楽天モバイルと最新のpovo2.0を比較!どっちも基本料0円だけどどんな違いがある?
キャラクター画像
まま子さん
楽天モバイルとpovo2.0って、どっちも月額0円から使えるのよね?どっちを契約するか迷う…
キャラクター画像
すーちゃん
楽天モバイルとpovo2.0は特徴がかなり違っているから、ちゃんと見比べていけばどっちが自分に合っているか判断できるよ!
キャラクター画像
まま子さん
そうなのね。楽天モバイルとpovo2.0の違いについて教えて!

楽天モバイルは、1GBまで月額0円という低価格で使える楽天が提供中の携帯キャリアです。

povo2.0はauのオンライン受付専用プランで、基本料0円に必要に応じてデータ通信量などのトッピングをして使うしくみになっています。

この記事では、楽天モバイルとpovo2.0の特徴を比較して、それぞれどんな人におすすめかを解説します。

最後まで読めば自分が選ぶべきサービスがどちらかしっかり判断できるようになるので、参考にしてくださいね!

目次

\今月のおすすめ!人気端末が大幅値下げ中/

Ymobile

【最初に結論から!】楽天モバイルとpovo2.0の特徴を比較!

それぞれについて詳しく比較していく前に、楽天モバイルとpovo2.0の特徴の違いを表にまとめてみました。

楽天モバイルとpovo2.0の特徴を比較!
楽天モバイル povo
月額料金 0~3,278円 0円+トッピング最大12,980円
通信量 使い放題 低速のみ+トッピングで最大150GBや1日使い放題
利用回線 楽天※エリア街の地域はauのパートナー回線を利用可能 au
キャリアメール なし なし
かけ放題 Rakuten Linkで無料 5分かけ放題550円/かけ放題1,650円
端末販売 あり なし
初期費用・最低利用期間・解約金 なし なし
eSIM 対応 対応
キャラクター画像
すーちゃん
より優れていると考えられる部分を太文字にしてみたよ。
キャラクター画像
まま子さん
どちらにも良いところがあるのね。

大まかな違いとしては、楽天モバイルは使った通信量に応じてその月の月額料金が決まりますが、povo2.0では事前に通信量を「トッピング」という形でチャージして使うしくみです。

キャラクター画像
まま子さん
つまり楽天モバイルは勝手に料金が上がっていって後から請求されるけど、povo2.0は先に料金を支払ってから使うって感じなのね。

そして通信や通話で使えるスマートフォンの販売があるのは楽天モバイル、povo2.0では販売が無いことが大きな違いです。

キャラクター画像
すーちゃん
手持ちの機種を使い回すなら問題ないけど、新しい機種が欲しい場合はpovo2.0だと別途どこかで購入してこないといけないんだ。

それでは、楽天モバイルの特徴から詳しく見ていきましょう!

iPhone13は4キャリア最安値!
楽天モバイル公式サイトpovo公式サイト

楽天モバイルは1GBまで0円、使った分だけ料金が上がる

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは、楽天が2020年春にサービスを開始した携帯キャリアです。

楽天モバイルは長い間ドコモやauから借りた回線でサービスを提供する「MVNO」でしたが、自社回線を使う「MNO」の仲間入りをしました。

キャラクター画像
すーちゃん
ただしサービス開始時点ではエリアが拡大しきってないから、エリア外の場所だとauから借りたau回線で繋がるようになっているよ。

料金プランは通信量に応じて支払額が自動で上がるしくみ!

