【2022年6月】携帯料金はどこが一番安い?最新の料金プランを徹底比較!
iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト
キャラクター画像
すーちゃん
ねぇまま子さん。携帯料金を節約したいんだけど、どこがお得なのかな?
キャラクター画像
まま子さん
うーん。色々なプランがあるけど、今日はおすすめのプランを一挙に紹介するわね!

なるべく月額料金を安く済ませたいと思っても、携帯料金のプランは複雑なのでどの会社と契約すればよいのか迷ってしまうという方が多いと思います。

キャリアごとに魅力的なプランをリリースしているため、各社の新料金プランを比較し、それぞれのプランを表で分かりやすく解説していきます

\ミニプランなら実質半年間無料!/

UQmobile banner

携帯料金プランがお得なのはどこ?

大手キャリアに加え格安SIMの登場で、より複雑な仕組みになっている携帯料金。できることなら、月額料金を安く抑えてたいと考えている方が多いはずです。

ぜひ、各社のプランをチェックして、自分に最適なプランを見つけてください。

※表は横にスクロールできます。

音声通話SIM(税込) 楽天モバイル ドコモ au ソフトバンク ahamo povo1.0 povo2.0 LINEMO OCNモバイルONE Yモバイル UQモバイル IIJmio
~1GB 0円 3,465円 3,278円 3,278円 2,970円 2,728円  330円(7日間) 990円  770円 2,178円  

1,628円

858円 
~3GB 1,078円 4,565円 4,928円 5,478円  990円(30日間) 990円 1,078円 
~7GB 2,178円 6,765円 6,578円  

7,238円

2,700円(30日間)
 
2,728円
 1,760円  3,278円 2,728円  1,518円 
~20GB  7,315円 7,238円  4,158円  3,480円 2,068円 
無制限 3,278円  ー  ー  ー  ー
圧倒的な安さを誇っているのが楽天モバイルです。料金プランは「Rakuten UN-LIMIT VI」のみで、3,278円(税込)で無制限プランになっています。
そのほかに、1GBまでなら0円、3GBmでなら1,078円(税込)、20GBまでなら2,178円(税込)と、従量制プランを用意しているところが楽天モバイルのストロングポイントです。
他のキャリアでは決められたデータ容量を超過してしまうと、追加料金が発生したり通信制限がかかってしまいます。
そのため、契約する際は毎月使用するデータ容量をチェックし、容量オーバーしないプランを選んでください。

楽天モバイルが圧倒的に安い!

参照:楽天モバイル公式(https://network.mobile.rakuten.co.jp/)

低容量・中容量・無制限の各段階でお得なのは、2020年4月よりにキャリアの仲間入りをした楽天モバイルです。

料金プランのRakuten UN-LIMIT VIは、データ容量を使用した分だけ支払う従量制。データ使用量に合わせ、4段階に分けられ1GBまでなら0円という破格の価格設定になっています。

無料プラン以上のデータ容量を使用したとしても、使用量以上に料金を支払う必要がないため、お得感もそのまま。

キャラクター画像
すーちゃん
データを使用した分だけ支払えば済むから、データ容量の心配をしなくてもいいわね。

データ容量無制限で3,278円(税込)という内容が、旧プランのRakuten UN-LIMIT Vのおすすめポイントでした。

ただし、データ使用量が多い月も極端に少ない月も同じ金額なため、データ使用量の少ない方にとっては、お得感がゼロ

そこで登場した新プランのRakuten UN-LIMIT VIは、データ使用量に応じて月額料金が変動し、小容量から大容量まで幅広く対応しているため、多くの方に満足してもらえます。

すべての容量帯に対応してお得感満載!

下記が、全てのデータ使用量に対応しているRakuten UN-LIMIT VIの料金プランです。

Rakuten UN-LIMIT VI 月額料金(税込)
~1GB 0円
1GB~3GB 1,078円
3~20GB 2,178円
20GB~(無制限) 3,278円

各容量帯でお得なプラン設定になっているので、携帯料金を抑えて節約したい方に最適です。

業界最安級の無制限プランが魅力!

データ容量従量制プランを採用していることから、パートナー回線エリア以外での利用に関してはデータ容量無制限が適用されます。20GB超過後はどれだけ使用しても3,278円(税込)と、料金に変動がありません。

ドコモ au ソフトバンク
無制限プラン 7,315円(税込) 7,238円(税込) 7,238円(税込)

上記のように、モバイルの2倍近い7,000円超で横並びです。

ファミリー契約での割引サービスや光回線とのセット割引などを適用したとしても、楽天モバイルのお得感を実感できます。

乗り換え手数料なし!

