IIJmioで期間限定OPPOが最大5千円割引!4機種を一気にレビュー!

当記事内でご紹介させていただいているOPPO端末は一部IIJmioでは既に終売となっております。

最新の端末情報はIIJmio公式サイトにてご確認ください。

キャラクター画像
すーちゃん
大ニュース!IIJmioからOPPOのスマホが発売されたんだ。
キャラクター画像
まま子さん
OPPO?スマホのメーカー?
キャラクター画像
すーちゃん
OPPOのスマホはカメラ性能やコスパが魅力なんだ。5種類のスマホが販売中だから、解説するね。

IIJmioで、OPPOのSIMフリースマートフォンが発売されました。

OPPOは2018年2月に日本でスマホの販売を開始したばかりですが、海外ではとても人気があるスマホメーカーです。

キャラクター画像
すーちゃん
日本でも、じょじょに知名度を上げているよね。

OPPOのスマホにどんな特徴があるのか、気になりますよね?

そこでこの記事では、

  • OPPOのスマートフォン4種類の料金プランやお得な購入キャンペーン
  • OPPO Reno A、OPPO A5 2020、OPPO Reno 10x Zoom、OPPO AX7の特徴
  • OPPOのスマホはどんな人におすすめ?

以上3つについて、詳しく解説します。

新しいスマホの購入を検討している方、ぜひ参考にしてくださいね!

IIJmioは今月キャンペーンが非常に魅力的です!今なら初期費用が1円!(11月30日まで)。詳細はこちら! 

目次

\今月のおすすめ!人気端末が大幅値下げ中/

Ymobile

IIJmioからOPPOが発売!今なら100円で買える機種がある+Amazonなどで使えるギフト券が最大1万円分付いてくる!

IIJmio2020年12月キャンペーン

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/campaign/mio.html)

IIJmioでは、OPPO Reno A、OPPO A5 2020、OPPO AX7、そしてOPPO Reno 10x ZoomといったOPPOスマホが発売中です。

まずは各機種の料金プランや、お得なキャンペーンを解説します。

まずは何と言ってもOPPO AX7ですね。

OPPO AX7は現在16,800円割引で100円で購入することが可能です。100円ですよ?(笑)スマホの価格とは思えないですよね。

キャラクター画像
まま子さん
確かに…。100円はすごいわ。

さらに、2020年3月31日まで開催されている「みんなおトクに!第三弾 音声SIMとセットでギフト券プレゼントキャンペーン」により、OPPO Reno Aと10x Zoomは音声SIMとセット契約すれば5,000円分のギフト券がもらえます。一方、A5 2020は3,000円分のギフト券付きです。

キャラクター画像
まま子さん
ギフト券って、具体的には何のギフト券?
キャラクター画像
すーちゃん
選べるe-GIFTというもので、Amazonギフト券やGooglePlayの残高とかに交換できるよ。

詳しいキャンペーン情報はこちら!

OPPO Reno5 Aの料金

OPPO Reno5 Aは5G対応で高性能なCPUを搭載している、写真も動画も綺麗に撮影できる安定感のあるモデルです。

通常価格29091円(税抜)から購入できます。

OPPO Reno5 Aの販売価格
一括価格(税抜) 分割価格(税抜) 
OPPO Reno5 A 29,091円 1,215円×24回 

2021年の11月30日までの MNP 限定価格では、

一括払い(税抜):16182円

分割価格(税抜):678円

という価格で乗り換えができます。新規契約だけでなく乗り換えでの購入を検討している人にも今が買い時です。 

OPPO Reno3 Aの料金

OPPO Reno3 Aは長時間使えるバッテリーや、大容量ストレージ・おサイフケータイ防水防塵機能まで幅広い機能が搭載されています。

通常価格では27,091円(税抜)での販売価格となっています。

OPPO Reno3 Aの販売価格
一括価格(税抜) 分割価格(税抜) 
OPPO Reno3 A 27,091円 1,135円×24回 

※現在OPPO Reno3 AはIIJmioでの販売が終了しています。再販の予定はまだありません。

残念ながらIIJmioでは現在販売が終了しているため、OPPO Reno3が購入したい場合はSIMとは別に他の販売先や中古で本体を購入する必要があります。

キャラクター画像
まま子さん
あら、IIJmioでは購入できないのね。残念だわ・・・

OPPO RenoAの料金

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

お得情報

今ならキャンペーンで20,800円で購入可能!