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMITⅥ」の1種類のみで、なんと1GBまでは月額0円です。

キャラクター画像
まま子さん
0円!支払い無しでスマホが使えちゃうのね。
楽天モバイルの料金プラン
~1GB 0円
~3GB 1,078円
~20GB 2,178円
20GB~ 3,278円
キャラクター画像
すーちゃん
複数の回線を契約する場合は、1回線目のみが0円なことに注意。2回線目以降は3GBまで1,078円が最低料金になるよ。

通信料金は3GB、20GBと徐々に上がっていき、20GB以上使った場合は3,278円で料金が固定されます。

使った分だけ料金が上がる代わりに上限3,278円で使い放題なので、たくさん通信する人にもメリットが大きい料金プランですよ。

なお無料で使える1GBはかなり少なめの通信量で、軽いネットサーフィンやSNSがメインでもギリギリです。

キャラクター画像
すーちゃん
頑張れば1GB以内に留めることはできるけど、動画を見たり音楽をストリーミング再生したり、みたいなことは難しくなっちゃうんだよね。
キャラクター画像
まま子さん
0円で使うと、できることは限られてきちゃうのね。

メイン回線として楽天モバイルを使う場合は無理に1GB以内に通信量を止めようとせず、少なくとも3GBや20GB程度使う前提で考えておくことをおすすめします。

キャラクター画像
すーちゃん
あるいはちょっと手間だけど、駅やコンビニなどのWi-Fiスポットをうまく活用するなどすれば、動画なども楽しみつつ通信量の消費を抑えられるよ。

注意!パートナー回線エリアでは5GB使うと速度が1Mbpsに制限

楽天モバイルの回線が未提供のパートナー回線エリアでは、5GB使った段階で通信速度が1Mbpsに制限されてしまいます。

自宅などが楽天回線のエリア外の場合は、事実上5GBプランになってしまうことにご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
公式サイトのエリアマップで、自宅などよく通信する場所がエリア内になっているか確認しよう。

通話もRakuten Linkでかけ放題!

参照:楽天モバイル公式サイト(https://network.mobile.rakuten.co.jp/service/rakuten-link/?l-id=fee_un_limit_service_rakuten-link)

楽天モバイルの通話料金は、専用アプリRakuten Linkを使って電話をかけることで無料でかけ放題になります。

相手がRakuten Linkを使っていなくても、かける側がRakuten Linkなら通話料金はかかりません。

通信量が最大使い放題なだけでなく、通話料金までかけ放題になるのが楽天モバイルの魅力です。

キャラクター画像
すーちゃん
Androidスマホなら、SMSもRakuten Link利用でもれなく無料!iPhoneは相手もRakuten LinkならSMSも無料にできるよ。

ただしRakuten Linkはデータ通信を用いた通話サービスなので、電波状況などによっては通話品質が落ちてしまうケースもあります。

より安定した通話をしたい場合は、スマホに標準で入っている通話アプリで電話回線を使った通常の音声通話を30秒22円で利用できますよ。

月額1,100円のオプション契約をすれば、10分かけ放題も利用可能です。

キャラクター画像
まま子さん
Rakuten Linkの通話が聞こえづらいとか遅延するみたいなトラブルが発生したら、必要に応じて使えばいいってことね。

こちらでも詳しく解説中!

iPhone13は4キャリア最安値!
楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルは端末のセット購入が可能!

参照:楽天モバイル公式サイト(https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/iphone/?l-id=gnavi_product_iphone)

楽天モバイルでは、回線契約時や後から必要になった時に新しいスマートフォンを購入可能です。

iPhoneやAndroidなど、たくさんの端末がラインナップされていますよ。

povo2.0だと端末購入ができないので、新しい機種を手軽に入手できるのは楽天モバイルの大きなメリットです。

キャンペーン充実、プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元でお得に契約できる

楽天モバイルは、申込時に様々なキャンペーンを利用してお得に契約できるのも魅力的です。

2021年12月時点では3ヶ月間のプラン料金が無料になるキャンペーンが開催中、さらに誰でも回線契約で5,000ポイントの楽天スーパーポイントをもらえます。

他社からの乗り換えで申し込むならポイントは20,000ポイント還元に増額、対象のスマートフォンをセット購入する場合はなんと最大25,000ポイントが還元されますよ。

ポイントを受け取るには申し込み翌月中までにRakuten Linkで10秒以上の発信をするなどの条件があるので、詳しくは申し込み前に楽天モバイル公式サイトでキャンペーン情報をしっかり確認しておきましょう!

最新のキャンペーンはこちら!

店舗での申込みやサポートにも対応している

楽天モバイルでは日本全国に専用のショップがあったり、家電量販店等に申し込みができるコーナーが設置されていたりします。

実店舗で申し込みやサポートを利用できるのも、楽天モバイルの隠れたメリットです。

キャラクター画像
すーちゃん
ただし契約後のサポートは家電量販店だとできないケースもあるから注意。公式サイトの「店舗」より、近くにある楽天モバイル取扱店で対応してくれるサービスの確認ができるよ。

楽天モバイルユーザーは楽天市場でポイント+1倍、楽天ひかり1年無料の特典も魅力的

楽天モバイルを契約していることで、楽天市場で買い物をする際のポイント還元率が+1倍になります。

キャラクター画像
すーちゃん
本来は100円で1ポイント還元だけど、楽天モバイルユーザーなら2ポイント還元になるんだ。

楽天市場で買い物をよく利用している方は、よりお得にポイントを貯められるので嬉しいメリットですよね!

参照:楽天モバイル公式サイト(https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/hikari/one-year-free/mno.html?l-id=rhk_rmb_campaign_rmb_hikari)

さらに楽天モバイルユーザーは、自宅用の光回線サービス・楽天ひかりを1年間の月額料金が無料で使えます。

筆者も以前実際に申し込み、楽天ひかりをしっかり1年間無料で使うことができました!

筆者の場合はドコモ光から乗り換えたので工事費がかからなかったため、1年間のキャンペーン期間中に楽天ひかりで支払った金額は1,980円の初期費用のみでした。

通信速度も速く、非常に快適で満足でした。

キャラクター画像
すーちゃん
工事費が発生する場合は、工事費最大19,800円がかかることに注意。
キャラクター画像
まま子さん
楽天って色々なサービスやショップを展開しているけど、楽天モバイルを使っていれば他のサービスもお得にできるわけね。

もっと詳しく知りたい方はこちら!

楽天ひかり公式サイト

povo2.0は基本料0円・手動でデータ容量などをトッピングして使う!

povo banner

povoは2021年春にサービスを開始した、auのWeb申し込み専用格安プランです。

povoは2021年10月秋より「povo2.0」に変更され、従来の20GBプランから必要に応じて自分でパケットを購入する特殊な料金プランになりました。

povo2.0が楽天モバイルと比べてどう違っているのか、解説します。

1GB~150GB、豊富な容量から好きなものを選んでトッピングする

povo2.0では基本料金が0円で、そのままだと128kbpsでの低速通信しかできません。

povo2.0で高速通信を行いたい時は、「データトッピング」で必要に応じてアプリから高速通信量を追加する必要があります。

データトッピングの料金
有効期限 利用料金
1GB 7日間 390円
3GB 30日間 990円
20GB 30日間 2,700円
60GB 90日間 6,490円※30日換算なら20GB2,163円
150GB 180日間 12,980円※30日換算なら25GB2,163円
データ使い放題 24時間 330円

追加できる通信量に対して有効期限が設定されているので、期限までに使い切る必要がありますよ。

1GBだとすぐに期限が切れてしまうので、メイン回線として日々使うなら少なくとも3GB30日990円以上のトッピングをすることになると考えられます。

毎月20GBを使う場合は60GBをまとめてトッピングしたほうが金額的にはお得、よりたくさん使うなら150GBを選ぶことでさらにお得になりますよ。

キャラクター画像
まま子さん
60GBや150GBなら、2,163円で20~25GB使える感じになるのね。

自由なペースでパケットを追加できるのはpovo2.0の大きなメリットですが、楽天モバイルと違って完全な使い放題はなし、手動でチャージする手間がかかるのも難点となります。

キャラクター画像
すーちゃん
どちらかが圧倒的に優れているとは言いづらくて、人によって好みが分かれるところだね。
povo公式サイト

通話料金は30秒22円、かけ放題はトッピングで対応!

povo2.0では通話料金が30秒22円で、とくに楽天モバイルのような無料でかけ放題などのサービスはありません。

キャラクター画像
すーちゃん
LINEの無料通話なんかを使えばもちろん友達や家族とは無料で話せるけど、povo2.0独自の無料通話機能はないよ。

かけ放題はオプションで用意されていて、5分かけ放題が550円、無制限のかけ放題は1,650円で使えます。

データ通信を用いているRakuten Linkと違って通常の電話回線を使っているので、より高品質で安定した通話ができるのはpovoのメリットです。

キャラクター画像
すーちゃん
楽天モバイルだと電話回線で無制限のかけ放題を使えないけど、povoなら1,650円で使えるのもメリットだね。
キャラクター画像
まま子さん
通話は品質重視ならpovo2.0、安さ重視ならRakuten Linkがある楽天モバイルが優れてる感じかしら。

1日使い放題のトッピングも選べる!

povo2.0では、24時間330円の使い放題トッピングが用意されています。

楽天モバイルと違って1日のみという制限がありますが、低価格で使い放題通信ができるのはかなり大きなメリットですよね。

キャラクター画像
まま子さん
確かに、毎日何時間もスマホを使うわけではない人もいっぱいいるわよね。

筆者もpovoを契約していますが、旅行などで長時間家を空ける+移動の暇な時間がある時に使い放題オプションを申し込んで、新幹線の中などで動画やネットサーフィンを楽しんでいます!

対象サービスが一定期間使い放題になるコンテンツトッピングもある

DAZNやsmash.といった、特定のコンテンツを一定期間使い放題にできるトッピングも提供されています。

ラインナップがまだ少ないのは難点ですが、今後他の動画配信サービスなどもtくさんコンテンツトッピングに加われば、人によっては小容量プラン+コンテンツトッピングでお得にスマホを使えるようになると考えられますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
例えば今提供中のDAZNは760円で7日間楽しめるから、3GBプランの30日990円と合わせると支払額は1,750円。
キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。状況によっては、大容量のトッピングより小容量+コンテンツトッピングのほうがお得になることもありそう。

高品質なau回線を使えるのは大きなメリット

povo2.0はauが展開する格安プランなので、au回線を使えます。

楽天モバイルは楽天回線のエリアが現在拡大中の段階なので、繋がりやすさ・通信速度の安定という点でやや不利です。

常時快適に通信・通話を行いたい人には、povoのほうが信頼性は高いと考えられます。

キャラクター画像
すーちゃん
楽天モバイルの回線品質は、今後の発展に期待したいところ。

注意!povo2.0はWeb受付専用プランでサポートもWeb対応

povo2.0はWeb申し込み専用で、各種手続きもWebでの対応となっています。

楽天モバイルと違って、店舗での申込みやサポート対応はありません。

キャラクター画像
まま子さん
ネットでの手続きが苦手な人は、注意が必要ね。
povo公式サイト

楽天モバイルとpovo2.0に共通する注意点

楽天モバイルとpovo2.0には、共通するデメリットがあります。

それぞれチェックして、自分にとって問題ないかどうか考えてみましょう。

キャリアメールは使えない

楽天モバイルでもpovo2.0でも、キャリアメールの提供がありません。

キャリアメールを使って他の人と連絡を取る機会が多い人の場合は、大きなデメリットになります。

ただし申込みにも必要となっているGmailなどのフリーメールアドレスを作成し、友人などにアドレスの変更を連絡すれば、メールは使えるので基本的には問題ないと考えられます。

キャラクター画像
すーちゃん
家族や友人がキャリアメール以外からのメールをブロックしている場合は、事前に作成したアドレスを伝えて受信許可をしてもらう手間がかかるのがちょっと大きめなデメリット・手間だね。
キャラクター画像
まま子さん
長年auとかのキャリアを使っていた人は、注意が必要ね。

半年間使わないと利用停止の恐れがある

楽天モバイルもpovo2.0も、半年間使わなかった場合は利用停止になってしまう恐れがあります。

楽天モバイルは、単純に180日間使わなければ利用停止になる可能性があります。

povo2.0は、前回の有料トッピングの有効期限から180日間課金がなければ利用停止の可能性があります。

キャラクター画像
すーちゃん
トッピングをしていなくても、660円以上通話やSMSを使っていれば大丈夫。

無料だからといって契約だけして使っていないと、解約されてしまう恐れがあるのでご注意ください。

どちらも手持ちの端末を使う際はSIMロック解除が必要な場合あり

楽天モバイル・povo2.0共に、使う端末によってはSIMロック解除の手続きをしないと手持ちの機種を引き続き利用できません。

楽天モバイルは、iPhone 13シリーズや2021年10月以降発売の機種を除くと、キャリア端末では事前のSIMロック解除が必須です。

povoはau回線のサービスなのでauユーザーなら基本的にSIMロック解除不要、ドコモやソフトバンクから乗り換える場合のみ解除が必要です。

SIMロック解除はMy docomoやMy au、My SoftBankから無料で行えますよ。

iPhone13は4キャリア最安値!
楽天モバイル公式サイトpovo公式サイト

楽天モバイルとpovo2.0、それぞれどんな人におすすめ?

最後に、楽天モバイルとpovo2.0はそれぞれどんな人におすすめかを解説します。

キャラクター画像
すーちゃん
自分に合っているサービスはどちらか、チェックしてみてね。

楽天モバイルは手間をかけずにスマホを自由に使いたい人、通話をよくする人におすすめ

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは使った分だけ料金を支払うプランなので、通信量の購入などの手間をかけず、自分のペースでスマホを使いたい人におすすめです。

また上限なしの使い放題プランを利用したい場合も、povo2.0には1ヶ月間の使い放題がないので楽天モバイルのほうがおすすめになります。

Rakuten Linkによりかけ放題を無料で使えるので、通話をたくさんする人にも最適ですよ。

また楽天市場で買い物をよくしている場合は、楽天ポイントをたくさん貯められるので楽天モバイルの契約がおすすめです。

iPhone13は4キャリア最安値!
楽天モバイル公式サイト

povo2.0はできるだけ安く使いたい分スマホを使いたい人や、品質最重視の人におすすめ

povo banner

povo2.0はトッピングを申し込む手間が毎月かかりますが、代わりに3GBや20GBといった通信量は楽天モバイルよりお得に使えます。

キャラクター画像
すーちゃん
3GBはpovo2.0のほうが安価だし、20GB~25GBは60GBや150GBのトッピングをすることで楽天モバイルより割安になるよ!

また回線品質を重視する場合は、au回線であるpovoのほうが現時点だと信頼性は高いです。

povo公式サイト

まとめ

楽天モバイルとpovo2.0の比較

今回は、楽天モバイルとpovo2.0の比較を行いました。

ポイント

  • 楽天モバイルは1GBまで月額0円、最大3,278円で使い放題
  • povo2.0は基本料0円、3GB990円などのトッピングをして使う
  • 通話は楽天モバイルならもれなくかけ放題
  • 通信・通話品質は、au回線を使えるpovoのほうが現時点ではどちらかというと有利
  • 楽天モバイルなら店舗での申込みやサポートあり、端末購入もできる

楽天モバイルとpovo2.0には、どちらにも得意・不得意があります。

今回の解説を元に、自分にはどちらが合っているかをじっくり考えてみてください。

どちらも初期費用や解約費用は無料なので、あえて両方契約してみて使わない方を解約するのも手です。

iPhone13は4キャリア最安値!
楽天モバイル公式サイトpovo公式サイト
おすすめの記事