UQモバイルで新プランが開始!5G対応のUQモバイルとpovoの乗り換えはどっちがお得?

some="fa-bullhorn" iconcolor="#FFEB3B" bgcolor="#FFFDE7" color="#000000" bordercolor="" borderwidth="" iconsize=""]

UQモバイルでは、2021年9月2日から「くりこしプラン+5G」が提供開始!

4Gに加えて5Gの高速通信も利用できます。[/st-cmemo]

キャラクター画像
まま子さん
すーちゃん!UQモバイルの新プランはどうなのかな?契約しようと思ってたけどまだ待つべきかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
新プランは5G対応&自宅セット割でとても安いから、契約しても損は無いよ!細かく説明するね。

2021年は各社の新プランが目白押し。その中でも、5Gに対応したUQモバイルと基本料無料のpovo2.0は特に大きな注目を集めています。

そんなUQモバイルとpovo2.0ですが「今契約して大丈夫なの?」「どっちがおすすめなの?」というお悩みもありますよね。

そこで、当記事では新プランになったUQモバイルやpovo2.0を詳しく解説しました!この記事を読むことで、それぞれのプランの魅力や今すぐ契約しても良いか?という点がわかりますよ。

\10月31日まで!1GB未満の利用なら実質無料/

rakutenmobile banner

結論:今UQモバイルに契約してもOK!損することは無し。

UQモバイルでは、2021年9月2日から「くりこしプラン+5G」が提供開始!

4Gに加えて5Gの高速通信も利用できます。[/st-cmemo]

最初に結論ですが、UQモバイルは料金が安くて速度も早いため今すぐ契約してOKです。

まずは既存プラン・新プランそれぞれを比較してみましょう!

スマホプランS

【新】くりこしプランS+5G
スマホプランR

【新】くりこしプランM+5G
【新】くりこしプランL+5G
月額料金 2,178円

1,628円
3,278円

2,728円
3,828円
データ容量 3GB 10GB

15GB
25GB
低速時 最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

上記以外の項目として

  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越し可能
  • 通話料は20円/30秒
  • 節約モードはデータの消費ゼロ

などの条件も新プランでは同条件となります。

キャラクター画像
まま子さん
スマホプランRの場合はデータ容量が増えて月額料金も安くなるのね。
iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

通話オプションも同条件で利用可能

通話オプションに関しては新プラン開始後の条件に変更はありません。

UQモバイル通話オプション

出典:UQモバイル公式サイト(https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/kurikoshi/)

3つの通話オプションどれも新プラン開始後も同条件で利用が可能です。

キャラクター画像
まま子さん
今契約したら2月以降は自動的に新プランになるのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
新プランに切り替えたい場合は申し込みをすれば変更可能だよ!

UQモバイルの新プランへの変更も可能

既にUQモバイルを利用してる方、もしくは2月より前に契約をした場合も新プランへの変更が可能です。ただし、一度新プランに切り替えた後に元のプランへの変更は不可なので気をつけましょう。

出典:UQモバイル公式サイト(https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/kurikoshi-5g/)

キャラクター画像
すーちゃん
データ高速プラン、データ無制限プランを使っている人は注意しよう。

UQモバイルの新プランは「UQ応援割」や「自宅セット割」など割引が豊富

UQモバイルのくりこしプラン5G+では、18歳未満の家族が利用することで家族まるごと安くなる「UQ応援割」や光回線・電気契約とセット契約で大幅割引となる「自宅セット割」に対応しています。

特に自宅セット割は割引率が高く、家族全員が対象となる非常にお得な割引ですよ。

自宅セット割適用時の月額料金
プランS プランM プランL
通信量 3GB 15GB 25GB
通常月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
自宅セット割適用時の月額料金 990円 2,090円 2,970円

自宅セット割は「指定インターネット」もしくは「auでんき」をUQモバイルとセット契約することで割引の対象になります。

対象のインターネット契約も幅広く、固定回線が不要な方は電気契約を変更するだけで適用になるため誰でも使える点が大きな魅力です。

キャラクター画像
すーちゃん
自宅セット割を適用した時は、格安SIMでも屈指の安さになるよ!

新プランの「くりこしプランL+5G」はどうなの?

