【2022年版】主要格安SIM14社をニーズ毎に徹底比較!それぞれのおすすめポイントや注意点も解説
キャラクター画像
まま子さん
格安SIMって色々あるみたいけど、多すぎて自分がどれを選ぶべきかわからなくて困っちゃうんだよね…。そもそも、格安SIMのしくみや特徴もちょっとまだピンときてないかも。
キャラクター画像
すーちゃん
各社に特色があるから、メリットやデメリットをチェックしつつ、自分にとって重要なポイントを踏まえながら探していけば、ピッタリの格安SIMを見つけられるよ!
キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。格安SIMの特徴や、おすすめの格安SIMについて教えて!

「毎月のスマホ代がとにかく高い」「機種変更をしようと思って、見積もりを出してもらったらスマホ代が高くなる一方で驚いた」なんて方いらっしゃいませんか?

毎月のスマホ代ってバカにならないですよね。生活に必須なものではあるけど、最低でも月額6,000円ほどかかるのはやっぱり痛いです。

私もかつて大手携帯会社でスマホを契約していた時は、毎月スマホ代に諭吉さんを差し出していて、どうにかならないものかと頭を抱えていたものです。

そんな時に出会ったのが格安SIM。

格安SIMに乗り換えたところ、なんと!毎月のスマホ代が2,000円以下になりました。おかげで、毎月5,000円以上の節約に成功したのです。そして、今では格安SIMで、安くておトクなストレスフリースマホライフを送っています。

おかげで、諭吉さんが無言で家出をする機会も減り、懐もプライベートも、潤いを増しました。そして、その経験に感動し、今では当サイトでスマホ代に悩む方のため、格安SIMの情報を発信しています。

この記事は、そんな当サイトで紹介をしている

「主要格安SIM14社の完全まとめ記事」

です。

決して短い記事ではありませんが、この記事では、格安SIM各社の特徴、そしてそれぞれどんな人におすすめかを初心者の方でも、1から10まで格安SIMの事が分かるように構成されています。

スマホ代を今より少しでも安くしたい方。当記事の節約術、ぜひお試しあれ。

最後まで読めば格安SIMについてしっかり理解し、自分に合う選択肢も絞ることができるようになるので、是非参考にしてください!

\ミニプランなら実質半年間無料!/

UQmobile banner

格安SIMってなに?

格安SIMとは?

キャラクター画像
まま子さん
格安SIMって、普通のドコモやauなんかとはドウ違うの?

まずは、格安SIMとはいったい何か、基本的な情報を説明します。

格安SIMはドコモなどの大手携帯キャリアと同じように通信・通話を行えますが、細かいしくみが異なっています。

格安SIMの仕組み。なぜ料金が安いの?

格安SIMには「MVNO」と呼ばれる形態のサービスが多く、MVNOは「MNO」とも呼ばれるドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアとしくみが違います。

キャラクター画像
すーちゃん
そのしくみの違いが、料金の安さに繋がっているんだ。

「MVNO」と呼ばれるタイプの格安SIM(IIJmioやOCNモバイルONEなど)は、大手キャリア(MNO)から回線帯域の一部を借りてサービスを提供しています。

自分で回線を所有していないため、回線を用意・維持するコストがかからないので、格安SIMは月額料金を下げられるのです。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、そういうからくりがあったんだ。
キャラクター画像
すーちゃん
ただし、UQモバイルやYモバイルはそれぞれau、ソフトバンクが自分で「サブブランド」として用意しているから、自社回線を持っている「MNO」なんだ。

なお、格安SIMが月額料金を抑える工夫は、回線をキャリアから借りていることだけではありません。

他にも、プラン変更や契約などの手続きをネット中心にして人件費や店舗の運営費を削減するなどの方法で、月額料金を抑えています。

格安スマホと格安SIMの違いはなに?

格安スマホと格安SIMの違い

「格安SIM」以外に、「格安スマホ」という用語を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

キャラクター画像
まま子さん
格安SIMと格安スマホって、どう違うの?

格安SIMと格安スマホは、意味合いとしてはほとん同じものとして使われることが多いです。

キャラクター画像
すーちゃん
具体的に正式な違いがある用語ではないんだよね。

強いて言えば、「格安SIM」は月額料金の安いSIMカードのことを指す場合が多いですが、格安スマホはもっとざっくりとした「料金が安いスマホ」くらいのニュアンスとなっています。

「格安スマホ」の場合は安価な価格のスマートフォン本体(SIMフリースマートフォン)や、格安SIMを入れたスマホ(販売会社問わず)などを指すために使われることもありますね。

キャラクター画像
すーちゃん
ちなみにOCNモバイルONEの公式サイトには、「格安SIMを入れたスマートフォン」=格安スマホ、といった意味合いの説明ページがあったよ。

格安SIMの料金の水準

格安SIMの月額料金は2021年春以降に大きく変化した会社も多いのですが、基本的な料金の水準は「3GB1,600円(税抜)」、つまり税込み1,760円です。

キャラクター画像
すーちゃん
2021年春以前は3GB1,760円などの似たような料金設定の格安SIMが多かったんだ。目安として知っておくと良いよ。

ちなみに2022年6月現在は、mineoが5GB1,518円、BIGLOBEモバイルは3GB1,320円などの料金プランで展開されています。

BIGLOBEモバイル公式サイト

SIMカードの種類について

SIMカードの違いについて

格安SIMでは多くの場合、3種類の中から自分が使いたいSIMカードを契約可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
種類と特徴を表にまとめてみたよ。
格安SIM・SIMカードの種類
データ通信専用SIM(データSIM) データ通信のみに対応
SMS対応SIM SMSとデータ通信に対応
音声通話対応SIM 音声通話・SMS・データ通信の全てに対応

データ通信とは、要するにネットサーフィンやSNSなどのインターネットのことです。

SMSは、電話番号を使って文字のやり取りができるサービスで、最近ではアプリや会員サイトのログイン時にパスワードを受信する時などによく使われます。

キャラクター画像
まま子さん
メッセージアプリで受信されるアレがSMSね。

音声通話は、電話番号を使って電話をかけたり受けたりする機能ですよ。

基本的にスマホで使うなら、おすすめは音声通話対応SIMとなります。

タブレットにSIMカードを入れる場合など、音声通話が不要なケースでは、月額料金が安ければデータ通信専用SIMなどを選ぶのもおすすめです。

キャラクター画像
すーちゃん
2台目のスマホとかで使う場合も、電話をかけないならデータ通信専用SIMやSMS対応SIMが安いよ。

データ容量に関して

格安SIMのデータ容量について

格安SIMは種類が多いので例外も多いのですが、多くの格安SIMでは1GB前後~30GB程度のデータ容量を選べます。

大手キャリアでは使い放題や50GBなどの大容量プランも多く提供されていますが、格安SIMでは使い放題や特大容量のプランはあまり広く提供されていません。

キャラクター画像
すーちゃん
LinksMateは100MBから最大1TBを選択可能など、例外はあるんだけどね。

大容量の格安SIMだと大手キャリアとあまり変わらないか割高になってしまうケースもあるので、格安SIMは基本的に最大30GB程度あれば十分という方におすすめです。

どれくらいデータ容量があれば良い?

キャラクター画像
まま子さん
スマホのデータ容量って、実際どのくらいあれば良いのかな?使い方によっても変わってくるだろうけど…
キャラクター画像
すーちゃん
どんな使い方の人にどのくらいの容量がおすすめか、かんたんに説明するね。

スマホで契約するデータ容量のおすすめは、使い方によって変わります。

1GB、3GB、10GB、そして20GBにおける、1ヶ月間でできることをまとめてみました。

各データ容量でできること
1GB 主にメール、たまにブラウザで調べ物をする程度
3GB メールに加えて外出中にたまにSNSやネットサーフィン、音楽再生をする
10GB ネットサーフィン、メール、SNS、音楽を活用、週に何度か動画を見る
20GB ネットサーフィンやメール、SNS、音楽などを活用、毎日動画も高画質で数本見る

ほとんどスマホを使わない人は1GBプランでOK、スマホの回線で動画を見ないなら、たまに使うとしても3GB程度あれば十分です。

通信量が多くなりやすい「動画」を見る機会が多いなら10GB以上がおすすめで、特に高画質なHD動画などを毎日見るなら20GB以上を契約しましょう。

格安SIMの選び方

格安SIMを選ぶ際は下記5つのポイントから比較して、自身に合う格安SIMや料金プランを選びましょう。それぞれの特に重要な点について、分かりやすく解説します!

  • データ通信量と月額料金のバランスで選ぶ
  • 追加できるオプションサービスの内容で選ぶ
  • 利用する通信回線や対応エリアで選ぶ
  • 「音声通話プラン」や「データ通信専用プラン」で選ぶ
  • 回線の通信速度から選ぶ

格安SIMの選び方①:データ通信量と月額料金のバランスで選ぶ

格安SIMを選ぶ際に最も重要な「月額料金」と「データ通信容量」は、料金プランによってあらかじめ決まっています。

そのため、自身の用途に合ったデータ通信容量のプランがある格安SIMの中から、できるだけ月額料金がお得な格安SIMを選ぶことが重要です。

例えば、UQモバイルYモバイルの料金プランはシンプルで、「S」「M」「L」の3種類のサイズの中から選ぶようになっています。

キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMによって料金プランはさまざまなので、公式サイトで確認してみましょう!

両者の料金プランでは、データ通信容量はSが3GB、Mが15GB、Lが25GBとなっており、データ通信容量や月額料金に違いがあります。

ネットをあまり使わない方はSサイズ、たくさん使いたい方は25GBなど、自身の使用用途や頻度に応じて選ぶことが重要です。

また、同じネットでもテキストメインのWebサイトを閲覧するのと、YouTubeで動画を視聴するのとではデータ通信量がまったく異なります。

キャラクター画像
まま子さん
毎月どれくらいネットを使っているのか、大まかに通信量を見積もってみよう!

動画やオンラインゲームをたくさんプレイする場合は、25GBの料金プランでも足りないことがあるため、もっと大容量のプランがある格安SIMが必要なこともあるでしょう。

その場合は、楽天回線対応エリアなら使い放題になる楽天モバイルや、最大1.5Mbpsで使い放題になるオプションがあるmineoにするなど、他の選択肢も検討してみることが需要です。

ただし、大容量の料金プランがある格安SIMは価格も高くなることがあるので、データ通信容量と月額料金のバランスで比較してみましょう。

格安SIMの選び方②:追加できるオプションサービスの内容で選ぶ

格安SIMはサービス内容がシンプルな印象があるかもしれませんが、実は豊富なオプションサービスを選べるところも少なくありません。

そのため、料金プランや月額料金だけではなく、必要なオプションサービスを契約できるかどうかも重要な要素です。

例えば、格安SIMで見落としがちなのが「通話オプション」です。格安SIMであっても通話料金はキャリアと同じところが多いので、電話を掛けることが多い方は意外と料金が高くなります。

キャラクター画像
まま子さん
ネットは安いけど電話代が高くてビックリ、なんてこともあるわね……

そのため、「10分かけ放題」や「無制限かけ放題」など、お得な通話オプションがある格安SIMを選ぶのがおすすめです。

また、格安SIMの中には「使い放題オプション」や「カウントフリーオプション」など、データ通信容量が消費されなくなる有料オプションを契約できるところもあります。

格安SIMで気になるのがデータ通信容量ですが、こうしたオプションを活用すれば通信量を節約して、月末にギガがピンチになるのを防ぐことができます!

キャラクター画像
すーちゃん
使い放題やカウントフリーを活用すれば、データ通信容量に悩まなくて済むようになるよ!

格安SIMには意外とお得なオプションサービスが充実しているので、自身の用途に合うサービスがある格安SIMを選んでみましょう!

格安SIMの選び方③:利用する通信回線や対応エリアで選ぶ

格安SIMを選ぶ際は、通信回線や対応エリアにも注目してみましょう。なぜなら、格安SIMはキャリアの回線を使用しているからです。

自社回線を一部保有している楽天モバイルを除き、格安SIMはドコモ・au・ソフトバンクいずれかのキャリア回線をレンタルしています。

何が重要なのかというと、格安SIMによって使用回線が異なるため、現在の端末の継続利用の可否や回線の使用感なども変わるということです。

キャラクター画像
すーちゃん
意外と重要なポイントなので、回線については要チェックだよ!

キャリアで購入したスマホ端末には「SIMロック」が掛かっており、他の回線では使えないようにロックされています。

例えば、ドコモで購入した端末はドコモキャリアか、ドコモ回線を使用する格安SIMでないと使えません。

他の回線で使うためには「SIMロック解除」が必要となり、キャリアで手続きしないといけません。手間がかかりますし、手続き方法によっては3,300円(税込)の手数料も必要です。

SIMロック解除なしで格安SIMに乗り換えるには、現在のキャリア回線と同じ回線を使用している格安SIMを選ぶ必要があります。

キャラクター画像
まま子さん
SIMロック解除は面倒なので、できれば避けたいよね!

また、格安SIMの対応エリアはキャリア回線の仕様と同じなので、別の回線に乗り換えれば対応エリアや使用感も変わります。

対応エリアについてはどのキャリアも全国対応なので大きな差はありませんが、使用感は違いを感じることがあるため、気になる場合は同じ回線の格安SIMを選ぶ方が無難です。

格安SIMによっては、mineoのように3つのキャリア回線すべてに対応しているものもあるので、公式サイトなどで料金プランを確認してみましょう。

また、5Gを利用したい場合も格安SIMによって対応状況が大きく変わるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

格安SIMの選び方④:「音声通話プラン」や「データ通信専用プラン」で選ぶ

「音声通話プラン」や「データ通信専用プラン」など、料金プランの機能によって選ぶことも重要です。

音声通話プランはいわゆる普通のプランで、ネットと電話ができる料金プランです。一方で、データ通信専用プランはネットしか使えず、電話には対応していません。

両者のプランは月額料金が異なり、基本的には音声通話プランの方が少し高くなることがほとんどなので、少しでも節約したい場合はデータ通信専用プランも有効な選択肢です。

特に、現在は電話はLINEやWhatsAppなどのメッセージアプリで代用できるため、データ通信専用プランでも問題ないこともあります。

キャラクター画像
すーちゃん
メッセージアプリの通話はデータ通信で行うから、データ通信専用プランでも使えるよ!

また、すでにスマホを契約していてサブ機が必要な場合も、サブ機はデータ通信専用プランで大丈夫というケースが多いです。

しかし、格安SIMによっては楽天モバイルのように、データ通信専用プランは提供されていないところも少なくありません。

そのため、データ通信専用プランを契約したい場合は、データ通信専用プランを提供している格安SIMを選ぶようにしましょう。

格安SIMの選び方⑤:回線の通信速度から選ぶ

格安SIMを選ぶ際は、回線の「通信速度」も非常に重要な要素です。通信速度はスマホの快適さにダイレクトに影響するため、できれば速い回線を選びたいものです。

しかし、格安SIM事業者が公表している通信速度はあくまで「理論値」で、どの事業者も同じ数値となっています。

理論値はベストな通信環境での速度を示すものですが、実際には周囲の環境や混雑度に影響されるため、理論値より大幅に速度が遅くなるケースがほとんどです。

キャラクター画像
すーちゃん
そこでおすすめしたいのが、「実測値」による比較だよ!

みんなのネット回線速度」というサイトでは、各格安SIMユーザーの平均通信速度が掲載されています。

このサイトで格安SIMを検索すれば平均速度などが分かるため格安SIM選びの参考になります。

格安SIMによって通信速度はさまざまで、UQモバイルやYモバイルのようにキャリア並みに速いところもある一方で、速度がかなり控えめな格安SIMもあります。

キャラクター画像
まま子さん
平均速度が速い格安SIMは、基本的に混雑時でも遅くなりにくく快適な傾向があるよ!

なお、速度には「上り(送信)」と「下り(受信)」がありますが、通常の用途で重要なのは下り側なので下りの速度を重視しましょう。

こうした計測サイトを活用すれば実際の速度が分かるため、快適さを重視する方はぜひ参考にして格安SIMを選んでみましょう!

主要な格安SIMの紹介と比較

主要な格安SIMの紹介

格安SIMにはたくさんの種類があり、それぞれ特徴も異なっています。

ここからは、主要な格安SIMのプラン概要について解説します。

キャラクター画像
すーちゃん
それぞれの特徴をチェックして、自分に合う格安SIMを探してみてね。

Yモバイル|通信速度と家族割が魅力!5Gにも対応

Ymobile banner

 

Yモバイルは、ソフトバンクがサブブランドとして展開している格安SIMで、速度の速さと家族割が特徴です。

ソフトバンク提供なので店舗数が非常に多く、お店でサポートを受けられることも見逃せません。

キャラクター画像
まま子さん
ネット上での色々な手続きが苦手な人には、Yモバイルがおすすめになるのね。

Yモバイルの料金プランは、以下の3種類です。

Yモバイルの月額料金(シンプルS/M/L)
データ通信容量 速度制限時の最大速度 月額料金
S 3GB 300kbps 2,178円
M 15GB 1Mbps 3,278円
L 25GB 1Mbps 4,158円

Yモバイルはプラン数が3つとシンプルで、3GB以外は15GB、25GBといった大容量になっています。

Yモバイルは、動画再生をたくさんする人でも選びやすい選択肢となりますね。

キャラクター画像
まま子さん
月額料金も最低2,178円だから、基本料金はちょっと高めなんだね。

Yモバイルには家族割があり、2回線目以降は1,188円引きとなるため、例えば3GBのSなら月額990円しかかかりません。

家族みんなで格安SIMに乗り換える際は、Yモバイルを要検討ですね。

なお契約期間の設定はなしで、いつでも無料で解約・MNP転出が可能です。

Yモバイルは回線を所有するソフトバンクが自ら手掛ける「MNO」タイプであるため、お昼なども速度は高速です。

さらに通信量を使い切った速度制限時も、M・Lなら1Mbpsと速めのスピードなので、動画再生などを問題なく行なえますよ

キャラクター画像
すーちゃん
ちなみに他社では、速度制限時は基本的に200kbps程度まで速度が抑えられるから、メールや軽いネットサーフィンができる程度なんだよね。

5Gにも既に対応済み、エリア内ならさらなる高速で使えます。

キャラクター画像
まま子さん
家族で使えば2回線目以降は安くて、さらに速度も安定しているってことね…。Yモバイル、なかなか良さそうだね。
キャラクター画像
すーちゃん
ただし1Mbps時の動画再生は、YouTubeでいう480pくらいの「標準画質」より上にすると読み込みが長くなってしまうので注意。

なおYモバイルの通話料金は通常30秒22円ですが、通話オプションを契約すればかけ放題も使えます。

Yモバイルの通話オプション
特徴 月額料金
だれとでも定額 10分かけ放題 770円
スーパーだれとでも定額(S) かけ放題 1,870円

格安SIMだとあまり提供されていない、無制限の国内通話かけ放題も利用できるので、通話をする機会が多い人もYモバイルなら安心ですね。

そしてもう一つ、Yモバイルで見逃せないのはキャリアメールを使えることです。

格安SIMでは基本的にキャリアメールが使えないので、キャリアメール以外をブロックしている相手とメールをするには事前に使うフリーメールなどの受信許可をしてもらわないといけません。

Yモバイルならキャリアメールを無料で使えるので、面倒な手続き無しでキャリアメールユーザーとメールで連絡を取れますよ。

キャラクター画像
まま子さん
なかなか重要なポイントだね!キャリアメールしか持ってなくて、迷惑メール対策のためにキャリアメール以外のメッセージをブロックしている人も世の中にはそこそこいるし…。
キャラクター画像
すーちゃん
キャリアメールを使いつつスマホ代を下げたいなら、Yモバイルはおすすめの選択肢になるよ。

以上のように、家族でスマホを使う方や大手キャリアのように快適にスマホを使いたい方にはYモバイルがおすすめです。

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト Yモバイル専門情報サイトでもっと詳しく見る

UQモバイル|通信速度高速・データくりこし対応!

