【徹底解説】機種代の残債があるままでUQモバイルを契約・解約って本当にお得?
キャラクター画像
まま子さん
ねーすーちゃん。UQモバイルってスマホの本体代金が残ったままでも契約できるのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
本体代金が残ったままの契約ね。OK!それじゃあ一緒に調べてみよっか!
UQモバイルの契約、もしくは解約を検討中の方。「UQモバイルってスマホ本体の機種代金が残っていても契約・解約できるの?」と疑問をお持ちではありませんか?
確かに、スマホ本体代金が残ったままだと、その本体代は一体どうなってしまうのか非常に気になりますよね。
ということで当記事では、スマホ本体代金が残った状態でUQモバイルを契約、もしくは解約できるのかどうかを徹底的にご紹介します。
合わせて、契約・解約に際しての注意点もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\今月のおすすめ!スマホ1円~セール中!/

Ymobile banner

まずはお得情報どうぞ。

UQモバイルキャッシュバック

出典:UQモバイルオンラインショップ(https://shop.uqmobile.jp/shop/)

UQモバイルはオンラインショップからSIMカード単体契約をすると、最大10,000円のキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバック金額とプラン

  • 新規でくりこしプランS・M・L:3,000円
  • 乗り換えでくりこしプランS・M・L:10,000円

申し込みはオンラインショップからのみ対象ですが(店頭は対象外)、金額も大きいですし受け取りも簡単(契約月の翌月にau PAY残高へキャッシュバック)なので、ぜひご活用くださいね!

キャッシュバック付きで申し込む

UQモバイルは機種代金(本体代金)が残ったままでも契約・解約ができる!

UQモバイル本体代金が残った状態で契約・解約
ずばり、結論から言うと、UQモバイルは機種代金が残ったままでも契約・解約をすることが出来ます。
機種代金が残っているからといって、特別な料金や手数料が発生する訳ではありませんし、残っていても特別な手続きを踏むことなく契約や解約をすることが出来ます。

キャラクター画像
まま子さん
あら、そうなのね。それなら安心だわ。
では、ここからは、UQモバイルを機種代金が残った状態で契約する場合と、解約する場合の2種類に分けて、注意点をご紹介していきますので、該当の箇所をチェックしてください。

UQモバイルを機種代金が残ったままで契約する方法

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (1)
まず、UQモバイルを機種代金が残ったままで契約する場合です。

キャラクター画像
すーちゃん
つまり、乗り換え元(転出元)の携帯会社で、スマホの残債があるって場合だね!

機種代金の残りは請求され続ける

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (2)
機種代金の残債があるままUQモバイルへ乗り換える場合、その機種代金は乗り換え元(転出元)の携帯会社から請求され続けます。
UQモバイルへ乗り換えるからといって、残債がゼロになるわけではありませんのでご注意ください。
例えば、機種代金を24回分割で契約し、20回分支払った状態でUQモバイルへの乗り換えを決めた場合、残りの4回分は、これまで通り請求されることになります。
通常、残りの分は、一括清算されるわけではなく、分割の状態のまま請求されます(4回分残っていたら、4ヶ月間に渡って本体代金を支払うということですね)。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。分割で契約してたら、解約しても本体代金は分割のまま請求される続けるのね。
例えば端末の支払いがまだ残っている状態でauからUQモバイルに乗り換えをする場合、端末の残債分のみは引き続きauで支払い、UQモバイルは月額料金のみを支払う形となります。

解約すると本体割引は消滅するので要注意

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (3)
ただし、ここで1点注意点があります。
契約期間中は本体代金に対しての特別な割引が、プランによって適用となっています。ドコモであれば月々サポート、auであれば毎月割、ソフトバンクであれば月々割ですね。
これらの割引は解約と同時に消滅してしまいます。解約後の残債は、割引適用なしの金額での請求となることを念頭に置いておきましょう。

機種代金の残りを一括で支払いたい場合は、手続きが必要

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (4)
機種代金の残りを一括で支払いたい場合は、乗り換え元(転出元)の携帯会社で別途手続きを踏む必要があります。
「解約したのに、機種代金が請求され続けるのは分かりづらいし嫌」と感じる方は、店舗にて一括完済の手続きを踏みましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
この手続きは手数料は取られないよ!
乗り換えに際してMNP予約番号の取得が必要ですので、取得と同時に一括完済手続きを踏むと、効率が良いです。
iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

SIMロック解除が必要な場合、解約前に済ませるのが無難

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (5)
また、手持ちのスマホそのままでUQモバイルへ乗り換える場合、SIMロック解除が必要な場合があります。
SIMロック解除とは、特定の携帯会社の電波しか拾わないようにロックされたスマホのロックを解除し、その他の携帯会社でも使えるようにする手続きのことです。
SIMロック解除が必要なスマホの場合、解約前に乗り換え元(転出元)の携帯会社で手続きを踏むことをオススメします。

キャラクター画像
すーちゃん
解約後だと何かと面倒だからね。

ドコモ、au、ソフトバンクの場合、SIMロックはオンラインで行うことが可能です。オンラインでの手続きてあれば手数料(3,300円)も発生しないので、以下の手順を参考に、ぜひ挑戦してみてください。

ドコモSIMロック解除手順

  1. My docomoにアクセス
  2. ドコモオンライン手続きをタップ
  3. その他の中の「SIMロック解除」をタップ
  4. 機種を選択し、IMEI(スマホ本体の設定より確認可能です)
  5. 画面に従って申し込みをすれば完了!

auSIMロック解除手順

  1. au公式サイトにアクセスし、ログインする
  2. 契約紹介手続きをタップ
  3. 各種手続き案内をタップ
  4. SIMロック解除を選択
  5. 「SIMロック解除が可能かどうかを確認する」をタップ
  6. 判定が○の場合、その下の「こちら」をタップ
  7. 画面に従って暗証番号等を入力し、完了!

ソフトバンクSIMロック解除手順

  1. マイソフトバンクへログイン
  2. 右上の三本線「メニュー」をタップ
  3. 契約・オプション管理を選択
  4. ページを下までスクロールし「SIMロック解除手続き」を選択
  5. IMEI(スマホ本体の設定から確認できます)を入力し、解除手続きをして完了!
SIMロック解除が完了したらこちら

UQモバイルを機種代金が残ったままで解約する方法

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (6)
UQモバイルは、機種代金が残ったままで解約することも可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
UQモバイルでスマホをセット契約して、本体代金を支払い終えないうちに、他の携帯会社に乗り換える場合だね。

機種代金の残りはUQモバイルから請求され続ける。チャラになる訳ではない!

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (7)
UQモバイルを機種代金が残った状態で解約する場合、残りのスマホ代はUQモバイルから請求され続けます。
解約するからといって、残債がチャラになるわけではありませんので、ご注意ください。
例えば、UQモバイルでAQUOS senseを24回分割でセット契約し、20回分の支払いを終えた時点で他社への乗り換えや解約を決めた場合、残りの4回分は、これまで通りUQモバイルへ支払うことになります。
解約月に一括清算になるわけではなく、これまで通り、分割で(4ヶ月に渡って)支払うこととなります。

解約するとマンスリー割はなくなるので要注意(旧おしゃべりプラン・ぴったりプランのみ)

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (8)

一言

マンスリーは2019年9月31日まで提供されていた旧プランにのみ、適用となります。
ここで1点、注意点があります。
UQモバイルを解約した場合、これまでスマホ本体代金に対して適用となっていたマンスリー割は消滅してしまいます。
例えば、AQUOS senseであれば、月々のスマホ本体代金が1,296円で、マンスリー割が同額(1,296円、プランM以上の場合)適用となるため、本体代金は実質頭金のみの108円となります。
しかし、途中で解約した場合は、マンスリー割が適用とならず、月々1,296円×残りの月数分のスマホ代を支払うこととなります。
本体代金を完済しないまま、解約をするとマンスリー割が消滅してしまう点には注意しましょう。

UQモバイルは機種代金の残りを一括で支払うことも可能

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (9)
UQモバイルでは機種代金を一括で完済してしまうことも可能です。
一括完済を希望の場合は、UQお客さまセンターにお問い合わせをしましょう。

キャラクター画像
まま子さん
一括でも分割でも払う金額は同じなのよね?
キャラクター画像
すーちゃん
うん!
iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

解約手続きはUQお客さまセンターで可能!

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (10)
UQモバイルの解約手続きは非常に簡単で、UQお客さまセンターに電話し以下の手順を踏むだけでOKです!

UQお客さまセンター

  • 0120-929-818(UQお客さまセンター)に電話をする
  • ガイダンス2番を選択
  • ガイダンス5番を選択
  • オペレーターに解約の旨を伝える
キャラクター画像
まま子さん
お店に行かなくてもできるのは便利ね!

機種代金を払い終えるまで、契約・解約を待つべき?

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (11)

キャラクター画像
まま子さん
ところで…やっぱり、機種代金を払い終えるのを待ってから、契約とか解約した方がいいのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
うーん。それは微妙なとこかなぁ。
ご紹介してきたように、UQモバイルでは機種代金が残ったままでも契約・解約が可能ですが、その方法が一番お得なのかは考えどころですよね。「機種代金が残ったまま乗り換えるべきなのか、それとも、まず、機種代金を払い終えてしまった方が良いのか」と悩む方は多いでしょう。
ということで、ここからは「機種代金を払い終えるまで契約・解約を待つべきか」を検証していきましょう。

UQモバイル契約の場合:今更新月なら、即乗り換えるべき!更新月まで4ヶ月以上ある場合は、待たずに乗り換えた方がお得になる場合が多い!

こちらは旧プランをご利用の際の内容となっております。現在のプランには契約期間の縛りはございません。

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (12)
機種代金が残ったままUQモバイルへ乗り換える場合、機種代金の他に更新月を考慮する必要があります。
キャラクター画像
まま子さん
2年縛りのやつよね?
キャラクター画像
すーちゃん
うん!2年の契約の後にくる違約金を支払わずに解約ができる2ヶ月間のことだよ。

今ちょうど更新月なら乗り換えてしまった方がお得!

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (13)
ちょうど今更新月!という方は、機種代金が残っていてもUQモバイルへ乗り換えてしまった方がお得です。
理由は以下の2つです。

  1. 機種代金が支払い終える時には、更新月ではなくなり、解約に違約金(通常10,260円)が発生するため
  2. 「機種代金の残債+UQモバイルの基本料」は他の携帯会社(特に大手携帯会社)の料金より安くなることが多いため

理由②については、もちろんそうではない場合もあるでしょう。他の格安SIMからUQモバイルへ乗り換える場合「機種代金の残債+UQモバイルの基本料」は、他の格安SIMの料金より高くなる可能性が高いです。
しかし、大手携帯会社からの乗り換えの場合、「機種代金の残債+UQモバイルの基本料」は大手携帯会社の機種代金コミコミの料金より安くなる場合が多いです。
また、理由①は、更新月と機種代金を払い終える時期がズレていた場合に発生します。この場合、機種代金を支払い終えた時には更新月ではなくなり、次の更新月になるまで、また2年間待たなければなりません。

キャラクター画像
まま子さん
あら、それじゃあ機種代金を頑張って払い終えて、さらに次の更新月を待たなきゃいけなくなっちゃうのね。
キャラクター画像
すーちゃん
うん。それなら、機種代金が残っていても更新月のうちに乗り換えちゃった方がいいよね!
キャッシュバックで申し込み!
iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

今更新月ではないなら、「UQモバイルに乗り換えたら1ヶ月あたり安くなる金額」を違約金で割って、乗り換えにお得な時期を見極めるべき!

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (14)
今はまだ更新月ではない…という方は、これからご紹介する方法に従って乗り換えの時期を見極めましょう。
まず、以下の計算をすると、機種代金の残債を考慮した上で「UQモバイルへ乗り換えると毎月スマホ代がいくら安くなるのか」が分かります。

今支払っているスマホ代ー(1ヶ月あたりの機種代金の残債+UQモバイルの基本料)
(例)10,000円-(2,300円+1,980円)=5,720円←UQモバイルへ乗り換えると、安くなる金額(1ヶ月あたり)

次に、先ほどの計算で割り出された「安くなる金額」を使って以下の計算をします。

違約金(通常10,260円)÷安くなる金額
(例)10,260円÷5,720円=1.79

最後の計算式で割り出された数字が「今すぐ乗り換えるべき更新月までのの残りの月数」を表します。例で言うと「更新月まで1.79ヶ月、つまり2ヶ月以上ある場合、今すぐ乗り換えるべき」ということになりますね。

キャラクター画像
まま子さん
うーん?
キャラクター画像
すーちゃん
つまりね、毎月5,720円も安くなるなら2ヶ月で11,440円も安くなって、違約金の10,260円を上回るでしょ。だから更新月まで2ヶ月以上ある場合は、違約金を支払ってでも今すぐ乗り換えた方がお得なんだよ!
キャラクター画像
まま子さん
なるほど!
このようにして、ご自身は「更新月まで何ヶ月ある場合、今乗り換えた方が最終的にはお得になるのか」を計算すると、一番お得な乗り換え時期を判断できますね!
もしくは…UQ mobile公式サイトからの申し込みで最大10,000円のキャッシュバックをもらい、違約金をチャラにするという方法もあります。
UQモバイルキャッシュバック

出典:UQモバイルオンラインショップ(https://shop.uqmobile.jp/shop/)

こちらのキャッシュバックはUQモバイルの公式オンラインショップ限定で展開されているものです。特典金額は異なりますが、違約金の足しになることは間違いありません。支払い方法や契約体系の縛りもなく、非常に活用しやすいので、ぜひ使ってみてくださいね!
キャラクター画像
すーちゃん
キャッシュバックで違約金がチャラになる可能性は十分あるよ!
iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

UQモバイル解約の場合:乗り換え先の携帯会社の料金と考慮すべき。マンスリー割が残っているなら、払い終えるまでUQモバイルを使った方がお得な可能性もあり。

【徹底解説】機種代金が残ったままでのUQモバイル契約と解約 (15)
UQモバイルを解約し、他の携帯会社に乗り換える場合、乗り換え先の携帯会社の料金を考慮するべきでしょう。
「機種代金の残債+乗り換え先の携帯会社の基本料」がUQモバイルの料金を下回る場合、今すぐ乗り換えてしまった方がお得になりますよね。
ただ、UQモバイルのマンスリー割は本体価格と同額のことが多く、契約を続ければスマホ本体の実質負担金は0円になることも多いため、残債が多い場合はUQモバイルを継続利用した方がお得な可能性が高いです。

キャラクター画像
すーちゃん
あとは、更新月との兼ね合いも考えないとね!更新月以外の解約は解除料が発生するよ!

まとめ

UQモバイル機種代金残ったまま契約解約
いかかでしたか。今回はUQモバイルを機種代金が残った状態で契約・解約する場合について徹底的にまとめてみました。

ポイント

  • UQモバイルは機種代金の残債が残っていても契約・解約することが可能
  • 解約しても残債はチャラにならないので要注意
  • 解約をすると本題代金の割引はなくなる
  • 解約前にSIMロック解除をするのがスマート
  • 更新期間まで4ヶ月以上ある場合は、UQモバイルに乗り換えた方がお得
ご紹介してきた通り、UQモバイルは機種代金が残っていても契約・解約することが可能です。しかし、契約・解約したからといって残債がなくなるわけではありませんのでご注意くださいね!
なお、UQモバイルへの契約を検討中の方はキャッシュバックを最大限に活用して契約することをオススメします。詳細は「【限定】UQモバイル公式キャッシュバックはどのプランでも対象!一番お得に安全に契約する方法!」でまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!
iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト