エキサイトモバイルのデータ繰り越しについて解説!ルールや注意点は?
キャラクター画像
まま子さん
エキサイトモバイルに乗り換えようと思ってるんだけど、できるだけデータは無駄なく使いたいのよね。余った容量の繰り越しってできるのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
エキサイトモバイルなら、Flatプランを選べばデータ繰り越しにもしっかり対応しているよ!
キャラクター画像
まま子さん
そうなのね。エキサイトモバイルのデータ繰り越しについて、教えて!

エキサイトモバイルでは、データ繰り越しの機能を使うことで通信量を無駄なく使えます。

他にも、エキサイトモバイルには通信量を無駄なく便利に使えるよう様々なプラン・サービスが提供されています。

この記事では、エキサイトモバイルのデータ繰り越しや様々なデータ節約方法について解説します。

\今月のおすすめ!人気端末が大幅値下げ中/

Ymobile

エキサイトモバイルはFitとFlatの2プランで展開中

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、料金プランがFitとFlatの2種類になっています。

Fitはドコモのギガライトやauのピタットプランのように通信量に応じた料金を支払うプラン、Flatは定額で一定の高速通信ができるプランです。

まずはエキサイトモバイルの料金プランについて、解説します。

Fitプランは使った分だけ料金を支払うプラン

エキサイトモバイルのFitプランでは、その月に使った通信量が当てはまる料金を支払うシステムです。

大手キャリアにも同じようなプランがありますが、大手キャリアの場合最大通信量が7GBや3GBといった小容量に限られています。

エキサイトモバイルでは最大25GBの高速通信を行えるので、旅行などでたくさん使うことがあっても対処しやすくなっていますよ。

Fitプランの月額料金
低速通信のみ 495円
~3GB 880円
~7GB 1,430円
~12GB 1,980円
~17GB 2,750円
~25GB 3,245円

25GB使った時の上限額でも3,245円なので、極端に支払額が高額になる心配がないのも嬉しいポイントですね!

キャラクター画像
すーちゃん
とはいえ使えば使うほど料金が上がるのは間違いないから、こまめに通信量を確認して気をつけながら使うのは大事。

なお通信量を25GB使い切ってしまった場合は、1回1,100円で5GBの追加チャージを行えます。

もしもの時は自分で通信量をさらに増やせるのも、便利ですよね。

Flatプランは最大50GBで契約できる定額プラン

エキサイトモバイルのFlatプランは選んだ容量の高速通信を毎月行えるしくみで、最大50GBでの契約が可能です。

Flatプランの月額料金
低速通信のみ 660円
3GB 1,210円
12GB 1,650円
20GB 2,068円
25GB 2,970円
30GB 4,400円
40GB 7,700円
50GB 11,198円
キャラクター画像
まま子さん
3GBや低速通信のみだとFitプランの方が安いけど、もっと大きな容量ならFlatプランを選ぶのが良さそうね。

大手キャリアではahamoなどの格安プランも展開されていますが、20GB2,700~3,000円程度の料金設定です。

エキサイトモバイルなら20GB2,068円、25GBで2,970円といった料金設定なので、より大容量の通信を行えますよ。

ただしFlatプランで注意したいのは、40GBや50GB使う場合だとちょっと支払額が高くなることです。

大手キャリアでは使い放題プランも提供されています。

例えばドコモの5Gギガホ プレミアなら7,315円なので、エキサイトモバイルの40GBよりお得です。

キャラクター画像
まま子さん
格安SIMに乗り換えたはずが、支払額がかえってキャリアより高くなっちゃうってことね。

つまりFlatプランは12~30GBでの契約がおすすめ、もっと少なくてOKならFitプラン、大容量を使いたいならドコモなどの使い放題プランを選びましょう。

もっと詳しくプランについて知りたい方はこちら!