UQmobile banner

UQモバイルは、auでお馴染みのKDDIが展開しているサブブランドの格安SIMです。

UQモバイルはキャリアのサブブランドであるため取り扱い店舗が多く、実店舗でのサポートを受けやすくなっています

キャラクター画像
まま子さん
店舗でのサポートを受けるなら、YモバイルかUQモバイルって感じね。

月額料金は以下の3種類のプランで展開されていて、3GB~25GBを選べるしくみです。

キャラクター画像
まま子さん
3GBで十分なライトユーザーと、動画などを活用するヘビーユーザー向けってことね。
UQモバイルの月額料金(くりこしプラン)
データ通信容量 速度制限時の最大速度 月額料金
S 3GB 300kbps 1,628円
M 15GB 1Mbps 2,728円
L 25GB 1Mbps 3,828円

UQモバイルは自宅割を適用すると、基本料金の金額が990円~と割安なのがUQモバイルです。

キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMは3GB1,760円が一般的だから、かなり安い料金設定だよね。

契約期間の設定はなく、いつ解約や他社への乗り換えをしても料金はかかりません。

余ったデータ容量を翌月まで繰り越すことが可能なので無駄なく使えて、さらに速度制限時もくりこしプランM・Lなら動画再生など問題なく行なえます。

大手キャリアのサブブランドなので通信速度は安定して高速、回線混雑による速度の低下で悩まされる心配はありません。

通話オプションも充実していて、3つの選択肢から選んで通話料金を抑えることができますよ。

UQモバイルの通話オプション
特徴 月額料金
国内通話10分かけ放題 10分かけ放題 770円
国内通話かけ放題 かけ放題 1,870円
通話パック 毎月60分の通話が定額 550円

またUQモバイルでは、キャリアメールを月額220円で使うことも可能です。

Yモバイルと違って有料にはなりますが、キャリアメールを連絡用にどうしても持っておきたい場合に契約できるのは大きなメリットですね。

スマホを徹底的に安く、そして快適・便利に使いたい人は、UQモバイルを検討してみてください。

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

UQモバイル専門情報サイトでもっと詳しく見る

mineo|3キャリア対応でシンプル!

mineo(マイネオ)

mineoは、関西電力グループのオプテージが提供する格安SIMです。

mineoは大手キャリアから回線帯域の一部を借りて展開する一般的な形態(MVNO)の格安SIMで、ドコモ、au、ソフトバンクの3回線から好きなものを選んで契約可能です。

つまり今契約しているのがドコモ、au、ソフトバンクのどれでも、手持ちのスマホをそのまま使い続けられる可能性が高くなっています。

キャラクター画像
すーちゃん
詳しい対応可否はmineo公式サイトからチェックできるよ。

mineoの料金プランは、以下の表にまとめました。

mineoの月額料金
お試し200MB 1,100円(2ヶ月経過で1GBコースに自動移行)
1GB 1,298円
5GB 1,518円
10GB 1,958円
20GB 2,178円

mineoでは小容量の1GBや、大容量の20GBを選ぶことが可能です。

さらに他社だと3GB程度の月額料金で5GB使える、中容量の10GBも選べるといった点も見逃せません。

格安SIM初心者向けに、2ヶ月間利用可能な200MBコースも提供されているので、試してみるのも良いですね。

キャラクター画像
まま子さん
選択肢が多くて料金も安いってことね。
キャラクター画像
すーちゃん
5GBは3GBプランより2GBも大きいから、「3GBだとちょっとギリギリ…」という人も安心して使えるよ。

なお、月額220円で5Gの利用も可能となっています。

またmineoでんわのアプリを使えば、30秒10円の割安価格で通話可能ですよ。

その他の特徴としては、他の利用者とパケットを分け合えるフリータンクやパケットギフトといったサービスがあり、mineoユーザー全体での助け合いが盛んなことが挙げられます。

コミュニティサイト「マイネ王」でスマホについて相談し合える、スタッフがサービスの状況をブログで日々報告しているなどの独特な世界観がmineoにはあるので、ハマる人はハマる格安SIMですね。

その他の特徴としては、「パケットPlus」を使えば最大1.5Mbpsでデータ使い放題になったり、「マイそく」でデータ使い放題プランを2種類から選択できたりなど、データ使い放題を利用したい人にはぴったりのサービスも展開!

大手キャリアから手持ちのスマホをそのままで格安SIMに乗り換えたい方は、3キャリア対応のmineoを検討してみてください。

今なら「パケット放題Plus」が2ヶ月無料!
mineo公式サイト

mineo専門情報サイトでもっと詳しく見る

IIJmio|低価格・eSIMにも対応

IIJmio banner

IIJmioは、大手インターネットプロバイダのIIJが展開している格安SIMです。

ドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAで展開されているので、ドコモユーザーとauユーザーは手持ちのスマホをそのままで乗り換えやすくなっています。

スマホの端末割引キャンペーンが盛んに行われているので、手持ちのスマホが壊れている方や、ソフトバンクユーザーでも気軽に乗り換えられますよ。

IIJmioの料金プランは、以下のとおりです。

IIJmioの料金プラン(音声通話SIM)
2GB 850円
4GB 990円
8GB 1,500円
15GB 1,800円
20GB 2,000円

IIJmioの小容量プランには2GBと4GBがあるので、「3GBでも多い」という人や「3GBじゃちょっと物足りない」といった人でも使いやすいですね。

キャラクター画像
まま子さん
料金も1,000円未満からだから、かなり安いよね。

全体的に料金設定が割安なので、スマホ代を抑えたい人にとってIIJmioは要検討です。

音声通話SIMの解約金はなしなので、いつでも自由に解約・乗り換えができますよ。

またIIJmioは、データ通信専用の「eSIM」も提供しています。

IIJmioの料金プラン(eSIM)
2GB 440円
4GB 660円
8GB 1,100円
15GB 1,430円
20GB 1,650円

iPhoneやPixelシリーズといった対応機種を持っている方は、他の音声通話SIMを契約しつつIIJmioでeSIMを導入すれば、データ通信量を安く増やせて便利ですよ。

キャラクター画像
すーちゃん
例えば他社で3GBを契約しているけど、もう2GB欲しいからIIJmioでeSIMを契約、みたいなことができるんだよね。
キャラクター画像
まま子さん
IIJmioはドコモ・au回線で契約できるから、メインと異なる回線でeSIMを契約すれば、片方が圏外になってもIIJmioで通信可能!みたいな裏技も使えるわね。

そしてIIJmioでは、通話オプションを2種類提供していて、またみおふぉんダイアルアプリを使えばオプション無しでも30秒11円の半額通話が可能です。

IIJmioの通話オプション月額料金
誰とでも3分&家族と10分 660円
誰とでも10分&家族と30分 913円

通信速度については、お昼や夕方~夜は回線が混み合って速度が低下する場合があります。

IIJmioは、できるだけ安い料金で通信を行いたい方や、eSIMを使いたい方におすすめの格安SIMです。

スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

IIJmio専門情報サイトでもっと詳しく見る

BIGLOBEモバイル|エンタメフリー・オプションで動画や音楽を自由に楽しめる!

BIGLOBEモバイル公式

出典:BIGLOBEモバイル(https://join.biglobe.ne.jp/mobile/)

BIGLOBEモバイルは、大手インターネットプロバイダのビッグローブが展開している格安SIMです。

キャラクター画像
すーちゃん
ちなみにビッグローブはKDDIの子会社になっているんだけど、BIGLOBEモバイルは大手キャリアから回線を借りてサービスを提供するMVNOタイプの格安SIMなんだ。

回線はドコモとauを選択でき、月額料金は以下のとおりとなっています。

BIGLOBEモバイルの月額料金
1GB 1,078円
3GB 1,320円
6GB 1,870円
12GB 3,740円
20GB 5,720円
30GB 8,195円

月額料金の時点で3GB1,760円といった平均的な料金よりも安価ですが、重要なのは「エンタメフリー・オプション」の存在です。

月額308円(データSIMは1,078円)のエンタメフリー・オプションに加入すると、対象サービスが使い放題になります。

キャラクター画像
すーちゃん
前までは1GBプランだと加入できなかったけど、今はOKだよ。
  • YouTube(YouTube Kids含む)
  • ABEMA
  • U-NEXT
  • Spotify
  • AppleMusic
  • YouTube Music
  • AWA
  • LINE MUSIC
  • Amazon Music
  • 楽天ミュージック
  • RecMusic
  • dヒッツ
  • radiko
  • らじる★らじる
  • dマガジン
  • 楽天マガジン
  • dブック
  • 楽天Kobo
  • Facebook Messenger
  • au PAYマーケット
キャラクター画像
まま子さん
YouTube見放題は凄いね!