以前は、MNP転出手数料として2,200~3,300円(税込)が発生していましたが、2022年6月現在では各キャリアと一部の格安SIMで無料になっています。

さらに、契約手数料も0円となっているため、他社から乗り換える際のハードルが低くなりました。

キャラクター画像
まま子さん
自分の好きなタイミングで乗り換えられるのがうれしいわ。

楽天モバイルへ乗り換える際に必要な料金は、乗り換え前のキャリアでの解約違約金と端末残債代金のみ。月々の利用料金が安いだけでなく、他のキャリアよりもお得に乗り換えできるところも人気のポイントです。

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

大手キャリアで安いのはドコモ

いざという時の安定した通信速度を考えると、大手のプランを利用したいと考えている方も少なくないはずです。

小容量・中容量・無制限など、各社段階的に3つのプランを用意しています。毎月、データ容量を25GB以上利用している無制限プランに限って比較してみると、3大キャリアではドコモがわずかに安いようです。

多くの方にとってドコモの月額料金は安いというイメージがあるようです。実は、総務省が実際に毎月20GB以上のデータ容量を使用しているのは全体の11.3%※1と発表したことが影響しています。

割引が適用された後も小容量プランでドコモが安く、中容量プランは、ドコモのahamoが安いといえます。基本料金だけをチェックしてみると、povoやLINEMOが安くなっていますが、通話料金は別。ahamoのみ、5分以内の国内通話が無料になっています。

キャラクター画像
すーちゃん
意外に、5分以内の通話って多いから、ahamoの国内通話無料はお得感満載!

日常的に通話を利用したくても、ちょっとした予約や連絡事項などで、5分以内の通話をする機会は意外にあります。

3分22円という単語だけ聞くと安く感じますが、日々積み重なると意外に大きな額になってしまうため、総合的に考えると、ドコモのahamoの月額料金がお得ということになります。

※1参照元:総務省

docomo Online Shop公式

携帯料金比較シミレーション

各キャリアが提供している料金プランを無制限プラン・中容量プラン・低容量プランの3つに分けてチェックしていきましょう。

無制限プランの比較

毎月、使用するデータの制限がない無制限プラン。データ容量に悩まされることなく、ストレスなく利用できるメリットがあります。毎月、25GB以上のデータ容量が必要な方は参考にしてください。

※表は横にスクロールできます。

プラン 基本料金 主な割引 割引適用後の料金
5Gギガホプレミア(ドコモ) 7,315円 ・最大1,100円/月(家族割引)
・1,100円/月(ドコモ光セット割)
・187円/月(dカードお支払割)
4,928円
使い放題MAX 5G(au) 7,238円 ・最大1,100円/月(家族割引)
・1,100円/月(auスマートバリュー)
・110円/月(auPAYカードお支払割)
4,928円
メリハリ無制限(ソフトバンク) 7,238円 ・最大1,210円/月(家族割引)
・1,100円/月(おうち割光セット)
4,928円
 Rakuten UN-LIMIT VI(楽天モバイル) 3,278円 なし 3,278円
楽天モバイルの料金が圧倒的に安いのは、割引適用後の月額料金を比較しても明らか。どれだけ使用しても、ドコモ・au・ソフトバンクの半分以下という料金プランのおかげです。
データ容量だけでなく、通話に関してもRakuten Linkアプリを使用すると基本的には無料です。携帯料金をなるべく節約したいと考えている場合は、楽天モバイルをチェックしてみてください。

 

キャラクター画像
すーちゃん
5分かけ放題プランが付いている楽天モバイルなら、携帯料金を節約できるからコスパ重視の方は要チェックね!
下記では、4大キャリアの料金プランをお得な順にランキングしています。ぜひ、各社のプランを見比べてみてください。

Rank1. Rakuten UN-LIMIT VI|楽天モバイル

Rakuten UN-LIMIT VI

参照:楽天モバイル公式(https://network.mobile.rakuten.co.jp/)

月々の利用料金が最もお得な楽天モバイル。楽天回線エリアならどれだけ使用しても、3,278円(税込)です。

大手と比較すると回線エリアが狭いというデメリットがありますが、パートナー回線エリアでも、月5GBまでなら利用できます。もし、上限を超えても最大1Mbpsで通信できるので心配がありません。

