mineoでもデュアルSIMは利用できる?DSDSとかの意味は?デュアル運用できるセット購入可能な端末もご紹介
キャラクター画像
まま子さん
最近デュアルSIMにしてみたいなって思ってるんだけど、mineoでもデュアルSIMってできるの?
キャラクター画像
すーちゃん
もちろんできるよ!デュアルSIM対応のスマートフォンにmineoのSIMカードを挿入すれば利用可能なんだ!
キャラクター画像
まま子さん
そうなのね!もっと詳しく知りたいから、すーちゃん教えて!

mineoを使ってみたいけれど、デュアルSIM運用ができるのか分からない。そんな疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回はmineoでデュアルSIM運用ができるかどうかを解説していきます。

他にもデュアルSIMについて知らない方向けの解説や、デュアルSIM対応端末についても紹介しているので、気になった方はぜひ最後まで読んでみてください。

\ミニプランなら実質半年間無料!/

UQmobile banner

デュアルSIMとは?

通常、スマートフォンには1枚のSIMカードしか挿入することは出来ません。

しかしスマートフォンの中には2枚のSIMカードを挿入できるものがあり、こういったタイプのスマートフォンをデュアルSIMのスマートフォンと言います。

キャラクター画像
すーちゃん
「デュアル(dual)」は「2重の」って意味の英語なんだよ!
キャラクター画像
まま子さん
それで2枚SIMカードを入れられるものをデュアルSIMって言うのね
キャラクター画像
すーちゃん
ちなみにSIMカードを1枚だけ入れられるスマートフォンは、シングルSIMのスマートフォンって言うんだよ!

デュアルSIMのメリット

デュアルSIMにするメリットの1つ目は、1台のスマートフォンで2つの電話番号を利用できる点です。

例えば仕事とプライベートで電話番号を使い分けている方は、デュアルSIMスマートフォンを1台持つだけで電話番号の使い分けができるようになります。

デュアルSIMのメリット、2つ目は料金面です。月々の通信料を下げたいときに、デュアルSIMが効果的な場合があります

まず音声通話料が安い通信会社A社のSIMカードと、データ通信料が安い通信会社B社のSIMカードを入手します。

そして音声通話の時はA社、データ通信をする時はB社といったようにSIMを切り替えれば、1つのSIMだけを使っている時よりもお得になる場合があります。

キャラクター画像
まま子さん
プライベート用と仕事用のスマートフォンを分けていた人は、デュアルSIMのスマートフォンを1台持つだけで良くなりそうね!
キャラクター画像
すーちゃん
そうだね!ただデュアルSIMには種類があって、選び方を間違えちゃうと思っていた通りの使い方ができない場合もあるんだ!詳しくは下にある「デュアルSIMの種類」で紹介しているから、チェックしてみてね!

デュアルSIMのデメリット

端末に付いていると嬉しいデュアルSIM機能ですが、デメリットも存在します。

まず1つ目はバッテリーの消費量が大きい点です。デュアルSIMの中には2回線同時に待ち受けが出来るタイプがあり、そういったタイプはバッテリーの減りが早くなってしまいます。

2つ目はデュアルSIMを利用すると、microSDカードが使えなくなってしまう端末が存在する点です。

理由は2枚目のSIMカードとmicroSDカードを挿入する場所が同じになっている端末があるからです。

もしデュアルSIMとmicroSDの両方を同時に使いたい場合は、端末紹介ページや販売ページなどでチェックしておきましょう。

キャラクター画像
まま子さん
バッテリーの消費量ってどれくらい大きくなるの?
キャラクター画像
すーちゃん
機種や環境によって変わるから、一概にどれくらい変わるとは言えないんだ!デュアルSIM運用をしているほとんどの人がバッテリー消費量の違いを感じているようだけれど、中にはあまり気にならないって人もいるよ!

