OPPO Reno3 A徹底解説!総合評価・スペック・メリット・注意点が全部まる分かり。

UQモバイルでOPPO Reno3 Aは既に終売しております。

以下、過去内容に加えて現在購入できるOPPO Reno5 A、AQUOS sense6について解説していきます!

UQモバイルで、2020年6月にOPPOの最新スマートフォン「Reno3 A」が発売されました。

Reno3 Aはカメラ性能とバッテリー持ちの良さを備えつつ、おサイフ・防水にも対応した多機能なスマートフォンなのですが、注意点もあります。

この記事は、Reno3 Aに関する以下の内容が全てわかる構成になっていますよ。

  • OPPO Reno3 Aはどんな人にオススメか
  • スペック
  • 一押しポイント
  • 注意点
  • 他のOPPO製品と比べるとどうか

そして2022年2月現在、UQモバイルではOPPO Reno3 Aが販売終了し、代わりにシャープのAQUOS sense6などが販売されています。

またYモバイルなどであれば、Reno3 Aの後継機であるReno5 Aも取り扱われていますよ。

Reno5 AやAQUOS sense6についても解説しているので、合わせて参考にしてください。

合わせて読みたい!

\1万円相当還元!/

UQmobile banner

結論:OPPO Reno3 Aはこんな人におすすめ!

キャラクター画像
すーちゃん
以下は販売当時の項目なので、かんたんに眺めておいてね。

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno3-a/)

OPPO Reno3 Aは、以下の3つに当てはまっている人におすすめです。

  • おサイフケータイや防水に対応する多機能なスマホが欲しい
  • 大画面で動画やSNSなどを楽しみたい
  • 綺麗な写真を撮れたり電池持ちが良かったりと、アウトドア派に嬉しい機能を備えたスマホを使いたい

優れているポイントが多い機種なので、UQモバイルでのスマホ選びに迷ったらとりあえずReno3 Aを選んでおけばOKとも考えられます。

キャラクター画像
すーちゃん
スマホって特定の部分に特化した機種も多いけど、Reno3 Aは万人向けな印象だね。
キャラクター画像
まま子さん
そうなのね。詳しいスペックについて聞かせて!
iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

OPPO Reno3 Aのスペック

OPPOのUQモバイル向けスマホ・Reno3 Aの主なスペックは以下にまとめたとおりです。

OPPO Reno3 Aのスペック一覧
本体価格 21,600円
OS Android 10をベースとしたColorOS7.1
CPU Snapdragon 665
メモリ 6GB
ストレージ容量 128GB
画面 6.44インチ、1,080×2,400
カメラ メインカメラ:4,800万画素+800万画素+200万画素+200万画素/サブカメラ:1,600万画素
バッテリー容量 4,025mAh
重さ 175g
カラー ホワイト、ブラック

2020年における、3〜4万円台のスマホの平均的なスペックよりやや上くらいのバランスですね。

本体価格は21,600円、十分コスパは高いと考えられます。

実はReno3 Aは、ヨドバシカメラ等の家電量販店では39,800円で販売されています。

つまりUQモバイルでSIMカードとセットで購入するなら、約15,000円もお得になるんです!

キャラクター画像
まま子さん
そうなんだ。Reno3 Aを買うなら、UQモバイルで買ったほうが良いわけね。

ゲーム性能の高さに加えてカメラも4眼レンズ搭載で充実しているので、極端に大きなデメリット・注意点はない印象です。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。これだけ聞くと悪くはなさそうね。
キャラクター画像
すーちゃん
うん。どんなところが優れているのか、引き続き解説するよ。
UQmobile banner

OPPO Reno3 Aの一押しポイント

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno3-a/)

総合評価としてはご紹介した通り、Reno3 Aには優れたポイントが多く、多くの人に答えてくれる端末だと感じたのですが…

ここからは、より詳しくReno3 Aの一押しポイントを説明していきます。

解説するメリットを踏まえつつ、自分にとって役立つかどうかじっくり検討してみてくださいね。

4眼カメラ搭載でカメラ性能が高い!超広角撮影や夜景撮影に強い

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno3-a/)

Reno3 Aは、以下の構成の4眼アウトカメラを搭載しています。

  • 4,800万画素のメインレンズ
  • 119度超広角レンズ
  • モノクロレンズ
  • ポートレート撮影用レンズ

レンズ構成は後ほど比較する前モデル・A5 2020と同じですが、メインレンズはA5 2020の「1,200万画素」から「4,800万画素」に大幅パワーアップしました。

キャラクター画像
すーちゃん
すごい…!

望遠ズームは非搭載のReno3 Aですが、画素数の多いメインレンズなので一部分を切り取って拡大した写真を作りやすくなっています。

キャラクター画像
すーちゃん
ズームレンズはないけど、ズームレンズで撮ったような写真は後から編集して自由に作れるんだ。
キャラクター画像
まま子さん
なるほど。それじゃあ実質、望遠と広角の両方の写真に対応しているわけね。

夜景も専用の「ウルトラナイトモード」を搭載しているので、バッチリ明るく撮影可能です。

Reno3 Aならお城や駅、遠くにいる動物、そして夜景など、様々な場面で写真を綺麗に撮影できること間違いないでしょう。

4,025mAhの大容量バッテリー搭載!急速充電で素早い充電にも対応

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno3-a/)

Reno3 Aは4,025mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、電池持ちも優れています。

機種によっても差があるので難しいですが、例えば、筆者が以前使っていた4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているAQUOS sense3は、よほど動画などを活用しない限り2〜3日は充電不要で使えていました。

大容量バッテリーを搭載しているReno3 Aなら、少なくとも朝から晩まではしっかり使い続けられると考えられます。

キャラクター画像
すーちゃん
あまりたくさんスマホを使わない人なら、2〜3日は充電なしで大丈夫。

またReno3 Aは急速充電(Quick Charge)に対応しているので、素早く本体を充電できるのも嬉しいポイントですね。

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

おサイフケータイと防水性能はバッチリ!

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno3-a/)

Reno3 Aは、おサイフケータイと防水機能をしっかり備えています。

OPPOスマホは基本的におサイフ・防水なしの機種が主流ですが、Reno3 Aは2019年秋登場のRenoAに続くおサイフ・防水対応スマホとなりました。

Suicaで支払いや通勤・通学をしたり、楽天Edyで買い物をしたりなど、おサイフケータイは日常の様々な場面で役立ちます。防水なので、移動中に雨に濡れたりしても壊れる心配は大幅に軽減できるでしょう。

ゲームもそこそこ快適に遊べる!Snapdragon 665のCPUと6GBメモリ搭載

Reno3 Aに搭載されているCPUはSnapdragon 665、メモリは大容量の6GBです。

キャラクター画像
まま子さん
具体的にどうすごいの?

Snapdragon 665はそこそこ高めの性能、快適な動作に重要なメモリ容量も大きいので、最新のゲームアプリなどもある程度は快適に動きます。

キャラクター画像
すーちゃん
最新のiPhoneとかには、流石に敵わないけどね。PUBGなどの3Dゲームは高画質設定だと動かないケースもあるけど、画質を落とせばサクサク動くよ。

UQモバイルのスマホは全体的にスペックが抑えめですが、Reno3 Aならよほどのヘビーユーザーでない限り性能にも満足できますね。

データをたっぷり保存できる128GBのストレージ容量

Reno3 Aのストレージ容量は、128GBの大容量です。

大手キャリアの最新ハイスペックスマホ・Galaxy S20やXperia 1Ⅱも128GBストレージなので、ストレージ容量だけ見ればハイスペックスマホと変わらないんです。

キャラクター画像
すーちゃん
これだけのストレージ容量の格安スマホは珍しいよ!

足りなければ、microSDカードで容量を増設することもできます。

Reno3 Aならスマホで撮影した写真や動画、購入した音楽など、様々なデータをたっぷり保存して持ち歩けますね。

UQmobile banner

OPPO Reno3Aのデメリット・注意点

キャラクター画像
まま子さん
Reno3 Aってなかなか良さそうね。でも何かデメリットもあるんじゃない?
キャラクター画像
すーちゃん
大きなデメリットはないんだけど、いくつか知っておきたい注意点はあるよ。

Reno3 Aには、事前に知っておきたいデメリットも存在しています。

しっかり目を通して、自分にとって問題ないかどうか確認しておきましょう。

本体サイズは大きめ、片手操作に不向き

Reno3 Aは6.44インチの大画面で、縦・横共にサイズが大きめです。

サイズが大きい関係上片手持ちは厳しめ、手の小さい方や女性の方は持ちづらいと感じる可能性もあります。

サイズが大きいと動画や写真を見やすいメリットがありますが、人によってはコンパクトなスマホの方が使いやすいと感じることもありますよね。

不安な方は家電量販店等で実機を手にとって、問題ないか確認してから購入することをおすすめします。

他社で販売されていたRenoAよりCPU性能が低い

Reno3 Aは、同じ「Reno」シリーズである「RenoA」よりもCPU性能が1ランク低いです。

参考に、Reno3 AとRenoA、そしてUQモバイルで販売されている他のスマホの例として「AQUOS sense3」におけるゲームの快適さを比べてみました。

スマホのCPU性能の違い
機種 AQUOS sense3 Reno3 A RenoA
CPU Snapdragon 630 Snapdragon 665 Snapdragon 710
ゲームの快適さ

Reno3 AのCPU性能もけっして低いわけではありませんが、先に発売済みのRenoAよりCPU性能が下がってしまっているのは要注意ポイントですね。

キャラクター画像
すーちゃん
私も実際に購入して使ってみたんだけど、ゲームをしているとたまに画面がカクカクすることがあったよ。AQUOS sense3よりは快適だったけどね…

カメラ性能やバッテリー持ちなども含めるとReno3 Aの方が充実している部分も多いですが、ゲームの快適さを最重視するならRenoAを選ぶことをおすすめします。

ただしRenoAはUQモバイルでセット販売されていないので、家電量販店やAmazonなどの通販サイトでの購入が必要となることにご注意ください。

またReno3 AはUQモバイルだと21,600円(税抜)で購入できますが、RenoAは他社だと3万円程度で販売されています。

購入価格を安く抑えられることを考えると、CPU性能の差には納得できるのではないでしょうか。

キャラクター画像
まま子さん
たしかに、価格がその分安いならCPU性能の違いも許せるかも。
iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

他のオッポシリーズ(OPPO A5 2020)と比べるとどう?

UQモバイルでは、同じOPPOのスマートフォン・A5 2020も販売されています。

Reno3 AとA5 2020で、スペックや機能の違いを比べてみました。

OPPO Reno3 AとA5 2020のスペック比較
Reno3 A A5 2020
本体価格 21,600円 18,000円
OS Android 10をベースとしたColorOS7.1 Android 9をベースとしたColorOS6.0.1
CPU Snapdragon 665 Snapdragon 665
メモリ 6GB 4GB
ストレージ容量 128GB 64GB
画面 6.44インチ、1,080×2,400 6.5インチ、720×1,600
カメラ メインカメラ:4,800万画素+800万画素+200万画素+200万画素
/サブカメラ:1,600万画素
メインカメラ:1,200万画素+800万画素+200万画素+200万画素
/サブカメラ:1,600万画素
バッテリー容量 4,025mAh(急速充電対応) 5,000mAh(急速充電非対応)
重さ 175g 195g
おサイフケータイ ×
防水 ×
カラー ホワイト、ブラック ブルー、グリーン

見てのとおり、A5 2020よりReno3 Aの方が優れている点は多いです。画面サイズはわずかにA5 2020の方が大きいですが、画面解像度はReno3 Aの方が大きくなっています。

キャラクター画像
すーちゃん
Reno3 Aの方が、動画や写真を綺麗な表示で楽しめるんだ。

A5 2020の方がバッテリー容量自体は大きいですが、Reno3 Aには充電時間を短く抑えられるメリットがあります。また、おサイフケータイや防水に対応しているのは、Reno3 Aのみです。

CPU以外の各種スペックもReno3 Aの方が高いので、価格差3,600円(税抜)を踏まえても、迷ったらReno3 Aを選ぶのがおすすめと言えますね。

OPPO A5の詳細はこちら!

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

【最新情報】2022年現在、Reno3 Aは終売済み!Reno5 AはYモバイルなどで販売中

OPPO Reno3 Aは、2022年2月時点で既に販売を終了しています。

残念ながら、今からOPPO Reno3 AをUQモバイルで買うことはできません。

家電量販店などでも取り扱いはほとんどなくなっているので、今から買うなら後継機のReno5 Aが候補に入ってくると思います。

出典:OPPO公式サイト(https://www.oppo.com/jp/smartphones/series-reno/reno5-a/)

Reno5 AはReno3 AからCPU性能が一気に向上し、ゲームなどもかなりサクサク動くようになりました。

キャラクター画像
すーちゃん
Reno3 AよりもCPU性能が高かった、Reno Aと比べても圧倒的に高性能になっているよ。
OPPO Reno5 Aのスペック一覧
価格(Yモバイル、新規契約時) 9,800円
OS Android 11
CPU Snapdragon 765G
メモリ 6GB
ストレージ容量 128GB
画面 6.5インチ、2,400×1,080
重さ 182g
カメラ アウトカメラ6,400万画素+800万画素+200万画素+200万画素/インカメラ1,600万画素
バッテリー容量 4,000mAh

Reno5 Aは指紋認証が精度の良い通常の物理センサーになったり、鮮明なカメラが搭載されたりと充実した仕様です。

ただし実は、UQモバイルではOPPO Reno5 Aが取り扱われていません。

Yモバイルで回線新規契約時に9,800円で購入できるなど、他社では購入できるもののUQモバイルでのセット購入はできないのでご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
UQモバイルにこだわりがある人は、続いて紹介するReno3 Aの代わりにおすすめの候補も参考にしてね!
Ymobile banner

UQモバイルでOPPO Reno3 Aの代わりにおすすめの機種は、AQUOS sense6

UQモバイルで現在取り扱われているOPPOスマホが「A54 5G」という機種ですが、おサイフケータイや防水に非対応なのでReno3 Aの代わりとしてはあまりおすすめできない機種です。

キャラクター画像
まま子さん
じゃあ、どれを選ぶのが良いのかしら?

出典:UQモバイル公式サイト(https://www.uqwimax.jp/mobile/products/sp/sharp_aquos_sense6/)

Reno3 Aの代わりに選びたいUQモバイルスマホは、シャープのAQUOS sense6です!

AQUOS sense6のスペック一覧
価格(UQモバイル、新規契約時) 29,470円
OS Android 11
CPU Snapdragon 690
メモリ 4GB
ストレージ容量 64GB
画面 6.1インチ、2,432×1,080
重さ 182g
カメラ アウトカメラ4,800万画素+800万画素+800万画素/インカメラ800万画素
バッテリー容量 4,570mAh
キャラクター画像
まま子さん
メーカーが違うけど、なんでおすすめなの?

Reno3 Aの代わりにAQUOS sense6がおすすめな理由は、以下の4つです!

  • CPU性能がReno3 Aより高く、最新ゲームなどもある程度動く
  • おサイフケータイや防水にしっかり対応している
  • 画面内指紋認証搭載や望遠・超広角カメラ搭載で充実
  • バッテリー持ちが良い

Reno3 Aを検討していたということは、おサイフケータイや防水はやっぱり欲しいですよね。

キャラクター画像
まま子さん
おサイフ・防水にしっかり対応しているのは、AQUOS sense6のありがたいポイントね。

せっかく買うからには性能の高さも重要、AQUOS sense6なら最新ゲームなども動作する十分な高性能を備えているので安心です。

おサイフ・防水以外の機能もAUQOS sense6ならReno3 Aと同じ画面内指紋認証を搭載していたり、さらに望遠レンズと超広角レンズを搭載した豪華な仕様のアウトカメラだったりと満足度が高いですよ。

1週間の電池持ちが歌われていて、バッテリーが長持ちするのも嬉しいですね。

OPPOに強いこだわりがある場合でなければ、AQUOS sense6をUQモバイルで購入するのもおすすめです。

UQmobile banner

まとめ

UQモバイルOPPO Reno3 A-01
今回は、Reno3 Aのスペックや特徴、注意点について解説しました。

ポイント

  • Reno3 AはUQモバイルで発売される、OPPOのスマートフォン
  • Reno3 Aの価格は家電量販店等だと約4万円だが、UQモバイルだと21,600円に設定されている
  • CPUやメモリ性能が高めで、ゲームアプリなどもある程度は快適に動作する
  • おサイフケータイと防水に対応
  • RenoAと比べるとCPU性能は低くなっているので注意!
  • A5 2020よりバッテリー容量は1,000mAhほど少ないが、急速充電対応で素早く充電可能
  • 4眼レンズ搭載でカメラ性能も高い
  • サイズは大きめ、片手操作をしたい方は要注意
  • 2022年現在、Reno3 Aは販売終了済み!
  • Reno3 Aの代わりのスマホとしては、Yモバイルなどで販売されているReno5 AかUQモバイルのAQUOS sense6がおすすめ!
ご紹介してきたように、Reno3 Aはおサイフ・防水対応で多機能なことに加えて、本体性能やカメラ性能も高めにまとまっています。

RenoAと比べるとCPU性能が抑えられているのはちょっとした注意点ですが、全体的に極端に悪い部分はない印象です。

そして2022年現在、Reno3 Aは販売終了済み・後継機のReno5 AはYモバイルなどで販売されています。

UQモバイルでReno3 Aの代わりにおすすめの機種としては、CPU性能が高くおサイフ・防水対応なAQUOS sense6が挙げられますよ。

今回解説したメリット・デメリットを踏まえて、新しく購入するスマートフォンについてじっくり検討してみてくださいね。

最新キャンペーン情報もチェック!

iPhone13も利用可能!
UQモバイル公式サイト

関連記事

おすすめの記事