【楽天モバイル対応端末】Redmi Note 9Sはオススメできる?注意点などもまとめ!
キャラクター画像
まま子さん
Redmi Note 9Sってよく名前を聞くけど、安いんだよね?楽天モバイルでも使えるの?
キャラクター画像
すーちゃん
Redmi Note 9Sは、楽天モバイルでもバッチリ使えるよ!詳しい特徴を解説するね。

Redmi Note 9Sは、ミドルクラスのスマホの中でも機能や性能が充実していることでも知られている人気機種です。

そんなRedmi Note 9Sは、楽天モバイルで使えるか気になるユーザーもいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、Redmi Note 9Sの特徴や楽天モバイルで使えるのかという点について詳しく解説していきたいと思います。

お得に高性能スマホを使いたいとお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

\1万円相当還元!/

UQmobile banner

Redmi Note 9Sは楽天モバイルに対応している?

引用:Xiaomi公式サイト(https://www.mi.com/jp/redmi-note-9s/)

結論から言うと、Redmi Note 9Sは楽天モバイルに対応しています!

楽天モバイル公式サイトを見てみると、動作確認済の端末一覧の中に「Redmi Note 9S」が掲載されていました。

詳細な対応状況は以下の通りです。

Redmi Note 9Sの楽天モバイルにおける動作確認状況

対応回線

4G(5G非対応)

対応しているサービス

・音声通話
・データ通信
・テザリング
・SMS

SIMカードの種類

nanoSIM

APN自動設定

国内・海外ともに対応

Redmi Note 9Sを楽天モバイルで使いたいという方に注意してほしいのが、楽天モバイルでは対応はしているものの端末の販売はしていないということです。

自分で別ルートからRedmi Note 9Sを用意する必要がありますが、気を付けたいポイントもあるので後程ご紹介しますね。

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

Redmi Note 9Sのスペック・特徴を紹介!

Redmi 9T

こちらはRedmi 9T。9Sも同じように大画面

冒頭でRedmi Note 9Sは人気のスマホだとご紹介しましたが、どんな機種なのか知らないという方も少なくないと思うのでスペックや特徴についてご紹介していきます。

中国の人気メーカーの「Xiaomi(シャオミー)」が製造・販売しているミドルクラスのスマートフォンで、大容量バッテリーと高画質AIカメラが搭載されており「コスパの良いスマホ」として発売後から多くの注目を集めていました。

どんな機能があるのか分かるように、以下では表でまとめてみました。

Redmi Note 9Sのスペック評価

発売日

2020年6月9日

定価

24,800円~29,800円

サイズ

165.75(高さ)×76.68(幅)×8.8(厚さ)㎜

重さ:209g

ディスプレイ:6.67インチ

バッテリー容量

5,020mAh

画素数

フロントカメラ:4,800万画素 超高解像度プライマリカメラ

インカメラ:1,600万画素

認証

指紋認証/顔認証に対応

ストレージ

64GB/128GB

カラー

インターステラーグレー/オーロラブルー/グレイシャーホワイト

防水

P2i防水加工(簡易防水相当)

その他

・高性能オクタコアプロセッサ
・イヤホンジャック付
Snapdragon 720G 搭載

こうしてざっくりとスペックを並べただけでも、かなり性能が高いことが分かるのではないでしょうか?

電池持ちが良いので、充電器やモバイルバッテリーを持ち歩かなくでもよいのが嬉しいですね。

また、こういったミドルクラスのスマホで問題点とされてきたのが処理能力です。

動画視聴やネットを見るなど、日常的な使い方では問題なくても高画質のゲームなどをする時には操作スピードが気になるという経験がある方も多いはず。

Redmi Note 9Sは、高性能SoCとして名高いSnapdragon720Gを搭載しており、スマホでよくゲームをするという方にもおすすめです。

Snapdragon720Gの「G」は、Snapdragon Elite Gaming対応という意味です。

Snapdragon Elite Gamingには、以下のような特徴があります。

  • グラフィック処理をする際に消費する電力を約2割削減
  • GPUのパフォーマンスが最大2割アップ
  • AIの性能が約2倍
  • CPUの性能が5割弱近く向上
  • 読み取りの時間が減少
  • 音質が最適化

Redmi Note 9Sは6.67インチと大きなディスプレイなので、高画質なゲームもしやすいですよ。

端末を購入する時は要注意!

Redmi Note 9Sの端末を購入する際に注意したいポイント2つめは、端末が日本版とグローバル版があることです。

機能や性能は同じですが、対応している周波数帯(バンド)が異なるので気をつけなければいけません。

グローバル版の周波数帯は、以下の通りとなっています。

グローバル版Redmi Note 9Sの対応バンド

1、2、3、4、5、7、8、20、28

一方日本版は、以下の通信バンドに対応しています。

Redmi Note 9Sの国内版対応バンド

1、2、3、4、5、7、8、18、19、20、26、28

18・26はau、19はdocomoの回線バンドなので、「楽天モバイルには関係ないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

キャラクター画像
すーちゃん
楽天回線はBand3だから、一見海外版でも大丈夫に見えるけど…実は注意が必要なんだ。

楽天モバイルはサービスを開始したばかりなので、以下のマップを見てもわかるように対応エリアは都市部に集中しています。 

引用:楽天モバイル公式サイト(https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/)

もちろん、エリアは鋭意拡大中ですが、まだまだ国内全域での楽天回線による通信はできません。

楽天回線エリア外でも通信ができるよう、楽天モバイルでは「パートナー回線エリア」というものが設けられています。

他キャリア(au)の基地局を経由して楽天モバイルユーザーがデータ通信ができるという仕組みですが、このパートナー回線にauのバンド18が使用されているのです。

つまりグローバル版だと楽天モバイルのパートナーエリアで通信できないので、使える場所が大幅に制限されてしまうのです。

出張や旅行、引越しなどで普段とは違うエリアに行くことも十分考えられますので、どこでも使いやすいように日本版を購入されることをおすすめします。

Rakutenmobile banner

Redmi Note 9Sの短所・デメリットは?

さて、これまでRedmi Note 9Sはコスパがよく高性能なスマホであるとご紹介してきましたが、利用するなら事前にデメリットもしっておきたいですよね。

実際に使ってみて感じた、Redmi Note 9Sの気になる点についてもご紹介します。

おサイフケータイ未対応

Redmi Note 9Sはおサイフケータイ非対応の機種です。

キャッシュレス決済が一般的になり、コンビニやスーパーなど毎日のお買い物をタッチ決済で行っているという方も多いでしょう。

しかしRedmi Note 9Sでは、海外メーカーのスマホのためおサイフケータイ機能は搭載されておりません

日本でシェアが多いFelica、クレジットカードのタッチ決済に搭載されることが増えたNFCにも非対応です。

したがって、非接触決済をするとなるとQRコードでの支払いなどになるのですが、QRコード読み取り→レジ側で値段確認→決済と手順が多いのでややスピーディーさにかける一面もあります。

Redmi Note 9Sでタッチ決済をしたい場合は、以下のような対処法を検討してみましょう。

  • ケースに交通系ICカードを入れる
  • タッチ決済対応のスマートウォッチを使う
  • タッチ決済対応のクレジットカードを使う

専用のICカードは自動チャージ設定していないとチャージの手間がありますし、荷物も増えてしまいがちなので、タッチ決済機能がついたクレジットカードを使うのがとくに便利です。

おサイフケータイに対応してる楽天モバイル端末は以下記事でまとめてます!

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

やや重い

Redmi 9Tのサイズ

左からiPhoneSE、AQUOS sense4、Redmi 9T。Note9Sはこの9Tよりもさらに大きい

大画面でバッテリー容量も大きいので仕方ない面もあるのですが、Redmi Note 9Sは重さが209g前後とやや重ため。

最近では200g以下のスマホも多いので、ゲームや動画視聴の時にずっと持っていると重くて疲れると感じることもあるかもしれません。

6.67インチとディスプレイも大きいので、小さめのスマホを使ってきた方などは慣れるまでは使いづらさを覚える可能性もあります。

立てかけられるケースやスタンドなどを活用すると良いでしょう。

防水加工の基準が分かりにくい

通常、スマホの防水や防塵基準には「IP」という等級が用いられます。

IP5XIPX6IP67・・・というように、どれくらい防水・防塵ができるかを数字で表すのですが、Redmi Note 9Sでは「P2i防水ナノコーティング」という防水表記がされています。

P2iは撥水ナノコーティングを行う会社で、防水というよりは撥水機能がメインという印象です。

P2iの公式見解によるとIPX7相当の防水機能とされていますが、スマホ内部に水の侵入があったという実験データも。

防水機能のないスマホよりは安心して使えますが、念のためお風呂や海などで使う時は防水ケースなども用意しておきましょう。

Rakutenmobile banner

Redmi Note 9Sの初期設定は?

Redmi Note 9Sを購入し、楽天モバイルで契約したSIMが届いたらさっそく初期設定を行いましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
手順を順番に解説するよ!

1.SIMカードをセット

スマホ本体の電源を切った状態で、SIMカードをトレイにセットしてスマホに入れます。

楽天モバイルは切り抜く場所によってSIMカードのサイズが変えられますが、Redmi Note 9Sの場合は一番小さいnanoサイズです。

2.電源を入れる

SIMカードをセットしたらスマホの電源を入れれば、初期設定は完了です。

機種によってはAPN設定が必要なものもありますが、Redmi Note 9Sの場合は自動的に接続のための設定がされるので手動の操作は不要

キャラクター画像
まま子さん
簡単でありがたいわね。
iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

3.my楽天モバイル・Rakuten Linkを登録

my楽天モバイルのアプリをインストールするか、ブラウザからmy楽天モバイルにログインしておきましょう。

必ず最初にしなければいけないというわけではありませんが、契約しているデータの残量や通信設定ができるので便利ですよ。

楽天LINKは通話とSMS利用のために、最初に設定をしなければなりません。

設定の手順は、楽天LINKのアプリをDL→楽天IDでログイン→SMS認証です。

初期設定と言っても、トータルで20分もあれば終わるので自分で設定するのが苦手だという方でも問題なく行えます。

my楽天モバイル・Rakuten Linkについてもっと詳しく知りたい方は下記記事も参考にしてください!

顔認証や指紋認証の設定の仕方を解説!

初期設定が終わったら、画面ロックをスムーズに解除できる顔認証や指紋認証も設定しておきましょう。

「設定」→「パスワードとセキュリティ」→「フェイスアンロック」から、顔認証を設定できます。

「2D顔データを追加」という画面が表示されたら、インカメラが起動するので自分の顔データを登録しましょう。

指紋認証も同じく「パスワードとセキュリティ」メニュー内の「指紋ロック解除」から設定します。

指紋登録画面に切り替わるので、読み込みが完了するまで繰り返し本体側面の認証ボタンに指を当てて登録しましょう。

利き手の親指以外にも、人差し指や反対側の手の指も登録しておくとケガした時などに便利ですよ。

Rakutenmobile banner

Redmi Note 9SはRakuten Linkが使える?

初期設定の項目でも説明しましたが、Redmi Note 9Sでも楽天Linkは利用できます。

楽天Linkは、通話やSMSなどを行うアプリで通常20円/30秒の通話料金やSMSの送信が0円になるというお得なサービスとなっています。

キャラクター画像
まま子さん
Rakuten Linkを利用しない手はないわね!

他のキャリアでも〇〇分まで通話料無料というサービスを打ち出しているところはありますが、楽天Linkは無料アプリにログインするだけで完全かけ放題が利用できます。

通話やSMSの他にも、最大100人までが参加できるグループチャットや、国際電話も無料になるという実に太っ腹な仕組み!

以前は楽天Linkは、androidのみの対応でしたがiOS版のアプリも登場しiPhoneでも使えるようになりました。

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

楽天アンリミットでお得にRedmi Note 9Sを使おう

楽天モバイルの料金プランは、「楽天UN-LIMIT(アンリミット)」のワンプランのみです。

2021年4月1日から「UN-LIMIT VI」という新しいプランが始まりました。

UN-LIMIT VIは、データ通信1GB未満なら0円、無制限でも月額3,278円(税込)で利用できるという料金プランです。

Redmi Note 9Sを契約したら、データが無制限に使える上に楽天Linkの使用で通話料も抑えられます。

現在、楽天モバイルの対応エリア内で活動されていて大手キャリアと契約している方が乗り換えた場合、毎月の支払い額が安くなりますよ。

MMD研究所が202011月に発表した大手3キャリアの月額料金の平均は、8,312円でした。

つまり8,312円×12ヶ月=99,744円で、1年間のスマホ代は10万円近く得する計算となります。

4月から始まる「UN-LIMIT VI」は、従量制プランです。

毎月データを使った量によって以下のように料金が決まり、4Gと5Gに対応しています。

UN-LIMIT VIの月額料金(税込)

・~1GB:0円
・1~3GB:1,078円
・3GB~20GB:2,178円
・20GB以降:3,278円

となり、あまりスマホを使わない方やWi-Fi環境で使用することが多い方は今までより料金プランが安くなります。

楽天モバイルにおけるパートナー回線の使用は毎月5GBまでとなっており、5GB超過後は速度制限がかけられますが、制限後の速度は1Mbpsなので低画質~標準画質(480P)くらいであれば動画視聴も可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
パートナー回線エリアでも、事実上無制限みたいなものってことだね。

現在楽天モバイルを使用している人も自動的にプランが切り替わるので、手続きなどは必要ありません。

Rakutenmobile banner

まとめ

楽天モバイルでRedmi Note9S

今回は、Redmi Note 9Sがどんなスマホなのか、楽天モバイルで使えるのかについてご紹介していきました。

Redmi Note 9Sは楽天モバイルでは販売されてはいませんが、動作確認が行われており面倒なAPN設定も無しで使えます。

高性能で高コスパのスマホですが、本文でもご紹介したように日本版とグローバル版では周波数帯が異なるので、購入する際はよく確認してくださいね。

iPhone13で最大30,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

関連記事

おすすめの記事