auから他社への乗り換えは月末がベスト!2022年4月以降は解約金無料に!
キャラクター画像
まま子さん
うーん。auから他社に今乗り換えたらお金かかるのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
2022年4月以降なら、auは解約金が0円になるよ!ちなみに、解約するなら月末がおすすめ!
キャラクター画像
まま子さん
あら、そうなの?詳しく教えてもらえるかしら。

スマホの契約でややこしいのが更新月システムですよね。いわゆる2年縛りというやつです。

解約をしようと思ってauショップに行ったら店員さんから「解約には1万円ほどかかりますね」と言われ、びっくりしたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、auは2022年4月から全ての2年契約プランにおいて解約金を撤廃することを発表しました!

当記事では、auの解約タイミングや発生する解約金について詳しくお伝えしていきます!

こちらもオススメ!

\1万円相当還元!/

UQmobile banner

結論:auは解約金を撤廃!解約・乗り換えは月末がベスト

キャラクター画像
まま子さん
最近、解約金が安くなったって聞くけど・・・10,000円ぐらいかかることもあるの?
キャラクター画像
すーちゃん
auは契約しているプランによって解約金が10,000円ぐらいかかるよ。でも、2022年4月以降は無料になるんだ。

auは2022年の4月から、全ての2年契約プランにおいて契約解除料を0円にすることを発表しました。

これにより、10,000円程度の解約金が設定されたプランを契約している方でも自由に解約・乗り換えをすることができます!

ただし、解約月の料金はこれまで通りで、日割りにならない点に注意が必要です。例えば月初の1日に解約した場合、1日しか利用していなくても1ヶ月分の料金が発生します。また、乗り換えの場合は乗り換え先の費用が日割りで発生することで二重請求となり損をしてしまします。

そのため、auの解約・乗り換えはできる限り月末付近に行いましょう。

契約更新月や解約金を気にしなくても良くなった今、auから他社への乗り換えを検討している方は積極的に乗り換えをしましょう!

auからの乗り換え・解約方法

続いて、auからの乗り換え・解約方法をご紹介します。

注意点として、MNP(他社への乗り換え)の場合は乗り換えが完了した時点でauが解約になることです。

他社契約とauの解約が同時になるため、auの解約月料金を抑えるためにも月末に手続きを行いましょう。

解約のみのパターン

auから解約だけする場合は、オンラインでは受け付けていないため実店舗へ行って手続きを進めましょう。

実店舗は休日はもちろん、平日でも混んでいる場合があります。

そのため、あらかじめ公式サイトから予約をしているとスムーズです。

解約の際は、以下の持ち物が必要になります。

  • SIMカードまたはスマホ本体
  • 本人確認書類用の身分証
  • 印鑑

本人確認書類用の身分証では、マイナンバーカードや運転免許証、パスポートといった書類が利用できます。

なお、解約の手続きには加入時に決めた4桁の暗証番号が必要です。万が一4桁の暗証番号忘れてしまった場合は、157に電話をかけると確認できます。

もっと詳しく知りたい方はこちら!

他社へ乗り換えるパターン

他社へ乗り換える場合は、MNP予約番号の発行を行います。

MNP予約番号を取得するには、以下の手順で進めましょう。

  1. auケータイなら「157」、一般の電話なら「0077-7-5470」に電話をかける
  2. ナビダイヤルに従って「3」を押し、「2」を入力する
  3. オペレーター繋がるので、MNP予約番号を発行したいことを伝える

なお、対応時間は9:00~20:00となっていて、通話料は無料です。

上記のようにMNP予約番号を取得すれば、あとはインターネットから手続きができます。

MNP予約番号を利用して他社プランに乗り換えた時点で、auの契約は自動的に解約となるのです。

auからの解約手続きが必要ないため、大変便利です。

au更新月の考え方:2年の契約期間の満了月~翌々月が更新期間

以下の内容は解約金撤廃前の情報です。過去の実施内容を参考として掲載しておりますのでご注意ください!