元々、2月以降にデータ容量20GBで3,980円の「スマホプランV」を導入予定でしたが、今回の発表でこちらが「くりこしプランL+5G」として25GB・3,828円(自宅セット割適用時は2,970円)で提供されることになりました。

キャラクター画像
まま子さん
今回発表されたpovo1.0とかahamoに比べるとどんなメリットがあるのかしら?
「くりこしプランL+5G」のメリットは25GBまで使えることと、使わなかった分は翌月に繰り越せるの2つになると思います。
既に発表されてる三大キャリアの新プランahamo・SOFTBANK on LINE・povo1.0はいずれも20GBまで、繰り越しは不可となっています。
テザリングを良く利用される方など、20GBだと少し容量が不安、でも三大キャリアの通常プランはちょっと高すぎる、と思っている方には25GBまで使えることと翌月に繰り越しが出来る安心感は大きいですね。
キャラクター画像
すーちゃん
もし25GB使い切っちゃっても最大1Mbpsの速度で使えるのも良いね!
iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

povoに新プラン「povo2.0」が登場!

povo banner

povoは基本料金無料&データトッピングという画期的なプランの「povo2.0」が登場しました。

新しいpovo2.0のサービス開始と同時に、povo1.0は新規受付の申し込みを停止したため、これからはpovo2.0について下記2つのポイントから詳しく見ていきましょう!

  • povo1.0との違い
  • povo2.0がおすすめな人

povo1.0との違い

「povo2.0」は旧式の「povo1.0」と比べて、さまざまな点で大きく異なっています。最も大きな違いは月額料金とデータ通信容量です。

povo2.0の大きな特徴は、料金プラン付帯のデータ通信容量が0GBになった代わりに、月額基本料金が無料ということです。

povo2.0では、データトッピングの種類が豊富になり、この中から必要な通信容量を「トッピング」するという形式になっています。

キャラクター画像
すーちゃん
つまり、povo2.0では自分好みの料金プランを作れる、ということね!

povo2.0でデータトッピング20GBを追加した場合は、月額料金は2,700円となり、先ほどご紹介したpovo1.0より少しだけお得になります!

その他にもpovo1.0とpovo2.0にはさまざまな違いがあるので、下記の表に2つのプランの違いをまとめてみました。

povo1.0とpovo2.0の違い
比較項目 povo1.0 povo2.0
月額基本料金 2,728円 0円
月間データ通信容量 20GB 0GB
データ残量0GB(低速通信時)の最大通信速度 1Mbps 128Kbps
契約可能な年齢 20歳以上 13歳以上
データトッピング料 1GB 550円(31日間) 390円(7日間)
3GB × 990円(30日間)
20GB × 2,700円(30日間)
60GB × 6,490円(90日間)
150GB × 12,980円(180日間)
データ使い放題24時間 220円(24時間) 330円(24時間)
コンテンツトッピング料 DAZN使い放題パック × 760円(7日間)
smash.使い放題パック × 220円(24時間)
キャラクター画像
まま子さん
なるほど、こんなに違いがあるんだね!

通話トッピングに関してはpovo1.0とpovo2.0で違いはありませんが、データトッピングに3GB~150GBまで4段階に分けて追加されているため、より細やかなプラン設計が可能となりました。

60GBのデータトッピングを購入すれば、3ヶ月で6,490円となります。これは1ヶ月あたりに換算すると20GBで約2,163円なので、20GBを購入するよりさらに500円もお得になります!

このように、povo2.0はpovo1.0と比べて、より自分に合うデータ通信容量を柔軟に選べて、しかもお得になる素晴らしい料金プランです!

キャラクター画像
すーちゃん
まるで格安SIMなみのお得感だね!

povo2.0がおすすめな人

povo1.0とpovo2.0の違いを踏まえたうえで、どんな方にpovo2.0が向いているか見ていきましょう。次のいずれかに当てはまる場合は、povo2.0がおすすめです。

  • 低コストでキャリアスマホを契約したい方
  • スマホをお得に使いたい学生の方
  • 基本的に毎月20GB以上使わない方
  • DAZNやsmash.を利用したい方
  • auの金融サービスが不要な方
  • auから乗り換えたい方

auのpovo2.0は格安SIMではなくキャリアの料金プランなので、povo2.0ではキャリアの高品質な回線を格安価格で使えます。

また、povo2.0は13歳以上が契約できる料金プランです。povo1.0は20歳以上限定だったので、povo2.0はより多くのユーザーが楽しめる格安プランとなっています。

povo2.0には60GBや150GBの大容量データトッピングもありますが、これらは3ヶ月間もしくは半年間での利用を前提としており、1ヶ月に換算するとだいたい20GB前後です。

povo2.0で1ヶ月30GBや40GB以上使うこともできますが、さすがに割高になってしまうので、povo2.0は基本的に1ヶ月の使用量が20GB以下の方に向いています。

