Yモバイルのシェアプランって何?メリットや注意点などを解説
キャラクター画像
まま子さん
タブレットは便利だけど、スマホと2台分の料金はもったいないし解約しようかな・・・
キャラクター画像
すーちゃん
Yモバイルのシェアプランは使っていないの?データもシェアできるし、料金も安いよ!
キャラクター画像
まま子さん
あら。Yモバイルにはそんなプランがあるのね!詳しく教えてもらえかしら?

大手キャリア並みの品質にも関わらず、格安料金で大人気のYモバイル。

そんなYモバイルには、複数回線利用でさらにお得に利用できる「シェアプラン」があることをご存知ですか?

当記事ではYモバイルのシェアプランについて、料金やメリット・デメリットをお伝えしていきます!

この記事でわかること

  • Yモバイル「シェアプラン」のメリット・デメリット
  • Yモバイル「シェアプラン」の料金

\今月のおすすめ!スマホ1円~セール中!/

Ymobile banner

Yモバイルのシェアプランとは?

Yモバイル

Yモバイルで提供中のシェアプランとは、指定プランに加入中の方がお得にデータを分け合って複数回線を利用できるプランです

シェア対象のプラン

  • シンプルS/M/L
  • スマホプラン/スマホベーシックプラン
  • データプラン/データベーシックプラン

上記プランを親回線として利用し、子回線として「シェアプラン」を契約すると親回線のデータ量を子回線でも利用可能になります。

最大3枚のUSIMカードが使えて、親回線との間で高速データ通信容量を自由に分け合える。

スマートフォンの通信料金は、通常プランだと回線ごとに基本料金が発生します。

シェアプランを利用することで、2台目以降の料金を安く抑えつつ無駄なくデータを利用できますね。

シェアプランは申込ごとにSIMカードが発行され、使いたい端末にSIMカードを挿入することで利用できるようになります。

SIMカードにはそれぞれ電話番号も割り振られ、通常の新規契約と同じようなイメージで利用することが可能。

ただし、Yモバイルで実施している各種キャンペーン(端末購入割引やPayPayボーナスの付与など)は対象外のため、利用するデバイス(スマホやタブレット)は別途用意をしておきましょう。

キャラクター画像
まま子さん
タブレットや子供のスマホを契約するのにもぴったりね!
キャラクター画像
すーちゃん
注意点もあるけど、上手に活用すれば家計を節約できるよ!
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

Yモバイルの料金

続いて、Yモバイルの料金を通常料金とシェアプランに分けてご紹介します!

通常料金もお得なYモバイルですが、タブレットとの2台持ちではシェアプランを利用することでよりお得になります。

通常料金

「スマホプラン・スマホベーシックプラン・データプラン・データベーシックプラン」は新規受付を終了しているため、現行プランの料金をご紹介します。

Yモバイルの料金表
シンプルS(3GB)シンプルM(15GB)シンプルL(25GB)
通常価格2,178円3,278円4,158円
割引適用時990円2,090円2,970円
通話かけ放題10分かけ放題:770円 完全かけ放題:1,870円

通常価格でも、大手キャリア(docomo/au/Softbank)と比べると非常に安価です。

さらに割引(家族割orおうち電気割)が適用できれば料金は大幅に下がり、格安SIM業界でも最安値クラスの料金設計となっています!

大手キャリア並の回線品質にも関わらず非常に安価で、満足できる料金設計ですね!

  • 家族割:同一住所で複数回線を申込した場合、2回線目以降に割引を適用
  • おうち光割:Softbank光、Softbank Airを契約した場合は全てのYモバイル回線に割引が適用

キャラクター画像
まま子さん
あら。ソフトバンクの料金よりずいぶん安いのね!家族も一緒に契約をすれば、さらに割引があるのね。
キャラクター画像
すーちゃん
Yモバイルの家族割はとってもお得だよ!ただし、家族割が適用されるのは2回線目以降だから注意してね。

シェアプランの料金

通常料金同様、スマホプラン・スマホベーシックプラン・データプラン・データベーシックプランは新規受付を終了しているため、現行プランでご紹介をします。

親回線プラン基本使用料
(3回線まで)
通信速度低速化までの通信量
加入月加入翌月以降
シンプルS1,078円3GB3GB(親回線との合算)
シンプルM539円15GB(親回線との合算)
シンプルL0円25GB(親回線との合算)

表で記載している「基本使用料」とは、子回線としてシェアをする際の基本料金です。

注目は、月間15GB使える「シンプルM」と25GB使える「シンプルL」を親回線とした時に料金が非常に安価な点。

例えばスマホとタブレットで2台持ちをする場合、それぞれで通常プランを契約するよりも大幅に安く利用可能です!

キャラクター画像
まま子さん
親回線がシンプルLなら、25GB使えてシェアプランの追加料金は0円なのね!
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

Yモバイルでシェアプランを利用するメリット

次に、Yモバイルでシェアプランを利用する際の具体的なメリットをご紹介します。

Yモバイル「シェアプラン」のメリット1.料金が安い

最も大きなメリットは、単純に月額料金が安いこと。

いくつか例をご紹介します。

まずは、スマホ(月間7GB)とタブレット(月間5GB)を利用する場合で比較してみます。

スマホ(月間7GB)とタブレット(月間5GB)を利用する場合の料金
通常プランシェアプランを利用
スマホ(7GB)タブレット(5GB)スマホ(7GB)タブレット(5GB)
2,090円(シンプルM)2,090円(シンプルM)2,090円(シンプルM)539円(シェア)
合計4,180円合計2,629円

ご覧のように、通常であればどちらも「シンプルM」の契約が必要なところ、シェアプランを利用することで月額1,551円も安く利用できます!

次に、スマホとタブレットでそれぞれ10GBづつ利用するケースでも比較してみます。

スマホとタブレットをそれぞれ月間10GB利用する場合の料金
通常プランシェアプランを利用
スマホ(10GB)タブレット(10GB)スマホ(10GB)タブレット(10GB)
2,090円(シンプルM)2,090円(シンプルM)2,970円(シンプルL)0円(シェア)
合計4,180円合計2,970円

このようなケースでは、親回線であるスマホのプランを月間25GB利用できる「シンプルL」にしましょう。

スマホとタブレットで大容量データを分け合うことで使い方の幅が広がり、月額料金は1,210円安く利用できます!

シェアプランを使った契約は料金メリットが非常に大きく、魅力的ですね!

キャラクター画像
まま子さん
今まではスマホとタブレットで別々のプランになっていたわ!シェアプランにすればとってもお得ね!
キャラクター画像
すーちゃん
シェアプランは3回線まで利用できるから、タブレット以外でも使い道があるよ!

Yモバイル「シェアプラン」のメリット2.データ容量を無駄なく使える

Yモバイルのシェアプランは、データ容量を無駄なく使えるメリットも見逃せません。

上記のように、スマホやタブレットでそれぞれ単独契約をすると、月々のデータが余ってしまうことがよくありますよね。

しかし、シェアプランを使ってデータの消費をまとめれば、余ってしまうデータが少なくなります。

また、それぞれのデバイスで「スマホあと○GBで、タブレットは○GB残っていて・・・」という煩わしさも無くなります。

無駄なくデータが使えて管理も楽になるため、複数のデバイスを利用するならシェアプランはとても便利ですね!

キャラクター画像
まま子さん
確かに、今まではタブレットはデータが余っているのにスマホは速度制限がかかって遅くなることがたまにあったわ。
キャラクター画像
すーちゃん
データをまとめられるから、シェアプランにすればそんなこともなくなるね!
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

シェアプランのデメリット·注意点

メリットの多いシェアプランですが、注意点も存在します。

契約してから「思った使い方ができなかった・・・」とならないためにも、しっかりと注意点を確認しておきましょう!

シェア子回線は音声通話に非対応

最初の注意点は、シェアプランに指定した子回線は音声通話ができないということです。

Yモバイルのシェアプランは、あくまでもデータを分け合うサービス。

したがって、家族全員のスマホ契約をまとめて料金を節約するものではない点には注意が必要です。

とは言え、データ通信で通話をするアプリ(LINEやViperなど)は利用可能。

090や080から始まる音声通話だけが利用できないため、「LINE電話ができれば良い」ということであればシェアプランで契約することも可能ですね。

また、SMSの利用は可能です

送受信ともに利用でき、送信時には通常プランと同じように1通あたり3.3円の料金が発生します。

データのシェアができるようになるのは申込翌月から

細かい点ですが、親回線と子回線間でデータのシェアができるようになるのは申込翌月からです。

シェアプランの申込当月は、シェア子回線のデータ量は3GBまで。

速度を超過した場合は500MB(約0.5GB)あたり550円でデータ容量の追加購入が可能です。

申込して即シェアできない点には注意が必要です。

シェアプランが利用できるのは合計3回線まで

Yモバイルのシェアプランで子回線に指定できるのは、1つの親回線あたり合計3回線までです

通常利用でこの点がデメリットになるケースは稀と思われますが、例えば法人用途の利用など、何台も回線を追加することはできない点には注意をしましょう。

もちろん、親回線を増やせばそれに伴ってシェア子回線を増やすことができます。

ただし、あくまでも「1つの親回線あたり3つの子回線」という点は変わりません。

シンプルSで利用するなら通常契約の方が安い

料金設計の注意点として、シンプルSをシェアするならばシンプルSを2回線契約した方が安価です

シンプルSの基本料金は、家族割が適用されれば月額990円。

シンプルSでシェアプランを利用する場合、子回線の料金は月額1,078円になります。

月額1,078円を追加して親回線(シンプルS)の3GBをシェアするなら、シンプルSを2回線契約した方が単純にお得ですよね。

シェアプランは、親回線がシンプルM(15GB)もしくはシンプルL(25GB)の場合にお得なサービスであることを覚えておきましょう!

キャラクター画像
まま子さん
スマホとタブレットでどちらも3GB以下しか使わないなら、両方シンプルSで契約した方がお得なのね。

Yモバイル「シェアプラン」の申込方法

Ymobile banner

続いて、シェアプランの申込方法について解説をします!

通常プランなら「店頭」「オンライン」の2種類が用意されていますが、シェアプランはどのように申込をすればいいのでしょうか?

シェアプランの申込は店頭のみ

シェアプランを新規で契約する場合、申込は店頭のみです。

最近は新規契約やMNPでもオンラインで手続きをする方が多いですが、シェアプランは店頭申込が必須のため注意が必要。

さらに、シェアプランは店舗によって取扱の有無が異なるようです。

無駄足を踏まないためにも、店頭へ来店する前に来店予定のショップへシェアパックの取扱可否を電話で確認しておくと良いでしょう。

気をつけたい点は、家電量販店などに併設されているSoftbankやYモバイル取扱コーナーでは申込できないケースが多いことです。

店頭へ来店の際には事前予約をしておくと受付が非常にスムーズですので是非活用しましょう!

キャラクター画像
すーちゃん
来店予約をしないと、待ち時間も長そうだよね。
PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト

まとめ

Yモバイルのシェアプランって何?

Yモバイルのシェアプランについて、詳しく解説をしてきました。

シェアプランは状況次第で月々の通信料金を大幅に節約することができます。

うまく活用し、お得にスマホやタブレットを利用しましょう!

PayPayボーナス特典が毎日対象に!
Y!mobileオンラインストア ヤフー店
Y!mobile公式サイト