光回線の速度が遅い時の対策まとめ!そもそもの原因とおすすめの解決策を紹介!
キャラクター画像
まま子さん
せっかく光回線を導入したのにネットが遅いとガッカリだよね。何が原因なのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
いろいろな理由が考えられるね。速度が遅くなる原因と解決策を紹介するよ!

「光回線の通信速度が遅い……」と悩んでいませんか?ネットを快適に使いたいのに、なかなか繋がらないことがあるとストレスがたまってしまいますよね。

実は、ネットの速度が遅くなる原因にはさまざまなものがあり、光回線そのものの問題とは限りません。端末や接続機器の設定などをチェックして、変更してみると改善する可能性があります。

ただ、どうしても速度が改善されないこともあります。そんな場合は思い切ってほかの回線に乗り換えるのもひとつの方法です。

この記事では、光回線の通信速度が遅い原因や改善するための方法、おすすめの乗り換え先などについてわかりやすく解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事を読んでわかること

  • 光回線の速度が遅くなる原因
  • 光回線の速度を改善する方法
  • おすすめの速度が出やすい光回線

\10月31日まで!1GB未満の利用なら実質無料/

rakutenmobile banner

通信速度が遅い?まずは今の速度を計測してみることからスタート

ネットはできるだけ快適に使いたいですよね。忙しいときにネットが遅いとイライラしてしまうこともあります。そんなときは落ち着いて、まず今の速度を計測してみることから始めましょう。

ただし、速度の計測方法や数値の見方を知っておかないと、かえって混乱してしまうことも。そこで、次の2つのポイントをぜひとも意識してみてください。

速度を計測するときのポイント

  • 上りや下りなど計測値の見方を確認する
  • 実測値は料金プランの速度と大幅に異なる

上記2つのポイントは意外と見落としやすいので注意が必要です。重要な点について詳しく見ていきましょう。

計測方法は?上りや下りなど計測値の見方を解説

自宅の光回線の通信速度は簡単に計測できます。「SPEEDTEST」というサイトにアクセスして、画面中央の「GO」というボタンを押してみてください。すぐに測定できますよ。

https://www.speedtest.net/

なお、このサイトでは「Download(下り)」「Upload(上り)」「Ping値」の3項目を計測できます。このうち「下り」と「上り」については、通信速度を直接示すものです。

光回線の通信速度で特に重要なのが「下り」速度です。これはデータをダウンロードつまり読み込み速度を示します。たとえば、サイトを表示したり動画を読み込んだりするのは「下り」です。

キャラクター画像
まま子さん
ネットを閲覧するときに重要なのは「下り」速度ということだね。

一方で「上り」速度はアップロードつまりデータを送信する速度です。これは画像や動画を頻繁に投稿する方には重要ですが、一般的には下りの速度を重視するほうが良いでしょう。

この数値が高いほど回線速度が速く、低ければ遅いことを示します。ぜひ自宅の回線速度を計測してみてくださいね!

プランの速度と違う?実測値は状況によっても変化する!

実際に自宅の光回線の通信速度を計測してみて、驚いた方も少なくないはずです。なぜなら、料金プランで説明されていた速度より大幅に遅い数値が出るからです。

これはごく自然なことです。なぜなら、料金プランの表示は「ベストエフォート値」だからです。ベストエフォートとは理論値、つまり最高の環境が整った場合の通信速度になります。

キャラクター画像
すーちゃん
実際の速度とベストエフォート値には開きがあることが一般的だよ。

しかし、実際には光回線の速度はさまざまな環境や使用する機器によって変動します。回線の混雑状況によっても速度が遅くなるなど、速度が影響を受ける要因は多いのです。

このように、光回線の速度は個々の通信環境や状況によって異なるので、まずは実際に測定してから原因を考えてみることが大切です。

なお、速度や料金プラン、キャンペーン情報も含めて比較した、2022年4月度の「光回線おすすめランキング」もまとめていますので、併せて読んでみてくださいね。

快適に使うにはどれくらいの速度が必要?目的別に解説!

光回線の速度が気になる人は多いはずです。回線が遅いならできるだけ改善したいですよね。しかし、そもそもネットを使うにはどれくらいの速度が必要なのでしょうか。

たとえば、光回線で一般的なプランは最大1Gbpsで通信できるプランですが、実測値は平均して200~300Mbps前後で、遅いものでも平均値で100Mbpsは出ていることがほとんどです。

実は、一般的な用途では30Mbpsも出ていれば十分なことがほとんどなのです。快適なネット環境に必要な通信速度について、目的別に詳しく見ていきましょう。

今の速度は足りていない?用途別に速度を一覧で確認!