通話に関しても、Rakuten Linkアプリを使用すれば無料で通話可能です。通話オプション代も必要ないので、コスパの良さで選びたい方は、ぜひチェックしてみてください。

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

Rank2. 使い放題MAX 5G| au

使い放題MAX 5G参照:au公式サイト(https://www.au.com/)

ココがポイント

• 家族割引:最大1,100円/月

• auスマートバリュー:1,100円/月

• auPAYカードお支払割:110円/月

3大キャリアで無制限プランがお得なのはauの使い放題MAX。ソフトバンクが提供しているメリハリ無制限とほぼ同じ内容となっていますが、割引の適用条件が異なります。

ソフトバンクは家族割引とソフトバンク光割引の2つしか適用条件がありません。一方、auは家族割引とauスマートバリュー割引、auPAYカードお支払い割の3つ。

他のキャリアに比べ、割引適用条件のハードルが低いのが特徴です。

auオンラインショップ公式サイト

Rank3. メリハリ無制限|ソフトバンク

メリハリ無制限

参照:ソフトバンク公式(https://www.softbank.jp/mobile/price_plan/data/merihari-unlimited/)

                    

ココがポイント

• 家族割引:最大1,210円/月

• おうち割光セット:1,100円/月

メリハリ無制限は、auの使いたい放題MAXと月額料金や最大割引額が同じです。

ソフトバンクの場合、適用条件の数が少なく「ソフトバンク光割引」が含まれているため、ソフトバンク光を利用している方やこれから利用する予定のある方におすすめのプランといえます。

家族割引に関しては、2人で利用した場合は660円(税込)、3人で利用した場合は1,210円(の割引が適用されます。3大キャリアの中で最も割引額が大きいため、家族の中にソフトバンクユーザーがいる場合は、乗り換えのタイミングでプラン内容をしっかりチェックしてみてください。

ソフトバンクオンラインショップ

Rank4. 5Gギガホプレミア|ドコモ

5Gギガホプレミア

参照:ドコモ公式(https://www.docomo.ne.jp/charge/5g-gigaho-premier/)

ココがポイント

• 家族割引:最大1,100円/月

• ドコモ光セット割:1,100円/月

• dカードお支払割:187円/月

最大割引適用額は、au・ソフトバンクと変わらず、4,928円(税込)ですが、ドコモの5Gギガホプレミアの場合、家族割・ドコモ光とのセット割引・dカードお支払い割のすべてが起用されないときは、3大キャリアで最も高額になってしまいます。

そのため、携帯料金に安さのみを求めている方にはおすすめできません。乗り換えを検討している場合は、しっかりプラン内容をチェックするようにしましょう。

docomo Online Shop公式

中容量プランの比較

※表は横にスクロールできます。

キャリア プラン名 データ通信量 月額料金(税込)
楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI 3~20GB(パートナー回線エリアは5GBまで) 3,278円
ドコモ ahamo 20GB 2,970円
au povo 20GB 2,728円
ソフトバンク LINEMO 20GB 2,728円

 

上記の一覧表では、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIが若干高めの設定になっていますが、従量制プランのため、月々の使用量で月額料金が変動します。そのため、データ量をたくさん使用した場合、使用しなかった場合のどちらにも不公平感がありません。

3大キャリアに関しては、月々の使用料金はほぼ横並びとなっています。povoやLINEMOと比較するとahamoの料金は若干高くなっていますが、こちらのプランには基本で5分以内の国内通話無料がセットになっているためです。

povoやLINEMOに5分以内の国内通話無料はセットになっていません。ただし、LINEMOはLINE通話を無料で使用でき、povoは月々550円(税込)で5分以内の通話かけ放題をトッピングすることが可能です。

低容量プランの比較

最大7GBまで利用でき、使用量によって料金が変動するするのが低容量プランです。

※表は横にスクロールできます。

Rakuten UN-LIMIT VI(楽天モバイル) ピタットプラン 5G(au) ミニフィットプラン+(ソフトバンク) Rakuten UN-LIMIT Ⅵ(楽天モバイル)
~1GB 割引前:3,465円
割引後:2,178円
割引前:3,278円
割引後:2,178円
割引前:3,278円
割引後:2,178円
 0円
~2GB 割引前:4,565円
割引後:2,728円
割引前:4,928円
割引後:3,278円
割引前:4,378円
割引後:3,278円
1,078円

