楽天モバイルの未成年契約は保護者の同意が必要!詳しい手順も紹介!
キャラクター画像
まま子さん
最近スマホ代がすごく高くて気になってるのよね…
キャラクター画像
すーちゃん
そんな時は格安SIMがオススメだよ!

毎月のスマホ代って本当に馬鹿になりませんよね。

しかしここ数年で、携帯料金は大幅に下がってきました。

少し前までは1ヶ月10,000円弱なんて当たり前!そんな世界でしたが、現在となっては月3,000〜4,000円。

それ以下の携帯料金も実現できるようになってきました。

そんな携帯料金の引き下げのキーポイントとなっているのが「格安SIM」。

この記事では、そんな格安SIMの中でも特に今話題の楽天モバイルの概要と未成年契約に関するご紹介をしています。

「楽天モバイルってよく聞くけどどんなプランなの?」

「未成年が楽天モバイルを契約するにはどうしたら良いの?」

そんな疑問を抱えている皆様、この記事必見です。

ココがポイント

・楽天モバイルは1GB 0円から20GB以上3,278円の格安SIMサービス

・楽天モバイルの料金は使った分だけだから、誰にでもオススメできるサービス

・楽天モバイルの未成年(18歳未満)契約には必ず保護者(親権者)による同意が必要

\ミニプランなら実質半年間無料!/

UQmobile banner

楽天モバイルとは

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは、楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが提供している、携帯サービスです。

楽天モバイルは他のキャリアに比べて特に「スマホ代の安さ」に特化していることが特徴です。

米倉涼子さんの「日本のスマホ代は高すぎる!」というCMのセリフはとても有名ですよね。

docomo・au・SoftBankの3大キャリアのように、プランがごちゃごちゃ沢山あるわけではありません。

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のみです。

この料金プランに関しましては、以下で詳しくご紹介します。

また、楽天モバイルは

・携帯キャリアの新料金プランで乗り換え先第1位
・大手4キャリア総合満足度3回連続第1位

という実績を誇っており、現在楽天モバイルがどれだけ多くのユーザーから支持されているかが、これでわかりますね。

さてそんな楽天モバイルですが、未成年者でも一人で契約することは可能なのでしょうか?以下でご紹介いたします。

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルは未成年(18歳未満)で契約できる?

結論から申し上げますと、楽天モバイルを未成年(18歳未満)で契約することは可能です。※条件を満たせば

2022年4月1日より、成人年齢が20歳から18歳へと引き下げられました。

これによって、楽天モバイルに限らず携帯電話の契約は、18歳・19歳でも1人ですることが可能となりました。

しかし、18歳未満の未成年者が1人で携帯電話の契約をすることはできません。

ですので、未成年でも楽天モバイルを契約したいという場合には、親の同意などが必要となってきます。

具体的には、Webから楽天モバイルに申し込む場合は、「法定代理人同意書 兼 支払名義人同意書」のアップロードが必須になっており、(本人確認書類のアップロードは不要です)楽天モバイルの店舗にて契約をする場合は保護者の方と2人でご来店いただくことが必須となっています。

未成年(18歳未満)の方1人で契約できないことはもちろん、保護者の方1人で来店して子供の契約をする。ということもできません。必ず2人でご来店していただくことが必須となりますのでご注意ください。

また、未成年(18歳未満)の方が楽天モバイルを契約する場合は、「あんしんコントロール by-iフィルター」に契約する必要が出てきます(330円/月)。

「あんしんコントロール by-iフィルター」とは

・お子さまの居場所がいつでもわかる
・お子さまの利用状況をいつでも把握
・フィルタリング機能でお子さまの利用制限を自由に設定
・年齢にあわせたフィルタリング設定

をすることができるサービスです。

もし不要な場合は、「フィルタリング・サービス不要申請書」を郵送をしていただくことになります。

高校生くらいの年齢になりますと、このようなサービスは使わないことがほとんどかと思いますので、こちらをぜひ覚えておいてくださいね。

以上の理由から、楽天モバイルを未成年(18歳未満)1人で契約することは不可能となっています。

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルの契約方法

楽天モバイルに契約する方法は

・楽天モバイル公式サイトから
・楽天モバイルの店舗に行く

の2つの方法があります。

楽天モバイル公式サイトから申し込む

公式サイトから楽天モバイルを契約するにあたって、事前に必要なものがあります。

事前準備

・本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカードなど)
・支払い情報(クレジットカードまたは銀行口座)
・楽天ID
・MNP予約番号(MNPをする方のみ)
・SIMロック解除(docomo/au/softbankで購入したスマホを利用する場合)
・バックアップ(今とは違う端末を使用する場合)

公式サイトで申し込む

事前準備が完了したら公式サイトにアクセスして楽天モバイルに申し込みにいきましょう。

①楽天モバイル公式サイトから「新規/乗り換え(MNP)というページにアクセス」

②進めていくと「SIMタイプの選択」をすることになります。

選択可能なのは以下の2種類。

・SIMカード
・eSIM

SIMカードは皆さんも一度は目にしたことがあるであろう、スマホに挿入する小さなチップです。

これがあることでスマホはキャリアの通信が使えるようになります。

eSIMは物理のSIMカードが必要無かったり、デュアルSIMという形で1つの端末で2つの通信会社と契約することができるようになるというメリットがあります。

しかし、その一方で、その後の機種変更が少し面倒になったり、eSIMの対応機種が限られていたりと、デメリットもあります。

そのため、よっぽどeSIMに対する強いこだわりがない限りは通常のSIMカードを選択していただいて問題ないでしょう。

SIMタイプの選択以外はどれも簡単なものばかりなので、サクサクと進めていきましょう。

③最後に支払い情報を登録して申し込みを完了させる。

④最短2日で新しいスマホとSIMカードが届くので、スマホに挿入します。

⑤スマホを起動して、初期設定を済ませる。

⑥最後にRakuten Linkの利用登録をする。

以上です。

オンラインで契約することに少しハードルを感じている方もいるかもしれませんが、実はとても簡単にできちゃうんですよ!

店舗に行って申し込む

店舗にいって申し込む際も、事前準備は公式サイトから申し込む場合と同じになります。

店舗に向かう場合は、来店予約が確実に必要になりますので、そちらは忘れないようにしましょう。

この方法で申し込むことのメリットは

・店舗スタッフがサポートしてくれる
・即日で手続きが完了する

この2つになります。

「やっぱりオンラインで手続きをするのに対して不安がある。」
「その日に全て手続き系を完了させたい。」

そう考えている方には店舗で楽天モバイルに契約するのがオススメですね。

ただ、店舗内が混雑している時には予約をしていても待たされるというデメリットもあります。

「待たされるのはちょっとなぁ…」

という方にとっては公式サイトから手続きを進める方がオススメです。

また、「Rakuten Hand」「Rakuten BIG」「Rakuten Mini」のような楽天モバイルオリジナル端末は店舗に行かないと触れることができないので、これらの端末を検討している人は、店舗で契約を行う方が良いかもしれませんね。

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

プラン詳細(Rakuten UN-LIMIT Ⅵ)

ここでは楽天モバイルの唯一の料金プランであるRakuten UN-LIMIT Ⅵについてご紹介します。

楽天モバイルはこれ以外の料金プランが存在しないので、その点わかりやすいのはとても嬉しいポイントですね。

通信料金

Rakuten UN-LIMIT Ⅵの料金体系は「使った分だけ」という形を採用しています。

使ったデータ量分の料金が請求されるということですね。

そのため

「5GBでしか契約してないからそれ以上使うと通信制限になる」

というような心配は一切なく、いくらでも快適に通信をすることができます。

詳しい料金は以下の通り。

使用データ量 料金
〜1GB 0円
1GB〜3GB 1,078円
3GB〜20GB 2,178円
20GB〜 3,278円

これまで7〜8,000円の携帯料金を払っていた方からしたら驚きの値段ではないでしょうか?

今まで7,000円携帯料金を払っていた人は、楽天モバイルに乗り換えて携帯料金を2,178円に抑えることで毎月5,000円近く節約することができます!

5,000円の節約を12ヶ月と考えたら60,000円です…!

すごい大きくないですか!?

20GBを超えてしまったら、後は50GBでも100GBでも料金は3,278円のままです。

普段20GB以上使う人はどれだけ使っても料金が一定なので、使い過ぎを気にすることなくどんどん通信をすることができるのは嬉しいですね。

また、楽天モバイルの回線は人口の96%をカバーしており、楽天モバイルのエリア外でも1Mbpsの通信を楽しむことができます!

この料金にはテザリングの料金も含まれています。

通話・SMS料金

楽天モバイルで通話・SMSを利用する場合は、専用アプリ「Rakuten Link」を利用するだけでとてもお得に使うことができます。

Rakuten Link同士で通話・SMSを利用する場合は発信も受信もどちらも無料になります。

相手がRakuten Linkを利用していない場合の通話・SMS料金は以下の通り

通話 料金
日本の番号へ発信 無料
海外の番号へ発信 国・地域別従量課金
受信(iOSは純正電話アプリを使用) 無料
SMS(iOSは純正メッセージアプリ使用)
日本の番号へ送信する 無料
海外の番号へ送信する 66の国と地域では無料

その他の地域では有料(詳細は以下表参照)

受信 無料

 

文字数 料金
1〜70文字 100円
71〜134文字 200円
135〜201文字 300円
202〜268文字 400円
269〜335文字 500円
336〜402文字 600円
403〜469文字 700円
470〜536文字 800円
537〜603文字 900円
604〜660文字 1,000円

※いずれも不課税

とりあえずRakuten Linkを使っておけば、通話とSMSの発信が無料になる。という風に覚えておいてもらえるとわかりやすいでしょう。

その他追加オプション

◯10分通話かけ放題(1,100円/月)

Rakuten UN-LIMIT ⅥでRakuten Linkを使用しない場合の通話オプションです。

ただ、Rakuten Linkを使用した通話の方が圧倒的に安く済みますので、このプランは加入する必要が無いことがほとんどです。

◯故障紛失保証with AppleCare Services

Apple製品を購入した際に加入することができるAppleの保証サービスに、楽天モバイルを契約する際にも加入することができます。

機種によって月額料金は異なりますが、1,000円前後の月料金で保証に加入できるのはとても安いと言えますね。

他にも楽天モバイルでは追加オプションに加入することが出来ますが、主要なものは以上の2つになります。

楽天モバイルの他の追加オプションに関しましてはこちらのページからご確認ください。

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

下取りを利用してお得に契約しよう!

新しいスマホを購入する時や機種変する時は少しでも料金を安く済ませたいところですよね。

そこで楽天モバイルでは、今お持ちのスマホを下取りに出すことができます。

例えば

・iPhone12ProMax 512GB⇨最大66,050円
・Xperia1 ⅡSOG01 128GB⇨最大23,270円

といった具合に、スマホを下取りに出すだけで最大数万円以上も料金が安くなることがあります。

もし機種変したら今のスマホを使わなくなるなんて人は、下取りに出すことも検討してみてはいかがでしょうか。

下取りについて詳しくはこちら

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

最後に

この記事では、今話題の楽天モバイルのご紹介をしました。

今回の内容をまとめると以下の通り

ポイント

・楽天モバイルは未成年(18歳未満)だけでの契約はできない

・保護者や代理人の同意があればWeb・店舗どちらでも契約OK

・Webからの場合でも最短2日で新しいスマホとSIMカードが届く

キャラクター画像
すーちゃん
楽天モバイルを未成年(18歳未満)が契約する時は、絶対に保護者の同意が必要ってのは覚えておいてね!
キャラクター画像
まま子さん
でも今はいちいちお店に行かなくても、オンラインで申し込めちゃうからすごい楽ね!

携帯料金って本当に馬鹿にならないですよね。

当たり前のことではありますが、1日でも早く安い料金プランに変更しないと、携帯料金は今まで通り高いままです。

18歳未満の方でも、親の同意書(店舗の場合は同伴)があれば楽天モバイルを利用することはできますので安心してくださいね!

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

関連記事

おすすめの記事