キャラクター画像
まま子さん
povo2.0はネットをたくさん使い方にはあまり向いていないかも

DAZNやsmash.の使い放題パックもあるため、これらのサービスを利用したい方もpovo2.0が向いています。

ただし、auの通常プランで利用できる金融サービスの優待は、povo2.0では受けられないため注意が必要です。

なお、povo2.0は後述するようにauの通常プランからの乗り換えが容易です。そのため、もっと利用料金を下げたいauユーザーの方にも、povo2.0は最適なプランです!

キャラクター画像
すーちゃん
povo2.0はとにかくキャリアを安く使いたい方に最適なプランだね!
povo公式サイト

auのpovo1.0とUQモバイルの新プランどっちが良いの?それぞれの違いは?

au新プランpovo

出典:KDDI(https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2021/01/13/4909.html)

これで三大キャリア全ての新プランが出揃いました。
auの新プランpovo1.0の要件を挙げてみましょう。
※発表直後の内容のため今後変わる可能性あり

  • 月額2,728円
  • データ容量は20GBまで
  • 通話料は20円/30秒
  • 好みに合わせてトッピング(通話オプションなど)を簡単に追加出来る
  • 手続きは全てオンライン
キャラクター画像
まま子さん
これだけ見るとUQモバイルよりpovo1.0の方がなんとなく良さそうだけど?
キャラクター画像
すーちゃん
そんなことないよ!UQモバイルがどんな人に合ってるか見てみよ!

UQモバイルの方が合ってる人

  • 低容量で十分。とにかく月額料金を安くしたい方
  • オンラインのみだと不安、店舗などでもサポートを受けたい方
  • WiFi代わりにも使いたいので20GB以上のプランがほしい。データの繰り越しもしたい方
格安SIMに乗り換える一番の理由は月額料金が安くなる事だと思いますので、1,000円台のプランがあるUQモバイルはやっぱり魅力ですね。
そして、UQモバイルは店舗や電話などでサポートが受けられるので、オンラインのみだと不安な方にはUQモバイルモバイルがオススメです。
キャラクター画像
まま子さん
私は20GBも使わないし、3GBでも十分。オンラインのみだと不安だからUQモバイルの方が安心だわ。

料金が同じUQモバイルのくりこしプランM+5Gとpovo1.0の違いを比較

くりこしプランM+5Gとpovo1.0は同じ月額2,728円です。
この2つのプランでどちらにするべきか迷う人が多いと思います。
一見povo1.0の方が優れてそうに感じますが、細かく見ていくとくりこしプランM+5Gの方が良い点もあります。
それぞれのスペックを表にまとめてみました。

くりこしプランM+5G povo1.0
月額料金 2,728円
データ容量 15GB
(繰り越しで最大30GB)
20GB
データ超過時速度 最大1Mbps
通話料 20円/30秒
通話オプション ・60分/月定額(500円)
・10分かけ放題(700円)
・かけ放題(1,700円)
・5分かけ放題(500円)
・かけ放題(1,500円)
電話・店舗サポート ×
5G対応 2021年夏開始予定

UQモバイルの方はデータの繰り越しが出来るので、前月の余った分が5GB以上だった場合、翌月はpovo1.0よりも使える容量が多くなります
そして、UQモバイルの方が通話オプションが多く、特に5分以内のかけ放題だとちょっと不安という方には相性が良い内容となってます。

キャラクター画像
まま子さん
ちょっと話し込んじゃうと5分なんてあっという間だものね。
気になる回線エリアや繋がりやすさ、使える端末に関してはUQモバイル、povo1.0どちらもauの回線なので、ほとんど違いはありません。
以上を踏まえると、どちらもメリット・デメリットがあるので、一番自分に合うと思った方を利用するのが良いですね。