デュアルSIMの種類

デュアルSIMにはDSSS、DSDS、DSDV、DSDAの4種類があります。それぞれの違いを知り、自分に合っているのがどれなのかを確認しておきましょう。

DSSS(デュアルSIMシングルスタンバイ)

DSSSは片方のSIMを有効にしている間、もう片方のSIMは無効になってしまうタイプのデュアルSIMです。

有効にしたいSIMと無効にしたいSIMの切り替えは、手動で行う必要があります。

有効になっているSIMは4G回線での通信ができますが、無効になっているSIMでは全ての通信が出来なくなってしまいます

キャラクター画像
すーちゃん
現在ではほぼ見ないタイプだね。特別な事情が無いなら、今DSSSを選ぶ必要はないと思うよ!

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)

SIMカードの切り替えをしなくても、どちらのSIMに紐づく電話番号の着信も受けられるタイプのデュアルSIMです。

片方のSIMで通話を始めると、もう片方のSIMでは通信できなくなります。

1つのSIMは4G回線、もう1つのSIMは3G回線での通信になるのが特徴です。

キャラクター画像
すーちゃん
DSSSのようにSIMを切り替える必要がないから、とても便利なんだ!

DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)

SIMカードの切り替えをしなくても、どちらのSIMに紐づく電話番号の着信も受けられるタイプのデュアルSIMです。

片方のSIMで通話を始めると、もう片方のSIMでは通信できなくなります。

両方のSIMで4G回線を利用できます

キャラクター画像
まま子さん
DSDSとDSDVの違いがよくわからないんだけど、何が違うの?
キャラクター画像
すーちゃん
DSDSだと、片方のSIMでは低速の3G回線しか使えなくなってしまうんだ!けどDSDVなら、両方のSIMで高速の4G回線が使えるんだよ!

DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)

SIMカードの切り替えをしなくても、どちらのSIMに紐づく電話番号の着信も受けられるタイプのデュアルSIMです。

片方のSIMで通話をしている状態でも、もう片方のSIMでデータ通信を行うことができます

両方のSIMで4G回線を利用可能です。

キャラクター画像
まま子さん
通話中にもう片方のSIMで通信できるなんて凄いわね!
キャラクター画像
すーちゃん
DSDAはこれから主流になっていく可能性があるよ!けど残念ながら今はまだ対応端末がほとんど出ていないんだ!
キャラクター画像
まま子さん
そうなのね。対応端末が増えてくれたら嬉しいわ
今なら「パケット放題Plus」が2ヶ月無料!
mineo公式サイト

mineoのSIMでもデュアルSIMで使える?

mineo(マイネオ)

結論から言ってしまうと、mineoのSIMはデュアルSIMで利用できます。ですが注意点もあります。

mineoのSIMにはSIMカードタイプしかなく、eSIMには対応していない点です。

キャラクター画像
まま子さん
SIMカード?eSIM?それってどういうものなの?
キャラクター画像
すーちゃん
それじゃあSIMカードとeSIMについて少し説明するね!

SIMカードとは、ほとんどのスマートフォンで利用できる、カードタイプのSIMです。

SIMカードには通信会社との契約情報を読み取れるICチップが埋め込まれており、SIMカードをスマートフォンに挿入することで通信が行えるようになります。

一方eSIMは、スマートフォンにSIMカードなどを挿入する必要はなく、通信会社とオンラインで手続きするだけで通信が可能になります。

キャラクター画像
まま子さん
eSIMってすごく便利そうね!
キャラクター画像
すーちゃん
そうなんだ!けどmineoはまだeSIMに対応していないから、SIMカードを使うしかないんだ!

デュアルSIM対応スマートフォンのほとんどで、SIMカードは利用できます。

ですがSIMカードは1枚しか利用できず、2つ目のSIMはeSIMしか利用できない端末もあるので、そういった端末を利用する場合は1枚目のSIMカードをmineoのものにするようにしましょう。

キャラクター画像
まま子さん
SIMカードを2枚入れられるデュアルSIM対応スマートフォンはないの?
キャラクター画像
すーちゃん
もちろんあるよ!端末の詳細情報を見たら対応しているSIMについて書かれているはずだから、デュアルSIM対応スマートフォンを購入する時は必ずチェックしてね!
キャラクター画像
まま子さん
わかったわ!
今なら「パケット放題Plus」が2ヶ月無料!
mineo公式サイト

デュアルSIM運用できるmineoで販売中のオススメ端末を紹介

mineo(マイネオ)

最後にデュアルSIMで運用できるスマートフォンを紹介してきます。

全てmineoでも取り扱いがあるので、セットで端末も購入したい方は参考にしてください!

iPhoneシリーズとAndroidスマートフォンに分けて紹介するので、より使いたい方をチェックしてみてくださいね。

iPhoneシリーズ

iPhone 11

仕様
カラー ブラック、ホワイト、グリーン、レッド
サイズ 約75.7×150.9×8.3mm
重量 約194g
デュアルSIM DSDS(nano-SIM/eSIM)
OS iOS 13以上
CPU A13 Bionicチップ
ディスプレイサイズ 6.1インチ
内臓ストレージ 64GB、128GB、256GB
カメラ メイン:約1,200万画素(広角)、約1,200万画素(超広角)
サブ:約1,200万画素

iPhone 11はDSDSタイプのデュアルSIM対応端末です。SIMはSIMカード(nano-SIM)1枚とeSIMが利用可能になっています。

なのでiPhone 11をmineoでデュアルSIM運用したい時は、mineoのSIMカードを挿入し、別の通信会社のeSIMを利用する必要があります。

SIM以外の特徴も紹介すると、iPhoneシリーズらしい高い処理能力を持った端末です。カメラの性能も高く、あらゆる状況で最適な撮影方法を選んでくれます。

6.1インチの大きなディスプレイを搭載しているのも魅力のひとつです。大迫力の画面で写真や動画、ゲームを楽しめます。

キャラクター画像
まま子さん
カラーは4色あるのね。どの色もかわいいわ!

iPhone SE(第2世代)

仕様
カラー ブラック、ホワイト、レッド
サイズ 約67.3×138.4×7.3mm
重量 約148g
デュアルSIM DSDS(nano-SIM/eSIM)
OS iOS 13以上
CPU A13 Bionicチップ
ディスプレイサイズ 4.7インチ
内臓ストレージ 64GB、128GB、256GB
カメラ メイン:約1,200万画素(広角)
サブ:約700万画素

iPhone SEもDSDSタイプのデュアルSIM対応端末です。iPhone 11と同様に、SIMはSIMカード(nano-SIM)1枚とeSIMが利用可能になっています。

iPhoneシリーズとしては低価格な端末ですが、処理速度はiPhone 11と比べてもほとんど遜色ありません。

iPhone 11よりも全体的に小さくなっており、ディスプレイも4.7インチと小さめなので、手が小さい方でも片手で操作しやすくなっています

端末の前面では指紋認証が出来るようになていて、マスクをつけた状態でも簡単にロック解除が行えます

キャラクター画像
すーちゃん
ここ数年で出たiPhoneシリーズでは唯一、指紋認証が可能な端末なんだ!

Androidスマートフォン

Mi 11 Lite 5G

仕様
カラー トリュフブラック、ミントグリーン、シトラスイエロー
サイズ 約75.7×160.5×6.8mm
重量 約159g
デュアルSIM DSDA(nanoSIM×2)
OS Android 11
CPU Qualcomm Snapdragon 780G
ディスプレイサイズ 約6.55インチ
内臓メモリ ROM:128GB、RAM:6GB
バッテリー容量 4,250mAh
カメラ メイン:約6,400万画素(標準)、約800万画素(超広角)、約500万画素(マクロ)
サブ:約2,000万画素

Mi 11 Lite 5GはDSDAタイプのデュアルSIM対応端末です。端末にはSIMカード(nano-SIM)2枚が挿入できるようになっています。

端末のサイズは比較的大きめですが、重量は160g未満と見た目から想像する重さよりは軽いと感じるでしょう。

Snapdragon 780Gを搭載しているため快適な操作が可能な上、大抵のゲームもスムーズに動いてくれます

キャラクター画像
すーちゃん
比較的安めの端末だけど、価格からは想像できないほど高性能な仕様になっているよ!

AQUOS sense4 plus

仕様
カラー パープル、ホワイト、ブラック
サイズ 約78×166×8.8mm
重量 約197g
デュアルSIM DSDA(nanoSIM×2)
OS Android 10
CPU Qualcomm Snapdragon 720G
ディスプレイサイズ 約6.7インチ
内臓メモリ ROM:128GB、RAM:8GB
バッテリー容量 4,120mAh
カメラ メイン:約4,800万画素(標準)、約万500画素(広角)約190万画素(マクロ)約万190画素(深度)
サブ:約800万画素(標準)、約190万画素(深度)

AQUOS sense4 plusはDSDAタイプのデュアルSIM対応端末です。端末にはSIMカード(nano-SIM)2枚が挿入できるようになっています。

今回紹介しているスマートフォンの中で最も大きい、6.7インチのディスプレイを搭載。スピーカーもステレオになっているので、映像作品を見る時にも活躍してくれるでしょう。

顔認証に指紋センサー、防水防塵機能、おサイフケータイなど、数多くの便利機能が付いているのも魅力です。

キャラクター画像
すーちゃん
はじめてスマートフォンを使う人にもおすすめしたくなる、高機能端末になっているんだ!

OPPO Reno5 A

仕様
カラー アイスブルー、シルバーブラック
サイズ 約74.6×162.×8.2mm
重量 約182g
デュアルSIM DSDV(nano-SIM/eSIM)
OS Android 11
CPU Qualcomm Snapdragon 765G
ディスプレイサイズ 約6.5インチ
内臓メモリ  ROM:128GB、RAM:6GB
バッテリー容量 4,000mAh
カメラ メイン:約6,400万画素(メイン)、約800万画素(超広角)、約200万画素(マクロ)、約200万画素(モノクロ)
サブ:約1,600万画素

OPPO Reno5 AはDSDVタイプのデュアルSIM対応端末です。SIMはSIMカード(nano-SIM)1枚とeSIMが利用可能になっています。

OPPO Reno5 Aの特徴はカメラ性能の高さです。メインカメラの画素数はなんと約6,400万画素。他にも超広角用やマクロ用など3機を搭載し、サブにも約1,600万画素のカメラがセットされています。

カラーにはアイスブルーとシルバーブラックの2種類があり、落ち着いた印象を与えてくれます。

キャラクター画像
すーちゃん
eSIM対応Androidスマートフォンを探している人に選んでもらいたい端末だよ!

まとめ

mineoでデュアルSIM

今回はmineoでデュアルSIM運用ができるかどうかなどを紹介しました。

ポイント

  • mineoでもデュアルSIM運用はできる
  • デュアルSIMには4つのタイプ(DSSS、DSDS、DSDV、DSDA)がある
  • デュアルSIM運用すれば、2つの電話番号が使えるようになったり、利用料金が安くなったりする場合がある
  • デュアルSIM運用する端末によっては、バッテリー消費量が大きくなる可能性があるなど、デュアルSIM運用するデメリットも存在する
  • 端末によって利用できるSIMが異なり、SIMカードが2枚挿入できる端末や、SIMカード1枚とeSIMでデュアルSIM運用する端末などがある
  • mineoではSIMカードのみ提供していて、eSIMは未対応

mineoでデュアルSIM運用を考えている方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

今なら「パケット放題Plus」が2ヶ月無料!
mineo公式サイト

関連記事

 

おすすめの記事