AQUOS zero徹底レビュー!メリットデメリット・不向きな人まで丸わかり!

現在は各社でAQUOS zeroは終売しております。

以下、過去の内容となります。

キャラクター画像
まま子さん
はぁー。スマートフォンって重いのが増えてきてるよね…。もっと軽くて持ち運びやすい機種ってないのかな…。
キャラクター画像
すーちゃん
AQUOS zeroなら、6.2インチの大画面なのにたった146gで軽いよ!
キャラクター画像
まま子さん
えっ大きいのに軽いって、なかなかいいじゃん。詳しく紹介して?

2019年4月にSIMフリーモデルが発売されたAQUOS zeroは、高性能CPU搭載・6.2インチの大画面を搭載しながらも軽量なのが特徴です。

最近は大スクリーンスマホが増え、本体もどんどん重くなってきていますよね…。より高機能になっていくのはありがたい限りですが、「重すぎて持ち運びがしづらい」「長時間持つと疲れる」というお悩みを抱えている方も多いかと思います。

そんな中、今回発売されたAQUOS zeroは高性能・高機能と軽さを兼ね備える一台です。特に「軽さ」を重視する方には見逃す事のできない選択肢となるかと思います。

ということでこの記事では、AQUOS zeroのスペックやメリット・デメリットを解説します。

合わせてオススメの購入先もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\今月のおすすめ!スマホ1円~セール中!/

Ymobile banner

 総合評価:AQUOS zero(アクオスゼロ)はこんな人におすすめ!

アクオスゼロスペック評価

出典:SHARP公式サイト(https://jp.sharp/k-tai/aquos-zero/)

ずばり結論から言うと、AQUOS zeroは、以下の2つに当てはまる人におすすめです。

こんな方におすすめ

  • 高機能・高性能なスマートフォンを使いたい人
  • 本体重量が軽いスマートフォンを持ち歩きたい人

スマートフォンは年々大型化していますが、代償として本体の重さも増してきていますよね。

例えば、iPhone 11 Proは5.8インチ画面ですが、重さは188gもあります。さらに6.5インチ画面のiPhone XS Maxは、226gです。

キャラクター画像
まま子さん
200gオーバーかぁ…確かにお店で触ってみると、ずっしりしてるよね。
キャラクター画像
すーちゃん
うん。カバーをつけるともっと重くなっちゃうよ。

その点、AQUOS zeroなら146gしかないので、片手で握っていても手に負担はかかりません。しかも、軽さの代わりに性能が低い…ということはなく、2018年の最高スペックが搭載されています

キャラクター画像
すーちゃん
2019年にはSnapdragon 855という後継の最新CPU搭載スマホが登場してきたけど、AQUOS zeroのCPUは2019年時点でもまだまだ現役で活躍できる高性能だよ。

おサイフケータイや防水機能もあるので、大手携帯会社のGalaxyやXperiaなどから乗り換えるとしても、不足はないかと思います。軽さと高性能・高機能の3つの要素をバランス良くを求めるのであれば、AQUOS zeroを選べば満足できること間違いありません。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。軽さ・高性能・高機能か。

逆にAQUOS zeroこんな人にはそんなに向いてない

AQUOS zeroは高性能・高機能なスマホなので、以下の2つに当てはまる人にはおすすめできません。

  • 本体価格の安さを重視する人
  • おサイフケータイや防水などの機能が不要な人

AQUOS zeroは楽天モバイルで89,980円(税抜)など、高価格なスマホです。軽さも含めた性能や機能よりも、2〜3万円で買える安さを重視する人は、あえて選ぶ必要はないでしょう。

キャラクター画像
すーちゃん
実際に、各種スペックをチェックしてみようか。

AQUOS zeroのスペック・最大の特徴とは?