例えば3GBプランを契約するなら、3GB月額合計1,628円で、YouTubeなどは見放題に。

なおMVNOなので、通信速度はお昼などの混雑時に下がる場合があります。

BIGLOBEモバイルの通話オプションは、無料の半額通話に加えて以下の4つのオプションを選択可能です。

BIGLOBEモバイルの通話オプション
3分かけ放題 660円
10分かけ放題 913円
通話パック60(60分定額) 660円
通話パック90(90分定額) 913円

なお、BIGLOBEモバイルの解約金は1,100円ですが、サービス開始翌月を1ヶ月目として12ヶ月間使えば無料で解約できます。

キャラクター画像
まま子さん
1年間使えば解約金はかからなくなるのね。

YouTubeやSpotifyなどのエンタメフリー・オプション対象サービスを活用している方は、BIGLOBEモバイルへ乗り換えてお得にコンテンツを楽しみましょう。

BIGLOBEモバイル公式サイト

BIGLOBEモバイル専門情報サイトでもっと詳しく見る

ドネドネ|たっぷり大容量の50GBがたったの2,728円

donedone公式サイト

出典:donedone(https://www.donedone.jp/)

2021年に新登場した格安SIM「donedone(ドネドネ)」。

実はこちらも先程のBIGLOBEモバイルが運営しています。

ドネドネの料金プランは以下とおり。

ドネドネの料金プラン
通信量 特徴 月額料金
ベーシックUプラン 50GB 最大3Mbpsで通信できる 2,728円
カスタムUプラン 50GB 対象アプリ2種類を速度無制限で、その他のサービスは最大1Mbpsで利用できる 2,728円
エントリープラン - データ通信専用・最大128kbps、クーポン利用でベーシックUやカスタムUを14日間試すことができる(今後快適通信チケットなども提供予定) 0円

「ベーシックUプラン」「カスタムUプラン」の2つがメインのプランですが、それぞれ通信速度が最大3Mbps、1Mbpsとなります。

少し制限はされるものの、この速度であれば一般的なスマホの利用であればほとんどストレスを感じることはありません

また、「カスタムU」は対象のアプリ2種類までを速度無制限で利用出来ますので、動画は高画質で思う存分観たいという方にも最適です。

速度無制限の対象アプリは以下の10種類。

  • YouTube
  • ABEMA
  • TikTok
  • TELASA
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • Spotify
  • Amazon Music
  • モンスターストライク

通信制限を受ける事なく、たっぷり利用したい方は是非ドネドネを検討してみてください!

ドネドネ公式サイト

OCNモバイルONE|かけ放題対応のSIMを安く利用可能!スマホの割引販売が充実

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが展開している格安SIMで、ドコモ回線のみに対応しています。

キャラクター画像
すーちゃん
MVNOなので回線をドコモから借りて展開しているんだけど、通信速度は2021年現在だと朝から晩までそこそこ高速が出るというSNS上の評判だったよ。
キャラクター画像
まま子さん
あくまでも他社から回線を借りているサービスだから、一応速度最重視の人は注意したほうが良さそうね。

auやソフトバンクユーザーで手持ちの機種を使えない場合は、スマホのセット販売が充実しているのでセット購入をしましょう。

キャラクター画像
まま子さん
新しいスマホをお得に買えるのは、かなり嬉しいわね。
キャラクター画像
すーちゃん
iPhoneなどもタイミングによっては取り扱われていて、ラインナップの充実度も高いんだ。

OCNモバイルONEの月額料金は、以下の4種類です。

OCNモバイルONEの月額料金
500MB 550円
1GB 770円
3GB 990円
6GB 1,320円
10GB 1,760円

料金は3GBでも1,000円を切るなどかなり抑えられていますが、10GBより大きいプランは選べないことにご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
同じNTT系列のドコモが20GBのahamoを出していることもあってか、大容量プランは最近の価格改定時になくなっちゃったんだよね。

プランの最低利用期間はないので、いつでも無料で解約できますよ。

OCNモバイルONEで重要なのは通話オプションで、なんと格安SIMでは数少ない完全なかけ放題を安価な料金で契約できます

OCNモバイルONEの通話オプション
10分かけ放題 850円
完全かけ放題 1,430円
トップ3かけ放題(通話時間が長かった上位3番号が通話定額) 935円

月額2,200円でかけ放題+1GBの契約ができてしまうので、ネットより通話メインの人にもOCNモバイルONEは最適です。

オプション未契約でも、30秒11円の半額通話をもれなく利用できますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
しかも、OCNモバイルONEのかけ放題や半額通話はアプリ不要で使えるんだ。

OCNモバイルONEは、通話をたくさんする人や、あまり通信量が多くない人におすすめの格安SIMです。

OCNモバイルONE公式サイト

OCNモバイルONE専門情報サイトでもっと詳しく見る

その他の格安SIM

ここまで主要な格安SIMの特徴を詳しく解説してきましたが、格安SIMはここでは紹介しきれないほどにたくさんあります。

知っておきたいその他の格安SIM3社の特徴を簡単にまとめたので、参考にしてください。

イオンモバイル|イオンでサポート・通信容量の選択肢が豊富

イオンモバイル

イオンモバイルはその名のとおり、イオンが展開している格安SIMです。

イオンモバイルはドコモ回線とau回線を選択可能で、0.5GB~50GBという幅広い容量で契約できるのが特徴です。

キャラクター画像
すーちゃん
料金プランは以下の通り。
イオンモバイルの月額料金
0.5GB 803円
1GB 858円
2GB 968円
3GB 1,078円
4GB 1,188円
5GB 1,298円
6GB 1,408円
7GB 1,518円
8GB 1,628円
9GB 1,738円
10GB 1,848円
20GB 1,958円
30GB 3,058円
40GB 4,158円
50GB 5,258円

イオンモバイルでは1~10GBを1GB単位で選べるので、自分の使い方と完全にピッタリの容量で契約したい人には嬉しいですね。

大容量プランも豊富なので、料金を抑えつつ大容量通信をしたい人もイオンモバイルは要検討です。

最低利用期間はなく、いつでも無料で解約・MNPができますよ。

またイオンモバイルはイオンでサポートを受けられるので、「困ったときにお店で相談したい」という方にもおすすめです。

イオンモバイル公式サイト

nuroモバイル|月額料金が激安!

nuromobile banner

nuroモバイルは、ソニーネットワークコミュニケーションズが展開している格安SIMです。

nuroモバイルではドコモ、au、ソフトバンク回線を選択でき、月額料金がとにかく安くなっています。

nuroモバイルの月額料金
3GB(VSプラン) 792円
5GB(VMプラン) 990円
10GB(VLプラン) 1,485円
0.2GB(データSIM、SMS対応SIMのみ) 330円(データSIM)
20GB(NEOプラン) 2,699円
20GB(NEOプラン Lite) 2,090円

3GB792円、5GB990円などの音声通話SIMにおける月額料金はまさに破格なので、とにかくスマホ代を下げたい!という方はnuroモバイルを検討してみてください

ソフトバンク回線の使い放題プランも魅力的ですが、音声通話ができないのでモバイルルーターなどで自由に通信したい人におすすめです。

nuroモバイルも解約金はなし、自由にいつでも解約・乗り換えができますよ。

nuroモバイル公式サイト

exciteモバイル|使った分だけ料金を支払うプランがある!

エキサイトモバイルはドコモ回線とau回線対応の格安SIMで、使った分だけ料金を支払う「Fit」と定額の「Flat」から選べます。

Fitプランの月額料金
低速のみ 495円
~3GB 880円
~7GB 1,430円
~12GB 1,980円
~17GB 2,750円
~25GB 3,245円

Fitプランは最大25GBまで利用可能なので、毎月の通信量が不安定かつ25GBには収まる人に使いやすいプランですね。

Flatプランの月額料金
低速のみ 660円
3GB 1,210円
12GB 1,650円
20GB 2,068円
25GB 2,970円
30GB 4,400円
40GB 7,700円
50GB 11,198円

Flatプランは20GB2,068円などそこそこ安価な料金設定となっているので、安くたくさん通信したい人におすすめです。

ただし40GB以上は料金が高めなので、40GB以上を使うならドコモのギガホプレミアなど、使い放題系の他社プランを検討しましょう。

エキサイトモバイル公式サイト

格安SIMではないけど同じくらい安いプラン

格安SIMではないけど同じくらいお得なもの

2021年現在は、自社回線を所有する大手キャリアが格安SIMと同じくらい安いプランを提供しています。

キャラクター画像
まま子さん
ドコモの「ahamo」とかのことよね。

見逃せないプランなので、それぞれ解説します。

ちなみにここから紹介する4つのサービスはいずれも大手キャリア提供となっているので、速度は高速です。

ahamo以外は音声通話可能なeSIMに対応しているので、iPhone 12シリーズなどを持っている方はSIMカードの配送を待たずにすぐ使い始められるのも嬉しいポイントですよ。

楽天モバイル|月額0円から使える!使い放題にも対応

Rakutenmobile banner

 

楽天モバイルは、楽天が自社回線で展開しているサービスです。

以前は大手キャリアから借りた回線を使った格安SIMでしたが、2020年春より自社回線を使った大手キャリアにパワーアップしました。

キャラクター画像
すーちゃん
ただし、自社回線がまだ届いてない場所ではauのパートナー回線が使われることに注意。

楽天モバイルはなんと月額0円から利用可能で、使った容量に応じて料金が上がり、最終的に3,278円で使い放題となります。

楽天モバイルの月額料金
~1GB 0円
~3GB 1,078円
~20GB 2,178円
20GB以上(楽天回線エリア外は速度が1Mbpsに制限) 3,278円

段階的に支払額が上がることには注意が必要ですが、0円から使えてしまうのは驚異的ですよね。

ココに注意

2022年7月1日からの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」より最低料金は1,078円となります。