~3GB 割引前:5,478円
割引後:4,378円
~4GB 割引前:5,665円
割引後:3,278円







2,178円
~5GB 割引前:6,578円
割引後:4,928円
~6B 割引前:6,765円
割引後:4,378円

~7GB
4大キャリアの~1GBから~7GBまでの料金を比較しました。どの容量でも楽天モバイルの料金プランがお得になっています。2,178円(税込)のまま、20GBまで利用できる点も、楽天モバイルが多くの方に支持されている要因です。
3大キャリアの~1GBの場合は、割引を適用すると月額料金は変わりませんが、適用前の金額はドコモが187円(税込)高くなっています。また、~3GBの場合は、auやソフトバンクに比べドコモがお得です。
また、~7GBだと、ソフトバンクには料金プランが用意されていません。割引が適用されるとドコモ、割引が適用されないときはauが安くなります。契約する前に、自分の毎月のデータ使用量をチェックして、最適なプランを選ぶようにしましょう。

Rank1. Rakuten UN-LIMIT VI|楽天モバイル

Rakuten UN-LIMIT VI

参照:楽天モバイル公式(https://network.mobile.rakuten.co.jp/)

2020年以降、独自の基地局を設置してサービスを提供する携帯キャリアのひとつに成長しました。その楽天モバイルが2021年1月に発表したRakuten UN-LIMIT VIは、データ通信量により月額料金が変動し、1GB以下なら基本料金は無料という画期的なプランです。

一方、通話に関してもコミュニケーションアプリのRakuten Linkを利用することで、他社の携帯電話並びに固定電話への通話がかけ放題となります。

ただし、楽天回線エリア以外の場所ではパートナー回線接続されるため、注意が必要です。パートナー回線エリアで、高速モードでのデータ通信量が月5GBを超過してしまうと、通信速度が制限されてしまいます。

楽天モバイルの購入を検討している場合は、利用エリアが楽天回線でカバーされているのかを事前にチェックしておきましょう。利用エリアをカバーしているのが、楽天回線エリア・パートナー回線エリアということでも、利用料金に大きな差が生じてしまいます

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

Rank2. 5Gギガホプレミア|docomo

5Gギガライト

参照:ドコモ公式(https://www.docomo.ne.jp/)

出典:ドコモ公式サイト

割引が適用されると、楽天モバイルを除いた3大キャリアで、一番安い低容量プランがドコモの5ギガライトです。

各種割引が適用された場合に3GBまでは5ギガライトの方が安くなりますが、3GBを超えるとahamoの方がお得になるので、データ使用量が3~20GBの場合はahamoも検討してみてください。

docomo Online Shop公式

Rank3. ピタットプラン 5G| au

ピタットプラン 5G

参照:au公式サイト(https://www.au.com/)

出典:au公式サイト

割引が適用されると5ギガライトよりも若干高いものの、同じ容量帯をカーバーしているのがピタットプラン5Gです。

割引が適用されなければ、ドコモの5ギガライトよりもお得になるため単身で利用する方にオススメのプランといえます。 

auオンラインショップ公式サイト                                      

Rank4. ミニフィットプラン+|ソフトバンク

ミニフィットプラン+

参照:ソフトバンク公式(https://www.softbank.jp/)

 

データ容量 月額料金(税込) 割引適用後の利用料金(税込)
1GB未満 3,278円 2,178円
1~2GB未満 4,378円 3,278円
2~3GB未満 4,378円 5,478円

ミニフィットプラン+は、~3GBまでの料金プランしか用意されていません。また、3GBまでの料金も割引が適用されるとドコモ、割引が適用されないとauの方が安いもしくは同じです。

コスパ重視で料金プランを選びたい場合は、残念ながらおすすめできません。

ソフトバンクオンラインショップ

4大キャリアがスタートさせる新料金プラン

国際的にみて日本の携帯料金は高く、大手3社による寡占状態が続いていることもあり、政府は携帯料金の引き下げを要請しました。

これを受け、ドコモからahamo、auからpovo、ソフトバンクからLINEMOと、新料金プランが提供されています。

各社の新プランは、従来のプランと比較して低価格であることはもちろん、シンプルで分かりやすいのが特徴です。ここでは、3大キャリアと楽天モバイルの料金プランを比較しているので、参考にしてみてください。

Rakuten UN-LIMIT VIのメリット|楽天モバイル

データ無制限の従量制プランを採用しているRakuten UN-LIMIT VIは、使用したデータ量で月額利用料金が変動するところがメリット

毎月のデータ使用量が少ない方にとっても不公平感がなく、使用量の多い方、少ない方の両方にとって最適なプランです。

他のキャリアのプランはオンラインで手続きがメインとなりますが、楽天モバイルは実店舗での手続きが可能なため、幅広い世代の方が加入しやすいといのも魅力のひとつといえます。

ahamoのメリット|ドコモ

毎月、2,970円(税込)で20GB使用可能なahamo。基本プランで1回5分以内の国内無料通話が付いているため、日常的に短い通話を頻繁に行う方に最適です。

追加料金なしで国際ローミングを利用できることから、海外に旅行や出張へ行く機会の多い方におすすめです。

povoのメリット|au

他のキャリアと比較すると、オプションのラインナップが豊富なため、自分のライフスタイルに合わせてトッピングを選べるところが高評価です。

毎月、2,700円(税込)で20GB利用できるため、データ容量を気にすることなく動画やゲームを楽しめます。

キャラクター画像
すーちゃん
povo1.0の新規受付は終了し、新プランのpovo2.0のサービスが提供されていますよ。
キャラクター画像
まま子さん
新しいプランの評判はどうなんだろう?
キャラクター画像
すーちゃん
新プランのpovo2.0は、トッピング(オプション)が充実していて好評ですよ。

LINEMOのメリット|Soft Bank

LINEの利用でギガを消費しないため、日常的な連絡はLINEがメインという方におすすめのプランです。メッセージはもちろん、LINE通話も無料で使用できます。

通信制限がかかってしまった場合も、LINEの通信速度は落ちないところが最大のメリットといえるでしょう。LINEを利用している限り、連絡に支障が出ないのはうれしいポイントです。

安いのはどこ?ahamo・povo2.0・LINEMO

3大キャリアが提供している中容量プランのahamo・povo2.0・LINEMO。毎月、データ容量を20GB使用できる格安プランですが、それぞれに特長が異なります。

※表は横にスクロールできます。

ahamo povo2.0 LINEMO
基本料金(税込) 2,970円 0円 2,728円
5分かけ放題(税込) 0円 550円 550円
かけ放題(税込) 1,100円 1,650円 1,650円
5分通話オプション付き料金(税込) 2,970円 3,278円
かけ放題オプション付き料金(税込) 4,070円 4,378円
povo2.0は5分かけ放題550円(税込)やかけ放題1,650円(税込)で利用料金が発生しますが、基本料金が0円に設定されているため、かなりお得です。
ただし、5分以内の電話を頻繁に利用する方の場合は、5分かけ放題(税込)0円のahamoがおすすめです。かけ放題プランの利用料に関しても、ahamoが1,100円(税込)、povo2.0とLINEMOは1,650円(税込)となっているので、電話を頻繁に利用する方もahamoを選ぶのが良いでしょう。
LINEMOのLINEはデータ容量に関係なく使用でき、LINE通話も無料です。また、通話やLINEをほとんど使用しない場合は、毎月2,700円で20GB使用かのうなpovo2.0をチェックしてみてはいかがでしょう。
今ならミニプランが実質半年間無料!
LINEMO公式サイト
iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

新料金プランのデメリット

新料金プランにはメリットがたくさんありますが、利用者にとってデメリットがあるのも事実。ここでは、楽天モバイルと3大キャリアに分けて、それぞれのデメリットをまとめました。

Rakuten UN-LIMIT VIのデメリット

メリットが多くコスパよく利用できるRakuten UN-LIMIT VIですが、地方など楽天回線の繋がらないエリアが多い点がデメリットに挙げられます。また、楽天回線は、建物内や地下などの閉鎖された空間では、3大キャリアに比べ電波が届きにくいという特性があります。

楽天回線がつながらないときは、自動的にパートナー回線に切り替わるので連絡手段としては問題ありません。ただし、回線が切り替わったことに気づかずに動画を視聴していると通信制限がかかってしまうため注意が必要です。

契約する際は、自分の住んでいるエリアが楽天回線エリアに入っているか、公式サイトで事前に確認しておくことをおすすめします。

ahamo・povo・LINEMOのデメリット

オンライン専用のプランということで、各種手続きをオンライン上で行わなければなりません。そのため、オンラインでの手続きに不安がある方にとっては、使いづらいイメージがあります。

