光回線のプロバイダはどうやって選ぶ?人気の回線ごとのおすすめも紹介!
キャラクター画像
まま子さん
プロバイダの選び方がわからず困っている人が多いみたい。
キャラクター画像
すーちゃん
プロバイダの違いはわかりにくいよね。選び方のコツをわかりやすく解説していくよ!

光回線の契約時に、どのプロバイダを選べば良いのか悩んでいる人も多いですよね。光回線によってはプロバイダが固定されているため、選ぶ必要がありませんよ。

プロバイダが固定されていない光回線なら、キャッシュバックが高額なプロバイダを選ぶと通信費の負担が抑えられてお得です!

おすすめの光回線
ドコモ光 ドコモユーザーは「ドコモ光」がおすすめ
・ドコモのスマホ料金が最大1,100円オフ!
・当サイト限定!オプションなしで20,000円を還元
キャンペーン窓口をチェック
auひかり auユーザーは「auひかり」がおすすめ
・auのスマホ料金が最大1,100円オフ!
・当サイト限定!最大65,000円キャッシュバック
キャンペーン窓口をチェック
※お電話口で「すーちゃんモバイルのサイトを見た」とオペレーターに伝えていただければ、+2,000円のキャッシュバックになります!
ソフトバンク光 ソフトバンクユーザーは「ソフトバンク光」がおすすめ
・ソフトバンクのスマホ料金が最大1,100円オフ!
・代理店NEXTから申込で最大37,000円キャッシュバック
キャンペーン窓口をチェック
キャラクター画像
まま子さん
すーちゃんモバイルだけのお得なキャンペーンを見逃さないでね!
そもそも光回線は使用しているスマホキャリアごとに選ぶのがおすすめです。スマホとのセット割で毎月の通信費が割引になるため、お得にインターネットが利用できます。また、速度重視の人は独自回線を選ぶと快適な速度を実感できますよ。プロバイダ選びと同時に、光回線選びにもこだわりたいですね。

キャラクター画像
すーちゃん
ここからは、さらに詳しく光回線のおすすめプロバイダについて紹介していくよ!

\ミニプランなら実質半年間無料!/

UQmobile banner

そもそもプロバイダはどんなもの?役割をシンプルに解説!

インターネットを使うためには、「プロバイダ」との契約が欠かせません。光回線を契約していても、プロバイダを契約していないとネットは使えないのです。

キャラクター画像
すーちゃん
まずはプロバイダの役割を確認しておこう!

しかし、プロバイダとはそもそも何なのか、光回線との違いが何なのか少しわかりづらいですよね。光回線事業者は光ファイバー網を提供していますが、プロバイダは何を提供しているのでしょうか。

簡単にいうと、プロバイダは「インターネット接続サービス」を提供する事業者です。まずは役割について詳しく見ていきましょう。

プロバイダはネットの窓口!光回線とプロバイダの2つでネットが使えるように!

「プロバイダ」は光回線をネットに繋いでくれる事業者です。実は、光回線単体を契約するだけでは、端末をネットに接続することはできません。

プロバイダはいわば「ネットの窓口」のようなもので、端末をインターネットにつなぐための「橋渡し」をしてくれます。とても大事な役割だということがわかりますよね。

代表的なプロバイダには、「OCN」「BIGLOBE」「@nifty」「So-net」「BB.excite」などのようなものがあります。

キャラクター画像
まま子さん
プロバイダがインターネットとPC・スマホをつないでくれるんだね。

さらに、プロバイダは独自のサービスも提供します。たとえばメールアドレスの提供や各種セキュリティ対策、IPv6(IPoE)接続や光電話などのサービスです。

私たちが光回線のサービスだと考えていたものは、実は光回線のものとは違い、ほとんどがプロバイダのサービスだったことがわかりますね。

簡単にいってしまうと、光回線は光ファイバーそのものを提供するだけです。それに対して、実際の細かなサービスはプロバイダが提供するという大きな違いがあります。

そのため、光回線でインターネットを使うためには、光回線事業者とプロバイダの双方と契約する必要があります。

キャラクター画像
すーちゃん
インターネットを使うためには光回線とプロバイダの両方が必要だよ。!

なお、速度や料金プラン、キャンペーン情報も含めて比較した、2022年4月度の「光回線おすすめランキング」もまとめていますので、併せて読んでみてくださいね。

プロバイダを選ぶ際は安定性に注目!比較するポイントを解説

光回線を契約するときは、プロバイダも選ぶ必要があります。ソフトバンク光のようにプロバイダと一体型になっている回線もありますが、ほとんどは自分で選ぶようになっているからです。

しかし、プロバイダによって通信の快適さやサービスの便利さなどの違いがあるので、選び方によっては後で後悔してしまうこともあります。

そこで、次の3つのポイントを意識して、プロバイダの違いを見分けるのが選び方のコツです。

プロバイダを選ぶポイント

  • プロバイダによっては通信速度の安定度が変わる!
  • プロバイダの安定性は4つのポイントを確認!
  • IPv6 IPoE+IPv4対応なら特に快適に使用できる!

上記3つのポイントを踏まえて、各プロバイダの違いについて詳しく確認していきましょう。

プロバイダによっては通信速度の安定度が変わる!

プロバイダによる通信速度に違いはほとんどありません。通信速度を左右するのは「光回線」自体であり、それに接続するサービスを提供するプロバイダの影響は少ないからです。

しかし、「プロバイダを変えたら速くなった」という人は少なくありません。それは「通信の安定度」が向上して、快適に使えるようになったからです。

キャラクター画像
すーちゃん
速度を出すためには、光回線だけじゃなくプロバイダ選びも大切なんだ。

詳細は後述しますが、さまざまな要素によって通信の安定性に違いが生じます。不安定なプロバイダは、混雑などでネットへの「接続」に時間がかかるため、通信が遅くなるのです。

一方で、通信が安定しているといつ使っても快適にネットに接続できるので、通信速度が速くなったような気がするのです。

プロバイダの安定性は4つのポイントを確認!

プロバイダによってインターネット接続の安定性に大きな違いが生じますが、特に次の4つのポイントは重要な点です。プロバイダを選ぶときの参考にしてみましょう。

安定したプロバイダ選びのポイント

  • インターネット利用者数
  • プロバイダが保有する設備
  • インターネットの通信方式
  • プロバイダの通信制限

利用者数が多ければ、それだけ接続が混雑しやすくなります。プロバイダはいわばインターネットへの「窓口」のようなものです。

窓口に多くの人が殺到すれば、自分の順番が来るまで待たないといけません。その待ち時間が短いほど、通信が安定しているので快適にネットを使えます。

キャラクター画像
まま子さん
意外にチェックするポイントが多いんだね。

プロバイダが保有する設備によっても、ネットの安定性は変わります。より設備の整ったプロバイダのほうが、通信が安定していて不具合発生時の対応も安心感があります。

また、インターネットの通信方式も大切です。詳細は後述しますが、IPv6(IPoE)に対応している事業者であれば、混雑を避けて快適な通信ができます。

なお、プロバイダが安定した通信を提供するために、あえて「通信制限」を設けている場合もあります。その場合は制限に引っ掛かると、速度が大幅に低下してしまいます。

IPv6 IPoE+IPv4対応のプロバイダなら特に快適に使用できる!

IPv6(IPoE)の通信方式に対応しているプロバイダは、通信の安定性が高いのでおすすめです。IPv6(IPoE)は新世代の通信方式で、混雑を避けて通信することができます。

キャラクター画像
すーちゃん
IPv6方式ならネットが混雑しづらく快適に使えるよ!

以前のIPv4(PPPoE)方式は、接続時にプロバイダ側で細かな認証が必要だったため、接続に時間がかかりました。しかし、IPv6(IPoE)は認証を省けるので、スムーズに通信できます。

ただし、多くのホームページはまだIPv6(IPoE)に対応していないので、IPv4方式も必要です。そこで、IPv6(IPoE)とIPv4方式の双方に対応しているプロバイダを選ぶことが大切。

キャラクター画像
すーちゃん
IPv6とIPv4の両方に対応しているプロバイダを選ぼう!