キャラクター画像
まま子さん
上限が3,278円でそこまで高額じゃないし、上限額到達時の通信容量に制限がないのはかなりすごいかも。

自社回線と本家auの回線なので速度はもちろん高速、さらに契約期間の設定がないのでいつでも無料で解約・乗り換えができますよ。

そして見逃せないのが、楽天モバイルでは通話料金も無料にできてしまうことです。

Rakuten Linkというアプリを使うことで、国内通話やSMSを無料で行うことができますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
ただしiPhoneユーザーのみ、2021年6月15日からは相手がRakuten Linkを使っていない場合にSMS送信料がかかるようになるので気をつけてね。

通信量と通話料を抑えてお得にスマホを使えるのが、楽天モバイルの魅力です。

また楽天モバイルは、端末ラインナップが充実していることも見逃せません。

楽天モバイルのiPhone

参照:楽天モバイル公式サイト(https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/iphone/?l-id=product_product_iphone)

楽天オリジナルのスマートフォンやAndroidスマートフォンに加えて、なんと最新iPhoneも正式に新品を販売しています。

格安のスマートフォン会社でiPhone 12シリーズを常時新品で販売しているのは楽天モバイル以外にほとんどないなので、iPhoneユーザーは要チェックですね。

キャラクター画像
すーちゃん
ちなみにYモバイルでもiPhone 12とminiは常時販売しているんだけど、Proシリーズが未発売なんだよね。

また楽天モバイルは、次項より紹介する大手キャリアのオンラインプランと違って、実店舗がたくさんあります。

実店舗で契約や各種手続きといったサポートを受けられるので、大手キャリアの通常プランと同じように使えますよ。

スマホ代を通話料金も含めて徹底的に下げてお得に・便利に使いたい方は、楽天モバイルを検討してみてください。

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

楽天モバイル専門情報サイトでもっと詳しく見る

ahamo|5分かけ放題標準付帯!スマホのセット購入にも対応

ahamo banner

ahamoは、ドコモがオンライン受付専用で展開している激安プランです。

ahamoは月額2,970円で20GB、5分かけ放題標準付帯の1種類のみで展開されています。

キャラクター画像
すーちゃん
無制限のかけ放題は、月額1,100円で利用できるよ。

ahamoに契約事務手数料や解約金はないので、いつでも自由に契約・解約を行えることも見逃せません。

キャラクター画像
まま子さん
シンプルでわかりやすいわね。

ahamoでは、大手キャリアの品質を持つ大容量プランを安く使えます。

ただし、20GB以外は選べないことにご注意ください。

なお20GBを使い切っても1Mbpsで動画を見たり、SNSを楽しんだりはできるので、動画の高画質再生などを求めない限りは使い放題と変わらないような使用感となっています。

小容量でもっと安くスマホを使いたい場合は、ここまでに紹介したOCNモバイルONEやBIGLOBEモバイルなども検討しましょう。

また大手キャリアのプランではありますが、キャリアメールには非対応です。

キャラクター画像
すーちゃん
キャリアメールを使いたい場合は、YモバイルやUQモバイルを検討しよう。

そしてahamoはオンライン専用プランで、申し込みや利用開始後の各種サポートはオンラインでのみ受け付けています。

キャラクター画像
まま子さん
安いプランだけど、細かい注意点があるってことね。

ahamoの見逃せない魅力としては、新しいスマートフォン端末をいつでも購入できることも挙げられます。

iPhone 13やXperia 1II、そしてGalaxy S20をahamoでセット購入できることに加えて、ドコモオンラインショップでの機種変更にも対応しています。

続いて紹介するLINEMOやpovoはスマホの購入に非対応なので、プランの契約に合わせて新しいスマホを買いたい場合はahamoが一番便利ですよ。

なおahamoはeSIMに非対応なので、物理的な通常のSIMカードをスマホに入れての利用が必須となることにご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
楽天モバイルやLINEMO、povoではeSIMが使えるから、ちょっと気をつけたいね。

ahamoは、通話をする機会が度々あって、大容量をとにかく安く使いたい方や新しいスマホを自由に購入したい方におすすめです。

docomo Online Shop公式 ahamo公式サイト

ahamoの完全ガイドはこちら

LINEMO|LINE使い放題が便利!通話定額の割引キャンペーンも開催

ahamoのプラン

参照:LINEMO公式サイト(https://www.linemo.jp/plan/)

LINEMOは、ソフトバンクがオンライン受付専用で展開中の料金プランです。

LINEMOはソフトバンクが自ら展開しているため速度はもちろん高速、月額2,728円で通信量は20GBとなっています。また、20GBでは多いという人向けに3GB990円の格安プランも用意されています。

3GB・20GBを使い切っても、動画再生など可能な1Mbpsで通信できますよ。

大容量を安く使いたい場合、LINEMOもまた魅力的な選択肢になりますね。

契約期間はなしでいつでも無料解約・乗り換え可能、契約事務手数料さえもかかりません。

ahamoと違う点としては、かけ放題が標準付帯ではないので、通話料金が通常30秒22円となっていることが挙げられます。

かけ放題は通話オプションでの提供になっていて、5分は550円、無制限通話は1,650円の月額料金が加算されますよ。

ただし、終了日未定でかけ放題のオプション料金が1年間550円割引になるキャンペーンが開催されているので、1年間は負担を抑えられます。

キャラクター画像
まま子さん
2年目からは料金がかかることに注意だけど、1年間はお得に通話できるのね。
キャラクター画像
すーちゃん
あと通話関連がオプションな分、通常月額料金はpovoともども242円ほどahamoより安いよ。

LINEMO独自の特徴は、LINEギガフリーの存在です。

LINEMOユーザーは、LINEのトークや通話において通信量が消費されません。

キャラクター画像
すーちゃん
つまり、LINEMOならLINEが使い放題ってこと。どれくらいメッセージをやり取りしたり、電話をしたりしても大丈夫!
キャラクター画像
まま子さん
なるほど、友達や家族とはLINEで通話すればたくさん話しをしても大丈夫なのね。

そしてLINEMOの注意点には、ahamoと同様オンライン専用なので、ソフトバンクショップなどの実店舗で申し込んだり、サポートを受けたりできないことが挙げられます。

キャリアメールも利用できないので、キャリアメールや店舗サポートを受けたいソフトバンクユーザーの方は、同じソフトバンクの格安SIM・Yモバイルなどを検討してみてください。

LINEを活用していて大容量を安く使いたい方は、LINEギガフリー対応・大容量20GBのLINEMOの利用がおすすめです。

今ならミニプランが実質半年間無料!
LINEMO公式サイト

LINEMOの完全ガイドはこちら

povo|24時間使い放題オプションが魅力!

povo

参照:povo公式サイト(https://povo.au.com/)

povoは、auが展開しているオンライン専用の激安料金プランです。

基本料金0円で、自分の用途に合ったトッピングを追加して自分だけの料金プランを作ることができるのが特徴です。

参考までに、データトッピングを紹介します。

トッピング 料金
データ使い放題(24時間) 330円/回
データ追加1GB(7日間) 390円/回
データ追加3GB(30日間) 990円/回
データ追加20GB(30日間) 2,700円
データ追加60GB(90日間) 6,490円
データ追加150GB(180日間) 12,980円

このように、自分の用途に合ったトッピングを選んで使うことができます。

尚、通話トッピングは5分かけ放題が月額550円、無制限だと1,650円で利用できます。

契約事務手数料や解約金は無料なので、いつでも自由に契約・解約できますよ。

特にpovoの特徴として挙げられるのが、月額330円の「データ使い放題24時間」です。

申し込むことで1日の通信量を無制限にできるので、旅行や出張などで一時的にたくさん通信したい時に20GBからの容量消費を抑えられるのが嬉しいですよね。

デメリットとしては、povoはオンライン受付専用プランなので、店舗でのサポートや申し込みは不可、キャリアメールも使えません

店頭サポートやキャリアメールを活用したい場合は、UQモバイルなどを検討するのがおすすめになります。

povoは、スマホを日々活用していて、不定期に大容量の通信を行う日があるような方にとくに最適な料金プランです。

povo公式サイト

povoの完全ガイドはこちら

 

ニーズ別にオススメの格安SIMをご紹介!

ここまで様々な格安SIMを紹介してきましたが、たくさんありすぎて、どうにも選択肢を絞りづらいと感じた方もいるのではないでしょうか。

キャラクター画像
まま子さん
確かに、かなりたくさんあってますますどれを選べばいいかわからなくなってきたかも…。

ここからは様々なニーズごとのおすすめの格安SIMを紹介していきます。

自分が重視するポイントにおける、おすすめの格安SIMをチェックしてみてください。

通信速度重視の方

通信速度が大事な方にオススメの格安SIM

通信速度を大事!という方には、以下の2社の格安SIMがおすすめです。

  1. Yモバイル
  2. UQモバイル

それぞれの特徴をかんたんにまとめます。

なお、楽天モバイルやahamo、LINEMO、povoといった格安SIMではない安価な料金プランも高速なので、合わせて検討してみてくださいね。

Yモバイル|5G対応、ソフトバンクの高速回線

Yモバイルはソフトバンクが自ら展開している格安SIMであり、ソフトバンクの自社回線をそのまま使っているため高速です。

お昼や夜などの回線が混み合いやすい時間帯でも、快適に動画を見たり、アプリをダウンロードしたりできますよ。

UQモバイルとの違いとして知っておきたいのが、2022年6月時点で5G回線にも対応していることです。

5Gのエリア内に住んでいる・通うことが多い方は、Yモバイルならより高速で通信を行えます。

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

UQモバイル|auの高速回線で快適に通信可能

UQモバイルはauが自ら展開する格安SIMで、通信速度が高速です。

私もUQモバイルを3年ほど契約し続けていますが、速度にストレスを感じたことは一度もありませんでした。

UQモバイルも5Gに対応しているため、通信品質を重視したい方にはぴったりです!

