povoのトッピングって何種類あるの?今後追加される予定のものは?
キャラクター画像
まま子さん
povoの公式サイトを見てると、「トッピング」っていう言葉をよく見かけるね。トッピングって何?
キャラクター画像
すーちゃん
要は、オプションのことだよ。povoはトッピングによって、色々な機能を使えるんだ。そして2021年9月下旬開始のpovo2.0では、データ容量の追加もトッピングとして行うようになったんだ!
キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。povoのトッピングについて、教えて!

povoは月額基本料金が0円で、「トッピング」により高速データ通信量やかけ放題、対象サービスの使い放題を利用できます。

以前は通話など一部のみがトッピングでしたが、povo2.0では通話・データ・コンテンツと幅広いサービスがトッピングでの提供になっています。

この記事では、povoで使えるトッピングについて解説します。

\1万円相当還元!/

UQmobile banner

最初に…povoやau回線の格安SIMを使っている方に朗報!

au banner
今までauオンラインショップはauの契約が無いと端末の購入は出来ませんでしたが、ついにauの契約が無くても購入可能となりました

これからpovoに乗り換える方は先にauオンラインショップから機種変更するのでもOK!

最新モデルも要チェックです!

auオンラインショップ公式サイト

povoはトッピングで高速通信やかけ放題などを利用できる!

povo banner

povoの大きな特徴として挙げられるのが、「トッピング」という概念です。

トッピングとは、要するに必要な機能は別途自分で契約するオプション形式のことですよ。

大手キャリアが20GBの低価格プランを発表する際、先陣を切ったahamoやLINEMO(当初)は、5分かけ放題付きで2,980円(税抜)という設定でした。

一方でauのpovoは、開始当初5分かけ放題を「トッピング」のオプション提供とすることで、月額料金を当時最安の20GB2,728円に抑えました。

LINEMOは後にpovoの後追いで5分かけ放題をオプション化してpovoと同額にしましたが、ahamoは5分かけ放題はそのままに、料金を少し下げて対抗しています。

povoのトッピングという概念は、他社のプラン見直しにも繋がった非常に重要な概念なのです。

そしてさらに、2021年9月下旬より開始されるpovo2.0ではデータ通信量自体がトッピングでの提供となりました!

今までは通信量が20GB固定でしたが、povo2.0では3GB990円や1GB390円など様々な容量のトッピングを手動で追加することで高速通信が可能となります。

キャラクター画像
すーちゃん
基本料金が月額0円、128kbpsで通信できる様になっているよ。
キャラクター画像
まま子さん
なるほど、povo2.0はかなり変わったサービスなのね。

povoは通常月額0円、トッピングで高速通信が可能になる!

トッピングなしの状態だと、povoは月額0円・速度は最大128kbpsとなっています。

povoではデータトッピングとして容量を追加することで、高速通信ができるようになりますよ。

povo2.0のデータトッピング
利用期間 利用料金
1GB 7日間 390円
3GB 30日間 990円
20GB 30日間 2,700円
60GB 90日間 6,490円
150GB 180日間 12,980円
データ使い放題 24時間 330円

それぞれ利用期間が決まっていて、とくに1GBは7日間で期限が切れてしまうことにご注意ください。

小容量で充分なら3GB990円、ある程度大容量を使うならまず20GB2,700円を検討することになります。

大容量を選べばお得!30日2,163円で20~25GBを使える

60GBや150GBは一見高額ですが、利用できる期間がそれぞれ約3ヶ月、6ヶ月と長くなっていることにご注目ください!

30日単位で考えると60GB・150GBはそれぞれ20GBを3ヶ月・25GBを6ヶ月使えて利用料金が2,163円となるので、実は20GBを30日ごとに追加するよりも537円~お得になっています。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど!毎月20GB以上使うなら、60GBや150GBを選ぶとよりお得になるのね。
キャラクター画像
すーちゃん
もちろん、期間は関係なく単純にたくさん使いたい場合も60GBや150GBを選んでOK。

自分のスマホの使い方に合わせて、ベストなデータトッピングを追加していきましょう。

povo公式サイト

データ容量が24時間使い放題になるトッピングはpovoの大きな魅力!

povoでは、24時間使い放題のトッピングを1回330円で利用可能となっています。

キャラクター画像
すーちゃん
実は旧プランから110円ほど値上げしちゃってるんだけど、その代わり2.0だと通常料金は30日3GB990円とかで使えるようになってるから…総合的にはどちらにも魅力がある感じだね。

「データ使い放題」は他社で提供されておらず、povoのみの提供です。

キャラクター画像
すーちゃん
povoのトッピングにおける、最大の特徴がデータ使い放題といっても過言ではないよ。

データ使い放題を申し込めば、24時間以内のデータ通信では通信量が消費されません

動画を見たり、音楽を聴いたり、地図でナビを活用したりなど、自由に何でもできますよ。

ただし、データ使い放題24時間利用時は、一定期間内に大量のデータ通信をしてしまうと、混雑する時間帯に速度が制限されます

使い放題だからといって延々通信していると、速度が落ちて用途が制限される場合があることにご注意ください。

キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。

通話のトッピングは5分かけ放題と分数無制限のかけ放題を選べる

povoにおけるトッピング無しでの通話料金は、30秒22円です。

キャラクター画像
すーちゃん
一般的な携帯電話の通話料金だね。

povoにおける通話のトッピングとして、以下の2種類のかけ放題が提供されています。

通話トッピングの月額料金
5分以内通話かけ放題 550円
通話かけ放題 1,650円

かけ放題もトッピングでの提供にすることで、povoは基本料金を割安に抑えられていますよ。

キャラクター画像
まま子さん
ところで、ahamoやLINEMOと比べると、かけ放題込みでの料金はどう違うのかな?

ahamo、povo、LINEMOにおける、かけ放題利用時の月額料金を比べてみました。

ahamo、povo、LINEMOのかけ放題込みでの月額料金(20GB利用時)
5分かけ放題 分数無制限のかけ放題
ahamo 2,970円 4,070円
LINEMO 3,278円、1年間はキャンペーンで2,728円 4,378円、1年間はキャンペーンで3,828円
povo(20GBトッピング) 3,250円 4,350円
povo(60GB・150GBトッピング、30日ごとの利用料金) 2,713円 3,813円

かけ放題を使う場合、標準料金はahamoが最安です。

LINEMOは申込みから1年間は通話オプションにキャンペーン料金が適用されるので、ahamoやpovoの20GBトッピング利用時より安く使えるしくみです。

キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。かけ放題をトッピングする場合は、povoだとちょっと高いんだ。

しかし実は、povoを60GBや150GBのトッピングにすれば30日の料金は平均2,163円となるため、かけ放題を追加しても最安値になります。

通話込みの料金を徹底的に下げたい方は、povoで60GBや150GBをトッピングしつつかけ放題を利用しましょう!

キャラクター画像
すーちゃん
裏技みたいな感じだけど、実はpovoが最安値!
povo公式サイト
5/31までフィーバータイム開催中!
LINEMO公式サイト ahamo公式サイト

コンテンツトッピングで対象サービスを使い放題にできる

povo2.0の開始に伴い、対象サービスを使い放題にできる「コンテンツトッピング」が新たに登場しました!

コンテンツトッピングの利用料金
利用期間 料金
DAZN使い放題パック 7日間 760円
smash.使い放題パック 24時間 220円

DAZNはスポーツ関連の配信サービス、smash.はライブ配信などの動画サービスです。

コンテンツトッピングを追加すれば、利用期間の間は対象サービスを利用した際に通信量が消費されません。

ただしネットワーク混雑時や動画の利用時などには、速度が制限されることもあるのでご注意ください。

キャラクター画像
まま子さん
使い放題だけど、速度が制限されて画質が落とされたりする可能性はあるわけね。
povo公式サイト

povoでトッピングを追加する方法を解説!

povoのトッピング利用方法

出典:povo公式サイト(https://povo.au.com/support/app/)

povoでトッピングを追加する際は、それぞれ申込みが必要です。

基本的にpovoのトッピング追加では、アプリを利用することになります。

高速通信はpovo トッピングアプリで申し込めばすぐ使える

povoのデータトッピングを申し込む際は、povo トッピングアプリを利用しましょう。

アプリから申込みを行えば、選んだデータ容量が追加されて高速通信をできるようになりますよ。

コンテンツトッピングもアプリで追加可能

DAZNなどのコンテンツトッピングをして自由に楽しみたい場合も、povo トッピングアプリを利用しましょう。

追加すればDAZNは7日間、smash.は24時間使い放題になりますよ。

かけ放題の申込み・廃止もアプリからすぐに行える

povoでかけ放題のトッピングを申し込む際も、povo トッピングアプリを利用すればOKです。

もちろん、廃止もアプリから行えますよ。

povo公式サイト

povoのトッピングを活用した使い方の例を紹介!

povoはトッピングで機能を増やせる新料金プランということで、各トッピングの使い方の例を考えてみました。

データ使い放題で、休みの日や旅行中の通信量を補おう!

休日やお盆休みのような長期休暇で、スマホをたくさん使うこともありますよね。

休みの日などに一気に通信をたくさん行いたい場合に出番となるのが、「データ使い放題」です。

330円で丸一日のデータが使い放題になるので、1日中家でスマホを見たり、動画を楽しんだりする際はどんどん活用しましょう。

旅行でナビを見たり、乗り物での移動中に子供に動画を見せたりする時にも「データ使い放題」は役立てられますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
1日330円だから、仮に毎週日曜日だけ・月5回使ってもトッピング料は総額1,650円!これに30日3GB990円を追加しても、2,640円まで料金を抑えられるよ。
キャラクター画像
まま子さん
けっこう安いわね。

1GBのデータトッピングをタブレットで活用!

キャラクター画像
まま子さん
1GBって、390円で安いけど7日間しか使えないのがね…。他の容量を使っていて月末とかに中途半端に足りなくなったら追加チャージする用って感じ?
キャラクター画像
すーちゃん
いやいや、1GBも使いみちがあるんだよ。とくにタブレットでの利用に最適!

povoにおける1GBのデータトッピングは390円・7日間利用可能です。

1GBは容量があまり多くなく、期間も短いので使いづらいように見えますが、タブレットやルーターで使うときだけチャージするという活用方法もあります。

例えばタブレットを1ヶ月に1回だけ外に持ち出して、旅行で地図を見る、喫茶店でネットサーフィンをするといったことをするなら、povoのSIMを入れて1GBチャージをするのが便利ですよ。

キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。

150GB契約で、コスパ最強の大容量通信をしよう!

povoは20GBだと30日2,700円ですが、150GBのトッピングなら30日×6ヶ月使えて月々2,163円・25GB使えます。

あらかじめ150GBをトッピングしておくだけで、20GBより5GB多くて537円安い料金になるのは大きなメリットですよね。

まとめて大容量をトッピングして、お得に得られたデータ容量で動画やアプリのダウンロード、電子書籍などを自由に活用しましょう!

キャラクター画像
すーちゃん
クレジットカードで支払うにあたって、まとめてたくさんのポイントを貯められるのも嬉しいよね。例えば1%還元のカードなら、129ポイント貯まるよ。

かけ放題のトッピングは、LINE通話などと併用してうまく使おう!

povoでは、5分かけ放題や通話の分数無制限かけ放題のトッピングもできます。

しかし、前述の通りpovoのかけ放題利用時の月額料金は、他社と比べるとちょっと不利です。

キャラクター画像
まま子さん
基本的に基本料金はahamoが最安で、LINEMOは1年間のオプション料金がお得なのよね。

povoでかけ放題のトッピングを使う場合は、「トッピング」という概念を意識して、必要なタイミングでだけ申し込むのがおすすめです。

スマートフォンでは、LINEの無料通話機能を使えば、LINEで繋がっている友達同士であれば、無料でいくらでも通話できます。

LINEの無料通話で消費されるのは、データ通信量のみですよ。

長電話をする友人や家族と連絡を取る際は、povoの20GBという大容量を活かし、LINE通話で連絡しましょう。

キャラクター画像
まま子さん
よほど長電話を頻繁にするとしても、その日にさっき言ってた「24時間データ使い放題」を申し込んでれば通信量の消費はないわよね。
キャラクター画像
すーちゃん
他にもSkypeなど、無料で相手と通話できるサービスがあるよ。

povoのかけ放題は、どうしても通常の音声通話で連絡しなければいけない場面が多い月のみ、必要に応じて申し込めばOKです。

例えば引っ越しをするため不動産と連絡を取る機会が多い月は、かけ放題を追加しておけば通話料金がかさむことなく安心ですよ。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、常にかけ放題を契約し続けないことで、無駄なく使えるのね。
キャラクター画像
すーちゃん
トッピングという概念が生まれたことで、「かけ放題は常に使い続けるもの」という固定観念から開放されるよね。
povo公式サイト

povoのトッピングは今後増える予定がある?

povoのトッピングは元々、データ通信関連2種類とかけ放題2種類の合計4種類だけでした。

しかし、2021年9月下旬のpovo2.0ではデータ容量がデータトッピング式に変更・コンテンツトッピングも追加され、一気にバリエーションが増えました。

今後も、さらにたくさんのトッピングが増える可能性がありますよ。

ケータイWatchでは2021年3月に、povoの担当者へのインタビューが行われています。

インタビュー内では、これからもトッピングが増える可能性があることが語られていました。

現在考慮されているのは、「動画サービスなどの、目的を絞ったトッピング」や「オフライン系」のトッピングです。

前者はまさに、povo2.0で追加された「コンテンツトッピング」です。

前者が実現したため、後者も将来的に追加される可能性は大いにあります。

目的を絞ったトッピングが今後も現れる可能性あり

通常のauではNetflixが使えるプランが提供されていて、povoも2.0ではDAZNやsmash.の使い放題トッピングが登場済みです。

povoでも今後何らかの方法で、同じように何らかの目的に合致した使い放題などのトッピングがたくさん提供される可能性があります。

具体的な内容はまだまだ明かされていないので推測になりますが…

例えば「Netflixのベーシックプランを使える」「Netflix使い放題」といったトッピングには、期待できますね。

キャラクター画像
すーちゃん
Netflixでなく、テラサなど他の動画サービスや、音楽サービス関連のトッピングが来る可能性もあるよね。現にDAZNやsmash.が登場しているし。

インタビューでは「毎月トッピングのメニューが変わってもいいんだろう」と語られているので、もしかしたら「1ヶ月、低価格で有料サービスをお試しできるトッピング」などもでてくるかもしれません。

キャラクター画像
まま子さん
夢が広がるわね!

食べ物など、オフライン系のトッピング構想もある

これまでに登場しているのはpovo自体のサービスを拡張するオプション系トッピングですが…

auでは、食べ物のようなオフライン系のトッピング構想もあることがインタビューで語られています。

具体的な発表はありませんが、もしかしたら「○○でハンバーガーが割引に」「契約すれば毎週、どこかのお店で無料プレゼントが」といった特典を得られるトッピングが出てくるかもしれませんね。

キャラクター画像
まま子さん
三太郎の日みたいなトッピングが出てきたら、なかなか楽しそうね。
povo公式サイト

まとめ

povoのトッピング

povoでは、トッピングにより高速データ通信量を追加したり、かけ放題を利用したりできます。

従来のpovoは20GBの基本容量がありましたが、povo2.0の開始により、データ容量はすべてトッピングで追加して使う形になりました。

3GB990円、20GB2,700円などの利用料金ですが、60GBや150GBでまとめて追加するなら30日平均2,163円で20GB・25GBをお得に使えますよ

24時間のデータ使い放題も、povoでしか利用できない変わったトッピングです。

1日330円で24時間の通信量を自由にできるので、休日などに必要に応じて活用してみてください。

かけ放題もオプション化することによって、povoの月額基本料金そのものを下げているのが魅力ですね。

DAZNやsmash.の使い放題トッピングも登場し、povoのトッピングは大いに盛り上がりを見せています。

将来的には、さらにバリエーションに富んだトッピングが登場する可能性もあります。

povoを使いこなすためには、トッピングの最新情報を追い続けるのがおすすめですよ。

povo公式サイト

関連記事

おすすめの記事