自宅の光回線の速度を計測してみて、意外と遅いので不安に感じた方もいるはずです。しかし、本当に今の速度では足りないのでしょうか?実は、目的別に次の基準値を満たしていれば十分なのです。

速度 わかりやすい目安
1Mbps Webページ閲覧、メール受信、LINE受信
3Mbps SNSへの写真投稿、YouTube動画(720p)、ビデオ通話
10Mbps SNSへの動画投稿、データファイルの共有
25Mbps 4K動画の再生

必要な速度が意外と遅いので、安心できたのではないでしょうか。実は、ウェブサイトの閲覧や動画閲覧、ビデオ通話などでは10Mbpsもあれば快適に使えます。

大容量の通信が必要な4K動画視聴であっても、25Mbpsあれば快適に使えます。500Mbpsも1Gbpsも必要なことは、通常はなかなかあり得ません。

キャラクター画像
まま子さん
動画やWebサイトを閲覧するだけなら、そこまで速度を気にしなくて良いんだね。

もし光回線が遅いような気がしていても、30Mbps出ていれば安心して大丈夫です。後述する改善策も行ってみると、十分快適に使えるようになるはずです。

ただし、動きの多いオンラインゲームを快適にプレイする場合は、100Mbps以上の通信速度が必要だと考えられています。速度を重視する場合はNURO光やauひかりなどを検討してみましょう。

≪原因編≫どうして速度が遅くなった?状況をチェックして原因を見極めよう

「最近光回線が遅くなった」と悩んでいる方は少なくありません。しかし、具体的にどうすれば改善できるのか、なかなかわかりづらいですよね。重要なのは次の6つのポイントです。

速度が遅くなる主な原因

  • 接続する端末の設定や端末数を確認する
  • セキュリティソフトの設定や干渉がないか確認する
  • モデムやルーターなどの機器が古くないか確認する
  • 光回線事業者やプロバイダに通信障害が起きている
  • 接続する時間帯や接続方法が原因の可能性もある
  • マンションの配線方式の影響で速度が遅いことがある

上記6つの点はどれも通信速度に大きな影響があります。改善可能なものを探して変更すれば、速度を大幅に改善できる可能性もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

【接続する端末の問題】端末数や端末の状態をチェック!

パソコンやスマートフォンなど、接続する端末が原因の可能性があります。これらの機器に不具合や故障が起きていると、高速な通信が困難なことがあるのです。

また、ルーターに接続している機器があまり多すぎると、ルーターに負荷がかかりすぎて速度が遅くなることもあります。

最近はスマホや家電製品、ゲーム機などあらゆる機器をWi-Fiへ接続するようになりました。そのため、意外とたくさんの機器をネットに繋いでいるかもしれません。

キャラクター画像
まま子さん
ネットに接続する機器はスマホとPCだけとは限らないもんね。

ルーターのスペックには「接続可能台数」が表示されているので、これを上回る機器をネットに繋いでいないかチェックしてみましょう。多すぎたら対策が必要です。

【セキュリティソフトの問題】設定の内容や他のソフトとの干渉をチェック

各端末に導入している「セキュリティソフト」が原因で、ネットの速度が遅くなるケースもあります。主な原因は「設定内容」と「ほかのソフトとの干渉」の2つです。

自分で直接セキュリティソフトの設定を変更した場合は、その設定内容が正しいものではなく、速度低下の原因になっているのかもしれません。

自分で変更した覚えがなくても、セキュリティソフトが手動もしくは自動でアップデートされた場合も、設定が変わっている可能性があります。

キャラクター画像
すーちゃん
セキュリティソフトの設定は見落としがち!一度チェックしてみよう。

また、端末に複数のセキュリティソフトを導入している場合は、ほかのものと干渉する可能性があります。干渉とは、互いの機能を阻害し合うことです。

干渉が起きると処理速度が低下して、通信速度も遅くなります。最近何かほかのソフトをインストールしたのであれば、それが原因になっているのかもしれません。

【光回線の接続機器の問題】古い機種と速度に対応しきれないことも

光回線やプロバイダからレンタルしている、もしくは自分で用意している接続機器が古くて、速度が遅いのかもしれません。接続機器とは、主にモデムやルーターのことです。

パソコンやスマホと同じように、モデムやルーターにも「世代」や「規格」というものがあります。特に注意したいのが「LANの規格」です。

キャラクター画像
すーちゃん
ある程度のスペックを備えた機器を使うことが重要だよ。

現在主流となっている有線LANは「1000BASE-T」で、最大1Gbpsで通信できます。無線LANは「IEEE 802.11n」と「IEEE 802.11ac」で、それぞれ最大600Mbpsと6.9Gbpsで通信できます。