OPPO RenoAは、2500万画素のカメラのと大容量バッテリーが特徴のスマホです。

価格もリーズナブルで、通常34,800円(税抜)から購入できます。

OPPO Reno Aの販売価格
一括価格(税抜) 分割価格(税抜)
OPPO Reno A 34,800円 1,500円×24回

より詳細はレビューはこちら!

OPPO A5 2020 の料金

IIJmio11月オススメスマホ

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

OPPO A5 2020はORRO RenoAのさらにリーズナブルなモデルで、4眼カメラを搭載しているのが特徴です。

価格も非常にリーズナブルで、通常24,800円(税抜)から購入できます。

OPPO A5 2020の販売価格
一括価格(税抜) 分割価格(税抜)
OPPO A5 2020 24,800円 1,050円×24回

さらに2019年12月は、キャンペーンにより3,000円分のギフト券が付いてきます

OPPO AX7 の料金

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

お得情報

今ならキャンペーンで100円で購入可能!

OPPO AX7はORRO R15 Neoの後継機的存在で、より画面サイズが大きくなっているのが特徴です。

価格は今回ご紹介しているスマホの中で最もリーズナブルで、通常16,800円(税抜)から購入できます。

OPPO AX7の販売価格
一括価格(税抜) 分割価格(税抜)
OPPO AX7 16,800円 750円×24回

Reno 10x Zoomの料金

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

OPPO Reno 10x Zoomはハイスペックスマホで10倍ズーム対応、本体上部からカメラが斜めに飛び出す機構の採用により、本体前面が全て画面になっています。

OPPO Reno 10x Zoomの販売価格
一括価格(税抜) 分割価格(税抜)
OPPO Find X 94,800円 3,980円×24回

IIJmioでの定価は94,800円(税抜)ですが、音声SIMとのセット購入により5,000円分の選べるe-GIFTをもらえます。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、実質9万円ってとこね。
キャラクター画像
すーちゃん
しかも今なら、他にも豪華なキャンペーンを適用できるよ。

より詳細なレビューはこちら!

 

OPPOの4機種!まずは、ざっくり機種ごとの特徴・オススメな人を紹介!

OPPOのスマートフォン4種類は、それぞれ特徴が異なっています。

機種ごとの特徴や、オススメな人を先にまとめたので、御覧ください。

OPPO AX7はOPPO R15 Neoの後継機的存在でエントリーレベル、A5 2020とRenoAはミドルレンジ、OPPO Reno 10x Zoomは高価格・高性能モデルです。

基本的に安さ重視ならAX7、コスパ重視ならA5 2020もしくはRenoA、性能や機能重視ならOPPO Reno 10x Zoomを選ぶこととなるでしょう。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、価格を踏まえて考えれば分かりやすそうね。

それぞれのスペックや機能を、チェックしていきましょう。

OPPO AX7ってどんな機種?一押し機能は?

IIJmioOPPOシリーズスマホ

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-ax7/)

OPPO AX7は、OPPO R15 Neoよりさらに画面サイズが大きくなり、さらにインカメラ性能も向上したスマートフォンです。

OPPO AX7のスペック
OS ColorOS 5.2(Android 8.1)
CPU Snapdragon 450
メモリ 4GB
ストレージ容量 64GB
バッテリー容量 4,230mAh
ディスプレイ 約6.2インチ(1,520×720)
カメラ アウトカメラ:1,300万画素

インカメラ:1,600万画素

サイズ 75.4×155.9×8.1mm
重さ 約168g
カラー ゴールド、ブルー

OPPO AX7の特筆すべきポイントは、以下の4つです。

  1. 水滴型ノッチスクリーンによる大画面
  2. 4,230mAhの大容量バッテリーを搭載・バッテリー長持ち
  3. 64GBの大容量ストレージなど、スペックはそこそこ高め
  4. インカメラの画素数がOPPO R15 Neoより向上(800万画素→1,600万画素)
キャラクター画像
すーちゃん
それぞれ、解説するよ。

