YモバイルでもeSIMってあるの?切り替え方法や注意点など解説!
キャラクター画像
まま子さん
最近のスマホって、たまに「eSIM」に対応していることがあるけど、一体どんなSIMなの?あとYモバイルがeSIMで契約できるようになったって本当?
キャラクター画像
すーちゃん
YモバイルもeSIMに対応したよ!eSIMは、SIMカードのデータだけをスマホ等にインストールして使うしくみのSIMなんだ。
キャラクター画像
まま子さん
なるほどね。eSIMの特徴やYモバイルのeSIMの使い方について、教えて!

Yモバイルで、eSIMが契約可能になりました!

iPhoneやPixelシリーズなど、様々なeSIM対応機種ではより素早く、便利にYモバイルを使えるようになります。

この記事ではeSIMのメリットやデメリットに加えて、YモバイルのeSIMの特徴・申込方法などについても徹底解説します。

\今月のおすすめ!スマホ1円~セール中!/

Ymobile banner

eSIMとは?

Ymobile eSIM banner
キャラクター画像
まま子さん
そもそも、eSIMってなんなのかな?普通のSIMカードとどう違うの?

スマートフォン等の通信機器でドコモなどの回線を使って通信や通話を行うには、SIMカードを入れる必要があります。

SIMカードは長い間、小さなカードという形で提供されていました。

キャラクター画像
すーちゃん
SIMスロットにSIMカードを入れることで、SIMカードに記録された電話番号や対応する通信回線が使えるようになるわけだね。

eSIMは専用の物理的なカードが発行されず、通信等に使うSIMのデータだけを対応するスマートフォン等にインストールするしくみです。

一旦自宅等のWi-FiでeSIMを使いたい機器をインターネットに接続して、専用のQRコードなどを使ってeSIMを設定すれば、物理的なSIMカード不要で通信・通話ができますよ。

キャラクター画像
まま子さん
ちょっとしくみが違うのね。それで、どんなメリットがあるの?
キャラクター画像
すーちゃん
eSIMのメリットやデメリットについて、もう少し詳しく見ていこうか!
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

eSIMを利用するメリット・デメリット

eSIMには様々なメリットがあり、また注意したいポイントもあります。

eSIMのメリット・デメリットを解説するので、自分にeSIMが合っているかどうかを見極める参考にしてください。

eSIMならSIMカードの配送を待つ必要なし!SIMの入れ替えも不要

eSIMは物理的なSIMカードの発行がないので、基本的に申し込んで利用開始のお知らせメールが届けばすぐに利用を開始できます。

通常のSIMカードのように、宅配便などでSIMカードが送られてくるのを何日も待つ必要がありません。

キャラクター画像
まま子さん
宅配便だと仕事とかで受け取るのに時間がかかっちゃうこともあるし、配送なしなのはなかなか便利ね。

物理的なカードが発行されないので、スマホ等のSIMスロットを取り出して入れ替えるといった作業も不要です。

SIMのデータの設定を行えば、すぐに通信・通話が可能になりますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
設定手順が通常のSIMとちょっと異なるから、慣れてない人だと手間取るかもしれないのは注意点でもあるかな。YモバイルのeSIMの設定については、後ほど説明するね。

iPhoneなどの対応端末では、「デュアルSIM」でも使える!

一般的にスマートフォン等の端末で使えるSIMカードは1枚ですが、iPhoneなど一部の機種ではeSIM+通常のSIMなどの組み合わせで、2枚のSIMカードを同時に使えることもあります。

キャラクター画像
すーちゃん
いわゆる、デュアルSIMだね。

デュアルSIMは様々な活用が可能で、例えばプライベート用の電話番号と仕事の連絡に使う電話番号を1つのスマホで同時に使い、それぞれで着信・発信ができます。

キャラクター画像
まま子さん
スマホを2台持ち歩く手間が省けるわけね。

他にも、複数の格安SIMなどを契約して、お得に通信・通話をする使い方もあります。

キャラクター画像
すーちゃん
例えば「通話料金がとても安い格安SIM」と「データ通信料金が安い格安SIM」をそれぞれ契約して、1台のスマホで役割分担をしたりできるんだよね。
キャラクター画像
まま子さん
なるほど、デュアルSIMってけっこう便利に使えるのね。