こういった規格が古いルーターだと、いくら光回線自体の速度が速くても、機器側でロスが生じてしまうので100Mbpsも出せないことがあります。

【接続業者の問題】プロバイダや光コラボの業者のトラブルを確認

自分が使用している端末や通信機器などに問題がない場合は、光回線事業者やプロバイダ側で問題が起きているのかもしれません。

光回線では事業者が設備のメンテナンスをするときや、何らかのトラブルが発生して通信障害が起きるときがあります。そういうときは通信速度が遅くなったり、ネットに繋がらなくなったりします。

キャラクター画像
まま子さん
自宅の環境に問題がなければ、プロバイダや光回線のトラブルかも。

光回線だけではなくプロバイダで起きる問題も、通信速度が低下する原因となります。プロバイダはインターネットに接続するための「受付」のような存在です。

そのため、プロバイダ側で何かトラブルが起きたり異常なトラフィック(混雑)が発生したりすると、通常より大幅に遅くなることがあります。

【光回線の問題】接続する時間帯や接続方法が原因の場合も

先ほども少し触れましたが、光回線やプロバイダが混雑していると、通信速度が著しく低下することがあります。特に夜間や休日などの時間帯は、利用者数が増えるので速度低下も顕著です。

特に、NTT系列の回線を使用しているフレッツ光や光コラボ回線は、近年利用者が急増しているため、時間帯によってはかなり使いづらいこともあるようです。

利用者の増加はユーザーにはどうにもできないことなので、日々の生活の中でいつ速度低下を感じやすいか確認してみましょう。夜間や休日ならある程度は仕方ありません。

キャラクター画像
すーちゃん
利用者の少ない独自回線なら時間帯による影響を受けづらいよ。
キャラクター画像
まま子さん
NURO光やeo光のような光回線のことだね!

また、端末とルーターをどのような方法で接続しているかも重要になります。有線LANではなくWi-Fiで接続しているのであれば、通信が不安定になったり速度が低下したりしやすいです。

プロバイダとインターネットをどのように繋いでいるかを示す「接続方式」も重要です。旧式の「IPv4(PPPoE)」方式で接続している場合は、混雑の影響を受けやすくなります。

【マンションの問題】配線方式によって原因が違う!

マンションなど集合住宅の光回線が遅い場合は、施設の「配線方式」が原因かもしれません。実はマンションの光回線には、「光配線」「VDSL配線」「LAN配線」の3つの方法があるのです。

それぞれの方式の違いは、マンション内部の「共用部分」から各部屋まで、どの種類のケーブルで配線するかという点です。方式によって通信速度が大きく変わります。

光配線方式は、各部屋まで全て光ファイバーで配線されています。そのため、戸建て住宅の光回線と同じように、最大通信速度1Gbpsでの通信が可能です。

キャラクター画像
まま子さん
配線方式がわからない場合は大家さんや管理会社に確認してみると良いかも。

ただし、ほかの2つの方式は最大100Mbpsでしか通信できません。VDSL配線方式は電話線、LAN配線はLANケーブルで配線されているからです。

マンションの配線方式が光配線方式でなければ、高速な通信は困難です。そこで、NURO光などの「戸建てタイプ」を契約するという方法があります。この方法については後述します。

光回線が遅いときはまずはカスタマーサポートに相談するのがおすすめ!

光回線が遅くなったときにどうすればよいのか、考えられる原因や対処法を紹介しました。単純なことが原因であれば、早急に解決できるかもしれません。

しかし、自分で判断するのが難しいこともあります。自己判断で対処すると、事態が複雑になってしまうこともあるでしょう。そこで、ネットが遅いときはまずカスタマーサポートに相談しましょう。

カスタマーサポートの担当者は細かな対処法を知っているため、効果的な解決方法を提示してくれるはずです。自己判断で対処する不安もありません。

キャラクター画像
まま子さん
カスタマーサポートに相談しても改善しないときは……

ところが、光回線やプロバイダの都合上、どうしても速度が遅いこともあります。そんな場合は思い切って「乗り換え」を検討してみましょう。

通信速度を重視する方におすすめなのが「NURO光」です。NURO光は通常プランでも最大通信速度2Gbpsで、実測値も他社より速い傾向があることも明らかになっています。

また、公式である「ソニーネットワークコミュニケーションズ」からNURO光に申し込むと最大45,000円のキャッシュバックを受けられるなど、キャンペーンも充実しているのでお得です!