水滴型ノッチスクリーン採用・6.2インチの大画面

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-ax7/)

OPPO AX7は、ファーウェイのスマートフォンなどでも採用されている水滴型ノッチスクリーンを採用しています。

キャラクター画像
まま子さん
インカメラの周りまで画面が広がっている形状ってことね?
キャラクター画像
すーちゃん
そうそう。OPPO R15 Neoは取られているスペースがもっと広かったから、大画面化がさらに進んだんだよね。

6.2インチの大画面で、動画再生やSNS、ゲームなどをさらに見やすい表示で楽しむことが出来ます。

4,230mAhの大容量バッテリー搭載で、朝から晩までバッテリー長持ち

IIJmioOPPOシリーズスマホ

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-ax7/)

OPPO AX7は、OPPO R15 Neoと同様に4,230mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

朝から晩までバッテリーは長持ち、なんと音楽再生だけなら160時間も連続で行えると公式に謳われているほどです。

私はOPPO R15 Neoを持っているのですが、とにかくバッテリー持ちの良さは非常に重宝しています。モバイルバッテリーを持ち運ばなくて良くなったのはもちろん、バッテリー残量を気にすることすら無くなりました。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。確かにモバイルバッテリーを持ち運ばなくて良いのはありがたいわ。

各種性能は価格に対して高め・普段遣いなら十分快適な高コスパ!

IIJmioOPPOシリーズスマホ

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-ax7/)

OPPO AX7はCPUやストレージ容量などの性能がそこそこ高く、価格を考慮するとコストパフォーマンスが高いです。

キャラクター画像
すーちゃん
R15 Neoのメリットが、そのまま引き継がれているんだ。

ゲームなども、設定からスペックを下げればある程度は快適に動きます。もちろん、動画再生やネットサーフィンなどはサクサクです。もちろん、3Dゲームをたくさんするヘビーユーザーには向かない部分がありますが…

スマホの用途が

  • 検索
  • SNS
  • 地図
  • 音楽
  • 写真

程度であれば十分快適に使えるスペックです。

インカメラでの自撮り写真をキレイに仕上げてくれる

IIJmioOPPOシリーズスマホ

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-ax7/)

OPPO AX7は、OPPO R15 Neoよりインカメラの画素数が大きい1,600万画素です。

よりきれいな自撮り写真が撮れたり、写真にステッカーを貼って楽しい写真に仕上げられたりするのが特徴ですね。

キャラクター画像
すーちゃん
OPPO R15 Neoも十分綺麗なインカメラを搭載しているけど、OPPO AX7はさらに向上しているんだ。
キャラクター画像
まま子さん
よく自撮り写真を撮る人は、OPPO AX7の方が満足できるってことね。

OPPO AX7はこんな人におすすめ:リーズナブルな機種が欲しくて、なおかつ大画面だと嬉しい!という人

ここまでの内容をまとめると、OPPO AX7は、以下の3つに当てはまる人におすすめと言えるでしょう。

  • 実質5千円程度で安くスマホを手に入れたい人
  • 大画面で動画再生やSNSなどを楽しみたい人
  • 自撮り写真を撮る機会が多い人

OPPO AX7のスペックは概ねOPPO R15 Neoと同じですが、インカメラや画面の広さなどが進化しています。

安くて快適に使えるコスパ重視のスマホを求めていて、なおかつ画面の大きさや自撮り写真の綺麗さを重視する人は、OPPO AX7を選びましょう。

キャラクター画像
まま子さん
キャンペーンでもっと安く買える場合は、ほぼ同性能のOPPO R15 Neoを選んでも良さそうね。
キャラクター画像
すーちゃん
そうだね。画面の大きさと自撮りの綺麗さをどのくらい重要視するかだね。

詳細はこちら!

OPPO RenoAってどんな機種?一押し機能は?