UQモバイルの特徴

UQmobile banner
キャラクター画像
まま子さん
UQモバイルとpovoの、おおよその違いはわかったけどUQモバイルってどんな特徴を持ってるの?
キャラクター画像
すーちゃん
データ容量や料金だけじゃわからないところもあるから、UQ mobileの詳しい特徴を紹介するね。

UQモバイルはauの親会社であるKDDIの傘下グループの1つで、auのサブブランドとして格安SIMの提供もおこなっています。

auとの関係会社ということもあって、同じ回線を使っているのでauからの乗り換えがしやすいブランドです。

このauの通信回線を優先的に使えるのが大きな特徴で、回線を借りる形をとっている格安 SIMよりも通信速度と安定度には信頼を持てるでしょう。

そんなUQモバイルの回線以外の特徴には、

  • 翌月に余ったデータ容量を繰り越せる
  • くりこしプランM/Lに契約すれば、データを使い切っても最大1 Mbpsの通信が可能
  • 家族割に対応している
  • 無料で解約がいつでもできる
  • サポートが充実している

家族割引については、2回目以降の月額が台数ごとに最大550円まで割引できる「UQ家族割」が使えるので家族全員での乗り換えもしやすくなっています。

au回線を利用しているからこその安定感と、家族割を活用してお得に使っていけるのがUQモバイルです。

また、解約金は発生しないので無料でいつでも解約することが可能です。加えて手厚いサポートも受けられるので、何かトラブルがあればすぐに対応してもらえます。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、大手キャリアのauと同じ系列の会社だから他の格安SIMと比べても安定度やサポートの質が違うっていうわけね。
キャラクター画像
すーちゃん
それに本家と同じように家族割もあるから、auからの乗り換えならUQモバイルが一番違和感なく利用できるよ。
iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

povoの特徴

povo banner

povo(ポヴォ)はKDDIが2020年の1月に発表したスマホ向けの新料金です。

ソフトバンクの「SoftBank on LINE」やドコモの「ahamo」などの格安プランに対抗する形で作られました。

また実店舗でのサポートも受けられるpovoは、UQモバイルよりも低価格なサービスを受けられます。

そのようなpovoの特徴は、

  • データ量を状況に合わせて選べる
  • 24時間限定で使い放題のデータ追加ができる
  • 高速な通信が行える
  • 申込みはオンラインのみ
  • 違約金や更新月がない

povoもauの回線を使っているので高速な通信が行えます。

また豊富なプランがあるので、状況に合わせてデータ量を選んだり、24時間限定のデータ追加が受けられたりと、柔軟性の高さも特徴です。

申し込みはオンラインで気軽にできる他、違約金や更新時期を気にせずにすむ契約はハードルも高くありません。

キャラクター画像
すーちゃん
柔軟性やオンラインでスピーディに契約できるのは、povoならではの特徴だね。
キャラクター画像
まま子さん
料金が割安だったからちょっと心配だったけど、値段以上のサービスが受けられそうね。
povo公式サイト

auからpovoへ乗り換える方法

auからpovoへ乗り換える方法について、これから詳しく見ていきましょう!auからの乗り換え手順は次の4ステップです。

  1. povo対応端末を購入
  2. povo公式サイトから申し込み
  3. データのバックアップをとっておく
  4. 開通手続き・初期設定

auからの乗り換えステップ①:povo対応端末を購入

現在のところ、povoは端末とセットで契約することができません。そのため、povoで使用する端末は自身で用意しておく必要があります。

ただし、現在auを契約中でauで購入したスマホを使用している場合は、基本的にSIMロックを解除せずにpovoでも現在の端末を継続利用できます。

povoは数多くの端末に対応していますが、端末によっては非対応の可能性もあるため、乗り換え前に公式サイトに掲載されている「対応端末」を確認しておきましょう!

キャラクター画像
まま子さん
格安SIMと同じで、契約前の対応端末チェックは必須ね!

auからの乗り換えステップ②:povo公式サイトから申し込み

対応端末を確認したら、次はpovoの公式サイトへアクセスして、申し込み手続きを行いましょう。

画面をスクロールすると、画面中央に「お申し込み」というボタンが表示されます。ここをクリックして必要事項を記入し、画面の説明どおりに進めると、povoへの申し込み手続きを完了できます。

キャラクター画像
すーちゃん
申し込み手続きはWeb上で完結するので簡単かつお手軽ね!

auからの乗り換えステップ③:データのバックアップをとっておく

現在の端末を継続利用する場合も、新しい端末を購入する場合も、どちらも端末データのバックアップを取っておくことをおすすめします。

povoはauの通常プランとは異なるため、povoへ移行したときに端末に何らかの不具合が生じる可能性はゼロではありません。

もしものときにデータが破損したり消えたりすると大変なので、バックアップはきちんと取っておくことが重要です。

キャラクター画像
まま子さん
安全のためにバックアップは取っておこう!