大手携帯会社のうち、ドコモとauでは基本的に契約が2年契約となっています。

更新月のない料金プランもありますが、条件付きだったり月額料金が割高になったりするので多くの方は2年契約で契約すると考えられますね。

キャラクター画像
すーちゃん
特に2020年9月以前に契約した人は契約期間なしだと料金が数千円アップしたりスマホの端末割引を受けられなかったりみたいな制限が多かったから、ほぼ確実に2年契約をしているよ。

auの2年契約プランだと、2年の契約を満了した月から翌々月まで合計3ヶ月の更新期間が設けられ、その後また2年の契約が自動で更新される仕組みです。

そして、2年契約プランにおいて2年の契約期間中に解約をすると、2019年9月までの旧プランでは解除料10,450円、2020年10月以降開始の新プランでは1,100円が発生します。

3ヶ月間の更新期間中であれば、この解除料は発生しません。

キャラクター画像
すーちゃん
イメージ図見てみよう!

au契約期間

ただ、この更新月システムいくつかの注意点があるんです。それでは1つ1つ丁寧にみていきましょう。

auの締め日はいつ?カウントの開始は?

【au】いつが乗り換えにベスト?1

まず、auの締め日から確認しましょう。

auの締め日は非常にわかりやすく毎月1日から月末までとなります。

そして、契約期間のカウントは申し込みをした翌月からスタートとなります。つまり、12月1日契約開始になっても、30日に契約開始になっても、1月1日から契約期間1ヶ月目となるわけです。

キャラクター画像
すーちゃん
申し込みをした翌月が1ヶ月目になるから注意だね!

カウントのスタートは「誰でも割」や「2年契約N」に加入した時から!

2つ目はカウントのスタートの時期についてです。以前機種変更したタイミングから、と理解している人が多いようですが、これ、実は間違いなんです。

更新月のカウントは、2年縛りの旧プランだと「誰でも割」、2020年2月時点の新プランだと「2年契約N」に加入したタイミングからスタートになります。

例えば、3年前から「誰でも割」に加入している方は、よほど特別な手続きを踏んでいない限り、3年前からカウントがスタートし、2年→3ヶ月→2年という順番で回っています。

キャラクター画像
まま子さん
うーん。それって何か問題なのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
つまりね、24回分割で支払っている機種代金の支払い終わる時期と、更新月は一緒でないことがあるんだよ!

更新月と機種代金

この図を見てもらうとわかるように、2年ごとにきちんと機種変更をしていない限り、機種代金の支払いが終了するタイミングと、更新月が一緒になることはありません

「そろそろこの携帯も2年使ったら、今月更新月に違いないわ!」とauショップに行くと、更新月は過ぎていた/まだだった…なんてことはよくあります。逆に、更新月に乗り換えようとしても、機種代金がまだ残っていたという話もよくあります。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。すっかり機種代が終わった時が更新の時だと思ってたわ。

au更新月の確認方法!

【au】いつが乗り換えにベスト?2

ここまでのお話でご紹介したように、更新月の仕組みは意外とややこしいのです。

「○月に違いない!」と思っていたのに、実はずれていて解除料が発生してしまったら非常にもったいないですよね。

ということで、更新月はなんとなくではなく、きちんと確認することをオススメします。

それでは早速、更新月の確認方法をみてみましょう!

最近はauショップに足を運ばなくても、あなたのスマホから確認することができるのであっという間ですよ!以下の手順で確認してみてくださいね。

  1. My au契約情報へアクセス
  2. au IDとパスワードを入力してログイン
  3. 「料金/割引サービス」の項目をチェック

また、auお客様サポートからアクセスする場合は、ログイン後契約確認・変更→契約内容を確認/変更する→ご契約情報とタップして、料金/割引サービスの項目をチェックしてくださいね!

キャラクター画像
まま子さん
あら、あっという間ね。これなら私でも出来そうだわ。

乗り換えは更新月まで待つべき?それとも待たなくても平気?

【au】いつが乗り換えにベスト?3

キャラクター画像
まま子さん
すーちゃん、私の更新月は5ヶ月先だってことがわかったのよー。これってこの時まで待ったほうがいいわよね?
キャラクター画像
すーちゃん
うーん、それがそうでもないかもしれない!一緒に確認してみよう!

まさに今更新月だった!

という方は今乗り換えたたり、解約をしても余分なお金は発生しませんので、行動を起こすなら今がベストですね。

ただ!そうでなかった人は、今すぐ解除料を支払ってまで、乗り換えるべきなのか悩みますよね。

ということで、いつ乗り換えたら一番お得になるのか確認してみましょう!

当サイトでは、LINEモバイルの情報をたくさん発信しています。ですので、今回はLINEモバイルを例にとってご紹介しますが、他の携帯会社に乗り換え予定の方も参考にしていただいて問題ありません。

なお、LINEモバイルに関しては現在は新規受付を終了しております。

LINEモバイルでは、「【保存版】毎月5,000円節約も夢じゃない!小学生でもわかるLINEモバイルの料金体系。」で紹介した通り、auと比べると一般的に毎月最低3,000円程は安くなります。

今回はこの最低値:3,000円を基準にして考えていきます。なお、解除料は通常通り10,260円で計算します。また、乗り換え後とauの料金の差額3,000円以上ある場合は、その数字で計算してださいね!

キャラクター画像
すーちゃん
人によっては毎月5,000円くらいは安くなるからね!

機種代金の支払いが終了している旧プランユーザー:更新月がまだでも2年契約Nへ切り替えれば違約金は1,100円にダウン

キャラクター画像
すーちゃん
まずは、もうすでに、機種の代金は払い終わってるっていう人だね!

基本的に旧プランユーザーの方は、他社へ乗り換えるなら新プランへ切り替えるのがおすすめです。

auでは新プランへの切り替えタイミングに制限がなく、まだ2年契約の途中でもOKです。

本来解約に10,450円かかるauの旧プランユーザーは、新プランの2年契約Nへ切り替えてしまえば、翌月からは解約金1,100円の新プランになります。

LINEモバイルに乗り換えると月額3,000円程度安くなることを考えると、発生する解約金が1,100円なら即座に乗り換えてしまってもお得ですよね。

機種代金の支払いが終了している新プラン(2年契約N)ユーザー:やはりいつ乗り換えてもOK

2年契約Nでの契約になっている新プランユーザーも、いつ解約しても最大1,100円しか違約金がかからないことを考えるといつ乗り換えてもOKです。

新プランは解約タイミングに悩まされる必要がないので、ありがたいですね。

キャラクター画像
すーちゃん
MNP手数料が約3,000円かかることを踏まえても、2ヶ月目にはもうお得。

結論:必要に応じて新プランへ変更したら、いつ乗り換えてもお得!

【au】いつが乗り換えにベスト?6

キャラクター画像
すーちゃん
ようするに新プランへの切り替えさえ済ませれば、いつLINEモバイルに乗り換えてもOKってことだね!

すーちゃん、その通りです!

2020年4月最新の状況では、新プランユーザーはいつでもOK、旧プランユーザーは一旦2年契約Nの新プランへの切り替えだけ済ませておけば、いつ乗り換えてもお得になりますよ!

キャラクター画像
まま子さん
注意点はプラン変更適用が手続きの翌月になることだけなのね。

機種代金の支払いが終了していない場合:2年契約Nへ変更して乗り換え方がお得

【au】いつが乗り換えにベスト?7

機種代金の支払いが終わっていない場合も、基本的な考え方は先ほどと同じ、「新プランユーザーはいつでもOK・旧プランユーザーなら新プランへ切り替えて乗り換えればOK」です。

新プランへの変更さえ済ませてしまえば、解約金10,450円は1,100円にまで下がるので、更新月について考える必要はなくなります。

auでも機種代金の割引はない!

【au】いつが乗り換えにベスト?8

キャラクター画像
まま子さん
でも、契約中は機種代金が割引されているんでしょう?それを計算に入れなくていいのかしら?

まま子さん!とってもいい所に気がつきましたね!

2019年9月までは、auの契約時にスマホを購入すると、毎月割と呼ばれる機種代金が発生している間限定の割引が適用されました。これは、一見、機種代金そのものを安くしているように見えますが、実はそうではないんです。

毎月割の割引対象は

  • 基本使用料
  • 通話料/通信料
  • データ定額料
  • オプション等の月額使用料
  • 各種手続きの手数料

のみとなっています。

つまり、機種代金は実際割引されていません!

言い換えると、auとの契約を続けようが、乗り換えようが、毎月機種代金はきっちり満額で払うことになるんですね。

キャラクター画像
まま子さん
あら、それだったら、auでもLINEモバイルでも変わらないのね。
キャラクター画像
すーちゃん
そうなの!でも、LINEモバイルに乗り換えても、機種代金はなくなるわけじゃないから、そこを計算に入れないとね!

機種代金の金額によって、携帯料金の支払額が安くなる(LINEモバイルの利用料のみを支払えば良くなる)タイミングが変わってくることにのみご注意ください。

具体例で考えよう!

例えばLINEモバイルに乗り換えてからも残り10,000円(2,000円×5か月)の端末残債が残っている場合、乗り換え後最初の5ヶ月間は別途auに残債を支払わなければいけません。

(例:LINEモバイルで3GBの音声SIMを契約した場合)

初めの5ヶ月間:1,480円+端末残債2,000円=3,480円

6ヶ月目以降:1,480円

しかし残債自体は元々auでも支払うものなので、LINEモバイルの方が通信料金の差額分お得になります。

もしもau→LINEモバイルへの乗り換えで月額3,000円安くなるなら、機種代金残債が10,000円かかったとしても4ヶ月ほどで金額を相殺できます。

キャラクター画像
すーちゃん
つまりね、結局は、機種代金が残っているかいないかはとくに考えなくていいんだ!どうせauでも機種代金の割引はないし、料金プランはLINEモバイルの方が安いからね。
キャラクター画像
まま子さん
まぁ、毎月の料金が高いauで、機種代金を払い終えるまで粘る必要ないのね。

結論:今すぐ乗り換えた方がお得!旧プランユーザーは2年契約Nへの切り替えのみ忘れずに

【au】いつが乗り換えにベスト?10

機種代金が残っていたとしても、残っていなかったとしても、auで2年契約Nの新プランを契約していれば解約金は最大1,100円です。

乗り換え先でもで引き続き同じスマホを使う場合は、料金プランが割安になる関係上早く乗り換えた方が確実にお得になりますよ!

 

結論

機種代金が残っていても、残っていなくても、LINEモバイルへの乗り換えがお得!

おすすめ格安SIMをチェック!

「MNP au購入サポート」を使っている場合は注意が必要

ただし、MNP au購入サポートを利用している方は注意しましょう。

MNP au購入サポートとは、電話番号を変えずに他社からauの4G LTE対応でAndroidスマホ・iPhoneに乗り換える場合に、対象の機種代金を割引してくれるサービスのことです。

MNP au購入サポートを利用している場合、規定利用期間の1年以内に機種変更や解約、プランの変更を行ってしまうと以下のように契約解除料を請求されてしまいます。

経過月数

iPhone 8・iPhone 8 Plus

1ヵ月目 20,000円
2ヵ月目 19,170円
3ヵ月目 18.340円
4ヵ月目 17,510円
5ヵ月目 16,680円
6ヵ月目 15,850円
7ヵ月目 15,020円
8ヵ月目 14,190円
9ヵ月目 13,360円
10ヵ月目 12,530円
11ヵ月目 11,700円
12ヵ月目 10,870円
13ヵ月目以降

0円

MNP au購入サポートを利用した場合は、13ヵ月目以降に乗り換えるようにしましょう。

 

まとめ:auは解約金撤廃!月末乗り換えがベストタイミング

au更新月と解除料乗り換えにベストな時期は?

当記事では、auの解約・乗り換えにベストなタイミングをご紹介しました。

結論、auは解約金を撤廃することで今までのように更新月や解約時期に悩む必要はもうありません。

auは「データ使い放題サービスがある」というメリットがあるものの、格安SIMを検討している方と比べるとやはり料金が高すぎます。もし他社へ乗り換えを検討しているなら、早く手続きした分だけ毎月の料金がお得に使えますよ!

いち早く格安スマホへ乗り換えて、毎月の通信費をお得に節約してくださいね。

キャラクター画像
すーちゃん
ようやく、通信市場も自由になってきたんだ!

当サイトでは多くの格安SIMの情報を発信させていただいてます。

この記事を読んでくださっている方には、色々な格安SIMを見て、ご自身にあったものを選んでいただきたいと思っています。そして一人でも多くの方が、毎月のスマホ代を少しでも節約できるようになれば、管理人としてもとても嬉しいです!

手っ取り早く今人気の格安SIMの特徴などを知りたい方は「【2021年最新】失敗ゼロ!格安スマホ(SIM)オススメ5社はここ!口コミ評判!」の記事を用意してるのでぜひ参考にしてみてください。

私も格安SIMに乗り換える前は、乗り換えをしばらく躊躇しました。不安もありましたり、手間が面倒に感じていましたから。

でも、実際に乗り換えてみると手続きもスムーズで、スマホも今まで通り快適に使うことができ「こんなんだったらもっと早く乗り換えておけばよかった」と心底思ったのを今でも記憶しています。

あなたも、ぜひこの機会にauを卒業し、格安SIMでお得なスマホライフをスタートさせてみてはいかかでしょうか。

おすすめの記事