スマホの残債があってもpovoに乗り換えられる?支払い終わるまで待つべき?

新着情報

9月下旬より新プラン「povo2.0」が開始されます。

基本料は0円からで必要に応じてデータ量などをトッピングしていく新しいスタイルに生まれ変わります。

こちらの情報は随時当サイトでも更新させていただきます!
キャラクター画像
すーちゃん
まま子さん、auのpovoに乗り換えたいって言ってたけど、まだ乗り換えてなかったの?
キャラクター画像
まま子さん
実は乗り換えたいんだけど、今使っているスマホの分割代金がまだ残っているのよ。払い終わってから変えた方がいいわよね?
キャラクター画像
すーちゃん
分割代金が残っていてもpovoには変えられるよ!詳しく説明するね。

20GBの大容量データが利用可能で月額2,728円と、リーズナブルな料金で話題のpovo。

しかし、現在利用しているスマホの残債があり、乗り換えを悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

結論としては、支払い分割中のスマホに残債があってもpovoへ変更することは可能です!

当記事では、残債がある場合のpovoへの乗り換えについて詳しく解説していきます。

  • スマホの残債があってもpovoへ乗り換えはできる?
  • 残債がある場合、povoへ乗り換える注意点は?

\今月のおすすめ!/

Ymobile banner

スマホの残債が残っていてもpovoへの乗り換えは可能

povo banner

結論をお伝えすると、機種代金の残債があってもpovoへの乗り換えは可能です!

その際「料金が余分に発生しないか?」「支払いはどうなるのか?」という点が気になりますよね。

以下で詳しく解説をします!

残債がある状態で解約すると違約金はある?

スマホに残債がある状態で解約をしても、別途違約金や手数料が発生することは基本的にありません。

キャラクター画像
まま子さん
あら。私は48,000円の機種を24回払いにしているわ。毎月2,000円の支払いで、今ちょうど1年経ったんだけど・・・今乗り換えても違約金はかからないの?
キャラクター画像
すーちゃん
あと1年分、合計24,000円残っているということだね。残った分割代金はもちろん払わないといけないけど、余分な料金がかかることはないよ!

まま子さんのケースだと、スマホの分割代金が残り1年分(24,000円)残っている状態です。

この状態で乗り換えた場合、残ったスマホの残債は当然支払う必要があります。

しかし、残債があるからといって高額な解約金や手数料が発生することはありません!

残債があっても乗り換えで損をしたり、不利にはならないことを覚えておきましょう。

注意!

レアケースですが、後述の「月々サポート」や「毎月割」が適用されている場合は割引が無くなったり、違約金が発生する可能性がある点に注意!

乗り換えた場合の支払いはどうなる?

次に気になる点は、乗り換えた場合に分割代金の支払いがどうなるのか?という部分。

基本的にはこれまで通り分割で支払うことが可能です!

例えばドコモで機種代金を分割中(残り12回)でpovoに乗り換える場合を例に説明をします。

現状の支払い(ドコモで契約中)

  • スマホの基本料金やオプション料金、機種の分割代金を含めて全てドコモに支払う

今後の支払い(povoに乗り換えた後)

  • 機種の分割代金はこれまで通りドコモへ支払う
  • スマホの通信料金はpovoで支払う

上記のように変わります。

もちろん、ドコモからの請求は機種の分割期間が終了すれば自動的になくなります。

ドコモでの支払い方法も、これまでドコモで設定していた口座振替やクレジットカード払いを引き継ぐことが可能。

今回はドコモを例に説明をしましたが、ソフトバンクや他事業者でも同様です!

ただし、月々の料金に未納があるなど支払い状況に問題がある場合、解約時に残った分割代金を一括精算するよう求められるケースも存在します。

その場合は解約時(WEB・店頭・電話)に「機種の残債を一括精算しなければならない」旨案内がありますのでご安心ください。

とは言え、非常に稀なケースのため現状支払いに未納が無ければ特段気にする必要はありません。

キャラクター画像
まま子さん
機種の残債があると、もっと複雑でお金が余計にかかると思っていたわ。これなら今すぐ乗り換えられるわね!
povo公式サイト

スマホの残債がある場合の乗り換え方法と注意点

次に、機種の残債がある状態で乗り換える場合の注意点や乗り換え手順を解説します。

スマホの購入割引が適用されている場合は注意

「月々サポート」や「毎月割」という名目の端末購入補助を受けている場合は注意が必要です。

2019年まで、大手通信キャリア(docomo/au/SoftBank)はスマホ購入時に大幅な料金割引を実施していました。

割引方法は「スマホの分割代金を支払う期間は毎月一定の料金を割引する」という内容です。

注意点は、上記の端末購入割引は解約をするとその時点で割引が廃止されてしまう点。

割引が廃止されてもpovoへ乗り換えた方がお得なケースが多いですが、場合によっては損になってしまいます。

端末割引の確認手段として、最も早く確実に確認するにはカスタマーセンターへの電話がオススメ!

請求書を見てもわかりにくい表記になっているケースが多いですが、電話確認なら間違えることなく確認することが可能です。

乗り換えに必要なMNP予約番号も電話で発行可能なため、一石二鳥ですね!

各事業者の連絡先

・ドコモインフォメーションセンター:0120-800-000
・au総合案内:0077-7111
・SoftBankカスタマーサポート:0800-919-0157

いずれも年中無休、営業時間は9:00〜20:00

ドコモからpovoへ乗り換える場合

それでは、実際にドコモからpovoへ乗り換える場合の注意点をお伝えします

ドコモで注意するべき点は3つ。

ココに注意

  • 「月々サポート」が適用されている場合、端末購入割引がなくなる
  • プランによっては最大10,450円の解約金が発生する(機種の残債は無関係)
  • dカードGOLDを契約している場合、年会費の元が非常に取りづらくなる

月々サポートの適用状況や違約金の有無に関しては、ドコモインフォメーションセンターで電話確認が可能。

現状ほとんどの方が月々サポートは適用されておらず、違約金は発生するとしても1,100円です。

しかし、不安であれば確認しておいて損はありません。

また、意外と見落としがちな点がドコモが提供するクレジットカード「dカードGOLD」です。

dカードGOLDはドコモ契約者にとっては極めてお得なクレジットカードですが、ドコモ契約でない場合は年会費の11,000円の元を取ることが難しくなります。

そのため、povoに乗り換えるならdカードGOLDも合わせて解約することをオススメします。

ソフトバンクからpovoへ乗り換える場合

次に、ソフトバンクからpovoへ乗り換える場合の注意点を解説します

基本的にはドコモと同じですが、ソフトバンクで特に多い注意点も。

ココに注意

  • 「月々割」が適用されている場合、端末購入割引がなくなる
  • 契約プランによって最大10,450円の解約金が発生する
  • フォトビジョンや体組成計などの副商材も解約が必要

上記のうち、月々割の適用状況や解約金はドコモと同じくカスタマーサポートで電話確認が可能。

ソフトバンクで最も注意したい点は、フォトビジョンなどを契約している場合です。

フォトビジョンや体組成計は契約から2年間は無料で利用できるため、契約していることをついつい忘れがち。

問題なのは、スマホを解約しても上記副商材は解約にならないことです。

「スマホを解約したのに謎の請求が続いている・・・」という場合、ほぼ確実に何らかの副商材の契約が存在します。

余分な契約がないかどうかもカスタマーサポートで電話確認ができますが、情報開示の問題でこちらから切り出さなければ相手も教えてくれないため、心当たりがある場合は必ず確認しましょう!

auからpovoへ乗り換える場合

auからpovoに乗り換える場合はとてもスムーズです

解約金や事務手数料も発生しないため、余計な心配も無用。

また、au→povoは提供事業者が同一であるため、MNPの予約番号も不要です。

ただし、auが以前提供していた端末購入割引の「毎月割」に加入している場合は端末購入割引がなくなります。

とは言え、毎月割の割引が無くなったとしてもpovoへ変更した方が料金メリットがあるケースが多いです。

万が一毎月割が適用されていたとしても、割引がなくなるからと断念するのではなく割引がなくなってもpovoの方がお得かどうかをしっかり検討しましょう!

キャラクター画像
まま子さん
月々サポートや毎月割という端末購入割引はpovoに変えると終わってしまうのね!
キャラクター画像
すーちゃん
そうだよ!だけど、今はほとんど適用されている方は見ないね・・・。あまり気にせずに念のために確認しておく、ぐらいで大丈夫だよ!
キャラクター画像
まま子さん
カスタマーサポートに電話で確認してみるわ!
povo公式サイト

機種代金を払い終わるまで待った方がいい?

povo banner
キャラクター画像
まま子さん
機種の分割金が残っていてもpovoに乗り換えれるのはわかったわ!今すぐ乗り換えた方がお得なのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
今すぐ乗り換えた方がお得になることが多いよ。詳しく解説してくね!

ここまで、スマホの残債があっても乗り換えれることやその際の注意点を解説してきました。

次に、乗り換えるタイミングについてお伝えします!

基本的にスマホの残債があっても今すぐpovoに乗り換えるべき!

乗り換えるタイミングですが、docomo/au/SoftBankのプランを契約しているなら今すぐ乗り換えるべきです。

理由は単純で、povoの方が料金が安いから。

povoは20GBの大容量データが利用可能にも関わらず、月額料金はたったの2,728円です。

大手キャリアの通常プランで20GB利用すると、自宅のインターネット割引や複数回線割引を最大限適用させても5,000円程度の月額料金がかかります。

1回線でも毎月2,000円以上もpovoの方が安く利用できるため、例えば家族4回線分乗り換えたら毎月8,000円以上も節約可能です!

自宅のインターネット割引や複数台割引を適用できない場合、さらに料金に開きが生まれます。

スマホ本体の分割金は、povoに変えても変えなくても支払い総額は変わりません。

そのため、スマホの残債があっても大幅に安いpovoを今すぐ利用するべきです!

キャラクター画像
まま子さん
月額2,000円以上も安くなるの?浮いた分で自分へのご褒美が買えちゃうわね!
キャラクター画像
すーちゃん
新しいスマホを購入するお金に充てたりすることもできるね!

端末購入割引があった場合は?

月々サポートなどの端末購入割引がある場合、割引額を差し引いたトータルの料金で考えましょう。

端末購入割引がある場合の一例

  • ドコモ契約中:月額料金は機種代金や月々サポートを抜いて6,000円程度、分割は残り6ヶ月
  • 月々サポートが適用されていて、毎月1,500円程度割引が入っている
  • 月額の6,000円から割引の1,500円を抜いて、実質毎月4,500円程度支払っている

上記のようなケースだと、割引込みでも月額料金は実質4,500円かかっています。

povoの基本料金は2,728円のため、割引が無くなったとしても1,800円程度安く利用可能。

分割は残り6ヶ月ですが、今すぐpovoに変えると約1,800円×6ヶ月=およそ11,800円もお得に使えます!

反対に機種代金が残っているからとそのままにした場合、6ヶ月間で1万円以上も損をしてしまいます。

上記はよくあるケースの一例ですが、「機種代抜きの実質月額料金」と「povoの料金(2,728円)」を比較して、povoの方が安ければ今すぐ変更しましょう!

キャラクター画像
まま子さん
端末購入割引があったとしても、トータル料金が高くなるなら意味がないわね・・・。
キャラクター画像
すーちゃん
その通りだよ。割引が無くなっても安く済むなら、そっちの方がいいよね!

povoへの乗り換えをオススメできない方

最後に、povoへの乗り換えをオススメできない方について解説をします。

povoをオススメできないケースはたったひとつ。

それは、毎月の通信量が20GBでは足りないという方です。

大手キャリアのプランは通信量無制限のプランがあることが最大の魅力。

その点povoは20GBを超過すると、最大速度が1Mbpsの中速通信に制限がされてしまいます。

1Mbpsでも低画質のYoutube動画やSNSの利用は可能ですが、アプリのダウンロードや高画質映画の視聴はできません。

もはや機種の残債があるかどうかは関係ありませんが、月額料金が高くても20GB以上使いたい!という方にpovoはオススメできません。

反対に、20GBで問題ないという方は今すぐpovoへ変えましょう!

povo公式サイト

まとめ

残債があってもpovoへ乗り換えられる?

スマホの残債があってもpovoには乗り換えられ、余分な料金も発生しません!

むしろ大手キャリアの料金は本当に高額ですから、今すぐ変えなければ損をしてしまうケースが非常に多いです。

月間20GBのデータ量で問題がなければ、今すぐpovoへ乗り換えましょう!

スマホの分割金(残債)が残っていても今すぐ乗り換えは可能!

月々サポートなどの端末購入割引が稀に適用されているケースがあるため注意!

残債が残っていたり、割引があったとしてもpovoに変えた方が圧倒的に安くなるケースが多い!

povo公式サイト