NURO光 公式サイト

≪改善策編≫それぞれの問題ごとに改善策を試してみよう!

先ほど光回線が遅くなる原因について紹介しました。これからは、それぞれの原因に応じた回線方法について見ていきましょう。

速度を改善する方法

  • ほかの端末でも遅くなっていないか確認する
  • セキュリティソフトの設定を確認して整理する
  • ルーターなどを新しい機種にアップグレードする
  • 公式サイトなどで通信障害の情報を確認してみる
  • 光回線事業者に問い合わせて遅い原因を調べる
  • マンションの場合は無線回線の利用も検討する

ネットが遅いときは、主に上記6つの改善策が役立ちます。それぞれの改善策について詳しく解説します。

【接続する端末の改善策】ほかの端末でも遅くなっているかチェック!

キャラクター画像
すーちゃん
具体的な改善策をひとつずつ見ていこう!

接続している端末の不具合が疑われる場合は、ほかの端末でも通信速度が遅いかチェックしてみましょう。パソコンに不具合が生じているならスマホやタブレットなど、ほかの機器を試してみるのです。

もしほかの機器では正常に通信できているのにその端末で遅い場合は、故障の可能性を疑ってみましょう。端末の設定が原因のこともあるので、詳しい調査が必要です。

たとえば、OSをアップデートした場合や、他人と共有している機器を使用している場合は、知らず知らずのうちに設定が変わってしまったのかもしれません。

自分で設定を変えたなど心当たりがある場合は、設定を元に戻せば改善する可能性があります。ただ、多くの場合は原因を究明しづらいので、端末のカスタマーセンターなどに相談してみましょう。

【セキュリティソフトの改善策】設定を確認し、複数ある場合は整理する

キャラクター画像
まま子さん
セキュリティソフトの設定は合っているかな?

自分で直接セキュリティソフトの設定を変更したり更新したりした場合は、その設定内容が正しいかどうか改めて確認してみましょう。

自分で変更した覚えがなくても、セキュリティソフトが手動もしくは自動でアップデートされた場合も、設定が変わっている可能性があります。

もし設定が大丈夫な場合は、端末に複数のセキュリティソフトを入れていないかチェックしてみましょう。ほかのものと干渉して、互いの機能を阻害し合っているのかもしれません。

干渉が起きると処理速度が低下して、通信速度も遅くなります。最近何かほかのソフトをインストールしたのであれば、それを削除してもう一度速度を確認してみましょう。

【光回線の接続機器の改善策】ルーター周りを改善すると直ることが多い!

次の4つのいずれかに当てはまる通信機器を使用している場合は、故障や不具合がないかチェックしてみましょう。

チェックしたい通信機器

  • 光回線事業者やプロバイダからレンタルしているルーター
  • 自分で購入して使用しているルーター
  • ハブなどの分岐用の機器
  • LANケーブル

通信機器の設定を変更してから遅くなったという場合は、元の設定に変更してみましょう。また、ルーターに関する不具合は多いので、必ずチェックしてみる必要があります。

まずルーターを使用せず、ONU(光回線の終端装置)やモデムに直接機器を接続してみてください。それで速度が回復するのであれば、ルーターに問題がある可能性が大きいです。

ルーターの電源を一度切ってから入れ直します。ファームウェアのアップデートがある場合は更新で必要です。ルーターに多くの機器を接続している場合は、使わない機器を切断しましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
ルーターが原因で速度が落ちているケースも多いんだよ!

もし古いルーターを使用している場合は、買い替えが必要かもしれません。ルーターの通信規格が古いと、最新の機器に対応できる速度を出さない場合があるからです。

通信速度が気になる場合は「1000BASE-T」や「IEEE 802.11ac」など、できるだけ新しい規格が採用されているモデムやルーターに変更してみると良いでしょう。

【接続業者の改善策】2段階で確認していくのがおすすめ

光回線やプロバイダが原因で、通信障害などが発生している可能性があります。まずは光回線事業者とプロバイダに問い合わせて、どちらに原因があるか調べてみましょう。

また、異変に気付いたときは公式サイトを確認することも大切です。たとえば、ソフトバンク光では公式サイトの「障害・メンテナンス情報」で、地域ごとの通信障害の情報を調べることができます。

キャラクター画像
まま子さん
メンテナンスなどが終了したら元のスピードに戻るかも。

プロバイダを通さずに光回線だけの速度を測定したり、ほかの人の測定結果などを調べたりできるサイトもあります。しかし、公式に問い合わせるほうが確実な回答を得やすいのでおすすめです。

もし公式サイトやカスタマーセンターで何の情報も得られない場合は、自身の端末や接続機器が原因の可能性もあるので、改めてチェックしてみることをおすすめします。

【光回線の改善策】光回線の業者に問い合わせで確認するだけ!

単純に光回線が遅いということも考えられます。前述したように、フレッツ光や光コラボは利用者の急増で、速度が低下しやすい傾向があるからです。

利用者の増加はユーザーにはどうにもできないことなので、その時間帯にネットを使う場合は速度低下を許容する必要がありそうです。ただ、通信を安定させる方法はあります。

それは「IPv6(IPoE)」オプションを利用することです。現在は多くのプロバイダでIPv6(IPoE)が提供されていて、これを利用すれば混雑しやすい時間帯でも通信が安定しやすくなります。

キャラクター画像
すーちゃん
乗り換えを検討する前に、まずは接続方式を確認してみよう!

また、速度を重視する場合はできるだけWi-Fiではなく、通信が安定しやすい有線LANでネットに接続することをおすすめします。

これでも速度が改善されない場合は、乗り換えを検討するほうが良いかもしれません。たとえば、NURO光は光コラボではないので、安定した速度を出せることで有名です。

【マンションの改善策】無線回線の利用も検討すると改善しやすい

マンションの配線方式が光配線方式ではない場合、最大1Gbpsでの通信ができないため通信速度は低下します。

前述したように、マンションの配線方式が光配線でない場合は、マンションタイプでの高速なネット環境は諦めるしかありません。

それは独自に「戸建てタイプ」を導入するというものです。たとえばNURO光の通常プラン(G2およびG2 V)は、戸建て住宅だけではなくマンションにも導入できます。

ただし、戸建てタイプの導入時は光回線を部屋に引き込む工事が行われることになります。そのため、事前に管理者の了解を得ておく必要があるでしょう。

キャラクター画像
すーちゃん
工事で壁に穴を開けたりする可能性もあるよ。
キャラクター画像
まま子さん
必ず管理会社の許可を事前に取っておきたいね。

それも難しい場合は、ホームルーターやポケットWi-Fiといった無線回線の利用を検討してみましょう。工事が不要なので、基本的にはどんな環境でも導入することができます。

根本的に解決したいときは光回線の乗り換えもおすすめ

キャラクター画像
すーちゃん
いろいろ試してもダメなときは、思い切って乗り換えを検討してみよう!

光回線の通信速度を改善する方法について紹介してきました。しかし、光回線そのものが遅い場合は、どの改善策を実行しても根本的な解決にはつながりません。

また、何か問題が起きるたびに原因を探して対応する……というのではストレスがたまってしまいますよ。そこで、思い切って光回線を乗り換えてしまうのもひとつの方法です。

光回線を乗り換えるときに検討すべきことや、おすすめの乗り換え先について見ていきましょう。

乗り換えのときは速度とお得さを押さえてみよう!

光回線を乗り換えるときは、「月額料金」と「通信速度」の2つのポイントを意識して、乗り換え先を検討してみましょう。

通信速度を重視するのであれば、光コラボではない回線を選ぶことをおすすめします。先ほども解説したように、利用者の急増で回線速度が不安定になることがあるからです。

そこで、NTT回線ではない独立した回線を採用している「NURO光」や「auひかり」、「eo光」などを検討してみることをおすすめします。

キャラクター画像
すーちゃん
独自の回線だから混み合うことが少ないんだよ。
キャラクター画像
まま子さん
みんながネットを使う時間帯でも通信がサクサクなのはうれしいね!

いずれも平均的な通信速度はフレッツ光よりも速く、月額料金もお得感があります。通信速度の速さから考えると、これら3回線はかなりコスパが良いといえるでしょう。

NURO光」「auひかり」「eo光」はいずれも独自回線であることから、光コラボと違って対応エリアが限定されています。居住中の地域に合う回線を選んで、快適なネット環境を手に入れましょう!

まとめ

光回線の速度低下は悩ましい問題で、さまざまな原因が考えられます。端末の設定やルーターの接続方法など、ひとつずつ検証して対応すると改善できるかもしれません。

しかし、そもそも光回線自体が遅いケースもあるので、なかなか速度が改善されない場合は思い切って乗り換えるのも効果的な手段です。その際は、料金のお得さと速度の速さを重視して選ぶのがおすすめです。

この機会にもっと速い回線に乗り換えて、速度の心配がいらないネット環境を手に入れてみましょう!

おすすめの記事