povoでデータの繰り越しは出来ないの?容量シェアは?
キャラクター画像
まま子さん
povoの通信量が余りそうなんだけど、来月に繰り越せないかしら。
キャラクター画像
すーちゃん
povoはデータ繰り越しには対応していないよ。
キャラクター画像
まま子さん
あら、それは残念ね。

povoでは余ったデータ通信量の繰り越しはできません。

新しくスタートしたpovo2.0は使う分だけ事前にチャージする、プリペイドのような仕組みです。

通信量には有効期限が設定されており、期限が過ぎると消失します。

povo1.0は月間20GBのデータ通信を利用可能です。

使い切れなかったデータ通信量は月を跨ぐと破棄されます。

povo1.0でもpovo2.0でも、データ通信量が余り過ぎないよう注意が必要です。

また、容量シェアも利用できません。

povo1.0を使っていてデータ通信量が頻繁に余るなら、他の格安SIMへ乗り換えることも検討してください。

\今月のおすすめ!スマホ1円~セール中!/

Ymobile banner

povoのプラン概要説明

povo banner

povoはauがスタートした新しい料金プランです。

2021年9月からはサービス内容が刷新された「povo2.0」がスタートしました。

povo2.0について簡単におさらいしておきましょう。

povo2.0のプラン概要

  • 月額基本料金は0円
  • 契約縛りなし
  • データ通信量やかけ放題を自由に「トッピング」で追加する
  • 動画サービスのトッピングもあり
  • トッピングなしの場合も128kbpsのデータ通信と音声通話を利用できる
  • 対象のお店やサービス利用でデータ通信量がもらえる「ギガ活」もスタート
  • 180日以上有料トッピングなどがないと契約解除の可能性あり
  • 申し込みやサポートは引き続きオンラインのみ

povo2.0は月額基本料金0円で128kbpsのデータ通信と音声通話を利用できる衝撃的なプランです。

データ通信量やかけ放題、動画の見放題などを「トッピング」という形で自由に追加できます。

各利用者が自分に合ったサービスへカスタマイズできるのがpovo2.0の特徴ですね。

キャラクター画像
まま子さん
とにかく自由度が高いわね!
キャラクター画像
すーちゃん
今までのキャリアや格安SIMにはない、新しいサービスだね!

povo2.0の内容についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ちなみに、2021年9月まで提供していたpovo1.0は2,728円で20GBのデータ通信を利用できるプランでした。

すでに受付を終了しており新規契約はできませんが、現在利用中の人はそのまま継続できます。

povo公式サイト

povoはデータ繰り越し可能?

キャラクター画像
まま子さん
povoって余ったデータ通信量の繰り越しはできないのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
残念だけど、1.0も2.0も繰り越しはできないよ。

povoではデータ繰り越しは利用できません。

データ繰り越しは余ったデータ通信量を繰り越して使える機能です。

格安SIMでは当たり前に利用できる機能ですが、povoは対応していません。

povo1.0は月末になると余ったデータ通信量が破棄されます。

例えば20GBのうち5GB余った状態で月を跨いだ場合、余った5GBは破棄されます。

余った5GBを繰り越して翌月は25GB使える、とはなりません。

キャラクター画像
まま子さん
データ通信量が余るともったいないわね。

povo2.0は「月〇GB」という概念がそもそもなく、チャージした分だけ高速通信を使える仕組みです。

トッピングによって有効期限が決まっており、期限を過ぎると消失します。

キャラクター画像
すーちゃん
有効期限が切れる前に使わないと損だよ。

容量シェアは可能?

キャラクター画像
まま子さん
容量シェアはできないかな?
キャラクター画像
すーちゃん
povoは容量シェアにも対応していないよ。

povoは繰り越しだけでなく容量シェアも利用できません。

容量シェアはデータ通信量を複数の回線で分け合う機能です。

家族で利用したり、タブレットやサブ端末を活用したりする際に役立ちます。

キャラクター画像
まま子さん
余ったデータ通信量を他の家族に使ってもらえそうね。

いろいろと便利な容量シェアですが、povoは容量シェアにも対応していません。

タブレット・サブ端末を使う際はpovoを複数回線契約するか、月額料金の安い格安SIMを検討しましょう。

なお、povo2.0を同一名義で2回線以上契約する際は3,300円の契約事務手数料がかかります。

キャラクター画像
すーちゃん
当面の間は2回線目以降も無料だから、もし複数契約するなら早めにね!

データが足りなくなった場合は追加容量を購入する必要がある

povoでデータ通信量が足りなくなった場合は追加容量を購入しないといけません。

povo2.0は高速通信量を使い切ると通信速度が128kbpsに制限されます。

128kbpsというのはかなり遅く、SNSやちょっとした調べものも難しいでしょう。

キャラクター画像
すーちゃん
128kbpsだと、何もできないと思っておいたほうが良いよ。

データ通信を快適に使うなら、「データトッピング」を利用して高速通信量をチャージしてください。

povo2.0で利用できるデータトッピングは以下の通りです。

トッピング名料金(1回あたり)有効期限
データ使い放題330円24時間
データ追加1GB390円7日間
データ追加3GB990円30日間
データ追加20GB2,700円30日間
データ追加60GB6,490円90日間
データ追加150GB12,980円180日間

データ追加1~150GBは利用できる通信量と有効期限が決まっています。

通信量が余っていても、期間を過ぎると消失するため注意が必要です。

キャラクター画像
すーちゃん
すでに説明したけど、繰り越しはできないからね!

複数のデータトッピングを購入した場合、期限が短いものから消費されます。

期限が延長されるわけではないので、早めに利用しましょう。

povo1.0で通信量を使い切った場合、翌月まで1Mbpsの低速通信を使えます。

比較的速いですが、高速通信には劣ります。

翌月を待たずに高速通信を使いたい場合は以下のトッピングでデータ通信量をチャージしてください。

トッピング名料金(1回あたり)有効期限
データ使い放題24時間220円24時間
データ追加1GB550円31日間

povo1.0のデータ追加1GBも31日間の期限があります。

有効期限を過ぎると消失するので注意してください。

ただし、チャージした通信量が残っている状態で新しくチャージすると有効期限が更新されます。

有効期限を延長できるわけですね。

また、期限切れから24時間以内にデータを追加すれば、消失したデータ通信量も復活します。

キャラクター画像
すーちゃん
基本の通信量は繰り越せないけど、追加したデータは繰り越せるよ。
povo公式サイト

毎月データが余るようなら格安SIM等への乗り換えも検討した方が良い

現在povo1.0を利用中で毎月データ通信量が余るなら、他の格安SIM等へ乗り換えるのがおすすめです。

povo1.0は月間20GBのデータ通信を使えます。

そのpovo1.0で毎月データ通信量が余る人だと、実際には20GBも必要ないことが多いです。

繰り越しもできないpovo1.0で毎月データ通信量が余るのはもったいないですね。

キャラクター画像
まま子さん
でも、povo1.0だと20GBプランしかないもんね。
キャラクター画像
すーちゃん
だから、思い切って他社に乗り換えるのもありだよ。

povo1.0はお得ですが、データ通信量が余る=データ通信をあまり使わない人なら、他社へ乗り換えるともっとお得になる可能性があります。

中でもおすすめなのは以下の3つです。

povo1.0から乗り換えるのがおすすめの格安SIM

  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • IIJmio

なお、povo2.0は自分で使う分だけチャージできます。

もし余っている場合はチャージ量を減らせばいいだけなので、わざわざ乗り換える必要はありません。

楽天モバイル

Rakutenmobile banner

データ通信をほとんど使わない人、あるいは月によってばらつきがある人には楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルのプラン概要
月額料金~1GB:0円
1~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB以降:3,278円
データ繰り越し×
容量シェア×

楽天モバイルは使ったデータ通信量に応じて料金が変動する従量制プランを採用しています。

データ通信量が1GB未満の場合、月額料金は0円です。

キャラクター画像
すーちゃん
基本0円で使えるのはpovoと同じだね。

1GB以降は利用したデータ通信量に応じて月額料金が高くなっていきます。

それでも3~20GBなら2,178円と、povo1.0の20GB/2,728円より安価です。

20GBを超えた場合も3,278円でデータ通信を無制限に使えます。

キャラクター画像
まま子さん
データ通信をたくさん使うヘビーユーザーにも良さそうね!

楽天モバイルもデータ通信量の繰り越しはありませんが、通信量に応じて月額料金が調整されます。

例えば2GBしか使わなかった月は1,078円ですし、10GB使った月は2,178円です。

利用量に関係なく2,728円かかるpovoよりも無駄がありません。

実質0円!Rakuten Handの在庫入荷!
楽天モバイル公式サイト

UQモバイル

UQmobile banner

毎月の通信量が1~3GBの人におすすめなのがUQモバイルです。

UQモバイルのプラン概要
月額料金3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円
データ繰り越し
容量シェア×

月額1,628円で3GBのデータ通信を利用可能です。

ライトユーザーならpovo1.0より1,000円ほど安くなります。

データ繰り越し対応なので、余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことが可能です。

例えば3GBプランで1GBしか使わなかった場合、翌月は3GB+繰り越した2GB=5GBのデータ通信を使えます。

キャラクター画像
まま子さん
余った通信量が無駄にならないのね!

auのサブブランドであり、通信速度もpovoに劣りません。

通信品質を重視する人でも満足できますよ。

また、povoと違ってUQスポットやauショップといった実店舗での対面サポートに対応しています。

キャラクター画像
すーちゃん
スマホ初心者にはpovoよりもUQモバイルだね。
iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

IIJmio

IIJmio banner

もっと細かく通信量を選びたい人、容量シェアをしたい人にはIIJmioがおすすめです。

IIJmioのプラン概要
月額料金2GB:858円
4GB:1,078円
8GB:1,518円
15GB:1,848円
20GB:2,068円
データ繰り越し
容量シェア

IIJmioでは2GBから20GBまで、5つの容量が用意されています。

月額料金も比較的安く、自分に合った無駄のないプランを選ぶことが可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
例えば毎月2GB使う人なら楽天モバイル(~3GB)やUQモバイルのプランSよりさらに安くなるよ。
キャラクター画像
まま子さん
1,000円以下で使えるのは大きいわね。

データ繰り越しにも対応しています。

余ったデータ通信量を翌月に繰り越せるので無駄がありません。

さらに容量シェアも利用可能です。

家族で契約、あるいはタブレットやサブ端末用に複数回線契約した際に、各プランのデータ通信量を合算できます。

キャラクター画像
すーちゃん
例えば2GBプランを3つまとめて、6GBプランとしてシェアすることも可能だよ。
スマホ本体が110円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

まとめ

povoはデータ繰り越しできる?

以上、povoでデータ繰り越しと容量シェアができるのか?について解説しました。

ポイント

  • povoはデータ繰り越しに対応していない
  • povo1.0は月を跨ぐと月末に余ったデータ通信量は破棄される
  • povo2.0は有効期限が切れると余ったデータ通信量が消失する
  • 容量シェアも非対応
  • データが足りなくなった場合はトッピングによる追加購入が必要
  • povo1.0利用中で毎月通信量が余るなら他社への乗り換えも検討
  • 楽天モバイルは従量制プランなのでばらつきがある人でも無駄が起きにくい
  • UQモバイルは繰り越し対応、通信品質もpovoと同等
  • IIJmioは繰り越しと容量シェアに対応、月額料金も安め

povoはデータ繰り越しにも容量シェアにも対応していません

povo1.0でもpovo2.0でも、使い切れなかったデータ通信量は消失します。

もったいないので、データ通信量はできる限り使い切りたいですね。

povo1.0を使っていて、毎月データ通信量が余る人は他の格安SIMへの乗り換えも検討してください。

本記事で紹介した楽天モバイル・UQモバイル・IIJmioは月額料金が安く、無駄も抑えられますよ。

povo 2.0はトッピングを利用し、必要な時だけデータをチャージする方式です。

繰り越しがない点についてはさほど気にする必要はないでしょう。

ただし、データトッピングの有効期限切れには注意してください。

povo公式サイト