回線はドコモとauを選択可能

エキサイトモバイルでは、Fitプラン・Flatプランのどちらもドコモ回線とau回線に対応しています。

キャラクター画像
すーちゃん
どちらか好きな方の回線を選んで契約できるよ。

ドコモユーザーとauユーザーの方は今使っているスマホをそのまま使用可能で、通信できるエリアも変わりません。

ソフトバンクやYモバイルでスマホを契約して使っている方はそのままだと手持ちの機種を使えないので、端末のSIMロック解除をしましょう。

SIMロック解除は端末代を支払い済みならすぐに、My SoftBankから行えます。

キャラクター画像
すーちゃん
完済前の人は、購入または前回のSIMロック解除から101日目以降になれば手続きできるよ。あるいはクレジットカード払いをしているなら、すぐに解除可能!
エキサイトモバイル公式サイト

エキサイトモバイルでデータ繰り越しができるのはFlatプランのみ

データ繰り越しは余った通信量を翌月まで繰り越して使える機能で、格安SIMでは様々な会社が採用しています。

キャラクター画像
すーちゃん
大手キャリアだと、採用されているプランもあれば未採用のプランもある感じだね。最近は使い放題か使った分だけ支払うプランが主流で、未採用な傾向。

エキサイトモバイルでデータ繰り越しに対応しているのは、Flatプランのみです。

Flatプランで3GB以上を契約していれば、余った通信量を翌月まで繰り越して使えますよ。

キャラクター画像
まま子さん
翌々月にまでは繰り越せないから、無駄にしたくないなら翌月末までには使い切る必要があるわけね。
キャラクター画像
すーちゃん
そして低速通信のみ契約の場合はそもそも繰り越す高速通信料が無いので、繰り越し不可。

繰り越しはドコモ回線・au回線のどちらでも行なえます。

とくに手動での設定などは必要なく、余った容量は自動で翌月まで繰り越されますよ。

Fitプランは小容量で使いたい人におすすめ

Fitプランは使った分だけ通信料金を支払うしくみなこともあり、データの繰り越しを行えません。

その代わりに、そもそも使った分しか料金がかかりません。

「データ容量を余らせる」という概念自体がないとも考えられます。

ただしFitプランには、3GB、7GB、12GB、17GB、25GBといった容量で料金の区切りがあります。

料金が1段階上がった場合は、できるだけお得に使いたいなら料金が上がる手前まで当月中に通信を行う必要がありますよ。

しかし誤って通信しすぎると、3GBや7GBの壁を超えてしまい料金が上がってしまう恐れもあります。

Fitプランを使う際はこまめに通信量をチェックし、料金の変動にはしっかり気を配りましょう。

Fitプランで通信量をうまくやりくりし、料金を抑える方法は?

キャラクター画像
まま子さん
ある程度通信した段階で、料金が上がらないように制限をかける方法ってないかな?

Fitプランで料金を必要以上に上げたくない場合は、エキサイトモバイルやスマートフォンの機能を活用してみましょう。

エキサイトモバイルでは、高速通信をマイページからオフにできます

例えば2.9GB使っている段階で3GBオーバーによる料金アップを回避したい場合は、高速通信をオフにしてみてください。

Androidの場合は設定アプリで当月中の通信量が一定を超えたら通知を出したり、データ通信自体に上限を設定したりもできます。

手軽に使いすぎを防ぎたい方は、Androidスマホでエキサイトモバイルを使って通信量の設定を行ってみるのも良いですね。

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルで通信量を無駄なく使うおすすめの方法は?

