【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ!これで失敗ゼロ!
キャラクター画像
まま子さん
ねーすーちゃん。今auで契約したGalaxyを使っているんだけど、格安SIMに乗り換えてもそのまま使えるのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
うーん。auスマートフォンは、実は発売された時期によって使えるSIMカードや必要な手続きが変わってくるんだよね。詳しくみていこっか。
格安SIMへ手持ちのスマホそのままでの乗り換えを検討している方。

手持ちのスマホそのままであれば、新しい端末代金も発生しませんし、データ移行もなくて楽チンですもんね。それに最近のスマホは1年や2年じゃ壊れませんから「乗り換えはしたいけど、本体は新しくしたくない」という方はたくさんいらっしゃるかと思います。

ただ、実はauのスマホは一部格安SIMでは利用できなかったり、事前に特別な手続きが必要だったりとややこしい部分があるんです…。

ということで、この記事では様々な例を挙げつつ、auスマホを格安SIMで使う際の注意点を解説します。

最後まで読めば、初心者の方でもauスマホを安心して格安SIMで利用できるようになるはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

\10月31日まで!1GB未満の利用なら実質無料/

rakutenmobile banner

格安SIM・格安スマホとは?

「格安SIM」や「格安スマホ」は、その名のとおり月額料金が「格安価格」の携帯事業者を指します。

ドコモ・au・ソフトバンクといった「キャリア」と比べると、月額料金が半額以下になることもあるくらいお得なことが特徴です。

キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMはすごく安いけど、どうしてそんなに安くできるの?

なぜ格安SIMがそんなに安いのかというと、自社で回線設備を保有せずに、キャリアから回線を借りているからです。

通信設備の開設や保持には多額の料金が掛かります。だからこそ、キャリアの料金は割高なのですが、格安SIMはそのコストをばっさりカットできます。

もちろん、通信設備のレンタル費用はかかりますが、それでも自社で保有するよりコストは低いので、格安SIMは極限まで料金を安く抑えることができます。

キャラクター画像
まま子さん
徹底した効率化でコストを削減しているんだね!

auから格安SIMへの乗り換えをおすすめする5つの理由!

auから格安SIMへ乗り換えると、次の5つの嬉しいメリットがあります。ひとつずつ詳しく見ていきましょう!

  • スマホ料金が安くなる
  • au回線ならSIMロック解除なしで乗り換え可能
  • au回線なら電波エリア範囲は変わらずつながる
  • au対応の格安SIMが多い
  • 契約期間外に解約しても解約金がほとんどかからない

スマホ料金が安くなる

auから格安SIMへ乗り換えると、スマホの月額料金が大幅に安くなります。

キャリアと格安SIMではデータ通信容量が異なるので単純な比較はできませんが、今回はauの「ピタットプラン 5G/4G(1GB~4GB)」とmineoの「マイピタ(デュアルタイプ5GB)」を比較してみましょう。

auとmineoの月額料金比較

au

mineo

料金プラン

ピタットプラン 5G/4G

マイピタ デュアルタイプ

月間通信容量

1GB~4GB

5GB

月額基本料金(税込)

3,278円

1,518円

キャラクター画像
すーちゃん
同じくらいの通信容量でも半額以下になるんだね!

上記のように、auよりmineoの方が通信容量が多いにもかかわらず、月額料金はなんと半額以下になります。

このように、auから格安SIMに乗り換えれば、月々の通信費を大幅に節約できることが最も大きなメリットです!

8月23日まで!「パケット放題Plus」が2ヶ月無料!
mineo公式サイト

au回線ならSIMロック解除なしで乗り換え可能

乗り換え先の格安SIMがau回線に対応している場合は、SIMロック解除なしで現在の端末を継続利用できます。

SIMロックとは、契約した回線以外ではスマホが使えなくなるというシステムなので、通常は携帯事業者を乗り換える際はSIMロックの解除手続きが必要です。

キャラクター画像
まま子さん
SIMロック解除は手数料がかかることもあるから厄介だよね

しかし、au回線を借りている格安SIMなら回線自体は変わらないので、契約する携帯事業者が変わっても端末は引き続き使えます。

ほとんどの格安SIMはau回線のプランにも対応しているため、基本的にはSIMロックなしで格安SIMに乗り換えられると考えていいでしょう。

ただし、一部の格安SIMはau回線に対応していないため、乗り換えるときは回線の種類を必ず確認しておきましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
auユーザーならau回線の格安SIMに乗り換えるのがおすすめ!

au回線なら電波エリア範囲は変わらずつながる

au回線を採用している格安SIMなら、対応エリアやつながりやすさが現在と変わらないこともメリットです。

au回線を選べる格安SIMの場合は、基本的な回線の条件はauキャリアを契約しているときと同じです。つまり、今までと同じようにスマホを使えるということです。

ただし、格安SIMはキャリアの回線を借りているため、キャリアと比べると混雑が発生しやすく、時間帯によっては通信が遅くなることもあります。

UQモバイルはauのサブブランドなので、格安SIMの中では通信速度が特に安定していると評判です。速さと安さを両立させたい場合はUQモバイルがおすすめです。

キャラクター画像
すーちゃん
通信速度が速い格安SIMもあるんだね!

au対応の格安SIMが多い

先ほどもお話ししたように、多くの格安SIMはau回線に対応しているため、対応エリアやSIMロック解除の心配がありません。

格安SIMにもさまざまな事業者がありますが、auユーザーはau回線に対応している格安SIMを選べば、安心して乗り換えることができるでしょう。

契約期間外に解約しても解約金がほとんどかからない

auは現在こそ解約金が最大1,100円(税込)と減額されていますが、2019年9月以前に契約している場合は最大10,450円(税込)の解約金がかかっていました。

格安SIMはそもそも「最低利用期間」や「契約期間」という縛りがないことが多く、基本的にはいつ解約しても解約金がかかりません。

そのため、auから格安SIMに乗り換えた後も、気軽にまた別の格安SIMに乗り換えることができます。

キャラクター画像
まま子さん
格安SIMでは解約金の心配をしなくてもいいんだね!

契約の縛りがないためフレキシブルに携帯事業者を選べることも、格安SIMの大きな魅力だと言えるでしょう。

auスマートフォンをau回線の格安SIMで使う注意点

【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ (1)
冒頭でもご紹介しましたが、auスマートフォンは実は様々な注意点を抱えているので、格安SIMに乗り換える際はしっかり確認しておく必要があります。

まずは、auからau回線の格安SIMに乗り換える際に知っておきたい注意点からみていきましょう!

キャラクター画像
すーちゃん
ドコモやソフトバンク回線の格安SIMに乗り換える場合の注意点は、もう少し後の段落で解説してるよ!

注意点①:3Gのみ対応の古い機種は、格安SIMに非対応で利用できない

【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ (2)

キャラクター画像
すーちゃん
おそらく今使っている人はほとんどいないと思うんだけど、古すぎる機種はそもそも格安SIMで使えないから、要注意だよ!
auスマートフォンの中でも、3G通信にしか対応していない機種は格安SIMでは利用できません。

au回線の格安SIMは、4G通信のみでの提供となっているためです。

例えば、iPhoneの場合4sまでは3G通信にしか対応していないので、格安SIMに乗り換えても使えないことになってしまいます。au系列の格安SIMに乗り換える場合は、利用予定のスマホが4G通信に対応しているかしっかり確認してくださいね。

注意点②:VoLTE対応可否で、契約するSIMカードの種類が変わる

【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ (3)
au系列の格安SIMの場合「VoLTE」という規格に対応しているスマホと非対応のスマホで、契約するべきSIMカードの種類が異なります。

選ぶべきSIMカードの種類
VoLTE対応 マルチSIMと呼ばれる、VoLTEに対応するSIMカード
VoLTE非対応 標準SIM(Microとnano、標準サイズがあるので、手持ちの機種に合うものを選ぶ)

2015年頃より発売された機種は基本的にVoLTE対応なので、マルチSIMで契約することになります。マルチSIMは切り離す際に3種類のサイズに自由に調整できるので、VoLTE非対応のSIMカードと違ってサイズを選ぶ必要はありません。

一方VoLTE非対応のスマホの場合は、機種によって適切なサイズのSIMカードを選択する必要があります。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。ところで、さっきから言われてる「VoLTE」ってなにかしら?

VoLTEは、音声通話をきれいな音声で行うための規格

【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ (4)
VoLTEとは、音声通話をよりクリアな音声で行うために対応している必要がある規格です。

以前は携帯電話の通話音質は低めでしたが、VoLTEが出てきてから、より音声通話がクリアに聞き取りやすくなりました。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。
なお、音声通話をほとんどしない人にとっては不要なサービスと感じるかもしれませんが、音声通話を使わないとしても、機種が対応していたらVoLTE対応のSIMカードを選ばなければいけませんので、ご注意くださいね。

VoLTE非対応のau回線SIMカードは、UQモバイルやmineoといった限られた格安SIMでのみ使える

【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ (5)
ちなみに、au回線に対応する格安SIMの中には、IIJmioや楽天モバイルなど、VoLTE対応のマルチSIMカードしか提供していない会社もあります。

UQモバイルmineoであればVoLTE非対応のSIMカードを申し込むことが出来るので、VoLTE非対応スマホを格安SIMで使いたい場合は乗り換え先にご検討くださいね。

注意点③:2017年夏までに発売されたVoLTE対応スマホは、au回線のSIMで使うとしてもSIMロック解除が必要

【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ (6)
VoLTE対応のauスマートフォンを格安SIMで使う場合、機種によっては、au回線の格安SIMに乗り換えるとしてもSIMロック解除が必要です。

格安SIMは通常、購入した携帯会社と同じ回線の格安SIMで使うなら、SIMロックを解除する必要はありません。

キャラクター画像
まま子さん
そうよね?だったらauスマホはau系の格安SIMならSIMロック解除はいらないんじゃ…?
キャラクター画像
すーちゃん
それがそうでもないんだよね…。
au系の格安SIMの場合、2017年夏頃までに発売されたVoLTE対応auスマホだと、SIMロックを解除しなければau回線の格安SIMでも利用することはできません。

一方で、VoLTE非対応のスマホや2017年秋以降に発売された機種は、au回線の格安SIMでならSIMロックがかかったまま利用することができます。

キャラクター画像
まま子さん
ややこしい…。
キャラクター画像
すーちゃん
そうなんだよね…。具体的に言うと、iPhoneならiPhone 6s〜7シリーズがSIMロック解除必須で、8やX以降はau回線の格安SIMで使うなら不要だよ。
キャラクター画像
まま子さん
なるほど…。
ルールとしては「手持ちの機種がVoLTE対応で、2015〜2017年夏頃までに発売されたものの場合は、SIMロック解除が必要」となるのですが、そんな事を言われても「手持ちの機種がVoLTE対応かもわかんないし、いつ発売されたかも分かんない」という方がほとんどかと思います(笑)
キャラクター画像
まま子さん
うん。私も全然分かんないわ。
そんな時は、契約予定の格安SIMの「動作確認済み端末一覧」を確認しましょう。

「動作確認済み端末一覧」ではお手持ちのスマホが

  • その格安SIMで問題なく利用できるか
  • 対応しているSIMカードはどれか
  • SIMロック解除は必要か

が全てわかります。

お手持ちのスマホがVoLTE対応か、いつ発売されたのかを考えるよりも「動作確認済み端末一覧」を確認するのが早いですので、ぜひ契約前にチェックしてみてくださいね。

注意点④:auの各種サービスは使えなくなる、au WALLETプリペイドカードでポイント付与がなくなる

【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ (7)
それから、もちろんではありますが、auで提供されているサービスは、格安SIMでは利用することができません。

動画サービスや有料アプリなどを契約して使っている方は、解約に合わせて使えなくなるのでご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
ただしauビデオパスなど、新たに契約しなおせばauユーザー以外でも使えるサービスもあるよ。
ちなみに、auユーザー向けのプリペイドカードサービス・auWALLETプリペイドカードは、auを解約してからも利用可能です。しかし、auの解約後は、利用でポイントを貯めることができなくなってしまいます

プリペイドカードを便利に使いたい場合は、KyashやLINE Payカードなどのauユーザー以外でも使えるサービスに乗り換えましょう。

au回線でオススメの格安SIM詳細!

auスマートフォンは、ドコモ回線やソフトバンク回線の格安SIMで使える?

【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ (8)
auスマホは、ドコモやソフトバンクといった他社回線の格安SIMでも利用可能です。

しかし利用にあたって手続きが必要だったり、機種によっては利用不可だったりもするので、契約前に「お手持ちのスマホが問題なく利用できるのか」をしっかり確認する必要があります。

ということで、ここからは、auスマホを他社回線で使う際の注意点を解説していきます。

auスマホであってもSIMロック解除をすれば、データ通信や音声通話自体は可能

【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ (9)
auスマホをドコモやソフトバンクの回線を使った格安SIMで使う場合は、SIMロック解除が必須です。

キャラクター画像
すーちゃん
SIMロックがかかったauスマホは、au回線のSIMでしか使えないからね。
SIMロック解除は、My au(手数料無料)やauショップ(手数料3,000円)から行えます。
キャラクター画像
すーちゃん
それから、購入日(または前回のSIMロック解除)から101日目以降か、一括購入している必要があるよ。
auをすでに解約している場合は、auショップで手続き可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
以前は一定期間経つと解除不可になっていたけど、2019年10月現在は解約から何年も経っていたとしてもSIMロックは解除できるようになっているよ。

2015年4月23日より前に発売された機種は、SIMロック解除に対応していない

【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ (10)
auスマホは、2015年4月23日以降に発売された機種のみSIMロックを解除できます。

期間外に発売された機種は、SIMロック解除ができないため、au回線の格安SIMで使うしかありません。

au回線でオススメの格安SIM詳細!

もっとも、2015年の春より前に発売された機種は既にだいぶ古いので、バッテリーの消耗やOSの旧式化によるセキュリティ面での不安といった問題を抱えています。

キャラクター画像
すーちゃん
古い機種だと、対応するアプリが減ってくるのも問題だね。
快適にスマートフォンを使うためにも、格安SIMへの乗り換えに合わせて機種変更してしまうのが無難かもしれませんね。

Androidスマートフォンは対応する周波数帯が異なり、快適に通信できない場合あり

【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ (11)
auのAndroidスマートフォンはau回線向けに設計されているので、実はドコモやソフトバンクの回線での通信に対応しきれていません。

例えばドコモの「Band19」やソフトバンクの「Band8」といった、地方などで広く使われている周波数帯には対応していないことが度々あります。

使われる周波数帯に完全に対応できていない機種を使うと、地方や屋内などの一部エリアで圏外になるなど、電波受信がうまく行えない場面が発生します。

キャラクター画像
まま子さん
意外な落とし穴ね。SIMロック解除をすればいいってわけじゃないのね。
キャラクター画像
すーちゃん
そう。iPhoneは他社回線の周波数帯にもしっかり対応しているんだけど、Androidは対応していない機種が多いんだよね…。

他社回線での通信自体には対応していても、機種が完全対応できていないと快適に使えない恐れがあるので、ご注意ください。

使われる電波の相性の関係もあり、auのAndroidスマホは、UQモバイルなどau回線の格安SIMで使うのがおすすめです。

au回線でオススメの格安SIM詳細!

auスマートフォンを格安SIMで使う場合は、APN設定も必要

【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ (12)
さて、ここまでauスマホが格安SIMで快適に使えるかをご紹介してきましたが、実は手持ちのスマホを格安SIMで使う場合、契約後の初期設定も必要となります。

iPhoneの場合は、契約先の用意している専用のURLからデータをダウンロード・設定アプリの「プロファイル」からインストールすれば完了です。

Androidは設定アプリの「APN」からデータを手入力し、設定を適用させれば通信可能になりますよ。契約した格安SIMの公式サイトや説明書に必要な情報が記載されているので、忘れずにチェック・設定を行ってくださいね。

これらの設定は、どの系列の格安SIMへの乗り換えでも必要となりますので、念頭に置いておいてくださいね。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。設定が必要っと…。

手続きが面倒・相性に問題がある場合は、乗り換え時に機種変更しよう

【初心者用】auスマホを格安SIMで使う際の注意点まとめ (13)
ここまで解説した注意点を見て、ちょっと手続きや相性問題を面倒に感じてしまった場合は、乗り換えに合わせて新しいスマートフォンを購入するのがおすすめです。

キャラクター画像
すーちゃん
とくにVoLTE非対応の機種やSIMロック解除が必要な2015〜2017年頃に発売された機種はもう古いし、いっそ新しいスマホを買っちゃったほうが良いかもね。
格安SIMでは、セットでSIMフリーのスマートフォンを購入して、すぐに利用を開始することができます。

格安SIMとセット購入できるスマートフォンはAndroidが主流ですが、UQモバイルやYモバイルなど、iPhoneをセット購入できるものもあります。必要な機能やスペックをもとに自分に合うスマホを見つけて、乗り換え時にセット購入してみてくださいね。

キャラクター画像
まま子さん
そうね。それもありかも…。
UQモバイル詳細Yモバイル詳細

まとめ:auスマホはau回線の格安シムで利用する場合であっても、SIMロック解除が必要なことがあるので要注意!

auスマホを格安SIMで使うには
いかかでしたか。

今回は、auスマートフォンを格安SIMで使う場合の注意点を解説しました。

ポイント

  • VoLTE非対応のauスマートフォンは、UQモバイルやmineoなどでマルチSIMでないSIMカードを使って通信する
  • 2017年秋より前に発売されたVoLTE対応auスマホは、SIMロック解除をしなければ格安SIMで使えない
  • ドコモやソフトバンクの回線を使っている格安SIMを利用する場合も、SIMロック解除が必須
  • SIMロック解除はMy auなら無料、auショップでは3,000円(税抜)の手数料がかかる
  • ドコモやソフトバンクの格安SIMで使う場合、回線とスマホの対応する周波数帯が異なり、場所によっては電波が繋がりづらくなることも
  • 面倒に感じた場合は、乗り換え先でスマートフォンをセット購入するのがおすすめ
ご紹介してきたように、auスマートフォンは、格安SIMに乗り換えるにあたって、SIMカードの種類や必要手続きなどの注意点が多いです。かなり複雑なので、説明を読んでもよくわからなかった場合は、必要に応じて新しい機種を購入するのも良いかもしれません。

いずれにしても「手持ちのスマホがそのまま快適に使える」というケースは少ないですので、当記事を参考に、乗り換えの準備を進めてくださいね!

おすすめの記事