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

とにかく月額料金を安くしたい方

料金を安くしたい人にオススメの格安SIM

とにかく月額料金を抑えたい人には、格安SIMだと以下の2社がおすすめです。

  1. IIJmio
  2. OCNモバイルONE

それぞれ特色が異なっているので、あとはどちらかの自分に合う方を選びましょう。

IIJmio|20GBまでを選択可能・プラン豊富

IIJmioは、2~20GBの5種類の料金プランで展開されています。

IIJmioの料金プラン(音声通話SIM)
2GB 800円
4GB 990円
8GB 1,500円
15GB 1,800円
20GB 2,000円

他社と同程度~もっと安い金額で、より大容量を使えるのがIIJmioの特徴です。

とくに15GB以上のプランは続いて紹介するOCNモバイルONEで利用できない選択肢なので、要チェックですね。

[iijmio_offical]

OCNモバイルONE|1~10GBで展開、かけ放題も利用可能

OCNモバイルONEは、1~10GBの4種類のプランで展開されています。

OCNモバイルONEの月額料金
1GB 770円
3GB 990円
6GB 1,320円
10GB 1,760円

1GB770円という非常に安価な料金から使えるので、スマホを使う機会がそこまで多くなく、通信量よりも安さを重視する方はOCNモバイルONEを選ぶのがおすすめですよ。

OCNモバイルONE公式サイト

大容量(20GB以上)のプランを使いたい方

大容量プランを利用したい人にオススメの格安SIM

格安SIMには、大容量のプランを提供するものも多いです。

動画再生などで大容量を使いたい人におすすめの格安SIMは、以下の4種類となります。

  1. Yモバイル
  2. UQモバイル
  3. mineo
  4. 楽天モバイル
キャラクター画像
すーちゃん
それでは、それぞれチェックしていこう。

Yモバイル|25GBを選べる!2回線目以降は割引あり

Yモバイルは、月額4,158円で25GBプランを提供しています。

2回線目以降は2,970円で使えるので、家族でYモバイルに乗り換えるなら維持費を大きく抑えられますよ。

また速度制限時も1Mbpsで通信できるので、ネットサーフィンやSNSを楽しんだり、画質は少し下げる必要があるものの動画再生をしたりもできます。

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

UQモバイル|25GBを選べる!1回線目から安い

UQモバイルでは、大容量の25GBプランを月額3,828円で利用可能です。

自宅割を使えば、さらにお得!

25GBのくりこしプランLでは、速度制限時も1Mbpsで通信できるので、標準画質での動画再生やネットサーフィンなどを利用可能です。

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

mineo|3キャリア対応の20GBプランあり

mineoでは20GBプランを月額2,178円で契約可能で、ドコモ、au、ソフトバンクの中から好きな回線を選べます。

キャラクター画像
まま子さん
容量が5GB小さくなるとはいえ、YモバイルやUQモバイルよりも1,000円~2,000円くらい安いね。

大手キャリアから手持ちのスマホをそのままで格安SIMへ乗り換え、安く大容量を使いたい場合はmineoを検討してみてください。

今なら「パケット放題Plus」が2ヶ月無料!
mineo公式サイト

楽天モバイル|使い放題で利用可能!

楽天モバイルは段階的に料金が上がっていき、3~20GBは0円~2,178円、20GB以上は3,278円で利用できます。

楽天回線エリアで利用するなら他社と違って上限がない(エリア外では20GB到達後1Mbpsに制限)、使い放題に対応しています。

楽天回線のエリア内に住んでいる方は、楽天モバイルを選べば自由に動画を見たり、アプリをダウンロードしたりとスマホを活用できますよ。

エリア外だったとしても20GB2,178円と、mineoと同じ安価な料金設定なので、十分魅力的な選択肢です。

キャラクター画像
すーちゃん
楽天モバイルは、自社回線所有で速度が速い点がmineoよりも有利。
iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

Youtubeなどを見放題で利用したい方

Youtubeなどをたくさん見る人にオススメ格安SIM

スマホで消費するメインの通信量は動画コンテンツ!という場合は、動画を自由に再生しやすい格安SIMを選びましょう。

YouTubeなどを見放題で使いたい場合におすすめとなる格安SIMは、以下の3社です。

  1. BIGLOBEモバイル
  2. Yモバイル
  3. UQモバイル

とくにBIGLOBEモバイルは、「エンタメフリー・オプション」が非常に強力ですよ。

BIGLOBEモバイル|エンタメフリー・オプションでYouTube見放題!

BIGLOBEモバイルには、月額308円で利用できる「エンタメフリー・オプション」があります。

エンタメフリー・オプションを利用すれば、YouTubeやABEMA、Spotifyなどのサービスが使い放題になります。

例えば3GBプランにエンタメフリー・オプションを追加すれば月額1,628円なので、3GBプランの平均的な月額料金でYouTubeを見放題にできますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
続けて紹介する残りの2社は大容量プランの速度制限時のスピードが速い!みたいな仕様だから、安く動画をたくさん見るならおすすめはBIGLOBEモバイルだよ。
BIGLOBEモバイル公式サイト

Yモバイル|プランM以降は1Mbpsで動画見放題

Yモバイルでは、月額3,278円のプランM(15GB)と4,158円のプランL(25GB)における速度制限時のスピードが1Mbpsです。

1Mbpsあれば、YouTubeなどの動画コンテンツを並程度の画質で再生し続けられますよ。

3GB2,178円のプランSは300kbpsなので、一応動画は見られるものの144~240pという低画質になり、映像がちょっと見づらくなります。

キャラクター画像
まま子さん
動画を自由に快適に楽しむなら、プランMやLがおすすめになるってことね。
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

UQモバイル|プランM以降は1Mbpsで動画見放題

UQモバイルでは、月額2,728円のプランM(15GB)や3,828円のプランL(25GB)において速度制限時に1Mbpsが出ます。

YouTubeの標準画質動画などを再生し続けられるので、Yモバイルともどもおすすめです。

月額1,628円で3GBのプランSは300kbpsなので、動画再生にはあまり向いていません。(見られる画質は低画質になります)

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

通話をたくさんするのでかけ放題を利用したい方

通話をたくさんする人にオススメ格安SIM

電話かけ放題に対応する格安SIMはあまり多くないので、利用する場合自然に選択肢は限られてきます。

  1. OCNモバイルONE
  2. Yモバイル
  3. 楽天モバイル

かけ放題対応の格安SIMでおすすめの3社を紹介します。

OCNモバイルONE|完全かけ放題が月額1,430円!

ドコモ回線の格安SIM・OCNモバイルONEは、月額1,430円の完全かけ放題を提供しています。

他にも月額935円で、10分かけ放題や通話料上位3番号の通話料0円オプションを展開中です。

30秒11円の半額通話にも、無料で対応していますよ。

さらにOCNモバイルONEでは、多くの格安SIMと異なり通話料金を抑えるアプリなどの利用が必要ありません。

電話をかける機会が多く、月額料金を抑えつつ通話料金も徹底的に抑えたい!という方は、OCNモバイルONEを検討してみてください。

OCNモバイルONE公式サイト

Yモバイル|10分かけ放題と無制限かけ放題に対応

Yモバイルでは、月額770円の10分かけ放題と、1,870円の完全なかけ放題を契約できます。

通話用のアプリ不要、ソフトバンクの広いエリアで快適に通話を行えますよ。

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

楽天モバイル|Rakuten Linkから無料でかけ放題!

楽天モバイルは、専用アプリのRakuten Linkを使うことで通話料金を無料にすることが可能です。

アプリを入れる手間はかかるものの、有料オプション無しでもれなく通話料金の負担をなくせるのは大きな魅力ですよね。

キャラクター画像
まま子さん
確かに、しかも楽天モバイルって1GBまでは月額0円だもんね…。
キャラクター画像
すーちゃん
徹底的に通話料金を抑えたい場合は、要検討だね。
iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

店舗などのサポートも手厚く受けたい方

サポートを受けたい人にオススメ格安SIM

格安SIMは基本的にWeb上での契約やサポート対応となっていますが、例外的に店舗などで手厚いサポートを受けられるものもあります。

サポートを受けたい場合におすすめなのは、以下の4社です。

  1. Yモバイル
  2. UQモバイル
  3. 楽天モバイル
  4. mineo

順番に、サポートに関するポイントを紹介します。

Yモバイル|日本全国にたくさんのワイモバイルショップがある

Yモバイルは、日本全国にたくさんのワイモバイルショップを展開しています。

都市部だけでなく地方にもショップがあるので、店頭でのサポートを受けたい人にはYモバイルが一番おすすめです。

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

UQモバイル|ショッピングモールや町中にUQスポットあり

UQモバイルも、ショッピングモールや町中などにUQスポットという取り扱い店舗がたくさんあります。

UQモバイル公式サイトで検索してみて、近所に店舗があった場合は、UQモバイルも対面サポートを受けたい人におすすめです。

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

楽天モバイル|主要都市や家電量販店に楽天モバイルのショップ・コーナーが!