NURO光はIPv6(IPoE)とIPv4のデュアル方式に対応しています。しかも、特別な申し込み手続きなしで利用可能。必要に応じてIPv6(IPoE)とIPv4を切り替えてくれるのです。

NURO光については後ほど改めて紹介しますが、この光回線はコスパが良いことで有名です。最大通信速度も2Gbpsと速いので、快適性を追求する方に特におすすめです!

プロバイダの契約が不要な場合も?よりシンプルに契約したい人は要チェック!

光回線を利用するためには、光回線とプロバイダをそれぞれ契約する必要があります。前述したように、どれを選ぶかによって通信の快適性が変わることもあるので、丁寧に選ぶことが重要です。

しかし、光回線と別々に契約することや、いろいろ比較して選ぶことが面倒なこともありますよね。そんな場合は、プロバイダと光回線が一体になっているものを選ぶのがコツです。

キャラクター画像
まま子さん
プロバイダにこだわりがなければ、一体型の光回線を選ぶほうがラクかも。

ここでは、プロバイダを選ぶ必要がない光回線や、特におすすめな光回線について紹介します。

プロバイダと光回線が一体型のものならシンプルだし手間も省ける!

プロバイダを選ぶのは面倒です。サービスの種類が多くていろいろと違いを比較しないといけません。サービス内容が不便だったり、通信が不安定で使いにくかったりすることもあります。

それなら、最初からプロバイダと光回線が一体になったものを選ぶのがおすすめです。こうした光回線では、プロバイダが1つに固定されているので、そもそも選ぶ必要がありません。

サービス内容もわかりやすいので、契約後に後悔してしまうことも減ります。さらに、契約の窓口も同じで、もしものときの問い合わせ先や支払先も同じです。

キャラクター画像
まま子さん
支払いがバラバラにならないのは便利だね。

一体型になっている光回線はあまり多くないので選択肢が限られていることも、選びやすさという点では良いかもしれませんね!

どのプロバイダ・回線なら選ばなくていい?おすすめをチェック!

プロバイダを選ぶ必要がない光回線について、具体的な事業者の違いを見ていきましょう。今回紹介するのは「NURO光」「ソフトバンク光」「OCN光」の3社です。

回線名 対応プロバイダ 速度
NURO光 So-net 2Gbps~20Gbps
ソフトバンク光 Yahoo!BB 100Mbps~10Gbps
OCN光 OCN 1Gbps

NURO光はソニーネットワークコミュニケーションズが運営する光回線で、高速な通信速度とコスパの良さが魅力です。プロバイダは安定したサービスで有名なSo-netです。

ソフトバンク光はソフトバンクが運営しています。「おうち割 光セット」でスマートフォン代が最大1,100円安くなるので、ソフトバンクユーザーはお得です。プロバイダはYahoo!BBです。

OCN光はOCNが運営している光コラボです。フレッツ光の回線を使用しているので通信品質に定評があります。OCN光はプロバイダもOCNとなります。

キャラクター画像
すーちゃん
プロバイダ一体型でおすすめの光回線はNURO光!

この中で特におすすめなのは「NURO光」です。標準プランの最大通信速度が2Gbpsと速く、月額料金も5,217円(税込)です。最近はなんと最大20Gbpsのプランも始まりました。

下記の窓口からNURO光を契約すると、最大45,000円のキャッシュバックをゲットできます。コスパを重視する方はぜひ検討してみましょう!

NURO光 公式サイト

大手キャリアとのセット割?プロバイダを安く契約するコツを解説

プロバイダを選ぶときは「スマホとのセット割」も重要な要素です。通信費は決して安いものではないので、光回線やプロバイダの費用はできるだけ安くしたいですよね。

料金を安くするというと、月額料金やキャッシュバックキャンペーンなどを重視したくなるかもしれません。しかし、さらにお得になる可能性が高い方法があります。

キャラクター画像
すーちゃん
セット割をうまく活用すれば通信費を大幅に抑えられるよ!

それが大手キャリアスマホとのセット割引です。大手キャリア3社のいずれかを利用している人が、特定の光回線と契約することで、「キャリア割」が適用されて安くなります。

キャリアとのセット割で安くなるプロバイダが多い!

NTTドコモやソフトバンク、auといった大手キャリア3社のスマホを利用している方は、特定の光回線で「スマホセット割」を適用できます。

セット割引の名称には3社とも違いはありますが、いずれも特定の光回線と契約することで、スマホの月額料金が最大1,100円安くなります。

光回線やプロバイダの料金が安くなるわけではありませんが、スマホが安くなれば通信費全体の費用を節約できます。そのため、実質的には光回線やプロバイダが安くなることと違いはありません。

しかも、こういったスマホのセット割引は本人分だけではなく、家族の回線にも適用されます。4人家族がスマホ割を適用すると、2年間で100,000円近くも節約できるのです!

キャラクター画像
まま子さん
家族のスマホにも割引を提供できるのは大きいね!

ただし、光回線によってセット割を適用できるキャリアに違いがあります。セット割引を利用できる光回線と、対応しているプロバイダの違いなどについて確認しておきましょう。

大手キャリア3社のプロバイダを一覧で比較!

大手キャリア3社を利用している場合は、その系列の光回線事業者でセット割を適用できます。ソフトバンク光とauひかり、ドコモ光の大手3社のプロバイダの違いについて確認しておきましょう。

回線名 対応プロバイダ
ソフトバンク光 Yahoo!BB
auひかり BIGLOBE・@nifty・@T COM・ASAHIネット・au one net・DTI・So-net
ドコモ光 GMOとくとくBB・@nifty・ドコモnet・plala・DTI・BIGLOBE・andline・hi-ho・Tigers-net.com・SIS・エディオンネット・ic-net・BB.excite・SYNAPSE・楽天ブロードバンド・TikiTiki・01光コアラ・@ネスク・OCN・@TCOM・TNC・WAKWAK・AsahiNet・@ちゃんぷるネット

ソフトバンク光のプロバイダは「Yahoo!BB」に固定されています。わざわざ選ぶ必要がないので便利です。Yahoo!BBは大手なのでサービス内容が充実しています。

キャラクター画像
すーちゃん
大手キャリアの光回線では唯一、プロバイダが固定されているよ。

auひかりは全7社を利用可能で、どこを選んでも月額料金に違いはありません。それぞれサービス内容や支払い方法などに違いがあるので、自分に合うものを選ぶことが大切です。

ドコモ光は利用可能なプロバイダが非常に多く、全24社から選ぶことができます。ただし、料金プランの「タイプA」と「タイプB」のどちらを選ぶかによって、選べるプロバイダに違いが出ます。
一番のおすすめは「GMOとくとくBB」。料金が安いタイプAのプロバイダで、キャッシュバックなどのキャンペーンが充実していますよ。

大手キャリア3社の系列回線で最もおすすめなのは「auひかり」です。auひかりは光コラボではないため、独自のKDDI回線網を使用しています。混雑が少ないので通信の快適さに定評があります。

キャラクター画像
すーちゃん
セット割が適用できて、しかも通信が速い!

しかも、選べるプロバイダの質が高くどれを選んでも「IPv6(IPoE)」方式で通信できます。auひかりはキャンペーンも豊富なので、auユーザーの方はぜひ検討してみましょう!

プロバイダの乗り換えはできる?乗り換えでおすすめなプロバイダまで解説!

プロバイダを選んだものの、気に入らないから乗り換えたい……と思うこともあります。しかし、乗り換えられる光回線と、乗り換えできない光回線があるので注意が必要です。

「フレッツ光」や「ドコモ光」など、複数のプロバイダから選ぶことができる主要な光回線は、乗り換え可能なことが多いです。ただし、auひかりは乗り換えできません。

また、ソフトバンク光やNURO光などのような、プロバイダがそもそも1つに固定されている光回線は乗り換えできません。

これらの点を踏まえて、プロバイダを変更できる光回線やできない光回線の違いについて、より詳しく見ていきましょう。

複数のプロバイダが選べるドコモ光とフレッツ光は乗り換え可能!

複数のプロバイダを選べる「ドコモ光」や「フレッツ光」は乗り換えが可能です。手続きは簡単で乗り換え手数料もかかりませんが、乗り換えの時期によっては違約金が生じるので注意が必要です。

ただし、同じように複数のプロバイダを選べる光回線でも、「auひかり」はプロバイダの乗り換えができません。

どうしても変更したい場合は、一度auひかりを解約してから再契約する必要があります。しかし、その際には違約金や手数料などもかかるのでご注意ください。

キャラクター画像
まま子さん
お得なauひかりにもデメリットはあるんだね……

auひかりのプロバイダを選ぶ際は慎重に違いを比較して、後で後悔が生じないようにしましょう。もし柔軟に変更できるようにしたいなら、ドコモ光やフレッツ光がおすすめです。

ドコモ光やフレッツ光なら、プロバイダの選択肢が多い上に、前述したように変更するのも基本的には自由です。しかも、フレッツ光なら光コラボへの乗り換えも簡単にできます。

フレッツ光なら「転用」で乗り換えも楽に!

フレッツ光はプロバイダの選択肢が多く、乗り換えの自由度も高いです。しかも、フレッツ光を契約すると、後で光コラボ回線へ乗り換えるときに「転用」できるようになります。

転用とは、フレッツ光から他社の光コラボ事業者へ乗り換えることです。転用すると光回線の工事なしで乗り換えられるので、乗り換えの負担が大幅に軽減されます。

なぜ工事がいらないのかというと、フレッツ光の回線設備をそのまま使い続けることができるからです。しかも、転用の場合はフレッツ光の違約金も免除されます。

キャラクター画像
すーちゃん
工事がないだけで乗り換えの手軽さがグンとアップするよ。

転用の手順は簡単で、NTT東日本・西日本から「転用承認番号」を取得して、乗り換え先の光コラボを転用で申し込むだけです。後は指定の方法で回線の切り替え手続きを行えば、乗り換えできます。

このように、フレッツ光を契約すると後でほかの回線へ乗り換えるのが楽になります。将来的に光回線を乗り換える可能性が高い方は、フレッツ光を選ぶのがおすすめです。

プロバイダを契約する際の注意点は?乗り換えの際の注意点も紹介!

せっかく光回線やプロバイダを選ぶなら、お得で便利なものを選びたいですよね。契約するときは、いくつか注意すべき点があります。

契約前に知っておきたい注意点

  • 光回線やプロバイダの対応エリアを確認すること
  • 乗り換えの際に違約金などが発生することがある
  • メールアドレスなどのサービスの引き継ぎに注意

上記3点は意外と見落としやすいポイントです。プロバイダを契約する前に光回線を選ぶ必要があるため、自分に合うものを丁寧に選ぶようにしましょう。

地方では対応していないことも!プロバイダの対応エリアに注意!

光回線を選ぶときは、まず対応エリアを確認することが大切です。フレッツ光や光コラボはNTTの回線を使用しているため、基本的には全国各地で利用できます。

しかし、NURO光やauひかり、eo光など独自の回線網を使用している光回線は、対応エリアが限定されていたり、一部地域では利用できなかったりすることがあります。

キャラクター画像
すーちゃん
対応エリアは変わることもあるから、最新の情報を確認してね!

対応エリア外の光回線は契約できないので、あらかじめエリアを確認してから、光回線を選ぶことが大切です。エリアの確認は各公式サイトで行えます。

なお、光コラボとそれ以外の回線のどちらも利用できる場合は、月額料金や通信速度、サービス内容などを総合的に比較して、よりお得で便利なものを選ぶようにしましょう。

乗り換える際には違約金に注意すること!

光回線を乗り換えるときは、違約金が発生することがあるので注意が必要です。違約金は「契約期間」や「最低利用期間」が設定されているサービスを、期間内に解約すると発生します。

たとえば、ドコモ光では2年間の契約期間があり、2年ごとに契約が自動更新されます。自動更新の際は一定の「更新期間」があり、この間に解約すれば違約金はかかりません。

キャラクター画像
まま子さん
違約金を払いたくない人は更新期間に合わせて解約してね。

ドコモ光で更新期間以外に解約すると、戸建てタイプ14,300円(税込)、マンションタイプ8,800円(税込)の違約金を請求されます。

また、契約時に光回線の引き込み工事を行っていた場合は、解約時に工事費の分割払いの残債分を一括請求されます。

たとえば、工事費が40,000円で40カ月の分割払いだった場合は、20カ月目に解約すると20,000円分を一括で支払わないといけないのです。

しかし、auひかりやeo光、ソフトバンク光などは乗り換え時に違約金などの費用を負担してくれるキャンペーンがあります。こうした制度も活用して、できるだけお得に乗り換えましょう!

乗り換えのときはメールアドレスなどの引き継ぎにも注意!

プロバイダのサービスでメールアドレスを取得している場合は、乗り継ぎの際にアドレスが使えなくなるケースがあります。

光回線を変更するときに同じプロバイダを継続利用する場合は、そのままメールアドレスを使えることがほとんどです。しかし変更する場合は使えなくなるケースが多いです。

プロバイダを変更するケースが想定される場合は、GmailやYahoo!メールといったフリーメールを利用するなど、あらかじめ対処しておくことをおすすめします。

キャラクター画像
すーちゃん
GmailやYahoo!メールのアドレスは簡単に作れるよ。

どうしてもプロバイダのメールアドレスがいいという場合もあるでしょう。メールアドレスを継続利用できるプランが提供されていることもあるので、必要に応じて利用してみましょう。

もし万が一プロバイダが契約できないときはホームルーターがおすすめ

対応エリアや住居の関係で、光回線やプロバイダを契約できないケースもあります。しかし、インターネットを使えないと、毎日の生活がとても不便になってしまいますよね。

実は、インターネットを使う方法はほかにもいくつかあります。その中でも特におすすめなのが「ホームルーター」です。

ホームルーターのメリットや光回線との違いについて、重要なポイントを見ていきましょう。

ホームルーターなら工事も不要で引っ越しでもすぐに使える!

「ホームルーター」とは、コンセントに接続するだけでネット環境を作れる機器のことです。光回線との大きな違いは、「回線工事」が不要なことです。

集合住宅に在住の場合は、工事に関する管理者の合意が得られないことが原因で、光回線の契約が難しいことがあります。

キャラクター画像
すーちゃん
マンションやアパートから工事の許可が下りないときは、ホームルーターを検討してみてね!

ホームルーターなら工事が不要なので、誰でも手軽にネットを使えるようになります。提供している事業者はいくつかありますが「SoftBank Air」が特におすすめです。

SoftBank Airはソフトバンクが提供するホームルーターサービスで、スマホが使えるエリアなら基本的に利用可能です。

しかも、SoftBank Airならスマホとのセット割「おうち割 光セット」も使えます。光回線を契約できない人やソフトバンクユーザーの方は、SoftBank Airをぜひ検討してみましょう!

まとめ

光回線を利用するためにはプロバイダの契約が欠かせません。プロバイダによって通信の安定性やサービス内容などが変わるため、違いを比較して慎重に選ぶことが大切です。

また、auひかりはプロバイダの変更ができないことや、光回線によって対応エリアが違うことに注意が必要です。

もし光回線を契約できない場合は、SoftBank Airなどのホームルーターを検討してみましょう。この機会に快適なネット環境について検討してみてくださいね!

おすすめの記事