また、povo、LINEMOでは端末の販売は行っておらず、ahamoではスマホのセット販売はあるもののiPhoneなどの一部の端末のみです。

3大キャリア発の新料金プランですが、店頭での手続きは行なえないため、公式サイトで各種料金プランをチェックしながら、事前に対応機種を用意しなければなりません。

4大キャリアの料金プラン割引を比較

ここでは、4大キャリアの割引と割引適用後のプラン料金を比較してみました。

プラン 主な割引 割引適用後のプラン料金
ドコモ(ギガホプレミア) ・ファミリー割引
・ドコモ光セット割
・dカードお支払い割
4,928円
au
(使い放題MAX 5G/4G)
・家族割プラス
・auスマートバリュー
・au PAY カードお支払い割
4,928円
SoftBank
(メリハリ無制限)
・新みんな家族割
・おうち割光セット
4,928円
楽天モバイル
(Rakuten UN-LIMIT VI)
・なし 3,278円

各社で用意されている割引をすべて適用した状態で月額料金を比較してみると、3大キャリアの料金は横並びで、楽天モバイル圧倒的に安いことが分かります。

ただ、3大キャリアで契約したいと思っている場合は、光回線やスマホの契約を一つのキャリアにまとめると、お得に利用することが可能です。

新たな契約を検討している場合は、携帯以外の契約などを見直した後でキャリアを選んでみてはいかがでしょう。

今ならミニプランが実質半年間無料!
LINEMO公式サイト
iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

携帯料金の比較で気になるQ&A

携帯料金を比較した際に、よくある質問をピックアップしました。

携帯料金が一番安いキャリアは?

携帯の月額料金が安いのは楽天モバイルです。1GB未満なら0円、20GB以上も無制限でどれだけ利用しても3,278円(税込)となっています。さらに、1回5分までのかけ放題も含まれ、日常使いには十分なプラン内容となっていて好評です。

通話プラン・オプションを比較するとどこがお得なの?

通話プランやオプションを比較してみると、基本的には専用アプリを経由することで、一定時間無料となるサービスがほとんどです。

ポイント

• 楽天モバイル:専用アプリ「楽天でんわ」を利用すると10分以内なら通話し放題

• y.umobile:「y.uでんわ」デイルでも通話料半額

• LINEMO: 音声通話・ビデオ通話のデータ消費量がかからず、LINEギガフリー

LINEMOのLINEギガフリーは、LINEに特化した格安SIMということで、LINEを使用した通話やビデオ通話が使いたい放題です。

携帯料金に注目しがちですが、日常的な使い方をイメージして自分のライフスタイルに最適なサービスを選んでいきましょう。

通話のみの携帯料金はどこが安い?

各通信サービスの通話プランやオプションを比較してみると、通話のみの携帯料金がお得な格安SIMは、エキサイトモバイルの「エキモバでんわ3分かけ放題X」とイオンモバイルの「イオンでんわ5分かけ放題」とです。

ポイント

• エキサイトモバイル:「エキモバでんわ3分かけ放題X/759円(税込)」は、3分間通話無料、「通話定額オプション/660円(税込)」

• IIJmio:「通話定額オプション」は誰とでも3分、家族と10分かけ放題のサービス

• イオンモバイル:「イオンでんわ5分かけ放題/550円(税込)・10分かけ放題/935円(税込)

通話のみの場合も、少量のデータプラントを組み合わせることで低価格のかけ放題が実現します。自分のニーズに合ったプランを選んではいかがでしょう。

iPhoneはどこのキャリアがおすすめなの?

オススメのキャリアは楽天モバイルです。無制限プランの月額料金が最も安く、最新のiPhone13 Pro MAXも購入できます。

自分のライフスタイルに最適なプランを選ぼう!

今回は4大キャリアの新料金プランをご紹介しました。

3大キャリアのドコモ・au・ソフトバンクは、ほとんどの容量帯で月額利用料金が横並びで、楽天モバイルが頭一つ抜けている感じです。

契約内容や適用可能な割引の種類にもよりますが、その状況の中で分かったことは以下の4つです。

ポイント

・無制限・中容量・小容量の3つの容量帯で安いのは楽天モバイル

・3大キャリアの中で安いのはドコモ

・格安SIMは使用する容量によって月額料金が異なる

・楽天回線エリア以外のパートナー回線エリアでは動画視聴に注意

携帯料金は毎月かかるコストですから、月額料金を下げられるのは大きなメリット。自分にとってお得なプランを選ぶためには、毎月どれくらいのデータ量が必要なのかをしっかり把握することが重要です。

毎月のデーター量に過不足がないような料金プランを選び、乗り換えるならお得なタイミングを逃さないようにしましょう。

ベストなタイミングで契約するには、キャンペーン情報のチェックも欠かさないようにしましょう。

今ならミニプランが実質半年間無料!
LINEMO公式サイト
iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト
おすすめの記事