楽天モバイルは、主要都市に楽天モバイルショップがあったり、家電量販店などで広くサービスが取り扱われていたりします。

元格安SIMとはいえ大手キャリアに分類されている楽天モバイルなので、店舗も積極的に展開しています。

キャラクター画像
すーちゃん
現在600店舗が存在、徐々に店舗数が増えているんだ。
iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

mineo|店舗あり、Web上でのサポートが充実

mineoは、日本各地のパソコンショップなどで店頭サポートを提供しています。

そしてmineoはWeb上でのサポートが非常に充実していて、わかりやすい説明があるユーザーサポートや、マイネ王によるユーザー同士での助け合いなどが行われています。

店舗にこだわりはなく、主にWeb上でわからないことを気軽に相談したり、自分のペースで詳しい情報をチェックしたりしたい場合は、mineoを検討してみてください。

mineo(マイネオ)

タブレットや2台目として使いたい方

2台目にオススメの格安SIM

タブレットや2台目のスマホでは、音声通話は必要ないのでとにかく安い通信料金でサービスを使いたい!というケースもあるのではないでしょうか。

eSIMやデータ専用SIMといった安いプランも選べる格安SIMのおすすめは、以下の3社です。

  1. IIJmio
  2. OCNモバイルONE
  3. 楽天モバイル

それぞれの料金を、チェックしてみてください。

IIJmio|eSIM対応、データSIMが安い

IIJmioは、ドコモ・au回線のデータSIMやeSIMを安く提供しています。

キャラクター画像
すーちゃん
料金プランを表にまとめたよ。
IIJmioの料金プラン(データSIM)
データSIM eSIM
2GB 740円 440円
4GB 900円 660円
8GB 1,400円 1,100円
15GB 1,730円 1,430円
20GB 1,950円 1,650円

とくにeSIMは非常に安く、2GB月額440円から使えてしまいます。

タブレットや2台目のスマホで安いSIMカードを使いたい場合は、IIJmioを検討してみてください。

スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

OCNモバイルONE|3~10GBのデータSIMを契約可能

OCNモバイルONEでは、3,6,10GBのデータSIMを契約できます。

キャラクター画像
まま子さん
1GBは選べないのね。

データSIMの月額料金は、以下のとおりです。

OCNモバイルONEの月額料金(データSIM)
3GB 858円
6GB 1,188円
10GB 1,628円

10GBはIIJmioの15GBプランより割高なので注意が必要ですが、3、6GBは物理SIMとしてはIIJmioよりも容量が少し減る代わりに安価になります。

キャラクター画像
すーちゃん
eSIMでもいいなら、IIJmioのほうが全体的に安上がりなので注意。

通常のデータSIMカードをできるだけ安く使いたい場合は、OCNモバイルONEも検討してみてください。

OCNモバイルONE公式サイト

楽天モバイル|1GBまでなら0円!

楽天モバイルは音声通話SIMのみでの提供ですが、1GBまで0円という破格で利用可能になっています。

ほとんど通信はしないのでとにかく安くSIMカードを使いたい!という方は、楽天モバイルを契約してみてください。

キャラクター画像
まま子さん
維持費の安さは、楽天モバイルが圧倒的なのね。
iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

家族でまとめて使いたい方

家族で乗り換えるのにオススメの格安SIM

家族で同じ格安SIMを使ってスマホ代を下げたい場合は、家族割が充実している以下の2社から選ぶのがおすすめになります。

  1. Yモバイル
  2. mineo

とくにYモバイルは、2回線目以降の割引額が大きいので魅力的ですよ。

Yモバイル|2回線目以降は1,188円割引!

Yモバイルはソフトバンクのサブブランドで速度が速く、2回線目以降の契約がもれなく月額1,188円割引になるのが魅力です。

Yモバイルの月額料金(シンプルS/M/L)
データ通信容量 家族割適用時の月額料金 1回線目の月額料金
S 3GB 990円 2,178円
M 15GB 2,090円 3,278円
L 25GB 2,970円 4,158円

1回線目は通常料金になるので注意が必要ですが、2人以上の家族で使うならYモバイルはとてもお得ですよ。

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

mineo|家族で使えば各回線が月額-55円

mineoは、離れて暮らす人も含めて、家族で使えば各回線が55円割引になります。

mineoの月額料金
家族割適用時の料金 通常料金
1GB 1,243円 1,298円
5GB 1,463円 1,518円
10GB 1,903円 1,958円
20GB 2,123円 2,178円

金額的にはわずかですが、家族みんなでmineoへ乗り換えるなら、その分全体的な固定出費は抑えられます。

今なら「パケット放題Plus」が2ヶ月無料!
mineo公式サイト

au回線を使いたい方

au回線のオススメ格安SIM

ここからは、「○○回線を使いたい」という回線を重視する人向けのおすすめの格安SIMを紹介します。

キャラクター画像
まま子さん
手持ちのスマホをそのまま使うなら、使える場所が変わったりスマホの相性を気にしたりする心配があまりない同じ回線のSIMを使いたいよね。

au回線を使いたい方におすすめの格安SIMは、以下の3社です。

  1. UQモバイル
  2. mineo
  3. BIGLOBEモバイル

それぞれの魅力を解説します。

UQモバイル|速度が高速、大容量プランありでサポート充実

UQモバイルは3~25GBで展開されていて、月額1,628円から使えます。

UQモバイルはKDDIが自ら展開するサブブランドなので、速度が高速なことも見逃せません。

日本全国に取り扱い店舗があり、申し込み手続きができたりサポートを受けられたりするのもUQモバイルのメリットです。

格安SIMでは珍しく、キャリアメールも使えますよ。

auから乗り換えて使うau回線の格安SIMを選ぶ際は、まずUQモバイルを検討してみてください。

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

mineo|料金が低価格

mineoは1GB1,298円などの料金プランで展開、最大の20GBでも2,178円しかかからない低価格が魅力です。

Web上のサポートが充実しているので、初めての格安SIMとして入門用に選びやすいのも良いですね。

ドコモやau回線のSIMへの切り替えもできるので、機種変更でau回線と相性が悪いスマホになったときもmineoなら安心です。

今なら「パケット放題Plus」が2ヶ月無料!
mineo公式サイト

BIGLOBEモバイル|エンタメフリー・オプションでYouTube見放題

BIGLOBEモバイルは、動画などが使い放題のエンタメフリー・オプションを利用できるので、au回線の格安SIMでは非常に魅力的な存在です。

3GB+エンタメフリー・オプションで月額1,628円など、他社と同じくらいの料金設定で大容量の通信を行えますよ。

BIGLOBEモバイル公式サイト

ソフトバンク回線を使いたい方

ソフトバンク回線のオススメ格安SIM

続いて、ソフトバンク回線を使いたい場合におすすめの格安SIMを2つに厳選しました。

  1. Yモバイル
  2. mineo

ソフトバンク回線対応の格安SIMはあまり多くないので、選択肢は限られてきます。

キャラクター画像
すーちゃん
それぞれ、内容をチェックしてみよう。

Yモバイル|高速でキャリアメール無料!SIMロック解除が必要なことに注意

Yモバイルはソフトバンクが自ら手がけているので、速度が高速なおすすめのソフトバンク回線系格安SIMです。

キャリアメールが無料で使えてサポートを受けられる店舗もたくさんあるので、ソフトバンクからの移行においてはとくにわかりやすくて安心ですね。

ただし、ソフトバンクスマホをYモバイルで使う場合は、SIMロック解除が必要になることにご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
他社は基本的に同じ回線のSIMならSIMロックがかかったままでも使えるんだけど、Yモバイルは例外なんだ。
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

mineo|月額料金が安価

mineoは、ドコモ、au、ソフトバンクのすべての回線から好きなものを選んで契約できる格安SIMです。

以前はソフトバンクプランが割高でしたが、2021年現在はどの回線でも同額になっています。

1、5、10、20GBから好きな容量を選べるので、安い格安SIMをソフトバンク回線で使いたい方は検討してみてください。

今なら「パケット放題Plus」が2ヶ月無料!
mineo公式サイト

ドコモ回線を使いたい方

ドコモ回線のオススメ格安SIM

最後に、ドコモ回線を使いたい場合におすすめの格安SIM・プランを3つに厳選しました。

  1. ahamo
  2. mineo
  3. OCNモバイルONE

ドコモ回線対応の格安SIMは非常に選択肢が多いので迷ってしまいがちですが、上記3社はいずれもおすすめです。

ahamo|5分かけ放題対応で高速・大容量

ahamoは、月額2,970円で20GB、5分かけ放題に標準対応しているドコモのオンライン申込み限定新プランです。

ドコモはサブブランドの高速・低価格な格安SIMを提供していないので、安くて高速なサービスを使いたいなら必然的にahamoがおすすめになります。

ただしahamoはオンライン専用であり、ドコモショップでの契約やサポート対応は基本的に受けられないことにご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
一応1回3,300円の有料でならサポートを受けられるんだけど、高額だからあまり店舗でのサポートを利用するのはおすすめできないんだよね。
キャラクター画像
まま子さん
ahamoは、自分でネット上での手続や相談ができる人向けってことね。
ahamo公式サイト

mineo|安い料金プランで便利に使える

mineoは、1GB1,298円などの低価格でドコモ、au、ソフトバンクの3回線から好きなSIMを契約可能です。

キャリアの端末における動作確認も詳しく行われているので、ドコモからでも安心して乗り換えられますよ。

今なら「パケット放題Plus」が2ヶ月無料!
mineo公式サイト

OCNモバイルONE|完全かけ放題対応で通話メインの人にもおすすめ

OCNモバイルONEは1GB月額770円から契約可能でとにかく料金が安価、さらに通話オプションも充実しています。

専用アプリ不要で無制限のかけ放題を月額1,430円で利用できるので、通話の機会が多い方はOCNモバイルONEを選ぶのがおすすめですよ。

キャラクター画像
すーちゃん
ドコモ回線で完全無制限のかけ放題対応の格安SIMは、実はOCNモバイルONEくらいなんだよね。
OCNモバイルONE公式サイト

乗り換え(MNP)の手順

キャラクター画像
まま子さん
格安SIMの特徴やおすすめの種類はよくわかったんだけど、実際どうやって契約すればいいのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
了解!それでは、大手キャリアから格安SIMへ乗り換える手順を詳しく解説するね。

大手キャリアから格安SIMへ電話番号を引き継いで乗り換えるには、「MNP予約番号」の発行が必要となります。

ここからは、大手キャリアから格安SIMへ、電話番号をそのままで乗り換える(MNP)手順を詳しく解説します。

なお電話番号が変わっても大丈夫な場合は、手持ちの回線を解約しつつ新しい契約先で新規契約を行えばOKですよ。

MNP予約番号の取得方法(ドコモ・au・ソフトバンク毎)