最後に、エキサイトモバイルにおいてデータ通信量を無駄なく使うために活用したい機能やサービスについてまとめます。

Flatプランのデータ繰り越しと合わせて、活用してみてくださいね。

マイページからこまめに高速データ通信をオフにする

エキサイトモバイルでは、マイページから高速データ通信をオフにできます。

オフにしている間は速度が200kbpsに制限されますが、高速データ通信が行われないので通信量も消費されません

速度が必要ないメールや文字中心のメッセージアプリ、SNSなどを使う際は、通信量がそれほど多くないため高速な通信速度も必要ありません。

こまめに高速データ通信をオフにすれば、通信量を必要なときだけ使えてお得ですよ。

キャラクター画像
すーちゃん
メッセージアプリとかの1回使うごとの通信量はそれほど多くなくても、塵も積もれば山となるからね。

エキサイトモバイルの低速モードはバースト転送対応

エキサイトモバイルでは、高速通信をオフにしている時に「バースト転送」ができます。

バースト転送とは、低速通信の際も通信し始めの一定量は高速で通信できる機能のことです。

バースト転送があればWebサイトの読み込みなどをスムーズに行えるので、エキサイトモバイルは低速モードでもある程度快適に使えますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
バースト転送がない低速通信だと本当に軽いSNSとかメール以外は厳し目だけど、エキサイトモバイルなら対応してるからけっこう色々なことができるんだよね。
エキサイトモバイル公式サイト

povoとの組み合わせで、負担を抑えつつよりたくさんの通信ができる

エキサイトモバイル単体でなく、他社の安価なサービスと組み合わせてお得に通信する方法もあります。

とくにおすすめなのは、auのオンライン受付プラン・povoと楽天モバイルです。

povoは基本料が0円で、必要な時に高速通信量を「トッピング」として追加することで高速通信を行えるようになります。

例えばエキサイトモバイルのFitプランで4GB使うと、本来は~7GBの料金が適用され1,430円の支払額になってしまいますよね。

もしもエキサイトモバイルは3GBに止め、povoで1GB390円の高速通信をトッピングすれば、支払額は合計1,270円に抑えられますよ。

キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。

またpovoには、330円で24時間使い放題のトッピングもあります。

例えば1ヶ月のうち休みの日に1日だけたくさん動画を見て10GB通信、他の日は合計3GB程度したとします。

エキサイトモバイルのFitプランなら~17GBの料金になり支払額は2,750円ですが、povoで330円の使い放題をトッピングすれば3GB880円+330円で合計1,210円の支払額になりますよ。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、特定の日だけたくさん通信するような人にはかなり便利そうね。
povo banner

デュアルSIM運用には対応するスマホが必要!

エキサイトモバイルとpovoなどの他社回線を1台のスマホで使い分ける場合は、デュアルSIM機能に対応するスマホを用意する必要があります。

iPhoneなら、2018年のiPhone XSやXR以降に発売されたモデルならもれなく2枚目を「eSIM」契約することでデュアルSIM運用ができますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
eSIMとは、専用の小さなカードじゃなくデータのみで提供されるしくみのSIM。エキサイトモバイルは非対応だから、povoなど他社の組み合わせるSIMをeSIMで契約する必要があるよ。

参照:エキサイトモバイル公式サイト(https://bb.excite.co.jp/exmb/device/detail/oppo-reno5a/)

Androidは、エキサイトモバイルで購入できる端末だとRerno5 AやAQUOS sense4などが通常のSIMカードを2枚入れられます。

エキサイトモバイル公式サイト

まとめ

エキサイトモバイルのデータ繰り越しについて

今回は、エキサイトモバイルのデータ繰り越しや様々なお得に・無駄なくデータ通信をする方法について解説しました。

ポイント

  • エキサイトモバイルは使った分だけ料金を支払うFitプランと、定額で一定の高速通信ができるFlatプランで展開中
  • データの翌月繰り越しに対応するプランは、Flatプランに限られる
  • エキサイトモバイルはマイページから高速通信のオン・オフを切り替えられる
  • エキサイトモバイルの低速モードはバースト転送対応で、Webサイトなどを素早く読み込める
  • 基本料0円のpovoとのデュアルSIM運用で、お得にたくさん通信する裏技もある!

今回の解説を参考に、エキサイトモバイルでデータ繰り越しや様々な通信量の節約方法を活用してみてくださいね。

エキサイトモバイル公式サイト
おすすめの記事