アクオスゼロスペック評価

出典:SHARP公式サイト(https://jp.sharp/k-tai/aquos-zero/)

さて「こんな方におすすめ」「こんな方にはそこまでおすすめじゃない」というのが分かったところで、続いては詳細スペックを見ていきましょう。

AQUOS zeroは、一言で言うと「高性能なスマートフォン」です。

AQUOS zeroのスペック
本体価格(楽天モバイル通常価格)89,980円
OSAndroid 9
CPUSnapragon 845
メモリ6GB
ストレージ容量128GB
画面6.2インチ、2,992×1,440
重さ146g
カメラアウトカメラ:2,260万画素/インカメラ:800万画素
バッテリー容量3,130mAh

2018年〜2019年4月にかけて発売されたスマートフォンの中では、最高クラスの性能が備わっています。重要なCPUや重量については次項で触れますが、他にも性能面で魅力的な部分は盛りだくさんです。

さらに、メモリが6GB搭載されているので、たくさんアプリを開いても動作がもたつくことはなくサクサクが維持されます。ストレージ容量も128GBもあるので、スマホ内に動画や音楽、アプリなどのデータを大量に保存することも可能です。

アクオスゼロスペック評価

出典:SHARP公式サイト(https://jp.sharp/k-tai/aquos-zero/)

性能重視の方にとって、AQUOS zeroは最強の選択肢となるかと思いますよ。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。スペック文句なしって感じね。

商品紹介ビデオはこちら!

AQUOS zeroの一押し機能

AQUOS zeroには、他のスマートフォンにないような豪華な機能がたくさん備わっています。

唯一無二の選択肢になる部分もあるので、ここから解説する各種機能に魅力を感じたら、AQUOS zeroを検討してみてくださいね。

6.2インチの大画面ながら、わずか146gの軽量

アクオスゼロスペック評価

出典:SHARP公式サイト(https://jp.sharp/k-tai/aquos-zero/)

AQUOS zeroは6.2インチの大画面を搭載している大型スマホですが、重量はたったの146gです。

2018年〜2019年初頭に発売された主な高性能スマートフォンと、AQUOS zeroの重量を比べてみましょう。

スマートフォンの重量
機種名画面サイズ重量
AQUOS zero6.2インチ146g
iPhone XS5.8インチ177g
iPhone XS Max6.5インチ208g
Xperia XZ36インチ193g
Galaxy S95.8インチ161g
iPhone 11 Pro5.8インチ188g
iPhone 11 Pro Max6.5インチ226g

AQUOS zeroは比較的大型であるにも関わらず、比較した7種類の中で一番軽量でした。

大きいのに軽いのは、AQUOS zeroを選ぶ決め手となると思いますよ。

キャラクター画像
まま子さん
確かに。こうして見ると結構軽いんだね。

おサイフケータイや防水に対応

アクオスゼロスペック評価

出典:SHARP公式サイト(https://jp.sharp/k-tai/aquos-zero/)

AQUOS zeroは、おサイフケータイと防水に対応しているのも見逃せない特徴です。

高性能でも、Zenfone 6やReno 10x Zoomなどおサイフケータイと防水に対応していないスマートフォンは多数あります。特に、おサイフケータイは、海外のSIMフリースマートフォンだと非対応なケースがとても多いんです。

その点、AQUOS zeroは元々日本の会社だったシャープが販売していることもあり、おサイフケータイにもしっかり対応しています。

キャラクター画像
まま子さん
通勤通学にモバイルSuicaを使っているから、おサイフケータイ対応は嬉しいな。

また、突然雨に降られたり、台所で洗い物をしていて水がスマホに跳ねたりしても、AQUOS zeroなら心配無用です。

おサイフケータイと防水機能を活用したい方にとっても魅力的な1台と言えますね。

CPU性能や画面・スピーカー性能が高いので、ゲームなども快適に遊べる

アクオスゼロスペック評価

出典:SHARP公式サイト(https://jp.sharp/k-tai/aquos-zero/)

AQUOS zeroに搭載されているCPUは、Snapdragon 845という2018年の最高性能CPUです。

動画編集などCPU性能の高さが求められるアプリはもちろん、PUBG、フォートナイトなどの最新ゲームも、滑らか・快適に動作します。また、画面サイズが6.2インチと大きく、本体スピーカーも高音質なので、快適にゲームを楽しめるでしょう。

アクオスゼロスペック評価

出典:SHARP公式サイト(https://jp.sharp/k-tai/aquos-zero/)

大手携帯会社でXperiaやGalaxyなどの高性能スマートフォンを使っていた方は、AQUOS zeroへ乗り換えても、性能面でがっかりすることはなく、引き続き快適に利用できると思いますよ。

広角カメラで風景などを広く撮影できる

アクオスゼロスペック評価

出典:SHARP公式サイト(https://jp.sharp/k-tai/aquos-zero/)

AQUOS zeroのカメラは広角レンズ搭載で、風景写真などを横に広く撮影できるのが魅力です。

2018年の主流だったダブルレンズ搭載ではありませんが、綺麗な写真が撮影可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
ただしカメラ性能最重視の機種ではないから、注意してね。
キャラクター画像
まま子さん
なるほど。カメラの綺麗さ重視なら、Mate 20 Proなど他の機種を選んだ方が良さそうね。

AQUOS zeroのイマイチな点

AQUOS zeroには、いくつか注意したいデメリット・注意点も存在します。

軽さと性能・機能は魅力的ですが、価格や一部仕様には気になる部分もあるのが現状です。私は実際にAQUOS zero(ソフトバンク版)を持っていたことがあるので、使用感も踏まえつつ解説していきます。

画面は全体的に色が濃い

AQUOS zeroには、有機ELの画面が搭載されています。

キャラクター画像
すーちゃん
シャープのスマホは滑らか表示・省電力な「IGZO液晶」が搭載されるケースが多いんだけど、AQUOS zeroは有機ELなんだ。

iPhone XシリーズやGalaxyシリーズなど、有機EL搭載のスマホは、傾向として発色が明るく、黒の表示が美しいのが特徴です。

しかし、AQUOS zeroの画面は全体的に色が濃く、ちょっと他の機種と比べて見づらいように感じました。

ただしあくまで私の個人的な主観なので、人によっては反対にAQUOS zeroの方が綺麗に感じられるかもしれません。AQUOS zeroにはソフトバンク版もあるので、ソフトバンクショップや家電量販店などで、一旦実物の画面表示を見てみることをおすすめします。

本体価格が高め

現在はOCNモバイルONE、楽天モバイルともにAQUOS zeroは終売しており、こちらは過去の内容となります。

OCNモバイルONEでは後継のAQUOS zero2を販売中です!

AQUOS zeroはOCNモバイルONEで通常77,800円(税抜)、楽天モバイルで89,980円(税抜)など、価格が高めです。

スマートフォンに価格の安さを求める方にとっては、かなり負担が大きいですね。

キャラクター画像
すーちゃん
残念ながら、UQモバイルやYモバイルといった本体割引がある格安SIMでは取り扱っていないんだよね。
キャラクター画像
まま子さん
本体代金をそのまま支払わないといけないケースも多いわけね。

貯金がない場合は、乗り換え前に使っていたスマートフォンを売ったり、不用品を手放したりする必要が出てくることもあるでしょう。本体価格分の性能・機能は備えていますが、予算と相談したうえで選ぶことをおすすめします。

キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMで、分割購入をするのも手だよ。

microSDカードには非対応

AQUOS zeroは、microSDカードを利用できません。

ストレージ容量が128GBもあるので、たくさんのデータを保存できますが、本体容量の追加はできないことにご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
2018年〜2019年にかけては、P20 ProやPixel 3など、microSDカード利用不可の機種が増えてきたね。
キャラクター画像
まま子さん
こまめにデータをGoogleドライブなどに移したり、不要なアプリはアンインストールしたりして対応するのが大事ってことね。

カメラ性能は、昨今の機種の中ではイマイチ

AQUOS zeroのカメラ性能は、2019年10月時点で販売されている高価格スマホの中では低いです。

ダブルレンズ〜トリプルレンズは非搭載、背景ぼかし機能はインカメラのみとなっています。

カメラでキレイな写真をたくさん撮りたい方は、iPhone XSシリーズやMate 20 Proなど、他のSIMフリースマートフォンを選んだ方が良いでしょう。

AQUOS zeroがお得にセット購入できる格安SIM

現在は各社でAQUOS zeroは終売しており、こちらは過去の内容となります。

AQUOS zeroは、様々な格安SIMとセット購入できます。

各社で販売価格が異なっているので、安さ重視の方は販売価格が安い格安SIMとセット購入するのが良いかと思います。

また、AQUOS zeroは家電量販店やネット通販で単体購入も可能です。既に格安SIMを契約中・乗り換え予定がない場合は、単体購入も合わせて検討してみるのがおすすめです。

①OCNモバイルONE(goosim seller)

OCNモバイルONE

 

OCNモバイルONEは通常価格70,600円(税抜)の激安価格でAQUOS zeroを販売中です。

キャラクター画像
すーちゃん
さらに他社からの乗り換えやオプション契約で、最安62,600円(税抜)になるよ。

OCNモバイルONEでは、goo simsellerというサイトで音声通話SIMとセット購入することで、安くスマホを購入できる特徴があります。

例えば2019年9月にはさらに安い、42,800円(税抜)で販売されていました。

他社と比べて本体価格は圧倒的に安いので、安さ最重視の方におすすめです。

また、OCNモバイルONEの音声通話SIMは、6ヶ月間の短い最低利用期間が設定されているので、負担を抑えてAQUOS zeroが購入できるのも魅力ですね。音声通話SIMは月額1,600円(税抜)から利用可能です。

10/25 11時まで!スマホセール開催中!
OCNモバイルONE公式サイト

②IIJmio

IIJmio banner

IIJmioでは、AQUOS zeroが通常価格79,800円(税抜)で販売されています。

OCNモバイルONEに次いで、安く購入可能です。

IIJmioは端末割引キャンペーンも積極的に展開していて、例えば2019年12月時点では、AQUOS zeroを音声通話SIMとセット購入すれば「選べるe-GIFT」のギフト券5,000円分還元となります

キャラクター画像
すーちゃん
キャンペーン内容は頻繁に変わるから、最新情報は公式サイトで確認するのも大事だよ。

なお、IIJmioは最大10人までの家族(回線)と容量シェアができたり、最大50GBのデータを追加契約して大容量通信ができたりするのがメリットです。月額料金は、3GB1,600円(税抜)からとなっています。

キャンペーンを活用して、AQUOS zeroをお得に契約したい方は、IIJmioも要検討と言えるでしょう。

スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

③楽天モバイル

Rakutenmobile banner

 

楽天モバイルでは、AQUOS zeroが通常価格89,980円(税抜)で販売されています。

音声SIMのセット契約なら、1万円引きの79,980円(税抜)で購入可能ですよ。

月額料金は3.1GB月額1,600円(税抜)程度でいたって一般的な料金と言えますが、楽天モバイルを契約していれば、楽天市場でポイント還元が常に+2倍になるなどのメリットがあります。

普段の生活で楽天の各種サービスを利用している方は、楽天モバイルでAQUOS zeroを購入してみてはいかかででしょうか。

実質0円!Rakuten Handの在庫入荷!
楽天モバイル公式サイト

まとめ

アクオスゼロ徹底レビュー

今回は、AQUOS zeroのスペックやメリット・デメリットを解説しました。

ポイント

  • AQUOS zeroは6,2インチの大画面搭載ながら、146gの軽量
  • おサイフケータイや防水機能が搭載されている
  • CPU性能は高く、最新ゲームも快適に動作する
  • microSDカード非対応や本体価格の高さなどが注意点
  • OCNモバイルONEだと本体価格が通常77,800円(税抜)で激安
  • IIJmioでは、音声通話SIMとセット購入で「選べるe-GIFT5,000円分プレゼント」の対象に!

ご紹介してきたように、AQUOS zeroは、軽さと高性能・高機能を求める方に最適なスマートフォンです。

スペックは非常に高いですが、価格もそこそこですので、特に機能や軽さを重視する方に向いている1台と言えますね。

価格は、基本的には格安SIMでキャンペーンを活用してセット購入するのがお得となります。それぞれの格安SIMでの販売価格や特徴を理解した上で、希望の格安SIMを選び、お得に利用を開始してみてはいかかでしょうか。

キャラクター画像
すーちゃん
「高性能」「高機能」「軽さ」の3つがキーだね!
キャラクター画像
まま子さん
そうね。決して安くはないけど、この3つが重要な人には良さそう。