バックアップはSDカードのような外部ストレージを利用する方法と、iCloudのようなクラウドサービスを使用する方法があります。端末に合うバックアップ方法を選びましょう。

なお、LINEやWhatsAppのようなメッセージアプリや、ゲームやアプリのデータはアプリごとに個別にバックアップや引継ぎの設定が必要です。

キャラクター画像
すーちゃん
アプリはアプリごとのバックアップ手続きが必要だよ!

auからの乗り換えステップ④:開通手続き・初期設定

povoの申し込み手続きができたら、最後に開通の手続きと初期設定を行いましょう。

開通手続きや初期設定については、povoの公式サイトやマニュアルに記載されている内容を確認しながら、ひとつずつ行うことが大切です。

ここまでの手順がすべて完了したら、無事にpovoでスマホを使うことができます!

キャラクター画像
まま子さん
お疲れさまでした。povoで快適かつお得なスマホライフをお楽しみください!
povo公式サイト

UQモバイルやpovoへの変更で注意すること

ついつい割安だからと、auからUQモバイルやpovoへ乗り換えをしたくなりがちですが、変更する前に注意しておきたいポイントがあります。

キャラクター画像
まま子さん
格安なんだから乗り換えちゃえばいいと思ってたけど、 何が問題なの?
キャラクター画像
すーちゃん
料金的に見れば確かにお得でメリットもいっぱいあるけど、ひょっとしたら損をするかもしれない事柄があるから解説するね。

割賦残金の免除特典が受けられなくなる可能性がある

将来的にはブランド間での移行手数料の撤廃や、料金プランを変更する感覚で格安SIM が選べるようになると期待が寄せられています。

しかし、auで分割で購入した端末があるケースで割賦残金が免除されるサービスを受けていた場合、その特典が受けられなくなってしまう可能性があります。

本来であれば機種変更時に返却することを条件として割賦残金が免除されるのですが、Au 以外に変更した時に保証してもらえるとは限りません。

現在使っているオプションサービスや割引で損失を出してしまわないためにも、特典が継続されるのかといった部分にも注意してください。

通信速度がauよりも落ちる

UQモバイルやpovoは他の格安SIMより通信速度が速いですが、auよりはやや劣る点に注意が必要です。

下り(ダウンロード) 上り(アップロード)
UQモバイル 62.94Mbps 11.6Mbps
povo 75.8Mbps 12.89Mbps
au 98.13Mbps 15.65Mbps

平均通信速度比較表のように、格安SIMの中では比較的通信速度が安定しているUQモバイルとpovoですが、auと比べると通信速度は少し落ちてしまいます。

普通に使って行くのであれば十分な安定性を持っていますが、auのような回線スピードに慣れていると少し遅く感じるかもしれません。

そこまで速度を気にしないという人であれば問題ありませんが、速度にこだわりたいという人は通信速度に問題がないかしっかりと検討しましょう。

安さだけでなく、自分が求めている性能であるかどうかもチェックすることが大切です。

キャラクター画像
まま子さん
私はそこまで速度を気にしていないけど、品質にこだわりたいという人もいっぱいいるもんね。
キャラクター画像
すーちゃん
人によって何が一番かは違うから、自分が納得して使えるものを選ぼう。
iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

まとめ

UQモバイル2021年新プラン

2021年よりキャリア各社の新料金プランの発表ラッシュが始まり、やっと全て出揃いました。

UQモバイルに関してはセット割やUQ応援割など様々な割引を打ち出しており、今が最もお得な時期と言えるでしょう

今回発表されたpovo2.0やahamo、LINEMO、どれも魅力的ですが、UQモバイルにはUQモバイルのメリットがあります。

自分に一番合うキャリア、プランを見つけて今まで以上に素晴らしいスマホライフを過ごしましょう!

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト
povo公式サイト
おすすめの記事