススメです。

また、前述の通りデータトッピングを賢く購入し、「#ギガ活」を利用すれば毎月のスマホ代が節約できます。

節約したお金で、コンテンツトッピングにあるDAZNで趣味のスポーツ観戦をするのもいいでしょう。

13歳以上の個人なら契約できるので、学生さんにもオススメです。

キャラクター画像
すーちゃん
LINEMOは20歳以上じゃないと契約できないよ!
povo公式サイト

まとめ

LINEMOとpovoの比較

いかがでしたでしょうか?

今回はLINEMOとpovo2.0の比較をさせていただきました!

povo2.0の発表によりLINEMOとpovoの違いは今まで以上に明確なものになりました。

携帯キャリアの乗り換えを検討する際には、スマートフォンを利用するにあたって自分が何を優先するのか、普段どのような使い方をしているのかを今一度洗い出すことが重要です。

本記事を参考に、ムダなく自分にあったスマホライフを送りましょう!

LINEMO公式サイトpovo公式サイト