デュアルSIMはiPhoneで使える?設定方法や使い方、おすすめの機種を紹介
キャラクター画像
まま子さん
2枚のSIMを契約してお得にスマホを使えるデュアルSIMっていうのが気になっているんだけど、iPhoneでも使えるのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
iPhoneなら、XSやXR以降のモデルであればeSIMでデュアルSIMを使えるよ!使い方やおすすめの機種について解説するね。

デュアルSIMは2つのSIMを組み合わせて自由に通信・通話ができる運用方法で、iPhoneでもしっかり使えます。

ただし対応する機種が必要、SIMカードの契約や設定についても注意が必要です。

この記事ではiPhoneをデュアルSIMで使うメリットや注意点、設定方法やおすすめのSIMなどについて解説します。

\1万円相当還元!/

UQmobile banner

デュアルSIMは、2枚のSIMを1台のスマホで使うしくみ

デュアルSIMとは、2枚のSIMカードを1台のスマホに入れて運用するしくみのことです。

かつてデュアルSIMはマニア向けの使い方で、対応する機種も国内だとほとんどありませんでした。

しかし2022年現在はデュアルSIM対応機種が増え、さらに格安SIMなどに便利なものが増えたため、一般の方でも活用したい運用方法となっています。

キャラクター画像
まま子さん
デュアルSIMって、どんなメリットがあるのかな?

SIMごとに通話と通信の役割分担や切り替えができる

2つのSIMカードを用意してデュアルSIM環境を整えれば、SIMごとに通信や通話の役割分担を行えます。

例えばかけ放題のオプション料金が安いSIM・Aと、通信料金が安いSIM・Bを組み合わせれば、通信料金も通話料金もどちらもお得にできますよ。

仕事の連絡に使っているSIM・Aとプライベートで友達との連絡に使うSIM・Bを組み合わせて、1台でどちらの電話番号にかかってくる電話にも対処…といったことも可能です。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、確かにデュアルSIMってなかなか便利かも。

デュアルSIM運用をするには、対応する機種が必須!

デュアルSIMを利用するにあたって気をつけなければいけないのは、対応する機種でなければSIMカードを2枚入れられないことです。

せっかくSIMを2枚契約しても、端末がSIM1枚のみの対応なら使い分けにあたっていちいちSIMカードを入れ替えなければいけません。

キャラクター画像
すーちゃん
端末に入れていない側のSIMにかかってきた電話を受けられなくなっちゃうし、これでは不便だよね。
キャラクター画像
まま子さん
iPhoneだと、どんな機種がデュアルSIMに対応しているのかしら…
iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

iPhoneはeSIMによるデュアルSIMに対応している!

iPhoneシリーズは、たくさんの機種がデュアルSIMに対応しています。

日本国内で販売されているiPhoneは、2枚目のSIMを「eSIM」で契約することでデュアルSIM環境を整えられますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
海外の一部モデルだと通常のSIMカードを2枚入れられることもあるんだけど、基本的にiPhoneは通常のSIM+eSIMの組み合わせでデュアrすSIMを使えるんだ。
キャラクター画像
まま子さん
eSIMって何?

eSIMとは通常のSIMカードが発行されず、SIMのデータだけをスマホに入れて通信・通話を可能にするしくみのことです。

eSIMはすべてのキャリア・格安SIMが対応しているわけではないので、iPhoneで使う2枚目のSIMを契約する際は必ずeSIM対応の会社から選びましょう。

iPhone XS・XR世代以降がeSIMを使ったデュアルSIM運用に対応!

出典:Apple公式サイト(https://support.apple.com/kb/SP781?locale=ja_JP)

iPhoneにおけるデュアルSIM対応モデルは、2018年発売のiPhone XSシリーズやiPhone XR以降となっています。

iPhone Xや8シリーズ以前のモデルでは、デュアルSIM運用ができません。

4年前の機種からデュアルSIM対応ということで、手持ちのiPhoneも使える!という方も少なくないでしょう。

しかしもしも非対応な古い機種を使っていた場合は、機種変更が必要となります。

キャラクター画像
すーちゃん
記事の後半で、デュアルSIM利用におすすめな最新iPhoneを紹介するね。
Rakutenmobile banner

デュアルSIMをiPhoneで使う手順・SIMの切り替え設定方法は?