対応機種が限られるのは注意点!

eSIMの注意点は、対応する機種が限られることです。

日本国内には、eSIMに非対応な機種もまだまだたくさんあります。

例えばZenfone 8はeSIMに非対応、大手キャリアのGalaxyシリーズも基本的にeSIMでは使えません。

キャラクター画像
まま子さん
eSIMって、どんな機種が対応しているの?

iPhoneの場合、eSIMに対応しているのは2018年登場のiPhone XSシリーズやXR以降のモデルです。

11シリーズやSE第2世代、12シリーズ、最新の13シリーズもしっかりeSIMに対応していますよ。

SIMフリーモデルだけでなく、大手キャリアで購入したものも含めてeSIMで利用できます。

Androidの場合は主にPixelの4シリーズ以降や、SIMフリーのOPPO Find X3 Pro、OPPO A73などがeSIM対応です。

キャラクター画像
すーちゃん
Androidは機種ごとにバラバラだったり、キャリアモデルだと非対応なケースがあったりするから注意。

またもう1つ注意したいのは、Yモバイルなどの通信会社で動作確認が行われているeSIM対応端末は国内販売されているすべてのeSIM対応端末とは限らないことです。

例えば、Reno5 AのSIMフリーモデルはeSIMに対応していますが、Yモバイルでの動作確認は2021年10月時点で行われていません。

確実にeSIMを活用したい場合は万が一に備えて、使う携帯会社で動作確認済みの機種を用意しましょう。

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

YモバイルのeSIMについて!料金や申込方法、設定の流れ

Ymobile eSIM banner

Yモバイルでも、eSIMを契約できるようになりました!

YモバイルのeSIMにおける料金プランや、申し込みの方法、設定方法について解説します。

料金プランは通常のSIMカードと変わらない

YモバイルのeSIMは、シンプルS/M/Lの料金プランで利用可能です。

eSIMを選んでも、通常のシンプルS/M/Lと料金設定は変わりません。

シンプルS/M/Lの月額料金
容量月額料金
シンプルS3GB2,178円
シンプルM15GB3,278円
シンプルL25GB4,158円

自分に合った容量を選んで、申し込んでみてください。

ワイモバイルオンラインストアでは、シンプルM/L契約で7,000円相当のPayPayボーナスがもらえる!

ワイモバイルオンラインストアでは、新規契約やソフトバンク・LINEMO以外からの乗り換えを条件に、eSIM契約で7,000円相当のPayPayボーナスがもらえるキャンペーンが開催中です。

申込時に選ぶプランをシンプルM/Lにする必要があるので、シンプルSを選びたい方はご注意ください。

PayPayボーナスは出金や譲渡に非対応ですが、コンビニなどの店舗やネット上のお店でPayPay決済に活用できますよ。

キャラクター画像
まま子さん
なかなかお得なキャンペーンね!
Ymobile banner

eSIMでYモバイルを契約して使いたい場合は、申込時に選択すればOK!

YモバイルのeSIMを新規契約する際は、オンラインストアや取り扱い店舗で申し込めます。

参照:Yモバイルオンラインストア公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)

申込時に「eSIMを契約したい」と説明すればOK、オンラインストアではeSIM用の申込み項目を選びましょう。

申し込みに必要なものは基本的に通常のSIMと変わらず、運転免許証等の本人確認書類や支払いに使うクレジットカード・銀行口座情報があればOKです。

キャラクター画像
すーちゃん
ただしeSIMの設定時に、eSIMを設定して使う以外のスマホやパソコン、タブレットといった機器が必要になることに注意。設定用のQRコードを表示するのに使うんだ。
キャラクター画像
まま子さん
なるほど。パソコンやタブレットなどが自宅にない場合は、一旦使えるネットカフェとかに足を運んだりする必要があるわね。

なお、YモバイルのeSIMはSIM単体でしか申し込めず、スマートフォンなどのセット購入はできません。

通信・通話に使うeSIM対応の端末は、自分で用意しておきましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
例えばiPhoneは、Apple Storeやヨドバシカメラなどの店舗で購入可能。

なおオンラインストアでeSIMを契約する際は、運転免許証等の本人確認書類をスマホのカメラで撮影する手順があります。

申し込みの段階で、しっかり書類を用意しておきましょう。

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

eSIMを設定する手順

YモバイルでeSIMを利用するための設定は、通常のSIMカードと異なっています。

iPhoneなどのiOS端末や、Android端末におけるeSIMの設定方法を解説します。

まず、以下の4つの手順を進めたら、自分が持っている機種の設定手順をチェックしてみてください。

  1. eSIMを申し込んでから届いた「eSIMご利用手続きのお知らせ」メールをパソコンなどのSIMを利用しない機種から開く
  2. メールに記載されている設定用のURLへアクセスする
  3. ワンタイムパスワードを受け取る方法を電話またはメールアドレスから選び、パスワードを受け取る
  4. ワンタイムパスワードの入力後、画面にQRコードが表示される
キャラクター画像
すーちゃん
ここから、iOS端末とAndroidで設定が分かれるんだ。

iPhoneなどのiOS端末の場合

iPhoneなどのiOS端末でYモバイルのeSIMを設定する後半の手順は、以下のとおりです。

  1. 設定用のQRコードを、eSIMを使いたいiPhone等のカメラアプリで読み取る
  2. プロファイルがダウンロードされたら、「モバイル通信プランを追加」をタップする
  3. 設定アプリの「モバイル通信」項目で、モバイル通信プランが追加されていることをチェックしたら再起動する
  4. 他社から乗り換えた場合は、別途専用ページから回線切替の手続きを行う
  5. Yモバイル版iPhone 12シリーズやSIMフリーのiPadでは、設定ページからプロファイルをインストールする
キャラクター画像
すーちゃん
以上の手順を済ませれば、YモバイルのeSIMが使えるようになるよ!

Android端末の場合

Androidスマートフォンなどでは、最後に以下の手順を進めてeSIMを設定しましょう。

  1. 設定アプリの「ネットワークとインターネット」内にある「モバイルネットワーク」を開く
  2. 「代わりにSIMをダウンロードしますか?」の項目より、手続きを開始する
  3. 起動したカメラでQRコードを読み取る
  4. 「有効化」を選び、YモバイルのeSIMが有効化されたら再起動する
  5. 必要に応じてYモバイルのAPN設定をして、利用開始!

YモバイルのAPNがスマートフォン内に保存されていない場合は、設定アプリの「モバイルネットワーク」内にあるAPNの項目で追加しましょう。

APNは以下の項目のみ設定を追加し保存、一覧から「Y!mobile APN」を適用させればOKです。

YモバイルのAPN設定
名前Y!mobile APN
APNplus.acs.jp
ユーザー名ym
パスワードym
MCC440
MNC20
認証タイプCHAP
MMSChttp://mms-s
MMSプロキシandmms.plusacs.ne.jp
MMSポート8080
APNタイプdefault,mms,supl,hipri
キャラクター画像
すーちゃん
APN設定などについては、こちらの公式サイトもチェックしてね。
Ymobile banner

YモバイルでeSIMを使う際の注意点は?

YモバイルのeSIMには、いくつか注意したいポイントがあります。

それぞれ解説するので、申し込み前に確認しておきましょう。

スマホのセット購入はできない!

YモバイルのeSIMはSIMカード単体での契約にのみ対応していて、スマホのセット購入はできません。

eSIMで使う機種を持っていない場合は、事前に家電量販店やネット通販などで購入しましょう。

新しく機種を買う際は、Y!mobile公式サイトに掲載されている動作確認済みの機種を選ぶことをおすすめします。

ソフトバンクからの番号移行時に「MNP予約番号」の発行が必要になる

通常、Yモバイル・LINEMO・ソフトバンク間での乗り換えは「番号移行」という手続きで切り替えができ、MNP予約番号を発行しなくても電話番号はそのままで乗り換えられます。

しかしソフトバンクからYモバイルのeSIMに番号移行をする際は、他社からの乗り換えと同じくMNP予約番号を発行する必要があります。

ソフトバンクから乗り換える際は、My SoftBankから事前にMNP予約番号を発行しておきましょう。

eSIMでは一部サービスが使えない

YモバイルをeSIMで契約すると、使えないサービスがいくつかあります。

災害時にメッセージを伝えられる災害用伝言板や災害用音声お届けサービスは、iPhoneでeSIMを使う際に利用できません。

またデュアルSIM運用をする時、データ通信専用のSIMをモバイルデータ通信用回線として設定していると、Yモバイル側で110番などの緊急機関に発信できない場合があります。

そしてYモバイルをSIM単体で契約した場合は、子供にスマホを持たせる際の安全対策サービス・あんしんフィルターを利用できないことにもご注意ください。

キャラクター画像
まま子さん
あんしんフィルターが必要な場合は、通常のSIMのスマホセットで契約したほうが良いわけね。

デュアルSIMで他社のSIMを一緒に使う場合の動作保証はされていない

YモバイルのeSIMをデュアルSIMで使う際、他社のSIMカードと組み合わせて同時待ち受けをする際の動作保証は行われていません。

キャラクター画像
すーちゃん
他社のサービスとの組み合わせまで細かくチェックするのは、流石に難しいと考えられるよ。

デュアルSIM利用時に正常に動作するかは、実際に試してみないとわからないことにご注意ください。

キャラクター画像
まま子さん
心配な場合は、ネット上の口コミとかをできるだけ調べておいたほうが良さそうね。
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

既存ユーザーが通常SIMからeSIMへ切り替える方法はある?

Yモバイルの既存ユーザーが通常のSIMからeSIMに切り替える際は、ワイモバイルショップに足を運びましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
既存ユーザーは要注意。
キャラクター画像
まま子さん
eSIMはせっかくSIMの配送が不要なのに、既存ユーザーはお店に行く手間がかかっちゃうのね…。かえって手間になっちゃうような。
キャラクター画像
すーちゃん
そうだね。デュアルSIMを使いたい場合とか、どうしてもeSIMが必要なときだけ申し込むことをおすすめするよ。

なおSIMカードをeSIMに変更する際は、再発行手数料の3,300円も発生します。

機種変更したい場合はどうすれば良いの?

eSIMでYモバイルを契約している方がYモバイルの別の端末に機種変更をしたい場合は、ワイモバイルショップでの受付になります。

ネット上のオンラインストアでは機種変更ができないので、ご注意ください。

スマホを自分で用意すれば、機種変更時はeSIM再発行で対応できる!再発行方法を紹介

eSIM利用者が機種変更をする際、使うスマホを自分で用意するのであれば、ワイモバイルショップに行かなくてもeSIMの再発行で対応できます。

eSIMの再発行に事務手数料はかかりません。

機種変更後に使う端末と、ネットが使えるパソコン、機種変更前のスマホなどを用意して、以下の手順を進めてください。

  1. 機種変更前のスマホやパソコンなどからMy Y!mobileを開く
  2. 「契約確認・変更」を選ぶ
  3. 「ご契約内容」の「eSIM設定」で、設定するを選ぶ
  4. eSIMの再発行を9時~21時の受付時間内に申し込み、「eSIM設定に戻る」を選ぶ
  5. 「SIMプロファイル/回線切替」の項目より手続きを開始、新しいスマホで設定用QRコードを読み取ってeSIMの設定を行う
  6. 回線切替の手続きを行う
  7. 切り替え完了!
キャラクター画像
まま子さん
なるほど、無料でネットからすぐ機種変更ができるのね。
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

まとめ

YモバイルのeSIMについて

今回は、YモバイルのeSIMについて解説しました。

ポイント

  • eSIMは、SIMのデータだけをネットからダウンロードして使えるSIM
  • 配送を待たずすぐに使い始められたり、対応する機種で2枚のSIMを同時利用できたりといったメリットがある
  • 料金は同じ、Yモバイルのオンラインストアでは7,000円相当のPayPayボーナスプレゼントも展開中
  • YモバイルのeSIMは新規ユーザーならオンラインストアですぐ申込可能、既存ユーザーはワイモバイルショップから申し込める
  • eSIMとスマホのセット購入は不可、機種変更はワイモバイルショップでの対応
  • eSIMの設定時は、パソコンやタブレットなどインターネットに接続してQRコードを表示できる他の機種を用意しておく!
  • eSIMは一部サービスが利用できないので注意!

いくつか注意点もありますが、Yモバイルではデータ通信や音声通話が可能なeSIMを申し込むことが可能です。

デュアルSIMを利用したい方や、素早くYモバイルの利用を開始したい方は、eSIMの申込みも検討してみてください。

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト