WiFiを使うならどこが良いの?光回線、モバイルWi-Fi、格安SIMのおすすめを紹介!
キャラクター画像
まま子さん
家で使うWiFiを契約したいんだけど、どこがいいのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
家以外で一切使わないなら基本的に光回線がおすすめになるけど、外でも使うとか引っ越しが多いとか条件によっては他のサービスがおすすめになってくるね。
キャラクター画像
まま子さん
そうなのね。おすすめのWiFiについて、種類とか契約先を詳しく教えて!

スマートフォンの回線を使っていて、速度が遅い、通信量が足りないなどの理由から「もっと自由に使えるWiFiを契約したい!」と思うこともありますよね。

この記事では、WiFiを使えるインターネット回線の種類やおすすめについて解説します。

\10月31日まで!1GB未満の利用なら実質無料/

rakutenmobile banner

WiFiを使える個人向けインターネット回線サービスは主に3種類!それぞれどんな人におすすめ?

WiFiを利用可能なインターネット回線には、主に3種類の選択肢が存在しています。

  • 光回線などの固定回線
  • WiMAXなどのモバイルWiFiサービス
  • 楽天モバイルなどの携帯キャリア・格安SIM

それぞれにメリット・デメリットがあるので、まずは各インターネット回線の特徴を大まかに解説します。

光回線は自宅で高速なWiFi通信が可能!

自宅に直接光ファイバーなどのケーブルを導入して、高速で通信を可能にできるのが固定回線のインターネットサービスです。

光回線は固定回線の中でも通信速度が非常に速く、上下最大1Gbpsやそれ以上のスピードで通信を行えます。

キャラクター画像
まま子さん
具体的に、どんな用途におすすめになるの?

光回線は通信速度が速く、細かい速度制限なども基本的にないので、大容量の通信をする機会が多い方におすすめです。

例えばPS4やSwitchなどのゲーム機でゲームソフトをダウンロードしたり、カメラなどで撮影した写真・動画を大量にクラウドストレージに保存したりする時は数GB~数十GBなどの大容量通信をするので、光回線を使わないといつまで経ってもデータの送受信が終わりません。

高画質な動画なども、光回線ならスムーズに読み込んで途中で止まることなく再生できますよ。

また光回線は接続が安定しているので、オンラインゲームを快適に遊ぶためにも必須です。

キャラクター画像
すーちゃん
遅い回線だとゲームが止まったり、操作と動きがずれたりして遊びづらくなっちゃうからね。

注意!WiFi機能は無料の場合と有料の場合がある

光回線などの固定回線を契約した場合、契約にWiFiルーターのレンタルが含まれるケースと含まれないケースがあります。

例えば今回紹介するNURO光は追加料金無しでWiFiを利用可能ですが、auひかりはスマホとのセット割「auスマートバリュー」に加入しない場合月額550円、ドコモ光は対応するプロバイダなら無料…といった違いがあります。

インターネット回線の中にはそもそもWiFiルーターのレンタルがなく、自分で家電量販店などから数千円~数万円で購入して用意しなければいけなくなっているものもあるので合わせてご注意ください。

ケーブルテレビ回線など光以外の固定回線サービスは、速度に注意

固定回線には光回線以外に、ケーブルテレビなどが手掛けている専用回線を使っているものもあります。

光回線ではない固定回線だと、通信速度があまり速くなく満足度が低くなってしまっているケースもあります。

回線の仕様を確認し、できれば上下最大1Gbps以上の速度が出るものを選びましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
どうせ4,000~6,000円くらいの月額料金を支払わないといけないなら、できる限り快適な高速が出る回線を選びたいところだよね。

開通工事必須!建物・地域によっては希望の回線に非対応なことも

光回線などの固定回線サービスは、回線設備を自宅まで引き込んで使うしくみです。

固定回線は契約時に工事が必要で、場所によっては希望の回線が提供されておらず契約できないこともあります。

キャラクター画像
すーちゃん
アパートとかだと、地元のケーブルテレビ以外選択不可!みたいなこともけっこうあるね。

工事は多くの場合立ち会いが必要なので導入までの待ち時間は長め(数週間~数ヶ月)、忙しい場合追加料金を払って休日等の指定の時間帯に来てもらうなどの対処が必要になることにもご注意ください。

モバイルルーターやホームルーターを使ったモバイルWiFiサービスは自宅や外出先でインターネットを使える

モバイルWiFiサービスはいわゆるポケットWiFiなどが該当し、専用のルーターを用意してモバイル回線を使って通信を行うしくみです。

バッテリー内蔵のモバイルルーターと、コンセントに接続して使うホームルーターの2種類が主に存在していますよ。

キャラクター画像
まま子さん
モバイルルーターとホームルーターって、どっちを選ぶべきかな?

自宅内の広い範囲で使うならホームルーター、外でも使うならモバイルルーターがおすすめ

モバイルルーターとホームルーターのどちらが合っているかを見極める決め手は、外でも使うかどうかです。

ホームルーターはコンセント接続式なので、外で使うことができません。

代わりにホームルーターは電波を広範囲に飛ばせるので、家の中の広い範囲でWiFiを使えます

キャラクター画像
すーちゃん
同時に接続できる機器の台数も多くて、例えばWiMAXのモバイルルーター「Speed WiFi 5G X11」が最大17台なのに対してホームルーターの「Speed WiFi HOME 5G L11」は32台。

モバイルルーターはバッテリー内臓なので、電波が繋がる場所である限りはどこでも自由に持ち運んで使えますよ。

キャラクター画像
まま子さん
外でもたくさん通信したいならモバイルルーター、家でだけ快適に使えればOKならホームルーターが良いのね。

モバイルWiFiサービスは速度制限に要注意、大容量通信やゲームには不向き

モバイルWiFiサービスの中には、混み合う時間帯に速度制限がかかったり、たくさん通信しすぎると一時的に速度制限が行われたりするものもたくさんあります。

またモバイル回線を使っているので通信の安定性は光回線と比べて悪いため、オンラインゲームには向いていません。

光回線と比べると通信の自由度は下がるので、ご注意ください。

モバイルWiFiサービスなら、引越し時も工事不要ですぐに使い始められる

モバイルWiFiサービスは、エリア内ならどこでも電源を入れれば使えます。

引っ越しや出張が多い方でも、モバイルWiFiサービスなら移動先にルーターを持ち込めば工事不要ですぐにネット環境を整えられますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
光回線だと引越の手続きや工事をしないといけないから、かなり手間なんだよね。

格安SIMをスマートフォンやモバイルルーターなどに入れて、テザリングで他の機器をWiFiに接続できる

スマートフォン等のテザリング機能を使えば、他のタブレットやゲーム機などをWiFi接続でインターネットに繋げられます。

スマホで低価格に大容量通信ができる格安SIMなどを契約すれば、お得にWiFi環境を整えられますよ。

キャリアなどの使い放題プランを選べば通信量は自由、反対にあまり使わないなら格安SIM等で1~3GBなどを契約すれば出費を大幅に抑えられます。

キャラクター画像
すーちゃん
ちょっとバッテリー消費が激しいのがテザリングの難点なんだけど…、機種変更して余った古いスマホをルーター代わりにして、格安SIMを入れて使ったりしてもいいね。

通信速度や速度制限は光回線を選んだほうが安心

格安SIMなどのスマートフォン回線を使う場合注意しなければいけないのが、通信速度や通信量です。

スマートフォン回線は電波を使って通信するので接続が光回線と比べると不安定、また使い放題などの大容量通信が可能なサービスは選択肢が限られます。

キャラクター画像
すーちゃん
オンラインゲームなどでの利用も、あまりおすすめはできないかな。

スマホのテザリングなどで格安SIMのような携帯回線を使うのは、主に動画再生やSNS、ネットサーフィンなどのライトな用途が中心な人となります。

【参考】駅やコンビニ、スーパーなどにもWiFiスポットがある!

WiFiは自分で契約するだけでなく、町中にあるものを使う方法もあります。

駅やコンビニ、スーパー、レストランなどに誰でも無料で使えるWiFiスポットがあるので、積極的に活用しましょう。

ただし無料のWiFiスポットを悪用してパソコン等のデータを抜き取ろうとする悪質なユーザーが周りにいないとも限らないので、個人情報などを取り扱う重要な作業をする場合は注意が必要です。

キャラクター画像
すーちゃん
ただのネットサーフィンとか動画再生みたいな、ライトな用途でたまに使うくらいがいいんじゃないかな。

光回線はどこを契約するのがおすすめ?

ここからは、光回線の選び方やおすすめの契約先を紹介します。

キャラクター画像
すーちゃん
固定回線にはケーブルテレビ回線などもあるわけだけど、ここでは快適な光回線に絞って紹介!

自分に合った光回線の契約先を探してみましょう。

光回線の選び方!回線の種類や月額料金、スマホとのセット割、各種キャンペーンに注目

光回線を選ぶ際は、主に以下の4点に注目しましょう。

  • 回線の種類
  • 月額料金
  • スマートフォンとのセット割の有無
  • キャンペーン

光回線にはNTTフレッツ光の回線を使っているものが多いのですが、中には自社製の独自の回線を使っているものもあります。

NTTの回線を使っているフレッツ光や光コラボレーションは種類が多く利用者も多いので、必然的に混み合いやすい傾向にあります。

独自回線を使っているサービスなら利用者がある程度限られるので、傾向としては速度が出やすいです。

キャラクター画像
すーちゃん
もちろん、周りに利用者が多かったりしたら独自回線でも混み合うことはあるんだけどね。

光コラボやフレッツ光を利用する場合は、「IPv6 IPoE」接続のオプションを提供するプロバイダを使えば回線混雑のポイントを避けて通信できるため速度が出やすくなっていますよ。

筆者もIPv6対応のOCN光を実際に使っていますが、朝から晩まで快適に通信できています。

そして月額料金の安さにももちろん要注目、合わせてスマホとのセット割やキャッシュバックなどのキャンペーンも確認しましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
高額なキャッシュバックやスマホとのセット割があるなら、月額料金が若干高くても実質の支払額が安上がりになったりするよ。

ちなみに過去には違約金が数万円単位と高額なサービスも多かったのですが、現在は数千円程度まで下がっている光回線も増えてきています。

速度最重視ならNURO光がおすすめ!ソフトバンクとのセット割も提供

出典:NURO光公式サイト(https://www.nuro.jp/)

光回線を契約するにあたってまず検討したいのが、下り最大2Gbps・上り最大1Gbps対応で速度が速いNURO光です。

光回線は上下最大1Gbps対応が一般的ですが、NURO光は下り速度が2Gbpsとさらに高速になっています。

キャラクター画像
すーちゃん
他社で使われていないダークファイバーと呼ばれる回線を使っているため、混み合いづらいよ。

またNURO光はWiFiルーター機能が開通工事で設置されるONUに標準搭載されているので、追加料金無しですぐにWiFi環境を整えられるのも嬉しいですね。

NURO光の特徴・料金
月額料金 5,200円(3年契約)/5,700円(2年契約)など
初期費用/工事費 3,300円/44,000円→月額割引で実質0円
契約期間 3年間・自動更新(違約金3,850円)または2年間・自動更新(違約金3,740円)
最大速度 下り2Gbps・上り1Gbps
提供エリア 北海道、関東、東海、関西、中国(広島・岡山のみ)、九州(福岡・佐賀のみ)
スマホとのセット割 ソフトバンク:最大1,100円×10回線(月額330~550円のNURO光でんわ契約必須)
主なキャンペーン 43,000円キャッシュバックなど

NURO光は月額5,200円から利用可能で、キャンペーンにより工事費を実質0円に抑えられたりキャッシュバックをもらえたりします。

NURO光はソフトバンクスマートフォンとのセット割対応で、スマホ代が月額最大1,100円割引になるため、ソフトバンクユーザーの方にもおすすめですよ。

ただしNURO光は東北や四国などでまだ未展開となっているので、エリア外の方はご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
エリアが狭いのだけがNURO光の弱点だね。

NURO光公式サイト

auひかりは最大1Gbps対応!auやUQモバイルのユーザーがセット割を受けられる!

auひかりはauが展開している光回線サービスで、上下最大1Gbps対応となっています。

キャラクター画像
まま子さん
auひかりも十分速度は速いわね。

auひかりは独自回線を使っているので回線が混み合いづらく、快適に使えます。

契約時に設置されるホームゲートウェイのWiFiルーター機能は月額550円の有料ですが、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」利用時は無料でWiFiルーター機能を使えますよ。(別途ひかり電話の月額料金550円が発生)

キャラクター画像
まま子さん
スマホとのセット割を受ける人なら追加料金をかけることなくWiFiルーター機能が使えるわけね。
キャラクター画像
すーちゃん
ひかり電話を使わない場合はオプション料金分、ちょっとスマホ代の割引額が下がることには注意だけどね。
auひかりの特徴・料金
月額料金 戸建住宅・ずっとギガ得プラン5,610円/集合住宅・マンションギガ4,455円など
初期費用/工事費 3,300円/戸建住宅41,250円・集合住宅33,000円→キャンペーンによる月額割引で実質0円
契約期間 戸建住宅3年間・自動更新(違約金4,730円)
最大速度 上下1Gbps
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 au:最大1,100円/UQモバイル:最大858円(それぞれ月額550円のひかり電話契約必須)
主なキャンペーン 43,000円キャッシュバックなど

auひかりは概ね全国展開されていますが、関西や東海などの一部エリアにおける戸建住宅だと契約できない場合もあるので申し込み前にエリア確認はしっかり行っておきましょう。

ちなみに筆者は東北に住んでいるのですが、自宅のマンションは残念ながらauひかりの申し込み対象外でした…(泣)

キャラクター画像
まま子さん
エリア確認は忘れずに行っておきたいわね。

ドコモ光はドコモとのセット割がある唯一の光回線!

ドコモ光はドコモが展開している光回線サービスで、フレッツ光の光ファイバーと特定のプロバイダをセットで利用する光コラボレーションの形態が取られています。

回線の混雑を避けて通信するためには「IPv6 IPoE」接続対応のプロバイダを選べばOK、例えばGMOとくとくBBやOCNなどであれば利用できますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
WiFiルーターも、GMOとくとくBBなどで無料レンタルが可能だよ。

ドコモ光の料金プランはタイプAと、月額220円高額なタイプBが主に存在しています。

タイプBのプロバイダのほうが圧倒的に優れている!といったことはとくにないので、安さ重視ならタイプAのラインナップからプロバイダを選ぶことをおすすめします。

ドコモ光の特徴・料金
月額料金(タイプA) 戸建住宅5,720円/集合住宅4,400円
初期費用/工事費 3,300円/戸建住宅19,800円・集合住宅16,500円→キャンペーン割引で0円
契約期間 2年間・自動更新(違約金戸建て住宅5,500円、集合住宅4,180円)
最大速度 上下1Gbps
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 ドコモ:最大1,100円
主なキャンペーン 最大20,000円キャッシュバック(GMOとくとくBB)など

ドコモ光は工事費がキャンペーンで無料になり、契約するプロバイダによってはキャッシュバックなどの特典も受けられます。

フレッツ光に対応している建物ならもれなく契約できるので、エリアが広いのもドコモ光の魅力ですね。

ドコモとのセット割があるのもドコモ光のみなので、ドコモユーザーはドコモ光を選ぶのが一番おすすめです!

ドコモ光公式サイト

モバイルWiFiはどこがおすすめ?

続いて、モバイルWiFiのおすすめの契約先についてチェックしていきましょう。

モバイルWiFi契約時は、契約先や使う場所、通信量に注目!

モバイルWiFiの契約先を選ぶ時は、以下のポイントをしっかり確認してください。

  • 契約先の会社は信頼できる?
  • 自宅でのみ使う?外でも使う?
  • 料金プランのしくみ・通信量

モバイルWiFiにはたくさんの種類があり、ちょっと怪しいサービスも多い印象です。

キャラクター画像
すーちゃん
まぁ、光回線や格安SIMもそうではあるんだけど…、解約方法や違約金についての説明がぼかされていたりして怪しいサービスがモバイルWiFiだとやや多く見受けられる印象。

聞いたこともないようなサービスはできるだけ避け、気になるサービスは口コミ評判や公式サイトの説明などをしっかり読んで疑問を解消したうえで申し込んでみてください。

またルーターは購入するしくみのものもあれば解約時に返却が必須なものもあり、返却が必要な場合壊れた部分などがあると高額な違約金が追加で発生してしまう可能性があることにも要注意です。

キャラクター画像
まま子さん
心配なら、購入制のサービスを選んだほうが安心かもね。

そして外でも使うならモバイルルーター、家でのみ使うならホームルーターを選びましょう。

モバイルWiFiは使い放題のサービスもあれば月間◯◯GB、3日間に××GBといった上限が決められているものもあるので、自分のライフスタイルを振り返って問題ない容量を使えるサービスを選びましょう。

契約期間なし!手軽に契約・解約ができるUQ WiMAX

uqwimax

モバイルWiFiサービスを契約するにあたってまず検討したいのが、UQ WiMAXです。

UQ WiMAXはホームルーターやモバイルルーターを購入して利用可能で、最新の「ギガ放題プラス ホームルータープラン/モバイルルータープラン」は25ヶ月間月額4,268円・以降4,950円という価格設定です。

キャラクター画像
まま子さん
2年間はお得な料金で使えるのね!

UQ WiMAXなら違約金はないのでいつでも自由に解約できますし、速度制限も「一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合」に混雑時の制限がかかる場合がある、といった程度のシンプルなものになっています。

なおルーターは購入代金が5,940円~となっています。

キャラクター画像
すーちゃん
以前は基本的に2万円台だったんだけど、2022年7月現在はかなり値下げされているよ。

UQ WiMAXはSIMのみでも契約できるので、解約後手元に残ったルーターは将来また契約したくなった場合使い回せるのも嬉しいですね。

WiMAXについては詳しく解説している記事が当サイト内にたくさんあるので、興味を持った方は以下のリンクよりご覧ください!

UQWiMAX公式サイト

自宅でのみ使うなら、SoftBank Airもおすすめ

Softbank Air banner

SoftBank Airは基本料金月額5,368円で、専用ルーターを使って自宅内での通信ができるホームルーターサービスです。

2022年7月現在は違約金もなくなり、今まで以上に自由に使えるようになりました。

プランは使い放題、夜間などの混雑時はサービスの安定のために速度が制限される場合もあります。

通信に使うAirターミナルは分割購入が必要ですが、月額割引により36ヶ月間(36回払い時)使えば実質0円まで費用を抑えられますよ。

キャラクター画像
まま子さん
言い換えると、料金プランに契約期間はないけど端末代を考えると実質3年契約って感じになるのね。

出典:ソフトバンク公式サイト(https://www.softbank.jp/internet/campaigns/list/sbair-start-plus/)

そして2022年7月現在、SoftBank Airでは1,188円×24ヶ月間の月額割引である「SoftBank Airスタート割プラス」が展開中です。

キャンペーンにより、例えばAirターミナル5・36回払契約の場合2年間月額4,180円、3年目以降は通常価格の5,368円でSoftBank Airを利用できますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
ホームルーターを使いたい人は、WiMAXと合わせて検討してみよう。
Softbank Air公式サイト

スマホ向けの格安SIMや格安プランを使うならどこがおすすめ?

最後に、格安SIMにおけるおすすめの契約先や選び方を解説します。

格安SIMの選び方!通信量や利用料金などを要チェック

格安SIMを契約する際は、以下のポイントに注目して契約先を決めましょう。

  • 使用する回線
  • 使いたい通信量を選べる
  • 月額料金の安さ
  • (端末をセット購入する場合)使いたい端末を選べる

できるだけ自宅などの普段使う場所で繋がりやすい回線で提供されているサービスを選ぶのがおすすめ、例えばドコモが繋がりやすいならドコモ回線対応の格安SIMなどを選びましょう。

格安SIMや格安プランは各社で選べる通信量が違っているので、合わせて通信プランの確認も忘れずに行いましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
1GB以下から使い放題まで、かなりたくさんの選択肢があるよ。

月額料金や選べる端末・端末価格も各社でバラバラなので、忘れずに比較を行ってみてください。

ただしただ安いからといって選んだ結果速度が遅くて使いづらい…という問題が発生する可能性があるので、口コミ評判なども踏まえつつ総合的にベストな選択肢を絞っていきましょう。

IIJmioならモバイルルーターやスマホをセット購入可能!2GB850円~の低価格

IIJmio banner

できるだけ安く、2~20GBほどの通信量で格安SIMを契約したい方におすすめなのはIIJmioです。

IIJmioはドコモ回線とau回線を選択可能で、スマートフォンやモバイルルーター等をセット購入することもできますよ。

IIJmioの月額料金
2GB 850円
4GB 990円
8GB 1,500円
15GB 1,800円
20GB 2,000円

スマートフォン等のセール価格も非常に安く、例えば2022年7月は「Redmi Note 11」というスマホであれば1,980円から買えてしまいます。

スマホのテザリング等で安くWiFi通信環境を手に入れたい方は、まずIIJmioを検討してみましょう。

スマホ本体が1,980円~!端末セール開催中
IIJmio公式サイト

povo2.0なら使いたいときだけ課金可能!24時間使い放題330円など便利に通信できる

povo banner

povo2.0はauがオンライン申し込み専用で展開中の格安な料金プランで、月額料金がなんと0円です。

使いたい通信量を手動で課金することで、通信が可能になりますよ。

povo2.0の通信料金
期間 利用料金
データ使い放題 24時間 330円
1GB 7日間 390円
3GB 30日間 990円
20GB 30日間 2,700円
60GB 90日間 6,490円
180GB 180日 12,980円

休日のみなど不定期な使い方が中心なら、povo2.0なら使いたいときだけ課金できるので便利ですよね。

キャリアのサービスなので通信も安定しています。

ただし180日間に1回の課金がないと利用停止や強制解約になってしまう場合があるので、定期的に有料トッピングを行うように気をつけましょう。

povo公式サイト

楽天モバイルなら3,280円で使い放題!

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは楽天が展開中の携帯キャリアサービスで、3GB1,078円から利用可能となっています。

楽天モバイルの月額料金
~3GB 1,078円
~20GB 2,178円
20GB~ 3,278円

料金は使った通信量の分だけ支払うしくみなので、たくさん使った月は自動的に2,178円や3,278円までアップ、少なかった月は1,078円といったように金額が変わることにご注意ください。

大手キャリアだと7,000円以上かかってしまう使い放題プランの月額料金ですが、楽天モバイルなら3,278円まで抑えることができます。

たくさん動画や音楽などを楽しみたい方は、楽天モバイルを検討してみてください。

iPhoneセット購入で最大24,000円相当還元中!
楽天モバイル公式サイト

まとめ

おすすめのWiFi

今回は、WiFiを使えるインターネット回線のおすすめについて解説しました。

ポイント

  • インターネット回線は自宅向け・高速の光回線、工事不要で手軽に使えるモバイルWiFi系回線、スマホ等でSIMを入れて使う携帯回線といった選択肢がある
  • 光回線はNURO光がおすすめ、auひかりやドコモ光も高速・セット割対応でお得
  • モバイルWiFiは契約期間なしのUQ WiMAXや、SoftBank Airがおすすめ
  • 格安SIM・格安プランはIIJmioやpovo2.0、楽天モバイルを要検討

自分のライフスタイルを踏まえつつ、自分に合ったインターネット回線を契約しWiFiを活用してみてくださいね。

おすすめの記事