iPhone SE(第3世代)

https://www.apple.com/jp/iphone-se/

iPhoneでデュアルSIMを使うにあたっての手順や設定方法などについて、解説します。

デュアルSIMの契約・設定手順

iPhoneでデュアルSIMを使う場合は、以下の手順を順番に進めましょう。

  1. 1枚目のSIMを通常のSIMカードで契約し、通信設定をする(13シリーズは1枚目もeSIMでもOK)
  2. 2枚目のSIMを「eSIM」で契約する
  3. 契約先の手順に従って、eSIMをiPhoneにダウンロードする
  4. eSIMの導入完了!

iPhoneは基本的に通常の「nanoSIM」1枚+eSIM1枚でのデュアルSIM運用に対応していて、例外としてiPhone 13シリーズは2枚ともeSIMで契約してもOKとなっています。

eSIMならSIMの発送がなく、契約を終えればすぐに使い始められるので、お急ぎの方でiPhone 13シリーズを使っている場合は両方eSIMで契約するのも良いですね。

キャラクター画像
まま子さん
eSIMをダウンロードする手順について、もう少し詳しく知りたいな。

楽天モバイルを例に、eSIMをiPhoneにダウンロードする手順を見ていきましょう。

  1. my 楽天モバイルをiPhoneにインストールし、起動してログインする
  2. 「申込み履歴」をタップし、契約した回線の「申込み番号」をタップする
  3. 「開通手続きをする」を押し、モバイル通信プランのインストール画面が出たら「続ける」をタップする
  4. 画面の指示に従って設定を終えれば、eSIMがダウンロードされる!

契約先によって使用するアプリなどが異なる場合もあるので、詳しくは契約先の公式サイトなどもしっかりご確認ください。

使うSIMを切り替える方法は?

出典:Apple公式サイト(https://support.apple.com/ja-jp/HT209044)

iPhoneで通信や通話に使うSIMを切り替えるには、設定アプリからの操作が必要です。

設定アプリの「モバイルデータ通信」を開き、「モバイルデータ通信」タブからメインで使う通信用のSIMを選ぶことができますよ。

「デフォルトの音声回線」で、電話アプリから電話をかける祭にデフォルトで選択されるSIM(電話番号)も選べます。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、切り替えはかんたんね。

デュアルSIMとしてiPhoneで使うのにおすすめの格安SIM・プランは?

デュアルSIMでの利用におすすめな、格安SIMや格安プランを紹介します。

いずれも通信料金や通話料金が安価なので、好きな組み合わせで契約してみてくださいね。

なおiPhoneは基本的に2枚目のSIMがeSIMでなければいけないということで、今回紹介するのはすべてeSIM対応の選択肢です。

楽天モバイルは1GB0円、通話も無料でかけ放題

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは楽天が展開している携帯キャリアのサービスで、なんと1GBまでは無料で使えてしまいますし、最大でも使い放題で月額3,278円の低価格となっています。

キャラクター画像
すーちゃん
使った分だけ料金を支払うしくみだよ。
楽天モバイル・Rakuten UN-LIMITⅥの料金プラン
~1GB 0円
~3GB 1,078円
~20GB 2,178円
20GB~ 3,278円

楽天回線エリアなら高速通信は使い放題で、エリア外だと5GBまで高速通信可能・5GB以上は最大1Mbpsとなります。

さらに楽天モバイルは専用アプリの「Rakuten Link」から電話をかけることで、通話も無料のかけ放題にできますよ。

通信料金・通話料金ともに割安なので、メイン回線にも通話用・大容量通信用などのサブ回線にもおすすめなのが楽天モバイルです!

キャラクター画像
すーちゃん
弱点としてはまだ始まってから日が浅いサービスなので繋がりづらい場所とかもたまにあるから、エリアが広いドコモやauなどの回線を使うSIMと組み合わせて弱点を補おう!

なお楽天モバイルは、180日間使わないと利用停止になってしまうことにもご注意ください。

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

povo2.0は基本料0円、使い放題トッピングやギガ活も魅力

povo banner

povo2.0はauがWeb申込み専用で展開している格安プランで、基本料金0円に必要なトッピングをすることで高速通信を行えます。

povo2.0のトッピング料金(1回)
使い放題(24時間) 330円
1GB(3日間) 390円
3GB(30日間) 990円
20GB(30日間) 2,700円
60GB(90日間) 6,490円(実質30日20GB・約2,163円)
150GB(180日間) 12,980円(実質30日25GB・約2,163円)

有料のトッピングは少なくとも半年に1回は行う必要があることにご注意ください。

povo2.0は使い放題トッピングを不定期に利用するといった運用も良いですし、3GB以上をトッピングしてメイン回線として使うのにもおすすめですよ。

キャラクター画像
すーちゃん
アプリから手動で毎回トッピングしないといけないのはちょっと手間だから、どちらかというとサブ回線におすすめしたいかな。

povo2.0では「ギガ活」というサービスが展開されていて、対象店舗でau PAY決済をすることでパケットをもらえるなどの特典があることも見逃せません。

キャラクター画像
すーちゃん
Twitterのアカウントとかでプレゼントがもらえるキャンペーンが行われることもあるよ。

例えばローソンやサンドラッグなどで500円以上のau PAY決済をすれば、3日間使える300MBがもらえますよ。

筆者はよくサンドラッグでau PAYを利用して、300MBのパケットをもらっています。

povo公式サイト

IIJmioはデータ通信用SIMがeSIM対応!音声通話可能な楽天モバイルなどとの組み合わせにおすすめ

IIJmio banner

ドコモ・au回線の格安SIMであるIIJmioは音声通話SIMだと残念ながらeSIMを契約できませんが、データ通信専用のSIMならeSIM対応となっています。

IIJmio(音声通話SIM)の料金プラン
2GB 850円
4GB 990円
8GB 1,500円
15GB 1,800円
20GB 2,000円

音声通話SIMで契約する場合はIIJmioをnanoSIMの1回線目として利用、2回線目は必ずeSIMを契約するように気をつけてくださいね。

IIJmioは2GB850円など音声通話SIMの利用料金がとても安いので、徹底的に通信料金を下げたい方におすすめです。

IIJmioのeSIM料金プラン
2GB 440円
4GB 660円
8GB 1,100円
15GB 1,430円
20GB 1,650円

データ通信専用のeSIMは2GB440円などさらに低価格なので、楽天モバイルやpovo2.0など無料で音声通話可能なSIMを持てる他社と組み合わせて使うのも良いですね。

キャラクター画像
すーちゃん
通信はIIJmio、通話は無料でかけ放題な楽天モバイル…みたいな組み合わせはおすすめ!
スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

UQモバイルは高品質なau回線、プランM以上なら1Mbpsを便利に使える!

UQmobile banner

UQモバイルはau回線の格安SIMで、KDDIが自ら手がけているため回線が高品質です。

通信・通話料金が安価な格安SIMや楽天モバイルと組み合わせて使う1枚目のメイン回線として、おすすめしたい選択肢ですね。

プランS プランM プランL
データ量 3GB 15GB 25GB
無料通話 付帯なし(別途有料で追加可能)
月額基本料(税込) 1,628円 2,728円 3,828円
割引 でんきセット割が適用可能
契約期間 縛り一切なし、契約解除料もなし
低速時速度 300Kbps 1Mbps 1Mbps

筆者もメイン回線はUQ、通話用としてサブで楽天モバイルなどの運用をよく行っています。

UQモバイルはプランM以上なら節約モード利用時や速度制限時に最大1Mbpsで通信可能・動画やSNSなどをそこそこ快適に楽しめることも見逃せません。

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

デュアルSIM運用におすすめのiPhoneベスト3

デュアルSIMで使えて現在購入可能な、おすすめのiPhoneを3種類紹介します。

予算や画面サイズなどを踏まえて、自分に合った1台を選んでみてくださいね。

iPhone SE(第3世代)はコンパクトさや低価格が魅力!

出典:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone-se/specs/)

iPhone SEの第3世代は、2022年3月に発売されたばかりの最新iPhoneです。

UQモバイルで4万円台から買えるなど、非常に低価格ながらiPhone 13シリーズと同じCPUを搭載している高性能が魅力です。

iPhone SE(第3世代)の主なスペック・価格
価格(64GB、UQモバイル・au・povo1.0以外からの乗り換え+増量オプションII契約時) 43,335円(定価65,335円)
CPU A15 Bionic
ストレージ容量 64GB、128GB、256GB
画面 4.7インチ、1,334×750
重さ 144g
カメラ アウトカメラ1,200万画素/インカメラ700万画素
バッテリー持ち(ビデオ再生時) 最大15時間

画面サイズ4.7インチのコンパクトなモデルなので、片手で気軽にiPhoneを持って使いたい人にもイチオシですよ。

弱点としてはデザインが2017年のiPhone 8からほとんど変わっておらずちょっと古いことやカメラ性能が単眼レンズでちょっと物足りないことが挙げられるので、この後紹介するiPhone 13やiPhone 12 miniも合わせて検討してみてください。

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

iPhone 13は最新モデル!デュアルレンズ対応・大画面

出典:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone-13/specs/)

iPhone 13は2021年秋に発売された一般向けモデルで、楽天モバイルやApple Store、大手キャリアなどで購入できます。

iPhone 13の主なスペック・価格
価格(128GB、楽天モバイルへのMNP・一括購入時) 96,470円→最大30,000ポイント還元で実質66,470円など
CPU A15 Bionic
ストレージ容量 128GB、256GB、512GB
画面 6.1インチ、2,532×1,170
重さ 173g
カメラ アウトカメラ1,200万画素+超広角1,200万画素/インカメラ1,200万画素
バッテリー持ち(ビデオ再生時) 最大19時間

iPhone 13は6.1インチの大画面を搭載していて、カメラも超広角レンズにより広い空間を撮影できるなどのメリットがありますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
あとは動画撮影性能が、映画のような質感の映像を撮れて優れていたりもするよ。

これから何年も使っていくiPhone、動画やゲームなども見やすい大画面で便利に活用したい場合はiPhone 13を検討してみましょう。

Rakutenmobile banner

iPhone 12 miniは5.4インチ画面の小型モデル!

出典:Apple公式サイト(https://www.apple.com/jp/iphone-12/specs/)

iPhone 12 miniは2020年秋発売の小型iPhoneで、楽天モバイルなどで購入できます。

iPhone 12 miniの主なスペック・価格
価格(64GB、楽天モバイルへのMNP・一括購入時) 77,440円→最大25,000ポイント還元で実質52,440円など
CPU A14 Bionic
ストレージ容量 64GB、128GB、256GB
画面 5.4インチ、2,340×1,080
重さ 133g
カメラ アウトカメラ1,200万画素+超広角1,200万画素/インカメラ1,200万画素
バッテリー持ち(ビデオ再生時) 最大15時間

小型ながら超広角レンズ搭載、大画面な仕様となっているので、コンパクトさだけでなく最先端感も求める方におすすめしたい1台ですね。

UQmobile banner

iPhoneでデュアルSIMを使う際の注意点

最後に、iPhoneをデュアルSIMで運用する際の注意点をまとめました。

キャラクター画像
すーちゃん
気をつけたいポイントもあるので、しっかり確認しておこう!

2枚以上eSIMを使える機種はiPhone 13シリーズのみ

iPhoneは基本的に「nanoSIM+eSIM」での組み合わせとなっていて、iPhone 13シリーズのみがeSIMのみを2枚組み合わせて使える仕様です。

13シリーズ以外を使う方は、必ずどちらかのSIMを通常のnanoSIMで契約しましょう。

今どちらのSIMを使っているかは定期的に確認!

通信や通話に使うSIMカードが間違っていると、通信料金や通話料金が割高になってしまう可能性があります。

キャラクター画像
すーちゃん
例えば、かけ放題契約をしているSIMがあるのに30秒22円のSIMで電話をかけてしまったら台無しだよね。

今どちらのSIMを使って通信や通話をしているか、定期的にチェックするようにしましょう。

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

まとめ

今回は、iPhoneのデュアルSIM運用について解説しました。

ポイント

  • iPhoneは、2018年のXR・XSシリーズ以降ならデュアルSIMで使える
  • iPhoneは基本的にnanoSIM+eSIMの組み合わせでデュアルSIM運用が可能、eSIM2枚は13シリーズのみ
  • 楽天モバイルやpovo2.0は、0円から使えるのでデュアルSIM運用の組み合わせに最適
  • IIJmioは安価に利用可能、eSIMはデータ通信専用
  • UQモバイルは高品質なキャリア回線や、節約モード等の1Mbpsが魅力

対応するiPhoneとSIMカードを用意して、デュアルSIMを活用してみてくださいね。

おすすめの記事