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

OPPO RenoAは、OPPOが日本において展開しているスマートフォンの中でも高コスパです。

キャラクター画像
すーちゃん
2019年12月時点だと後から出たOPPO Reno 10x Zoomがさらに高性能だけど、コスパの良さはこっちの方が高いかな。

主なスペックは以下のとおりで、ある程度のミドルユーザーでも快適に利用できるスペックとなっています。

キャラクター画像
まま子さん
このスペックなら2019〜20年になってもまだまだ現役で使えるね。
Reno Aのスペック詳細
価格(IIJmio) 一括34,800円/分割1,500円×24回
OS Android 9.0をベースとしたColorOS6.0
CPU Snapdragon 710
メモリ 6GB
ストレージ容量 64GB、楽天モバイルのみ128GB
カメラ アウトカメラ:1,600万画素+200万画素/インカメラ:2,500万画素
画面 6.4インチ、2,340×1,080
重さ 169.5g
バッテリー容量 3,600mAh
カラー ブルー、ブラック

OPPO RenoAの一押し機能は、以下の4点ですね。

  1. おサイフケータイ付き
  2. 防水対応
  3. 高性能なカメラ
  4. デュアルSIM対応
キャラクター画像
すーちゃん
元々10万円程度で販売されていた機種だけあって、かなり性能が高いんだ。しかも独自機能も満載だよ。
キャラクター画像
まま子さん
なるほど、かなり期待できるね。

Reno Aの魅力①おサイフケータイ機能搭載、SuicaやEdyなどの支払いに対応している

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno-a/)

Reno Aは、おサイフケータイ機能に標準対応しています。

  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • nanaco
  • iD
  • QUICPay

海外メーカーのスマホは、あまりおサイフケータイ機能の搭載に積極的ではない傾向にあります。

しかし、OPPOは3万円台・高性能スマホで、まさかのおサイフケータイ搭載を実現しました(これ、かなりすごいことです…!)。

消費税の増税に伴い、2020年の6月まではキャッシュレス決済時にポイント還元を受けられる制度が展開されていますよね。Reno Aに支払いアプリを登録して支払い時に活用すれば、普段の生活における買い物の出費を抑えられますよ。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、Reno Aがあれば、本体価格を抑えられるだけじゃなく、その後の買い物もお得にできるわけね。
キャラクター画像
すーちゃん
その通り!

Reno Aの魅力②防水対応、移動中や洗い物などで水に濡れても大丈夫

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno-a/)

Reno Aは防水に対応しているので、水に濡れても大丈夫です。

海外メーカーのスマートフォンはあまり防水に対応していない傾向にありますが、Reno Aは3万円台ながらしっかり防水に対応しています。

キャラクター画像
すーちゃん
日本国内のシェアを、一気に取りに来た印象だね。

通勤や通学中に雨が突然降ってきても大丈夫、海や川でスマホを水に落としたり、お風呂や台所で使ったりしてもOKです。実際に私もお風呂場や台所で利用してみましたが、問題なく快適に利用することができました。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。利用場面が制限されないのはいいわね。

Reno Aの魅力③ダブルレンズのアウトカメラや高画素のインカメラで、写真もきれいに撮れる!自撮りも盛れる!

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno-a/)

Reno Aはダブルレンズのアウトカメラを搭載、インカメラは2,500万画素の高画素となっています。

アウトカメラにはAI機能が搭載されていて、撮影しようとしているもの(風景、食事などのシーン)を自動判別、最適な設定を自動的に適用してくれます。

キャラクター画像
すーちゃん
つまり、面倒な細かい設定をしなくても、きれいな写真が撮れるんだ。

実際に撮影した写真。何も設定しなくても十分綺麗。

renoAレビュー実際の写真

夜はこんな感じ。割と明るく撮れた!

renoAレビュー実際の写真インカメラは自動的に顔の特徴を読み取って、最適な補正をかけた写真を撮影できるしくみです。

10万円などの高価格・高性能スマホもあるので「圧倒的にカメラ性能が高い!」とまでは言えませんが、過不足なくクオリティの高い写真を撮れるので、十分満足できるでしょう。

さらにさらに、Reno Aはインカメがとても綺麗なんです。画素数も2,500万画素と高いですし、明るさもバッチリでとても綺麗な写真が撮れます(私的には今回これが一番ポイントが高かったかも(笑))。

これまでたくさんのスマホを使ってきたのですが、やはりOPPOのスマホは自撮りが綺麗に撮れるなといった印象がありますね。カメラアプリを使わずにここまで自然に盛れる自撮りが撮れる機種はなかなかないです。