MNP予約番号は、大手キャリアの場合各社のWebサイトから簡単に発行可能となっています。

MNP予約番号の発行方法を一覧で表にまとめたので、ご覧ください。

MNP予約番号の発行方法
手続きの流れ MNP予約番号の確認方法
ドコモ My docomoにログインし、「お手続き」の「解約・その他」にある「携帯電話番号ポータビリティ予約」を選択 SMSやMy docomoから確認可能
au My auの「スマートフォン・携帯電話」→「ご契約内容/手続き」→「お問い合わせ/お手続き」→「MNPご予約」 SMSで確認可能
ソフトバンク My SoftBankの「携帯電話番号ポータビリティ予約関連手続き」 SMSやMy SoftBankで確認可能
キャラクター画像
まま子さん
マイページからすぐに発行できるのね。

なお、MNP予約番号は15日間で有効期限が切れます。

乗り換えにはある程度日数がかかるケースもあり、有効期限が短い状態で申し込むと、混雑具合によっては手続き中に期限が切れてしまうことがあります

キャラクター画像
すーちゃん
期限が切れてもとくに違約金とかはかからないけど、発行手続きをやり直すのは手間だよね。

期限が切れたらまたMNP予約番号を発行し直さないといけなくなるので、発行したらその日のうちに乗り換え手続きを済ませてしまいましょう。

MNP予約番号を使った申込方法

大手キャリアから格安SIMへ、電話番号をそのままで乗り換えるMNP手順は以下のとおりです。

  1. 前項での解説を確認しつつ、MNP予約番号を発行する
  2. 乗り換えたい格安SIMの公式サイトから、申し込み手続きを開始する
  3. 電話番号や住所・氏名などの必要事項を指示に従って入力、申し込みたいプランなどを選び手続きを終える
  4. 手続きが完了すると、SIMカードが自宅に届く
  5. SIMカードをこれから使うスマホに入れる
  6. 新しいSIMカードで、必要に応じて開通手続きをすれば開通!
  7. スマートフォンでAPN設定を行い、利用開始

基本的に画面の指示に従って入力・選択を進めれば、どの格安SIMも問題なく契約手続きを済ませられますよ。

「開通手続き」は新しいSIMカードを使い始めるための手続きで、必要な場合はSIMカードに同封の書類などを元に、電話をかけたりマイページで開通ボタンを押したりすればすぐに完了します。

APN設定は、格安SIMの公式サイトや同封の書類を元に行いましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
初めての人でもちゃんとできるように、基本的に詳しい説明がWebサイトや書類に書かれているよ。

iPhoneはWi-Fiに接続してSafariを開き、専用URLから「プロファイル」をダウンロードし、設定アプリからインストールすればAPN設定が完了します。

Androidでは、設定アプリの「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント(APN)」より、同封の資料などを元に必要事項を登録すればOKです。

ちなみに格安SIMとセット購入できるSIMフリースマホの場合は、格安SIMを使うための設定が最初から本体に保存済みで、SIMカードを入れればすぐ通信・通話が可能になるケースもありますよ。

キャラクター画像
まま子さん
設定が面倒な場合は、手持ちのスマホが古いなら新しい機種をセット購入するのもアリね。

なおYモバイルやUQモバイルなどの店舗がある格安SIMは、上記の申し込み~開通手続きを店舗で行うことも可能です。

SIMロック解除の手順

キャラクター画像
すーちゃん
最後にもう1つ!ドコモなどで買ったスマホを格安SIMで使う場合は、SIMロック解除が必要になることもあるんだ。

手持ちのスマホを販売していた会社とこれから格安SIMで使う回線が異なる場合は、「SIMロック解除」という手続きが必須です。

キャラクター画像
まま子さん
ドコモのスマホをau回線の格安SIMで使う時なんかは、SIMロック解除が必須なのね。

以下の2つのケースでも、例外的にSIMロック解除が必要です。

  • Yモバイルでソフトバンクスマホを使う
  • 一部auスマホをau回線の格安SIMで使う(例:iPhone 6sシリーズ、iPhone 7シリーズ)
キャラクター画像
すーちゃん
手持ちのスマホをこれから使う格安SIMで使う際にSIMロック解除が必要かどうかは、申込先の公式サイトにある「動作確認済み端末リスト」をチェックしてみてね。

ここからは、SIMロック解除の手順について解説します。

【注意】SIMロック解除は2015年5月以降の機種で行える

SIMロックを解除できるのは、基本的に2015年5月以降に発売された機種に限られていることにご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
2015年5月以前の機種は、SIMロック解除できるかどうかや、手続きの流れが違っているので気をつけてね。
キャラクター画像
まま子さん
古い機種を使っている人は注意ね。

SIMロック解除コードの取得方法(ドコモ・au・ソフトバンク毎)

ドコモ、au、ソフトバンクにおける、SIMロック解除コードの取得方法を解説します。

なお、ここではオンラインでのSIMロック解除コード発行方法を解説していますが、いずれもキャリアショップで発行することも可能です。

しかし、キャリアショップだと3,300円の手数料がかかってしまうので、おすすめは無料で発行可能なWeb手続きになります。

また、回線を解約済みだったり、中古で買ったスマホだったりしても、条件さえ満たされていればすぐにSIMロックは解除可能ですよ。

ドコモのSIMロック解除コードはMy docomoから発行できる

ドコモのSIMロック解除

参照:ドコモ公式サイト(https://www.nttdocomo.co.jp/support/unlock_simcard/)

ドコモでは、「SIMロック解除」のページにある「お手続きサイトへ」ボタンからすぐにSIMロックを解除可能です。

機種を一括購入しているか、クレジットカードで分割購入している人ならいつでもSIMロックを解除できますよ。

クレジットカード以外で分割購入している場合は、購入か前回のSIMロック解除から100日経過していればSIMロックを解除可能です。

キャラクター画像
まま子さん
口座振替で分割払いをしている人なんかは、要注意ね。

画面の指示に従ってスマートフォンの設定画面に書かれているIMEI番号を入力し、SIMロック解除コードを発行しましょう。

auのSIMロック解除コードはMy auから発行可能

auのSIMロック解除

参照:au公式サイト(https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock_b/)

au端末のSIMロック解除は、au公式サイト内の「SIMロック解除のお手続き」ページ内にあるボタンからすぐに行なえます。

SIMロックは端末を一括購入しているか、クレジットカードで分割購入していればすぐに解除できますよ。

クレジットカード以外で分割支払いをしている人は、機種購入か前回のSIMロック解除から101日目以降であれば即日でSIMロックを解除できます。

画面の指示に従ってスマホの設定アプリでチェックしたIMEI番号を入力して、SIMロック解除コードを発行してください。

ソフトバンクのSIMロック解除コードはMy SoftBankから発行!

ソフトバンクのSIMロック解除

参照:ソフトバンク公式サイト(https://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/)

ソフトバンクでは、「ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する」のページ内にある「My SoftBankでお手続きする」ボタンからSIMロック解除手続きができますよ。

端末を一括購入しているか、クレジットカードで分割購入していればすぐにSIMロックは解除可能です。

分割・クレジットカード以外で購入している場合は、購入日か前回のSIMロック解除(2017年12月1日以降、端末発売日は2015年5月以降)から101日目以降であればSIMロックを解除できます。

手続きを開始したら、画面の指示を読みながら端末の設定アプリで確認できる「IMEI番号」を入力して、SIMロック解除コードを発行しましょう。

SIMロック解除の方法

SIMロック解除コードを発行したら、あとは手持ちのスマートフォンにこれから使うSIMカードを入れて、解除手続きを行いましょう。

iPhoneやiPadの場合は、SIMロック解除をしないと使えないSIMカードを入れればアクティベーションロック解除手続きが開始されます。

画面の指示に従って、iPhoneで使っているAppleIDとパスワードを入れれば、SIMロックが解除されますよ。

キャラクター画像
まま子さん
iPhoneでは、とくにSIMロック解除コードを入れる必要がないのね。

Androidでは、利用にあたってSIMロック解除が必要な種類のSIMカードを入れて起動すると、SIMロック解除コードを入れる画面が表示されます。

先程発行されたコードを入力すれば、SIMロックは解除されますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
AndroidではSIMロック解除コードを自分で入れる必要があるから、番号を手元に用意してから手続きを開始してね。

まとめ

2021年格安SIM総合比較

この記事では、格安SIMの特徴やおすすめの格安SIM、乗り換えの流れについて解説しました。

ポイント

  • 格安SIMは、手続きをオンライン中心にしたり、大手キャリアから改選を借りたりといった方法でコストを下げてサービスを提供している
  • 格安SIMでは、3GB税込み1,760円程度が一般的な料金水準
  • 近年は楽天モバイルやahamo、povo、LINEMOといった、大手キャリアの格安サービスも登場している
  • 大手キャリアが展開しているサブブランドのYモバイルやUQモバイルは、速度が速く通話オプションも充実、キャリアメールも使用可能
  • mineoは月額料金が安く、ドコモ、au、ソフトバンク回線に対応している
  • OCNモバイルONEは完全かけ放題を使える数少ないドコモ回線の格安SIM
  • BIGLOBEモバイルは、エンタメフリー・オプションでYouTubeなどのサービスを使い放題
  • 電話番号をそのままで他社へ乗り換える場合は、MNP予約番号を発行する必要がある
  • 手持ちのスマホを別の回線のSIMで使う場合などは、SIMロック解除手続きをWebで行う必要あり(Web申し込みなら料金は無料)

今回の解説を参考に、自分にピッタリの格安SIMを見つけて乗り換えてみてくださいね!

おすすめの記事