LINEMOの通話料について!ソフトバンクや格安SIMと比べて安いの?

キャラクター画像
まま子さん
毎月の通話料が高いからプランがお得なLINEMOに乗り換えようかな・・・

キャラクター画像
すーちゃん
スマホの月額料金は通話料の金額も調べた方がいいよ!

LINEMOはリーズナブルな料金プランが人気ですが、通話料もソフトバンクや格安SIMと比べて安いのでしょうか?

連絡手段としてよく電話を使う人や、LINEMOで仕事用スマホを契約しようとお考えの方にとっては通話料の金額は重要ですよね。

今回はLINEMOの通話料について、

  • 通常利用した場合の金額
  • お得になるキャンペーンやオプションの有無
  • 他キャリアとの比較
  • LINEMOで通話料を節約したい時の方法

詳しくお伝えしていきます。

\今月のおすすめ!人気端末が大幅値下げ中/

Ymobile

LINEMOの通話料は22円/30秒!

LINEMO

LINEMOの通話料は従量課金制で、通常30秒ごとに22円かかります。

仮に1ヶ月のトータルの通話時間が60分だとすると、通話料金は2,640円です。

「ミニプラン」「スマホプラン」の2種類がありますが、どちらのプランでも通話料が変わることはありません。

2つのプランの違いは以下の表の通り。

ミニプラン スマホプラン
月額料金 900円(税込990円) 2,480円(税込み2,728円)
月間データ量 3GB 20GB
通話料金 22円/30秒 22円/30秒

以前はスマホプランのみでしたが、より月額料金が安いミニプランも登場し選択の幅が広がりました。

キャラクター画像
すーちゃん
どっちのプランも記事後半で紹介するお得なキャンペーンが使用できるよ!
LINEMO公式サイト

LINEMOでは通話料が無料になる定額サービスがある

LINEMOでは、よく通話機能を使う人向けに2種類の通話定額オプションがあります。

通話準定額 通話定額

オプション料金

550円/月

1,650円

通話時間

5分/回

国内通話無制限

申込 必要 通話準定額通話定額オプション料金550円/月1,650円通話時間5分/回国内通話無制限申込必要必要

普段の通話時間によって準定額か通話定額のどちらかからかが選べます。

ただ、どちらの定額オプションであっても、

  • 国際電話

  • 0180から始まる番号

  • 0570から始まる番号

  • 104など

に電話をかける場合は通話定額の対象外となり、別途通話料が発生します。

また、オプション料金の日割りはされず、途中契約・解約共に翌月からの適用となります。

以下から、それぞれの定額オプションについて見ていきましょう。

通話準定額プラン

LINEMOの通話定額オプションは、専用アプリ不要で利用できます。

キャリアによっては通話定額に専用の通話アプリが必要になることもあるので、普通の通話機能で定額オプションが適用されるのはとても便利ですよね。

キャラクター画像
まま子さん
専用アプリだと使うのを忘れちゃったりするのよね。

通話準定額プランは1回につき5分未満の通話が定額で利用できるオプションです。

5分を超過した場合は、通常の22円/30秒が別途で発生します。

実は、前身であるLINEモバイルをソフトバンクが買収した際、5分の通話定額は元々プランに含まれ2,980円(税込3,278円)で提供する予定でした。

しかし、他キャリアの競合プランに対抗するために月額料金を引き下げ、通話定額を有料にして現在の形になりました。

通話定額プラン

国内通話が完全定額で利用できるのが、この通話定額プランです。

通話時間に関係なく国内通話であれば通話し放題なので、時間を気にせず通話を楽しめます。

  • 1回の通話が5分以上のことが多い

  • 仕事用スマホで色々な相手と電話する

  • 音質や使い勝手からアプリ通話は使いたくない

という方におすすめのオプションです。

キャラクター画像
すーちゃん
普段から通話をよくする人は使っておきたいオプション。
LINEMO公式サイト

LINEMOで1年5分通話料が無料になるキャンペーンを開催中

出典:LINEMO公式サイト(https://www.linemo.jp/campaign/linemo_detamon_202103/)

現在、LINEMOでは通話定額オプションが500円割引されるキャンペーンが開催されています。

キャンペーン名 通話オプション割引 キャンペーン

キャンペーン実施期間

2021年3月17日~終了未定

内容

通話準定額/ 通話定額が1年間毎月550円引き

割引適用後の価格

通話準定額 550円→0円

通話定額 1,650円→1,100円

対象者

  • 期間中にLINEMOへ新規契約
  • MNPで他社から乗り換え
  • ソフトバンク/Y!モバイルからLINEMOへ乗り換えたユーザー

キャンペーン期間中に他の通話定額オプションに変えた場合も、割引は適用されます。(ただし期間は延長されません)

つまり、通話準定額から通話定額に途中で変えても毎月の550円割引は適用されますが、期間は通話準定額を契約してからの1年間となります。

出典:LINEMO公式サイト(https://www.linemo.jp/plan/)

オプション料金分通話機能を使うか分からないのでまずは試したい、お得に通話定額を活用したいという方におすすめです。

もちろん期間中に解約すれば、オプション料金は発生しません。

最新のキャンペーン情報はこちら!

LINEMO公式サイト

LINEMOならではのLINEギガフリーで通話料も節約可能

出典:LIEMO公式サイト(https://www.linemo.jp/service/line_free/)

LINEMOでは他のキャリアではできない「LINEギガフリー」という、お得な機能を使って通話料が抑えられます。

LINEギガフリーとは、音声・ビデオ通話を含めてLINE上でのやり取りがデータ消費としてカウントされないというサービスです。

データ容量の上限を超過して、速度制限がかかっていてもLINEアプリ内のやりとりでは速度は落ちず月末までずっとサクサク使えます。

LINEギガフリーの対象になる操作をまとめました。対象外、もしくは調整中の機能もあるのでご覧ください。

LINEギガフリーの対象

(データ消費としてカウントされない)

  • 音声通話

  • ビデオ通話

  • Face Play

  • トークの送受信

  • 音声メッセージ

  • スタンプ

  • 画像・動画等ファイルの送受信

  • トーク画面シェア機能

  • トークルーム内の設定/ノート/アルバム

  • LINE VOOMの表示/投稿/シェア

  • ディスカバー(写真・動画)

  • LINE Payの利用

  • LINE家計簿の利用

  • 設定/各項目の表示や編集

  • 友だち追加

  • プロフィール表示/編集/投稿

  • 検索機能

LINEギガフリーの対象外

(データ消費としてカウントされる)

  • トークでの位置情報共有

  • Shoppin’ トークの利用

  • ジフマガの利用

  • YouTubeの画面シェア

  • Live利用

  • ニュース記事詳細画面の閲覧

  • OpenChatの利用

  • スタンプショップ利用

  • 着せ替えショップ利用

  • LINEマンガ/MUSIC等ファミリーサービス利用

  • LINE Lite利用

  • LINEアプリ内から外部サイトの閲覧

  • LINEアプリ内から他アプリへ移動

調整中

WebからのLINE VOOMの表示/投稿/シェア

トークのやり取りや通話はデータ上限に関係なく使い放題で、大きな画像や動画データの送受信もギガフリーの範囲でできるのは便利ですよね。

キャラクター画像
まま子さん
ほとんどの人がLINEで連絡を取るから使い放題なのは便利ね

キャラクター画像
すーちゃん
動画のやりとりもギガフリーでできるから、他社の格安プランと比べてもコスパが良いよね

LINEMO公式サイト

LINEMOとソフトバンク、格安プランとの通話料を徹底比較

LINEMOとソフトバンク、他社の格安プランと通話料について徹底比較してみました。

キャリア

通話料

定額オプションやサービス

LINEMO

22/30

通話準定額550円:5分以内の通話/回が定額

通話定額1,650円:国内通話無制限定額

LINEギガフリーでLINE通話し放題

ソフトバンク

22/30

通話準定額550円:5分以内の通話/回が定額

通話定額1,650円:国内通話無制限定額

みんな家族割+で家族間通話無料

!モバイル

22/30

だれとでも定額770円:10分以内の通話/回が定額

スーパーだれとでも定額1,870円:国内通話無制限定額

ahamo

22/30

5/回の通話は無料

かけ放題オプション1,100円:国内通話無制限定額

povo

22/30

5分以内かけ放題550円:5分以内の通話/回が定額

通通話かけ放題1,650円:国内通話無制限定額

※・・・無制限のかけ放題オプションでも、一部例外で通話料が発生する番号もあります。

基本の通話料は同じでも、定額や家族割オプションの有無などでキャリアごとに差が出ることが分かりますね。

金額だけ見ると通話定額が安いのはahamoですが、LINEMOではLINEギガフリーの他、先ほどご紹介した通話定額の割引キャンペーンが利用できます。

実質的なサービスを比較した時、お得さにおいてはLINEMOに軍配が上がるようにも感じます。

LINEMO公式サイト

家族割は使えないのでオプションなしでの通話は注意

LINEMOでは通話定額やLINEギガフリーなど、通話がお得になる機能が充実していますが家族割は利用できません。

ご家族や祖父母などよく電話をかける相手がLINEを使っていない場合、オプションなしだと通話料がかさんでしまうことが考えられます。
特に昨今は遠方にいる人と気軽に合うことも難しいので、以前と比べて電話をする機会も大幅に増えたのではないでしょうか?

最初にご紹介したように、通常の通話料だと1時間通話しただけで2,000円を軽く越えてしまいます。
月に数回くらいしか電話しないとしても、1度の通話時間が長い方は通話定額オプションを活用されることをおすすめします。

キャラクター画像
まま子さん
すーちゃんに電話するために通話定額申し込もうかしら

キャラクター画像
すーちゃん
わたしはLINE電話派!

LINEMO公式サイト

LINEMOの通話料を確認する方法

LINEMOの通話料は、My Menu内からいつでも確認できます。

1.LINEMOのMy Menuへログインする

出典:LINEMO公式サイト(https://www.linemo.jp/support/faq/view/27214)

まずは、電話番号とSMSで届いた3桁のセキュリティ番号を入力してMy Menuにログインしましょう。

2.利用明細の欄から「通話料」を選択

出典:LINEMO公式サイト(https://www.linemo.jp/support/faq/view/27214)

通話料の欄にある「確認する」ボタンをタップすると、過去6ヶ月分の利用明細が確認できます。

利用明細はPDFデータとしてダウンロードでき、手数料220円と送料84円を支払えば紙の明細を郵送してもらうことも可能です。

LINEMO公式サイト

通話料を節約したいなら海外にもかけられるLINE outがおすすめ

出典:LINEout公式サイト(https://line.me/ja/call)

LINE outは、LINEを使っていない人にも最大5分間無料で電話がかけられる発信専用のサービスです。

LINE outアプリから電話番号を入力して発信するので、普通の通話機能のように使えます。

アプリ内に表示される広告を見れば、5分まで通話が無料になります。(国内通話は最大3分)
しかも国内通話だけでなく、アメリカやカナダなどにかける国際通話も無料の対象内なのがすごいところ。

とはいえ全ての国に無料でかけられるわけではなく、通話先の国や地域によって無料通話の時間も下表のように異なります。

国と地域

無料通話ができる時間(固定)

無料通話ができる時間(携帯)

アメリカ

5/

5/

カナダ

3/

3/

日本

3/

2/

メキシコ

3/

1/

キプロス/台湾/ポルトガル/プエルトリコ/スウェーデン/イタリア/ペルー/ハンガリー

3/

-

イギリス/インド

2/

1/

カザフスタン/ノルウェー/デンマーク/ルーマニア/アルゼンチン/イスラエル/ニュージーランド

2/

-

オーストラリア/アイスランド/オランダ/ポーランド/スイス/ドミニカ共和国

1/

-

上記の時間を越えた場合、他の国や地域に電話をかける場合は通話料は有料になりますので、コールクレジットを購入しておきましょう。

とはいっても、日本で1分3円~、タイでは1分6円~と通常の通話料と比べて格段に安い金額設定です。

LINEMOで普通に国際通話すると、

アメリカ:39円/30秒
中国/韓国:99円/30秒
イギリス:119円/30秒
ブラジル:134円/30秒
イラン/インド:149円/30秒

と、通話料は軒並みお高め・・・。

LINE outの30日間のプランを契約していれば、通話料はさらにお安くなりますよ。

プランの金額は通話先の国によって数十円~数百円で、高くても1,000円未満のところがほとんど。

国際通話をよく使う方、自分から電話をかけるのが多い方におすすめです。

LINEMO公式サイト

2021年からLINEMOの通話料をPaypayで払えるように

LINEMO

2021年9月15日からLINEMOの通話料をPaypayで払えるようになりました。

あらかじめPayPayアプリにLINEMOの電話番号を登録しておくことで、

  • プランの基本料金

  • データの追加購入分の料金

  • 各種定額オプションサービスの料金

  • 通話/通信料金

がPayPayで支払えます。

手軽で便利なPayPay払いですが、以下で挙げているような注意点もあります。

  • キャリア決済をした分や国際ローミング料金はPayPay払いの対象外

  • LINEMOの料金はキャッシュバック等PayPay特典の対象外

キャラクター画像
まま子さん
じゃあキャリア決済で買い物した月の支払いはどうなるの?

キャラクター画像
すーちゃん
支払い方法自体が変わるわけじゃないから大丈夫!

Paypay払いと言っても、口座振替やクレジットカードのようにPaypayから自動で月額料金が引き落とされるわけではありません。

締め日までにPayPay残高からLINEMOのアカウントにチャージした分の金額を、月額料金から差し引くといった支払い方です。

PayPayと電話番号の連携を済ませたら、支払いはLINEMOのMy Menu内の「PayPayを使う」メニューから行います。

出典:LINEMO公式サイト(https://www.linemo.jp/support/faq/view/53599)

毎月3,000円請求されるとして、事前に2,000円PayPayからLINEMOアカウントにチャージしていた場合は、支払い日に引き落とされるのは差額分の1,000円です。

多めにチャージしておいて余った分を翌月の支払いに繰越すこともできますが、キャリア決済分や国際利用分は口座やクレジットカードでの払いとなります。

LINEMO公式サイト

まとめ

LINEMOの通話料

LINEMOの通話料金は通常22円/30秒ですが、定額オプションやLINEギガフリーなど料金が抑えられるサービスが多いことも分かりました。

本記事のポイントは、以下の通りです。

ココがポイント

  • LINEMOの通話料金はプランに関係なく22/30

  • 通話準定額は550円で5分以内の通話が定額になる

  • 通話定額だと1,650円で制限なしで通話し放題

  • 通話オプション割引キャンペーンを利用すれば毎月500円割引される

  • LINEギガフリーでビデオ通話を含むLINE通話がし放題

  • 通話料自体は他キャリアと同じだがお得な機能が充実している

  • 家族割はないので家族で通話するならLINE電話か通話定額がおすすめ

  • 通話料金はMy Menuからいつでも確認可能

  • LINE outは通話料が格安だが発信のみで受信はできない

  • PayPay残高で通話料などを支払うことも可能

LINEMOは月額料金が安いだけでなく、様々な機能が使える格安プランであることが分かりました。

定額オプションの他にも通話料を抑える機能が充実しているので、LINEや電話を使う機会が多い方は乗り換えを検討されてもよいかもしれませんね。

LINEMO公式サイト

関連記事

おすすめの記事