Reno Aの魅力④デュアルSIM対応、2枚のSIMカードの切り替えや通話の同時待ち受けができる

Reno AはデュアルSIMに対応していて、2枚のSIMカードを同時に使うことができます。

例えば、仕事用の電話番号のSIMカードと普段の日常生活用のSIMカードを持っている(携帯電話を2台持っている)方は、Reno Aがあれば1台にまとめることが出来ますね。

ただし、注意したいのは、2枚めのSIMカードを入れるスロットとmicroSDカードを入れるスロットが共通になっている点です。

SIMカードを2枚使うと容量の拡張はできなくなるので、SIMを2枚使いつつデータをたくさん保存したい方は楽天モバイルの128GBモデルを選ぶのがおすすめです。

キャラクター画像
すーちゃん
最初から容量が大きい機種を選んでおけば、容量を増やせなくても大丈夫というわけ。
キャラクター画像
まま子さん
なるほど。

OPPO RenoAはこんな人におすすめ:機能性とコスパを求める人!

Reno Aは、主に以下の3点に当てはまる方におすすめのスマートフォンです。

  • おサイフケータイで、通勤・通学や買い物をしたい方
  • 外の移動や川・海、お風呂、台所といった、水がスマホにかかる場面での使用が多い方
  • 価格を抑えつつ、できるだけゲームなども快適に遊べる高性能なスマホを使いたい方

Reno Aは3万円台で購入できるスマートフォンですが、価格に対して性能が高めなうえに、おサイフケータイや防水といった便利機能も備えています。

実は、これまでSIMフリースマートフォンでおサイフ・防水に対応している機種は、同価格帯のスマホと比べると性能が低めな傾向にありました。

しかし、今回発売されたReno Aは低価格を実現しつつ、機能性と性能も全体的に高めに設定されていて、これまでのスマホのデメリットをカバーした1台となっているんです。

「最高性能」を求めている方でない限りは、どのスマホを買うべきか迷ったらとりあえずReno Aを買っておけば満足できるでしょう。

キャラクター画像
すーちゃん
ここまで欠点が少ないスマートフォンも、なかなかないと考えているよ。
スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

OPPO Reno 10x Zoomってどんな機種?一押し機能は?

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno-10x-zoom/)

OPPO Reno 10x Zoomはトリプルレンズ搭載でハイスペック、さらにスライド式カメラの採用で全画面と、至れり尽くせりな最強スマホです。

キャラクター画像
すーちゃん
10倍ズーム対応はとにかくすごい!カメラ性能重視の人には、まさに最強の機種だよ。

スペックは以下のとおりで、2019年10月時点の水準で最高クラスです。

OPPO Reno 10x Zoomのスペック
OS ColorOS 6.0(Android 9.0)
CPU Snapdragon 855
メモリ 8GB
ストレージ容量 256GB
バッテリー容量 4,065mAh
ディスプレイ 約6.65インチ(2,340×1,080)
カメラ アウトカメラ:4,800万画素+800万画素+1,300万画素

インカメラ:1,600万画素

サイズ 77.2×162×9.3mm
重さ 約215g
カラー オーシャングリーン、ジェットブラック

ポイントは以下の3点です。

  • トリプルレンズカメラ搭載、広角と望遠の撮影ができる
  • インカメラは「ピポットライジングカメラ」、本体内部からせり上がる
  • 2019年10月時点で最高性能のCPU搭載・動作サクサク
キャラクター画像
すーちゃん
OPPO Find Xもかなり高性能だけど、後から発売されたOPPO Reno 10x Zoomはさらに高性能。
キャラクター画像
まま子さん
性能や機能に妥協したくない人向けってことね。

アウトカメラは驚異のトリプルレンズで広角・望遠対応、インカメラはせり上がる方式

OPPO Reno 10x Zoomのアウトカメラはトリプルレンズで、望遠や広角に対応しています。

遠くのものを撮る時は「10倍ハイブリッドズーム」で大きく写せてしまいます!

Reno 10x Zoom

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno-10x-zoom/)

広角レンズに切り替えれば広く写真を撮れるので、集合写真や横に長い駅・お城などもバッチリ画面内に収められますね。

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno-10x-zoom/)

インカメラはOPPO Find Xからさらに進化、本体上部から飛び出るようになりました。

可動部分がちょっと少なくなったので、派手さは薄れたもののより機能的になった印象ですね。

ちなみにOPPO Find Xは顔認証のみ対応でしたが、OPPO Reno 10x Zoomでは画面内に指紋認証センサーを埋め込んでいるので、顔認証と指紋認証の両対応

顔面認証で、いちいちカメラがせり上がるのが鬱陶しく感じる場合は、指紋認証にも変更できますよ。

キャラクター画像
まま子さん
たしかに最初は目新しくても、そのうちカメラが動くのを待つのが面倒になってくるかも。認証方式を選べるのは親切ね。

高性能なSnapdragon 855搭載・ストレージも256GB大容量で最強!

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno-10x-zoom/)

OPPO Reno 10x Zoomは、2018年末発売のOPPO Find Xからさらに性能が向上しました。

キャラクター画像
すーちゃん
2019年の、最新仕様になっているんだ。

CPUがSnapdragon 855に変更されたので、高性能が必要とされる最新ゲームなどはさらにサクサク動くようになっていますよ。

大容量8GBメモリはOPPO Find Xと変わらず採用、ストレージ容量も256GBと大きいので、たくさんの写真やアプリを保存しておけますね。

キャラクター画像
すーちゃん
不足部分一切なし、最強の性能だね。

OPPO Reno 10x Zoomはどんな人におすすめ:高性能スマホ+高性能カメラが欲しい人!

OPPO Reno 10x Zoomは、以下の3つに当てはまる人におすすめです。

  • カメラ性能最重視、望遠や広角写真を楽しみたい人
  • 2019年における最高性能のスマホを使って、ゲームなどを楽しみたい人
  • ノッチなしの大画面で、動画等を見たい人

OPPO Find Xから全体的に進化しているので、予算にさえ問題なければ高性能・高機能重視なら買うべきはOPPO Reno 10x Zoomでしょう。

IIJmioのキャンペーンでギフト券5,000円分を受け取りつつ、お得に乗り換えてみてはどうでしょうか。

ちなみにOPPO Reno 10x Zoomは以下の記事で詳しく解説しているので、興味を持った方は合わせてチェックしてみてください。

スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

まとめ:OPPOには幅広いニーズを持った人にぴったりな機種がある!今後ももっと人気が出てくる可能性大!

IIJmioOPPOシリーズ

いかかでしたか。

現在はIIJmioで、OPPOのスマホ5機種が発売中です。

ポイント

  • IIJmioで、OPPOスマホは4種類が販売中
  • OPPO AX7は100円で購入可能
  • OPPO A5 2020はコスパの高い端末、バッテリー容量の大きさも魅力
  • OPPO RenoAはスペックが高めでゲームも快適動作、夜景に強いカメラ性能も魅力的
  • OPPO AX7はしずく型ノッチによる大画面が魅力・インカメラ自撮りに強い!
  • OPPO Reno 10x Zoomはトリプルレンズカメラで広角・望遠対応!2019年の最高性能スマホ

機種によってはIIJmioだと在庫が切れていることもあるので、販売状況は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

2018年から徐々に普及が進んでいるOPPO、今後日本でさらに人気が出ていくと考えています。

OPPOのスマホに興味お持ちの方は、キャンペーンも活用しつつIIJmioでお得な購入を検討してみてくださいね。

なお、IIJmioへの乗り換え方法は「【失敗ゼロ】IIJmioへのMNP乗り換え4ステップ全解説!最短で乗り換えを完了させる!」で1つ1つ丁寧にご紹介しています。これから乗り換えの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

ここだけの話、正直、今月のIIJmioのキャンペーンは非常にアツいです。

今なら「秋の乗り換えキャンペーン」で初期費用1円で利用できます!

スマホセット契約を検討中の方は、人気機種のセールも見逃せません。

なんと、人気機種が110円~から手に入れる事が出来ます。

詳細は最新キャンペーン情報でまとめていますので、ぜひチェックしてください。

この時期を逃すのは非常にもったいないです。

スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

関連記事

おすすめの記事